minamino
南野拓実、1月のリヴァプール行きが加速!ザルツブルクSDが交渉の事実を認める

SDが会見で公言

日本代表FW南野拓実のレッドブル・ザルツブルクからのリヴァプール行きはもはや既定路線なのかもしれない。クリストフ・フロイントSD(スポーツディレクター)が12日の記者会見で、チャンピオンズリーグ(CL)王者と交渉に入っていることを認めた。

12日に複数のイギリス有力メディアが一斉に報じた南野の1月の移籍マーケットでのリヴァプールへの移籍の可能性。『ESPN』や『インデペンデント』など一部メディアによると、リヴァプールがすでに南野獲得に関し、ザルツブルクとは契約解除金の支払いで基本合意。その契約解除金は725万ポンド(約10億4000万円)に設定されていると伝えられている。

国内リーグでの次戦に向けた会見にジェッシ・マーシュ監督とともに出席したフロイントSDだが、取材陣にその報道について問われると、「現在リヴァプールと話しをしていることを認める」と言及。さらに「これほどのクラブが我々の選手に興味を抱いてくれるのは光栄なことだ」と交渉には前向きに臨んでいる様子をうかがわせた。

この移籍が成立となれば、南野はユルゲン・クロップ監督が率いるチームにFWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタに続く3人目の元ザルツブルク選手として加入。また現在24歳のセレッソ大阪育ちのアタッカーは、リヴァプールの歴史上初の日本人選手となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00010039-goal-socc

【「ようこそ」「盗みも同然」リバプールが南野拓実の獲得に大筋で合意か、英メディアが一斉に報じる】の続きを読む

kubo
まさに「クボ劇場」!久保建英が圧巻のリーガ初ゴール&華麗なPK奪取でマジョルカ勝利の立役者に

指揮官の祝福を受ける
 11月10日のラ・リーガ第13節で、久保建英が所属するマジョルカはホームでビジャレアルと対戦した。

 11分、右サイドハーフで2試合連続スタメンとなった久保が、CKを蹴る。敵のクリアボールを足下に収めると、対峙するマーカー2人を華麗にかわしながらエリア内に進入し、イボーラのファウルを誘発。見事にPKを獲得した。

 このPKをラーゴが決めて先制に成功したマジョルカは、20分にカウンターを発動。久保とのワンツーで巧く抜け出したダニ・ロドリゲスのラストパスを受けたフェバスがGKアセンホに倒され、2つ目のPKをゲットする。今度はダニ・ロドリゲスがキッカーを務めて2点目を挙げ、2-0で前半を終えた。


 49分にPKで1点を返されて迎えた53分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリアの外でボールを受けると、左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドのネットに突き刺してみせた。

 10試合目の出場にして、待望のリーガ初ゴール。再びリードを広げる一撃を放った久保は、67分にベンチに下がり、ビセンテ・モレーノ監督から祝福を受けた。

 試合はこのまま3-1で終了。「久保劇場」といっても過言ではない、圧巻の26番の活躍だった。
【「輝いている」「連れ戻すべき」久保建英が全3ゴールに絡み、スペインでの初ゴールを決める】の続きを読む

top
「リバプールサポーターが獲得を要求」 大活躍の南野、“1月の補強注文“に英紙注目

ザルツブルクが欧州王者リバプールに3-4と惜敗 南野は1ゴール1アシストの活躍

ザルツブルクは現地時間2日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で昨季王者リバプールと対戦し、敵地で3-4と惜敗した。1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表MF南野拓実に対し、リバプールファンから獲得を望む声が沸き起こっていると、英メディアが報じている。

 欧州王者リバプールの本拠地に乗り込んだザルツブルクだが、前半9分、25分、36分と立て続けに失点を喫する厳しい展開に。しかし、前半39分に1点を返して迎えた後半11分、左サイドからのクロスを南野が鮮やかなダイレクトボレーでゴール左に叩き込むと、直後の同15分には右サイドを突破した南野がFWエルリング・ブラウト・ホランドの同点弾をアシストした。

 0-3から追いついたものの、最終的にはエジプト代表FWモハメド・サラーに決勝点を奪われ、3-4で敗れた。しかし、難攻不落の要塞として知られるアンフィールドで、ホームチームをあと一歩のところまで追い詰め、1ゴール1アシストの結果を残した南野は、やはり大きなインパクトを与えたようだ。

 英紙「デイリー・ミラー」は、「リバプールサポーターがクラブに南野の獲得を要求」と見出しを打って報じ、「現在日本代表をけん引する南野に対し、ファンは1月の獲得を注文している」と、この日の活躍を受け、リバプールサポーターから南野の獲得を望む声が沸き起こっていることを説明している。

 2015年からザルツブルクでプレーする南野は、今季で6シーズン目を迎えているが、CLで見せた好パフォーマンスにより、ステップアップの機会をつかみ取ることも決して夢物語ではなさそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00221246-soccermzw-socc

【「欲しい」「常に脅威的だった」南野拓実がアンフィールドで1G1Aの大暴れ リバプールファンに衝撃を与える】の続きを読む

EEG-_m5UEAAw1-t
日本がミャンマーに快勝! カタールW杯へ好発進…久保はアジア予選最年少出場記録を更新

 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が10日に行われ、日本代表とミャンマー代表が対戦した。

 立ち上がり、日本は雨でぬかるんだピッチへの適応に苦労する。それでも4分、南野拓実がペナルティーエリア内から左足で際どいシュートを放った。

 16分、日本が先制する。中島翔哉が左サイドからカットインすると、ペナルティーエリアの際から右足を振り抜く。強烈な弾道のボールは、ゴールに突き刺さった。26分には日本が追加点を決める。一度はシュートをストップされた堂安律が左足で入れたクロスに、南野がヘディングで合わせた。

 後半に入り、ミャンマーも盛り返す。54分にはアウン・トゥがペナルティアーク手前から右足を一閃。権田修一がパンチングで難を逃れた。

 80分には、中島との交代で久保建英が出場。18歳98日での予選出場は、1980年のスペインW杯アジア予選における風間八宏氏の19歳67日を更新する最年少出場記録となった。

 その後も試合は日本のペースで進むものの、3点目は奪えず。日本が2-0でミャンマーを下した。

 日本は10月10日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦する。

【スコア】
ミャンマー代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 16分 中島翔哉(日本)
0-2 26分 南野拓実(日本)
【「本当に強い」「ゾッとするタックル」日本代表が2-0でミャンマー代表に勝利!【W杯アジア予選】】の続きを読む

top
初ゴールの香川真司を地元メディア絶賛。「間違いなく試合の主役だった」

スペイン2部のレアル・サラゴサに所属するMF香川真司は、現地時間25日に行われたセグンダ・ディビシオン第2節のポンフェラディーナ戦で移籍を初ゴールを記録した。現地メディアはこの試合の香川のパフォーマンスを絶賛している。 

 開幕戦に続いて先発で出場した香川は59分、右サイドからのクロスをエリア内左側で受けて右足シュート。DFにブロックされたこぼれ球に反応し、左足での2本目のシュートをネットに収めた。71分にその香川がベンチに下がったあと、サラゴサは終盤に同点ゴールを許し、試合は1-1のドローに終わっている。 

 スペインメディア『エル・デスマルケ』はこの試合の香川に対し、チーム最高タイとなる採点「8」をつけ、「ラストパスやボールキープに何度も才能のきらめきを見せた」と称賛。地元メディア『スポルト・アラゴン』も同じく最高タイの採点「8」とし、「非常に積極的にラインの間に顔を出し、プレーの組み立てに参加するため何度も下がっていた。素晴らしいクオリティーを披露した」と評している。 

 地元紙『エラルド・デ・アラゴン』も「香川が中心に」とこの試合での活躍ぶりについて報道。「この日曜日のピッチ上で決定的な役割を演じた」「彼クラスの選手は、2部ならなおさらのこと、スタイルも結果も決定づけることができる」などと記している。

  「まだフィジカルは最高レベルではない」と、コンディションがピークには届いていないことを指摘する見方もある。だが後半半ばにその香川を交代させたことが、サラゴサが勝利を逃す結果に繋がったとも考えられている。

「サラゴサは香川の交代後にペースダウンしてしまった」と地元メディア『アラゴン・デポルテ』は記述。『エラルド』も「失点は日本のスターを下げた後に決められた。存在も不在も、間違いなくこの試合の主役だった」と香川の影響力の大きさを強調している。
【「ゴラッソ」「一流だ」香川真司が鮮烈なスペインでの初ゴールを決める】の続きを読む


    このページのトップヘ