1507293326436
ニュージーランドに競り勝った日本、勝ち越しゴールに満足もハリル監督「簡単ではなかった」

[10.6 キリンチャレンジ杯 日本2-1ニュージーランド 豊田ス]

 ロシアW杯へのサバイバルが始まった。6日、日本代表はキリンチャレンジ杯でニュージーランド代表と対戦。同点に追いつかれて迎えた後半42分にMF倉田秋が勝ち越しゴールを決め、2-1で勝利した。

 試合の立ち上がりは、4試合ぶりスタメンのMF香川真司が右ポスト直撃のシュートを放つなど、一方的に攻め込んだ。だが、いい時間帯に先制点を挙げられないでいると、日本のスピードに慣れてきたニュージーランド相手に攻めあぐね、前半はスコアレスに終わった。

 それでも後半5分、相手のハンドから獲得したPKをFW大迫勇也がねじ込み、日本が先制。これで勢いに乗るかと思われたが、警戒していたFWクリス・ウッドに同点ヘッドを決められてしまう。その後は一進一退の攻防が続いたが、迎えた後半43分に途中出場の倉田が代表初ゴールを決め、2-1。バヒド・ハリルホジッチ監督が「2試合ともその交代枠は使いたい」と語っていたように交代枠6人を使い切って勝利した。

 試合後、指揮官は「勝ちましたけど、簡単ではなかった。ニュージーランドは素晴らしい守備をしてくれた。ロングボールで空中戦を挑んできた。1点目を取れたが、我々のゲームコントロールはうまくいかなかった。その時に失点してしまった」と分析。「そのあと我々から仕掛けていけた。オフェンスの素晴らしいリアクションがあった。本当に素晴らしいコレクティブな動きで2点目が取れた」と一定の評価を下した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171006-01644866-gekisaka-socc
【【海外の反応】日本代表、倉田の代表初ゴールでニュージーランド代表に辛勝】の続きを読む

19b83cb5abc14614923077d9ff389b2c
原口元気、絶対王者相手に会心の4人抜きアシスト「不満をポジティブに変えた」

 ドイツ・ブンデスリーガ第7節が現地時間1日に行われ、ヘルタ・ベルリンは王者バイエルン・ミュンヘンと2-2で引き分けた。

 ヘルタの格上相手のドローを引き寄せたのは、十分な出場機会を得られず苦しんでいた日本人だった。

 先発起用された原口元気は0-2のビハインドで迎えた51分、ペナルティエリアの左手前でボールを受けると、バイエルンの守備陣を引きずりながらドリブルでペナルティエリア内右サイドへ突進していく。4人を置き去りにして折り返し、最後はオンドレイ・ドゥダが追撃の狼煙となるゴールを奪った。

 原口は会心のアシストについて「最近のフラストレーションをポジティブなエネルギーに変えました。自分で打とうかとも思ったけれど、ドゥダを見ました」と振り返っている。コメントは独紙『ビルト』が伝えた。

 同紙は「日本人がスーパーな単独突破でバイエルンのペナルティエリア内へ。4人の相手を退け、ドゥダへクロスを送った」と、原口の一連のプレーを称えている。

 これから日本代表に合流する原口は、バイエルン戦での活躍を弾みに調子を上げられるだろうか。今季の先発は今節が初めてだったが、結果を残し続ければ出場時間は確実に伸びていくだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171002-00233841-footballc-socc
【【海外の反応】原口元気、今季初先発のバイエルン戦で4人抜きアシスト! 公式のマンオブザマッチに選出される】の続きを読む

nintchdbpict000357205172
「とてつもないボレー」「ストライカーの本能」吉田麻也の今季初得点を英メディア称賛

 サウサンプトンのDF吉田麻也が決めた今シーズン初ゴールを英メディアが称賛した。

 吉田は9月30日のプレミアリーグ第7節ストーク・シティ戦に先発出場。0-1で迎えた75分、セットプレーでゴール前に上がっていた日本代表CBは、見事なジャンピングボレーを叩き込んでいる。

 『スカイ・スポーツ』は、「ブリリアントゴール」と吉田の美技を称賛。『ミラー』では「とてつもないボレー。素晴らしい運動能力でファンタスティックなボレーを決めた。(相手GK)バトランドはノーチャンス」と記されている。

 選手の採点を掲載した『デイリーメール』は、吉田に「6.5」を付けた。「7」がチーム内に4人いたため、それほど高い評価にはなっていないが、得点シーンについては「ホーム(ストーク)のサポーターは、CBの吉田がストライカーの本能を見せたときは最悪の事態を恐れた」としている。

 その後の失点で勝ち点を得ることができなかったサウサンプトンだが、試合途中からキャプテンマークを巻いた吉田は、チームからもファンからも大きな信頼を集めている様子だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171001-00233639-footballc-socc
【【海外の反応】「素晴らしい本能だ」吉田麻也、CBとは思えぬアクロバティックなボレー弾で今季初ゴールを記録!】の続きを読む

imago30133886h-e1506782095765-1170x658
香川の技ありループが決勝点!ドルト、苦しみながらも4連勝で無敗&首位キープ

[9.30 ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク1-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは30日、第7節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でアウクスブルクと対戦し、2-1で競り勝った。2試合ぶりの先発となった香川は1-1の前半23分に2試合ぶり今季2得点目となる勝ち越しゴール。ブンデスリーガでの通算得点数を「38」に伸ばし、通算37ゴールでFW岡崎慎司(現レスター・シティ)と並んでいたブンデスリーガ日本人選手最多得点記録も更新した。

 香川のキックから先制点が生まれた。前半4分、左CKのキッカーを務めた香川が右足で蹴り込むと、ゴール前でこぼれたボールをFWアンドリー・ヤルモレンコが左足ヒールで押し込んだ。

 ヤルモレンコのブンデスリーガ初ゴールで先制したドルトムントだが、アウクスブルクも前半11分、DFフィリップ・マックスの左クロスにMFカイウビが頭で合わせ、1-1の同点。立ち上がりから点を取り合う展開となる中、香川が技ありのビューティフルゴールで勝ち越しゴールを奪った。

 前半23分、敵陣PA付近で相手守備陣の連係ミスを突いたFWピエール・エメリク・オーバメヤンがボールを奪ってマイナスのパス。これをヤルモレンコがワンタッチで横に流し、香川が右足のループシュートで鮮やかにゴールネットを揺らした。

 香川は今季リーグ戦初先発で初ゴールを決めた20日のハンブルガーSV戦(3-0)以来、2試合ぶりの得点となったが、先発した試合では2試合連続ゴール。ブンデスリーガ通算38ゴールとし、岡崎がシュツットガルト、マインツ時代に記録した37ゴールを抜いてブンデスリーガ日本人最多得点記録を塗り替えた。

 その後もアウクスブルクを攻め立てるドルトムントだが、相次ぐ決定機を生かせない。前半32分、DFマルク・バルトラのロングフィードにオーバメヤンが反応。ゴール前に抜け出し、GKと1対1を迎えたが、フェイントを入れてドリブルでかわそうとしたところをGKに止められ、シュートを打ち切れなかった。

 前半アディショナルタイムにはMFクリスティアン・プリシッチのスルーパスに香川が反応。左足を振り抜いたが、バウンドに合わせられず、シュートは大きくクロスバーを越えた。

 1点リードで折り返した後半立ち上がりはアウクスブルクの反撃に遭ったドルトムント。後半12分にはMFマフムード・ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロを投入するが、なかなか流れが変わらない。アウクスブルクは後半14分、左CKにカイウビが頭で合わせたが、GKロマン・ビュルキがビッグセーブ。その後のピンチもビュルキの好セーブでしのぐなど、ドルトムントは我慢の時間が続いた。

 後半26分にはプリシッチの右クロスにオーバメヤンが頭で合わせたが、GKの正面を突く。ようやく訪れた追加点のチャンスだったが、エースが決め切れなかった。

 後半33分、アウクスブルクがCKを獲得したタイミングで主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの助言を受け、その2分前にドルトムントのFKの場面でアウクスブルクにファウルがあったとしてPKを宣告。MFゴンサロ・カストロのFKは相手GKにキャッチされ、そのままカウンターからアウクスブルクがCKまで獲得していたが、カストロのキックの場面でPA内でDFルーカス・ピシュチェクがMFク・ジャチョルに倒されており、映像を見返した末にこれをファウルと判断した。

 思わぬ形でPKのチャンスを迎えたドルトムントだったが、オーバメヤンがチップキック気味に正面を狙ったキックはGKに読まれ、微動だにしなかったGKが正面でキャッチした。絶好の追加点の好機を逃し、後半36分には香川に代えてDFエメル・トプラクを投入したドルトムントは3バックにシステムを変更して逃げ切りを図る。終盤も苦しい展開だったが、同点ゴールを許さず、2-1で勝利。苦しみながらも4連勝で開幕から7戦無敗(6勝1分)とし、首位もキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-01644629-gekisaka-socc
【【海外の反応】「天才だ」香川がまた魅せた! 芸術チップ弾で決勝ゴールを記録! 日本人最多得点記録も更新! ドルトムントはアウグスブルクに勝利し無敗の4連勝! 】の続きを読む

sp-honda-a-20170929-870x643
本田圭佑、8分間の出場でリーグ戦2点目奪取。PO進出へ、パチューカの救世主になれるか

82分からFWの位置でピッチに立った本田 

パチューカの本田圭佑が8分という短い出場時間でゴールを決めた。リーガMXはメキシコ中部で発生した大地震の影響により第10節の開催が中止となり、第11節の日程と開催スタジアムも一部変更。本田を擁する14位パチューカはアウェイの予定だった6位クルス・アスルとの一戦をホームで迎えた。   

本田がベンチスタートとなった試合は、パチューカが効率の良い攻撃で前半に2点をリードする。17分に怪我から復帰したチリ代表のプッチが1トップに張るハラのラストパスから鮮やかな先制ゴールをあげると、37分には10番ウレタビスカヤのパスを受けたMFのグスマンが今季5点目となるゴールをあげる。   

そこからクルス・アスルの激しい攻撃に耐える状況が続いていたパチューカ。アロンソ監督は72分に最初の交替カード(前線のハラに代えてサガルを投入)を切ると、82分にようやく本田を投入する。   

右サイドのエリック・アギーレと同時に投入された本田は[4-5-1]の1トップに張るようなポジションを取り、前からの守備をこなしながら攻撃では相手のマークを引き付ける役割を担う。   

86分にカウンターからグスマンが右のカットインから華麗な左足のシュートで自身2点目となるチームの3点目をあげたが、この場面では本田がペナルティエリア内の中央からワイドに流れ、うまくシュートコースを作っていた。

カウンターからゴールを奪取。パチューカをプレーオフ進出へ導けるか

そして終了間際の89分、本田にとってリーグ戦2点目となるだめ押しの追加点がその左足によってもたらされる。   

味方のクリアボールをハーフウェーラインの手前で拾った本田は1タッチでウレタビスカヤにつなぐと、そこから縦パスを引き出し、中央をドリブルで進出。立ちはだかるDFシルバをかわし、最後は浮き球のシュートをゴールの右隅に決めた。   

途中出場から短い時間でゴールという明確な結果を残した本田。今後も複数のポジション、先発と途中からの両方で起用されていく可能性が高いが、パチューカの上位進出に重要な存在になりつつあることは確かだ。   

この勝利で12位に浮上したパチューカ。メキシコリーグは前期リーグと後期リーグに分かれ、半年間で1ステージが完結する。残りは延期分も含め7試合。首位のモンテレイとは勝ち点11の差が開いているが、8位までに入れば“リギージャ”と呼ばれる優勝を争うトーナメント制のプレーオフに進出できる。   

8位のラボスBUAPとは勝ち点2差であり、10月1日に行われる次節のネカクサ戦に勝利すればリギージャ圏内に浮上できる可能性もある。   

残りの試合で本田がどう起用され、勝利に貢献していけるのか。それは11月に欧州遠征を控える日本代表、さらには12月のクラブW杯での活躍にも影響してくるはずだ。

https://www.footballchannel.jp/2017/09/28/post233261/2/
【【海外の反応】本田圭佑、終了間際にドリブルから豪快ミドル弾を決める! メキシコリーグ2点目を記録! 】の続きを読む


    このページのトップヘ