Iniesta-Vissel-Kobe
イニエスタ、待望のJデビュー。悔しい敗戦も「これから始まる素晴らしい物語の第一歩」

明治安田生命J1リーグ第17節が22日に行われ、ヴィッセル神戸は湘南ベルマーレに0-3で敗れた。だが、神戸にとって今季のホーム最多2万6146人の観客、普段の5倍にものぼる約150人のメディアが集結した一戦は大いに沸いた。

 神戸の2点ビハインドで迎えた59分、2人目の交代として元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがJリーグのピッチに立った。コンデションは決して万全ではなく、チームメイトとの連係も未成熟なのは明らかだったが、相手の急所を突くスルーパスなど随所に持ち味を発揮した。試合終盤にはコーナーキックに合わせる左足ダイレクトボレーでJリーグでの初シュートも放った。

 試合後、異例の記者会見という形で取材に応じたイニエスタは「僕個人としては今日デビューできたこと、観客に温かく迎え入れられたことに対し、すごく喜ばしい日でした」と語ったが、「チームとしては負けてしまったことが非常に残念で、僕は負けることが好きではないので」と悔しさも覗かせた。

 それでも「これがこれから始まる素晴らしい物語の第一歩であることを確信しています」とJリーグでの新たな挑戦に手ごたえも感じているようだ。「今日プレーしてみて、非常にフィジカルが強く、アビリティの高い選手が多くて、Jリーグのレベルは非常にいいものだと思いました」と日本のリーグのイメージも固まりつつある。

 チーム内では「今までずっとやってきた役割」を担うと考えており、「中盤から攻撃にかけての要になるようなプレーをしていきたい」とイニエスタは言う。

 湘南戦では「チームが負けている時に入るのは難しいですし、周りの選手達もすでに何十分もプレーしている中で、さらにまだ呼吸が合っていないチームに入るのは難しかったところはあった」が、「できるだけ前を見て、攻撃を組み立てること、そして縦へのパスだったり、そういったものを探すようなプレーを心がけて」プレーし、可能性を感じさせるチャンスも作った。
 
 コンディションやチームメイトたちとの連係の向上にも「これからの練習、そしてこれからの試合であらゆる面でより良くなっていく」と確信を持っている。

 次戦は28日、ホームでの柏レイソル戦。イニエスタは「仲間たちの練習だったり、自分のコンディションを上げていくことに時間をかけて、90分かはわかりませんが、できるだけ長い時間、そして今日よりもいいプレーをできることは確信しています」と力強く語った。スペイン代表やバルセロナの一員として数々の栄光を勝ち取ってきた名手は、日本でも変わらぬ輝きでファンを魅了するための準備を続けていく。

【イニエスタのJリーグデビュー戦を観た海外のサッカーファン】の続きを読む

1531926651932
日本代表、2019年コパ・アメリカ出場へ…南米連盟が招待

南米サッカー連盟(CONMEBOL)は4日、2019年6月にブラジルで開催されるコパ・アメリカに、日本代表を招待すると発表した。

 コパ・アメリカはCONMEBOLに加盟する10の国に招待国を加えて行われる。今回はアジアから日本とカタールが招待されることが明らかになった。

 日本は1999年にコパ・アメリカに出場した経験があり、今回が2度目の参戦。なお、日本は2011年アルゼンチン大会にも招待されていたが、東日本大震災の影響によるJリーグ日程変更の影響などもあり出場を辞退していた。

 コパ・アメリカ ブラジル2019は、2019年6月から7月にかけて開催され、ブラジルでは5回目の開催となる。

 前回のコパ・アメリカ アメリカ2016ではチリ代表が決勝でアルゼンチン代表を破り、チャンピオンに輝いている。

【日本も参加する『コパアメリカ』について語る海外のサッカーファン 】の続きを読む

Dhu6i5rWsAA895o
F・トーレス、サガン鳥栖移籍が正式決定!イニエスタに続き“超大物”がJリーグ入り

元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレスが10日、サガン鳥栖に加入すると発表した。なお、契約は1年半で1年の延長オプション付き、背番号は9番に決定した。

F・トーレスはアトレティコ・マドリーの下部組織出身。16歳でトップチームに昇格すると、抜群の決定力を武器にゴールを決め続けてサポーターの心をつかんだ。ついた愛称は“エルニーニョ”。

2007年に一時アトレティコに別れを告げてリヴァプールやチェルシー、ミランでプレーしたが、2015年1月に再び古巣へ復帰した。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラでこそ優勝を逃したものの、ヨーロッパリーグ制覇を達成。有終の美を飾っていた。また、スペイン代表としては110試合に出場し、38得点をマークしている。

“神の子”が一転してJリーグ参戦

F・トーレスは、自身のツイッターで「こんにちは。明日の火曜日に新しい電子書籍の発表イベントに参加する。そこで、次の所属先について発表する」と投稿し、10日に移籍先を明らかにすることを宣言。

注目を集めた去就に関して、中国リーグやメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のクラブのほか、サガン鳥栖との交渉も報じられていた。鳥栖との交渉は一時破談に終わったとみられていたが、一転してJリーグ参戦が正式に決定した。

なお、Jリーグでは先日、ヴィッセル神戸がMFアンドレス・イニエスタの加入を発表。そのイニエスタと同じ1984年生まれのスーパースターであるF・トーレスの日本での雄姿、一挙手一投足に注目だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010002-goal-socc

【「面白いリーグになる」サガン鳥栖がフェルナンド・トーレスの獲得を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

DhKFZsLX0AAjtsw
敗戦直後、日本代表のロッカーに残されたメッセージに世界が感動(ワールドカップ)

「真の勝者がいた」

サッカーのワールドカップ・ロシア大会決勝トーナメント1回戦で、ベルギーに敗れた日本代表のロッカールームでの振る舞いに、世界から称賛の声が集まっている。

写真で見る限り、ロッカールームはきれいに掃除され、美しい状態に保たれている。さらに、入り口側の棚の上にはロシア語で「スパシーバ(ありがとう)」のメッセージが書かれた紙も残されていた。

プリシラ氏は「サポーターもスタジアムでゴミ拾いをした。すべてのチームにとって模範となります!」などのコメントとともに投稿。

この投稿に対しては、返信やリツイートなどで、世界各国から「ありがとうのメッセージは桁違いだ」「arigato」「真の勝者がいた」などの声が寄せられていた。

この試合で、日本は世界ランキング3位の強豪相手に善戦したが逆転され2ー3に終わり、惜しくも史上初のベスト8入りには届かなかった。ピッチ上では涙を見せ、うなだれる選手たちの姿も。悔しい結果となった直後の振る舞いとあって、感動を呼んだようだ。

【2018/7/05追記】  5日に行われた記者会見で、長谷部誠選手は、ロッカールームの掃除をしたのはチームのスタッフだと明らかにした上で、「日本代表スタッフの方を誇りに思います」と話した。


【「素敵」「未来の世代に伝えるべき」日本代表、敗戦後にロッカールームを綺麗にして去る 海外サポーターの反応【ロシアW杯】】の続きを読む

t
伊メディア、日本の健闘を称える「勇ましいサムライに敬意を」「アジアの成長を証明」

ベルギーに逆転を許し、敗退が決まった日本について、イタリアメディア『スカイスポーツ』は、「ハラキリ」の見出しで大きく報じるも、健闘を称えている。

日本はロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦。原口元気と乾貴士によるスーパーゴールで先制しながら、後半のアディショナルタイムに決勝点を献上し、2-3で逆転負けを喫した。悲願のベスト8進出は叶わず、イタリアでは「ハラキリ」と報じられている。

「日本がまたハラキリ…8年ごとに16強で敗退」との見出しで、2002年日韓大会、2010年南アフリカ大会に引き続き、決勝T1回戦での日本の敗退が決定したことを報道。「日本のジンクスは続く。3回とも敗退の方法は違ったが、いずれも痛々しいものだ。なかなか消化できないだろう」と見解を示した。また「W杯出場が“まだ”20年のアジアチームにとって、8強はタブーのままとなった」と綴っている。

ベルギーに「悪夢の逆転」をされたが、「まるで“いけにえ”のようにピッチへ入った日本は、勇ましいサムライのように胸を張ってピッチを後にした。このチームに敬意を示そう」と、ベルギーが優勢と見られる中、一時は2点のリードを保ち、爪痕を残した日本を称えた。また「ニシノ(西野朗監督)の代表チームは再び、アジアサッカーが絶え間なく成長していることを証明して見せた」と締めくくっている。

一方『ラ・レプブリカ』は、日本対ベルギー戦について、「94分に(ナセル)シャドリがニッポン人の夢を消し去った」と伝えた。ベルギーは、途中出場のマルアン・フェライニとシャドリがゴールを決めたことで、「(指揮官ロベルト)マルティネスの采配が決定的だった」と論じ、「日本の夢は、一瞬にして消えた。日本の歴史的偉業は立ち消えになった」と語っている。

【「新鮮な息吹だった」歴史的激闘を見せた日本代表に世界から称賛の声 海外サポーターの反応【ロシアW杯】】の続きを読む


    このページのトップヘ