C7f7a6yW0AArLgT
必勝を期すUAE戦。しかし2つのデータが導く結果は「ドロー」だ

まもなく再開される2018年ロシアW杯アジア最終予選。日本が属するグループBは、前半戦を終了して上位4カ国が勝ち点1差以内にひしめく大混戦となっている。アジア最終予選が現行方式になった1998年W杯予選以降、折り返し時点でこれほどの接戦になったことはない。上位2枠の出場枠(3位チームはプレーオフへ)をめぐって、前例のない激戦となっている。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(2017年3月21日時点)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 サウジアラビア  10   3  1  1  9  5
2位 日本       10   3  1  1  8  5
3位 オーストラリア   9   2  3  0  8  5
4位 UAE         9   3  0  2  7  6
5位 イラク       3   1  0  4  6  8
6位 タイ        1   0  1  4  3  12


 予選再開後、日本が最初に対戦するのは、因縁の相手となるUAE(現地時間3月23日)だ。UAEといえば、今回の最終予選初戦で、それもホームで敗れた(1-2)ことは記憶に新しい。

 W杯予選において、日本が同一国に連敗したのは、1986年メキシコW杯予選まで遡(さかのぼ)る。相手は韓国だった。当然、32年ぶりとなる屈辱をここで味わうわけにはいかない。

 しかしながら、今度の戦いの舞台は、敵地アル・アイン(UAE)。過去、UAEとのアウェー戦において、日本は5戦未勝利となっている。苦戦は必至だ。

【日本vsUAE アウェー全成績】
1988年=日本1△1UAE(親善試合)
1988年=日本0●2UAE(親善試合)
1993年=日本1△1UAE(W杯予選)
1995年=日本1△1UAE(親善試合)※
1997年=日本0△0UAE(W杯予選)
※日本はU-23代表。FIFAは国際Aマッチとして認定

 ただ一方で、日本にも心強いデータがある。ここ最近は、国際Aマッチ7試合連続でアウェー戦は無敗中(※中立国での対戦は含まず)。当時FIFAランキング5位の強豪ベルギー戦で勝利を収めて以降、イラン、オーストラリアといったアジアの実力国にも負けてない。

【現在、日本が継続中のアウェー戦連続無敗記録】
2013年=日本3○2ベルギー(親善試合)
2015年=日本1△1中国(東アジア杯)
2015年=日本1△1イラン(親善試合)
2015年=日本3○0シンガポール(W杯予選)
2015年=日本2○0カンボジア(W杯予選)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選)
2016年=日本1△1オーストラリア(W杯予選)

ちなみに、もし今回のUAE戦を落とさなければ、1963年~1968年までと、2009年~2011年までに樹立したJFA(日本サッカー協会)公認のアウェー戦連続無敗記録を更新する(※)。
※FIFA認定の国際Aマッチにおける日本のアウェー戦連続無敗記録は、1963年~1968年に樹立した9試合連続。これには、1964年のシンガポール民連隊代表戦と、1967年の日本B代表vs台湾の試合が含まれている。

 記録といえば、今度のUAE戦で原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がゴールを決めれば、日本代表における最終予選5試合連続得点という史上最高記録を打ち立てることになる。現在は、1994年と1998年の2回のW杯最終予選にかけて三浦知良(横浜FC)が記録した最終予選4試合連続得点と並んでいる。 “難所”となるアウェーのUAE戦を終えたあとは、ホームでタイ(3月28日/埼玉スタジアム)を迎え撃つ。

 前半戦を終えてグループB最下位のタイ。油断は禁物だが、日本にとっては勝ち点3獲得が必須の相手となる。通算対戦成績を見ても、日本の14勝3分け1敗と日本の優位は動かない。W杯出場切符獲得へ、最終的に得失点差の勝負となる可能性もあるため、ゴールを量産し大差をつけて勝利を飾りたいところだ。

【日本vsタイ、JFA公認の全成績】(※五輪予選は含まず)
1962年=日本3○1タイ(アジア競技大会/インドネシア)
1963年=日本4○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1966年=日本5○1タイ(アジア競技大会/タイ)
1970年=日本0△0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1975年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1976年=日本2△2タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1978年=日本3○0タイ(ジャパン杯/日本)
1978年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1979年=日本2○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1991年=日本1○0タイ(キリン杯/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/UAE)
1997年=日本1△1タイ(キングス杯/タイ)
1997年=日本1●3タイ(親善試合/タイ)
2004年=日本4○1タイ(アジア杯/中国)
2008年=日本4○1タイ(W杯予選/日本)
2008年=日本3○0タイ(W杯予選/タイ)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選/タイ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00010002-sportiva-socc
【【海外の反応】日本代表、勝利が必須のUAE戦へ、試合前の反応【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

fifa-world-cup-soccer
【【海外の反応】カナダ「ロシアW杯に出場する国を予想したけど、異論ある?」】の続きを読む

C7NTurWXgAAmlbP
大迫勇也、ハンパないゴールに続きアシスト!ヘルタ戦でケルン攻撃陣をけん引

ケルンに所属する日本代表FWの大迫勇也が18日、ブンデスリーガ第25節のヘルタ・ベルリン戦で今シーズン6得点目を決めた。

先発出場した大迫は開始早々の6分、左サイドで後方からのボールを受けると巧みなトラップからワンタッチで反転してバイタルエリアに侵入した。すると、相手ディフェンスが詰め寄る前に右足を一閃。鋭く放たれた弾丸シュートは豪快にネットへ突き刺さり、チームに先制点をもたらした。

大迫にとって、第22節のインゴルシュタット戦以来となる今シーズン6得点目となった。なお、公式戦では通算8ゴール目となっている。

さらにケルンは35分、スローインを受けた大迫を起点にシュートパスを繋ぎ、左サイドに開いた大迫に再びボールが渡る。相手選手のタイミングを外してマイナス気味のパスを中央へ送ると、アントニー・モデストが左足でうまく合わせてリードを2点に広げた。大迫の攻撃センスと、ショートバウンドにうまく合わせたモデストの決定力が光った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000036-goal-socc
【【海外の反応】大迫勇也、スーパーミドルにアシストの大活躍でヘルタ戦の勝利に貢献】の続きを読む

GettyImages-654576498
香川、3試合連続フル出場で自信取り戻す「自分をもっと表現したい」

 ボルシア・ドルトムントは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットに1-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したドルトムントの香川真司は、前半に先制点の起点となるスルーパスを通すなど90分間安定したプレーを披露。公式戦3試合連続フル出場で勝利に貢献した。

 ここ1週間で3試合をこなした香川だが、それまではベンチを温める日々が続いていた。そんな中でマルコ・ロイスが負傷したうえ、トーマス・トゥヘル監督がシステム変更に踏み切ったことなどもあってチャンスを掴んだ。

「きつすぎて、ヤバかったですね(苦笑)」と、3試合連続のフル出場を振り返った香川。インゴルシュタット戦は内容がよくなかっただけに、「試合後の疲労感はなかなかスゴかった」という。一方で自らのプレーは好感触だったようだ。

「(プレーに)手応えは感じてますし、自分の状況もいいと思っている。これを続けていくしかないのかなと。ただ、メンバーの層も厚いですし、目に見える結果も求められる。(結果を)常に求めていきたい。あとは自分自身のプレーを出さなきゃいけないと思っているので、個性あるチームの中で最終的に生き残っていくために、自分をもっともっと表現したい」

 リーグ戦は一旦中断となり、香川はこれから日本代表へと合流する。今の好調を維持して日本を勝利に導き、ドルトムントでの終盤戦に向けて弾みをつけたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010004-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、ターンからスルーパスで決勝点を演出! ドルトムントは1-0でインゴルシュタットに勝利】の続きを読む

C7HbenQWwAAGVWG
CL準々決勝組み合わせ決定、過去対戦成績は?

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が17日に行われた。準々決勝第1戦は4月11日と12日、第2戦は同18日と19日に行われる。

 注目の日本人対決や同国対決は回避されたが、ビッグカードが生まれている。連覇を目指すレアル・マドリー(スペイン)はバイエルン(ドイツ)、決勝トーナメント1回戦で奇跡の大逆転勝ちを飾り勝ち上がったバルセロナ(スペイン)は、ユベントス(イタリア)との対戦が決まった。

 uefa.comが各対戦の対戦成績を発表している。アトレティコ・マドリー(スペイン)は、対レスター・シティ(イングランド)で3勝1分と負けがなく、やや有利なデータが出ている。

 またドルトムント(ドイツ)とモナコ(フランス)は過去に対戦がない。ただしドルトムントは過去7回の準々決勝で5回突破。モナコは過去4回の準々決勝で2回勝っているという。

 注目のバイエルン対R・マドリーはバイエルンの11勝2分10敗と拮抗。ただし準々決勝での同対戦は過去に2度(87-88、01-02)あり、いずれもR・マドリーが勝利している。

 ユベントス対バルセロナもユベントスの2勝2分3敗と拮抗している。準々決勝での対戦は過去に2度(85-86、02-03)。成績は1勝1敗となっている。

▽準々決勝(左が第1戦ホーム)
アトレティコ・マドリー(スペイン)―レスター・シティ(イングランド)
・Aマドリーの3勝1分0敗、7得点 2失点

ドルトムント(ドイツ)―モナコ(フランス)
・過去に対戦なし

バイエルン(ドイツ)―レアル・マドリー(スペイン)
・バイエルンの11勝2分10敗、33得点 31失点

ユベントス(イタリア)―バルセロナ(スペイン)
・ユベントスの2勝2分け3敗、7得点 10失点

■過去準々決勝成績
アトレティコ・マドリー
5勝3敗

レスター・シティ


ドルトムント
5勝2敗

モナコ
2勝2敗

バイエルン
18勝9敗(6連続勝利中)

R・マドリー
27勝6敗(6連続突破中)

ユベントス
11勝5敗

バルセロナ
14勝4敗

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-01637846-gekisaka-socc
【【海外の反応】『レスターvsアトレティコ』『BVBvsモナコ』CL準々決勝の組み合わせ決定!】の続きを読む


    このページのトップヘ