18739880_1878160755529229_8240801570972950242_n
ドルトムントが5年ぶり4度目のカップ戦制覇!!香川もフル出場でタイトル獲得に貢献

[5.27 DFBポカール決勝 フランクフルト1-2ドルトムント]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)の決勝が27日、ベルリンのオリンピアシュタディオンで開催され、MF香川真司の所属するドルトムントがフランクフルトに2-1で競り勝ち、5年ぶり4度目の優勝を飾った。香川は公式戦3試合連続のフル出場。3シーズン連続で準優勝に終わっていたカップ戦ファイナルでタイトルをもぎ取り、有終の美を飾った。

 前半8分、ドルトムントが幸先よく先手を取った。サイドチェンジを受けたDFルーカス・ピシュチェクが右サイドからゴール前にスルーパスを通すと、PA内右に走り込んだMFウスマン・デンベレが鋭い切り返しでDFをかわし、左足でシュート。立ち上がりのチャンスを生かし、先制点を奪った。

 フランクフルトも前半29分、一瞬の隙を突いて同点に追いつく。高い位置からのプレッシャーでDFソクラティス・パパスタソプロスからボールを奪い、MFミヤト・ガチノビッチが素早くスルーパス。ゴール前に抜け出したFWアンテ・レビッチがGKとの1対1から冷静に右足でゴール右隅に流し込んだ。

 ハーフタイムに2選手を交代したドルトムントは1-1で折り返した後半5分、細かいパス交換からMFマティアス・ギンターのスルーパスに走り込んだ香川がPA内左から左足でシュートを放つが、ゴール前でDFがクリア。同18分にはデンベレがふわりと浮かしたクロスをFWピエール・エメリク・オーバメヤンがオーバーヘッドで狙うと、これもカバーに入ったDFにゴールライン上でクリアされた。

 相次ぐ決定機を生かせなかったドルトムントだが、後半21分、MFラファエル・ゲレイロの浮き球パスに反応したMFクリスティアン・プリシッチがPA内でGKに倒され、PKを獲得。これをオーバメヤンが右足のチップキックでゴール中央に決め、2-1と勝ち越した。

 ブンデスリーガ得点王に輝いたエースの冷静沈着なPKで再びリードしたドルトムントはその後のフランクフルトの反撃も体を張って跳ね返し、2-1のままタイムアップ。国内2冠を達成した11-12シーズン以来、5年ぶり4度目のDFBポカール制覇を成し遂げ、14-15シーズンのドイツスーパー杯以来となるタイトルを獲得した。

 一方のフランクフルトは29年ぶり5度目のポカール優勝ならず。来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得もならなかった。なお、この結果、リーグ戦5位のケルンは来季ELにストレートインで出場。6位ヘルタ・ベルリンがプレーオフから、7位フライブルクが予選3回戦から出場することになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640236-gekisaka-socc
【【海外の反応】ドルトムントが5季ぶりのポカール制覇! 香川はフル出場で優勝に貢献!】の続きを読む

DAgQpXWXkAAu0M3
【【海外の反応】ユヴェントスの優勝式典でボヌッチの息子が涙...その理由が話題に】の続きを読む

DAXsBO5XcAEWrmy
乾貴士、日本人初バルセロナ戦2発に世界も衝撃「イヌイが歴史作る」

スペインリーグ最終節で乾が衝撃の2発

 サッカーのスペイン、リーガ・エスパニョーラ最終節でエイバルの日本代表MF乾貴士がバルセロナ相手に2ゴールを決めた。バルセロナとの公式戦での日本人選手の得点は初めて。エイバルは2点リードから4失点して逆転負けを喫したが、名門相手に乾が見せた2ゴールは世界に衝撃を与えている。

 28歳の日本人MFは前半7分に左足ボレー、後半16分にも左足でドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが守るバルセロナゴールをこじ開けた。

 試合後、ドイツ地元紙「キッカー」電子版をはじめとする海外メディアもこのゴールをレポート。英サッカー専門誌「フォー・フォー・ツゥー」電子版は「日本代表のイヌイがバルセロナ戦でのゴールで歴史を作る」との見出しで特集し、強豪相手のゴールがいかに至難の技かをレポートした。

 またスペイン地元紙「スポルト」電子版では「イヌイがエイバルを牽引し、バルセロナの奇跡をさらに困難なものとした」とレポート。レアル・マドリードが優勝を決めたリーグ最終節で、乾が逆転Vを目指したバルセロナを苦しめた様子を伝えている。

 世界屈指のレベルの高さを誇るスペインリーグでレギュラーの座をつかみながら、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督から招集を見送られている侍が世界に衝撃を与える活躍で、一躍その名を轟かせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170522-00010002-theanswer-socc

【【海外の反応】「どこから来たんだ?」乾貴士、バルセロナ相手に美しいボレー弾を2発 世界に衝撃を与える】の続きを読む

DAXBvOnVwAA2bBK
今季ホーム最終戦、ミラン本田が直接FKで待望の今季初ゴール! 同僚も10番を祝福

後半11分から出場の本田、23メートルのFKを沈める

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、21日のリーグ戦ホーム最終戦ボローニャ戦で直接FKを決めて今季初ゴールをマークした。

 ベンチスタートとなった本田は後半11分にFWカルロス・バッカに代わって出場。右サイドからカットインし、左足シュートを放つなど積極的なプレーを見せていた。

 そして、歓喜の瞬間はミランが1-0でリードして迎えた同28分に訪れた。ゴール正面、23メートルほどの位置でキッカーを任せられると、短い助走から左足でカーブを掛けたボールはゴール右サイドを強襲。ボローニャGKミランテの手を弾くようにしてサイドネットに突き刺さった。

 歓喜を爆発させた本田はチームメートに祝福され、もみくちゃにされた。今季限りでの契約満了が決定的ななか、3年半を過ごしたミラノでのラストゲームで、その左足の威力を置き土産として見せつけた。

 試合は後半アディショナルタイムにFWジャンルカ・ラパドゥーラが決めて3-0で終了。ミランは勝ち点を63に伸ばして6位を決定し、来季のUEFAヨーロッパリーグの出場権を獲得。3季連続で離れていたヨーロッパの舞台への復帰を決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00010027-soccermzw-socc

【【海外の反応】「行かないで」本田圭佑、途中出場から見事なフリーキックを決め今季初得点を記録! チームメイトも祝福!】の続きを読む

top
香川、アシストなどで抜群の存在感! 逆転勝利でCL本戦ストレートインの3位死守

【ドルトムント 4-3 ブレーメン ブンデスリーガ第34節】

 現地時間20日にブンデスリーガ第34節の試合が行われ、ドルトムントはブレーメンと対戦。お互いにゴールを積み重ねるも、最後にドルトムントがリードを守りきり4-3の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。試合開始して7分、ゴール前に詰めたスラトコ・ユヌゾヴィッチにゴールを許し、ブレーメンに先制点を与えてしまう。それでも32分、香川の縦パスからDF裏に抜け出したロイスがゴールを決めてドルトムントが同点に追いついた。

 さらに38分にも香川のパスからピエール・エメリク・オーバメヤンにビッグチャンスが訪れるが、これは惜しくも触ることが出来ずにゴールならず。そして42分、香川からパスを受け取ったウスマン・デンベレが浮き玉のパスを前に向けて出しオーバメヤンがダイレクトで合わせて逆転に成功。

 しかし46分、ブレーメンにカウンターから一気に攻め込まれ、最後にフィン・バルテルスにゴールを許して同点に追いつかれてしまう。68分には、またもカウンターからマックス・クルーゼにゴールを決められ逆転されてしまった。

 それでも75分、ペナルティーエリア内で倒されたロイスが自らPKを決めて再び同点に追いつく。77分には香川がシュートを放ったがGKフェリックス・ヴィートワルトのスーパーセーブで得点ならず。だが、89分にはオーバメヤンのPKで再逆転。結局、4-3でドルトムントの勝利に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)本戦ストレートインとなる3位が確定した。

【得点者】
7分 0-1 ユヌゾヴィッチ(ブレーメン)
32分 1-1 ロイス(ドルトムント)
42分 2-1 オーバメヤン(ドルトムント)
46分 2-2 バルテルス(ブレーメン)
68分 2-3 クルーゼ(ブレーメン)
75分 3-3 ロイス(ドルトムント)
89分 4-3 オーバメヤン(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170521-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】「超一流だ」香川が同点弾のアシスト、目の覚めるようなパフォーマンスでリーグ最終戦の勝利に貢献!】の続きを読む


    このページのトップヘ