Cq30aeIW8AAjIhw
武藤の復帰ヘッド弾で追い上げも…香川フル出場のドルトムントが開幕戦でマインツ下す

[8.27 ブンデスリーガ第1節 ドルトムント2-1マインツ]

 ブンデスリーガは27日、第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでFW武藤嘉紀所属のマインツと対戦し、2-1で勝った。香 川はトップ下でフル出場。ベンチスタートの武藤は後半36分から途中出場し、後半アディショナルタイムに今季初ゴールを決めた。

 ドルトムントはDFマルク・バルトラ、MFセバスティアン・ローデ、MFアンドレ・シュールレ、MFウスマン・デンベレという新戦力4人が先発。前半 16分、香川が右サイドに展開し、デンベレのクロスをファーサイドのシュールレが頭で折り返し、FWピエール・エメリク・オーバメヤンが右足でシュートを 打ったが、GKの好セーブに阻まれた。

 それでも、このプレーで獲得した左CKから先制に成功する。前半17分、香川がショートコーナーでつなぎ、シュールレがファーサイドへクロス。オーバメ ヤンがヘディングシュートを流し込み、先制点を奪った。その後はマインツも反撃に出るが、前半29分のMFカリム・オニシウォのミドルシュートはGKロマ ン・ビュルキが弾いた。

 1点リードで折り返した後半もドルトムントが主導権を握るが、なかなか2点目を奪えない。後半30分、シュールレの左足ミドルもGKにキャッチされた。 マインツは後半36分、MFクリスティアン・クレメンスに代えて武藤を投入。2度の右膝外側側副靭帯損傷で長期離脱を強いられていた背番号9が2月6日の ハノーファー戦以来となる実戦復帰を果たした。

 しかし、次の1点を奪ったのもドルトムントだった。後半43分、香川を起点にカウンターを仕掛けると、ドリブルでPA内に切れ込んだシュールレがオニシウォに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが落ち着いて決め、2-0と勝利を決定づけた。

 最後まであきらめないマインツも後半アディショナルタイム、FWパブロ・デ・ブラシスの右クロスに武藤が頭で合わせ、1点を返す。今季初ゴールの武藤は 昨年11月28日のフランクフルト戦以来、約9か月ぶりの得点となり、開幕戦でいきなりの復帰弾。1-2と追い上げたが、同点に追いつくことはできなかっ た。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-01630695-gekisaka-socc
【【海外の反応】武藤が復帰ゴールを決めるも、香川先発のドルトムントがマインツに2-1で勝利】の続きを読む

com
リバプール、ドルトの若手有望株狙う…17歳の米国代表MFに14億円超のオファー

リバプールがドルトムントに所属する17歳のアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチの獲得に乗り出したようだ。27日に英紙『エクスプレス』が報じている。

 同紙によると、リバプールがプリシッチの獲得を目指して1100万ポンド(約14億7000万円)のオファーを提示したとのこと。同選手に関しては、ストーク・シティやRBライプツィヒ、シュトゥットガルトも興味を示している。

 プリシッチはドルトムントの下部組織で育ち今年1月にトップチームに昇格。同月に行われたインゴルシュタット戦でデビューを果たすと、ハンブルガーSV戦で初ゴールを決めた。

 アメリカ代表としては今年3月のグアテマラ戦で代表デビューを果たし、これまでに通算6試合に出場している。ドルトムントは売却に消極的のようだが、プリシッチは出場機会を求めて移籍を検討するかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160827-00010024-footballc-socc
【【海外の反応】今度はリバプールがプリシッチ獲得に乗り出す】の続きを読む


    このページのトップヘ