20952972_10155065751364037_3403427632847305261_n
内田篤人の移籍容認は苦渋の決断…シャルケSD「簡単ではなかった」

 DF内田篤人のシャルケ退団が21日に決まった。日本語版クラブ公式Twitterは「シャルケファンの皆さんにとっては非常に辛いニュースですが、ウッチーは永遠にS04(シャルケ)ファミリーの一員です!!! 7年間本当にありがとう」と記し、クラブのアイドルを送り出した。

 現在29歳の内田は2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。“ウッシー”の愛称でファンから愛され、2010-11シーズンには9年ぶりのDFBポカール優勝にも貢献した。しかし、2015年3月から右ひざの負傷により長期離脱を余儀なくされ、昨年12月に1年9カ月ぶりに復帰。その後も負傷の影響などで公式戦出場はなく、ブンデスリーガでは2年以上出場から遠ざかっている。今シーズンは完全復帰を期待されていたが、出場機会を求めて2部のウニオン・ベルリンへの移籍が決まった。

 スポーツ・ディレクター(SD)のクリスチャン・ハイデル氏は、クラブ公式サイトを通じ、「アツト・ウチダは移籍を希望していることを伝えてきた。彼は長期離脱から復帰し、試合に出ることが重要だと考えていた。(移籍を許可することは)もちろん我々にとって簡単な決断ではなかった。だが、彼からサッカーをする機会をとりあげたくはなかった」と退団の経緯を説明。「このロイヤル・ブルーのユニフォームを着て常に100パーセントの力を尽くしてくれたアツトに心から感謝したい」とメッセージを送った。

 内田はシャルケでの7シーズンで公式戦152試合に出場し、2ゴール18アシストを記録した。今シーズンから戦いの場を2部へと移し、完全復活に向けて再起を図る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170822-00631136-soccerk-socc
【【海外の反応】「7年間ありがとう」シャルケが内田篤人の退団を発表】の続きを読む

injures-himself-scoring
ゴールパフォーマンスで負傷のミュラーが重傷、半年以上の離脱へ

ニコライ・ミュラーとハンブルガーSVにとって、あまりに辛い診断結果が下された。ニコライ・ミュラーが前十字靭帯を断裂していたことが判明。少なくとも半年間は離脱を余儀なくされることになる。  29歳のウィンガーは土曜午後から行われたブンデス開幕戦にて、右サイドからのセンタリングをニアポストでうまく右足で合わせゴール。だがその後にゴールを祝う際に飛び上がってコーナーのフラッグに膝を打撲していた。 

その後にいったんは治療を受けてピッチに戻ってはいたものの、痛みを抱えていたことは明らかであり、前半15分にアーロン・ハントとの交代を余儀なくされている。試合後にギズドル監督は「本当に残念だし、あんなことははじめてだ」と肩を落とした。 

一方で今回の離脱を受けて、今夏に補強にむけて動くかどうかについては「市場をチェックすることを熟考している」と指揮官は明かしており、さらにイェンス・トッドSDも「あらゆる可能性について話し合っている」とコメント。ただし「かならずそうしなくてはいけないと迫られているわけではない。オフェンス陣はそろっている」と自信ものぞかせている。 

契約を今季まで残しているニコライ・ミュラーについては、ウィングの補強をめざすヴォルフスブルクからの関心がよせられており、好条件によるオファーからミュラーも前向きな姿勢をみせていたものの、ハンブルクはギズドル監督が「キープレイヤー」とみる同選手の放出を拒否。その後の展開が注目されていたところだった。 

これまでフュルト、ザントハウゼン、アイントラハト・フランクフルトにも在籍したミュラーは、2014年にマインツからハンブルクへと加入。ここまでブンデス82試合に出場し、16得点16アシストをマークしている。

http://kicker.town/mainz/2017/08/62298.html
【【海外の反応】酒井同僚のニコライ・ミュラーがセレブレーション中に前十字靭帯を断裂、7か月の離脱へ】の続きを読む


sport
新生ドルトが3発発進!香川は終盤に3トップの右で途中出場

[8.19 ブンデスリーガ第1節 ボルフスブルク0-3ドルトムント]

 ブンデスリーガは19日、第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルフスブルクと対戦し、3-0で快勝した。香川はベンチスタートとなり、後半41分から途中出場した。

 ピーター・ボス新監督を迎え、6年ぶりのリーグ制覇を目指すドルトムントが白星発進した。前半22分、DFダン・アクセル・ザガドゥからのロングフィードをおさめたFWピエール・エメリク・オーバメヤンが後方に落とし、MFマリオ・ゲッツェが素早く展開。MFクリスティアン・プリシッチがドリブルでPA内に切れ込むと、右45度の位置から右足を振り抜き、ゴール左隅に叩き込んだ。

 ドルトムントの新シーズンファーストゴールは18歳のプリシッチ。前半27分には左CKのセカンドボールを拾ったゲッツェからMFゴンサロ・カストロ、DFマルク・バルトラとつなぎ、PA左からバルトラが右足でファーサイドのサイドネットへ鮮やかに流し込んだ。

 連続ゴールで試合の主導権を握ったドルトムントは2-0で折り返した後半15分にも追加点。プリシッチの右クロスにオーバメヤンが滑り込みながら左足で押し込み、3-0と突き放した。後半41分からは最後の交代枠でプリシッチに代わって香川がピッチへ。そのまま3トップの右に入ると、同45分、MFマクシミリアン・フィリップからの浮き球のパスに走り込んだが、コントロールし切れず。試合はそのままタイムアップを迎え、ドルトムントが開幕戦を完封勝利で飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-01643150-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川は86分から途中出場、ドルトムントはヴォルフスブルクに3-0で快勝!】の続きを読む

DHmVZmOXYAA6Wig
レスター岡崎慎司、電光石火の開幕2戦連発ゴール!ブライトン戦で今季2得点目

現地時間19日、プレミアリーグ第2節レスター対ブライトン&ホーブ・アルビオンの一戦で、日本代表FW岡崎慎司がゴールを決めた。

先発出場を果たした岡崎は立ち上がりの1分、右サイドから放たれた味方のシュートが相手GKに弾かれたところを詰め、ネットを揺らした。

岡崎は開幕カードのアーセナル戦でもゴールを決めており、17-18シーズンは開幕2戦連発弾を記録した形になる。

日本代表ではロシア・ワールドカップ出場を懸けたオーストラリア戦が31日に控えており、岡崎にとっては絶好のアピールの場となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00000031-goal-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、ブライトン戦で開始1分に先制点をあげる! 2試合連続のゴール!」】の続きを読む

43317F8500000578-4784752-image-a-171_1502551309832
ルーニーの華麗なる古巣復帰弾にエバートンファン歓喜 「僕のヒーロー」「伝説だ」

13年2カ月28日ぶりにエバートンの一員としてプレーし決勝弾 SNSに称賛の声

 今夏に13年ぶりの古巣エバートンへ復帰したFWウェイン・ルーニーが、12日に行われたストーク・シティとのリーグ開幕戦で決勝ゴールをマークして1-0の勝利に貢献した。レジェンドの華麗なる帰還にファンも歓喜の声を上げている。

 ルーニーは3-4-2-1システムの2シャドーの一角として先発出場。クラブ公式サイトによれば、ルーニーがエバートンの選手としてプレーするのはこれが13年2カ月28日ぶり。メモリアルな一戦で、ルーニーは早速大仕事をやってのけた。

 前半アディショナルタイム1分、エバートンは巧みなパスワークから右サイドのFWドミニク・カルバート・レヴィンへ展開。ダイレクトでクロスを送ると、走り込んだルーニーがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。これが決勝点となって、エバートンは白星発進となった。

 クラブ公式ツイッターは「ウェイン・ルーニー、なんて瞬間だ!!!!」とゴールを速報。このツイートに対し、サポーターからはルーニーを称えるリプライが相次いだ。


「鳥肌が立った」「彼を嫌う人を黙らせる」

「おめでとうワッザ(ルーニーの愛称)、常にあなたを愛してるよ」
「プレミアリーグのレジェンド」
「僕のヒーローだ」
「鳥肌が立った」
「伝説だ。彼は今季より多くのゴールを決めて、彼を嫌う人たちを黙らせるだろう」

 昨季、マンチェスター・ユナイテッドではレギュラーの座を失ったイングランドの英雄が健在ぶりを示した。待ち望んだエバトニアンたちも大歓声でレジェンドの復帰を歓迎している。

【【海外の反応】13年ぶりに古巣復帰のルーニー、決勝ゴールを決めて喜び爆発】の続きを読む


    このページのトップヘ