岡崎2戦連続弾も…レスター、エースのPK失敗響きリヴァプールとの打ち合い敗れる

 プレミアリーグ第6節が23日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがリヴァプールと対戦した。

 先日行われたカラバオカップ(リーグカップ)でも対戦した両チーム。途中出場から1ゴール1アシストをあげ勝利に導いた岡崎は先発入りし、ジェイミー・ヴァーディと2トップを組む。公式戦ここ4試合で勝ち星のないリヴァプールはフェリペ・コウチーニョやモハメド・サラーらがスタメン入りしている。

 岡崎は開始6分、ヴァーディにスルーパスを送ってシュートチャンスを作りだすなど存在感を見せる。リヴァプールは13分にエムレ・ジャンがポスト直撃のミドルシュートを放つなど、両チームに得点の気配が漂う。すると15分、左サイドから右足で送られたコウチーニョのクロスがファーサイドに走り込んだサラーにピタリ。アウェイのリヴァプールが先制した。

 さらにリヴァプールはゴール前の良い位置でFKのチャンス。コウチーニョが放ったボールは完璧なカーブ、スピードでゴール左上に吸い込まれた。コウチーニョの美技で早くもリードを拡げた。

 レスターは40分、岡崎がFKのこぼれ球に反応して押し込んだがオフサイドの判定。しかし前半終了直前にコーナーキックのこぼれ球を誰よりも早く反応した岡崎が押し込んでゴール。カップ戦に続きリヴァプール相手に2試合連続ゴールで1点を返した。

 追い上げムードのレスターだったが、後半にスコアを動かしたのはリヴァプールだった。カウンターを仕掛けたレスターを食い止め、逆にリヴァプールがカウンターを発動。3対2と優位の状況でダニエル・スタリッジがフリーのジョーダン・ヘンダーソンにラストパス。落ち着いて1人をかわして流し込んだ。

 しかし直後にレスターはデマレイ・グレイの強烈なボレーシュートのこぼれ球をヴァーディが押し込み再び1点差に詰め寄る。さらにエリア内に走り込んだヴァーディがGKに倒されてPKをゲット。同点に追いつく絶好のチャンスだったが、思い切り右足を振り抜いたヴァーディのシュートはシモン・ミニョレに防がれてしまった。

 レスターは最後まで追いつくことができず、試合はこのまま終了。リヴァプールは第3節以来、9月初めての白星をあげた。また岡崎は74分までプレーしている。

 次節、レスターは9月30日にアウェイでボーンマスと、リヴァプールは10月1日にアウェイでニューカッスルと対戦する。

【スコア】
レスター 2-3 リヴァプール

【得点者】
0-1 15分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0-2 23分 フェリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
1-2 45+3分 岡崎慎司(レスター)
1-3 68分 ジョーダン・ヘンダーソン(リヴァプール)
2-3 69分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170924-00646549-soccerk-socc
【【海外の反応】岡崎慎司、リバプール相手に2戦連続でゴールを決める! オフサイド判定で幻のゴールも!】の続きを読む

top
香川が今季初ゴール! ドルトムントがハンブルクを下して首位をキープ

ブンデスリーガ第5節が9月20日に行われ、香川真司所属のドルトムントが酒井高徳所属のハンブルガーSVに敵地で3ー0の勝利を収めた。香川と酒井はともに今季初の先発出場を果たし、香川は今季初ゴールとなる先制点を挙げた。 

ハンブルガーSV 0ー3 ドルトムント  ハンブルク酒井とドルトムント香川がともに先発に名を連ね、日本人対決が実現した一戦。ハンブルクのベンチには柏レイソルの育成組織出身で、これまで主にUー21チームでプレーしていた伊藤達哉も入った。 

立ち上がりはホームのハンブルクが積極的に仕掛けて首位チーム相手に健闘するが、より多くのチャンスを作ったのはドルトムントだった。8分、オバメヤンとのパス交換からプリシッチが際どいシュートを放つと、16分にはオバメヤンのヘディングシュートが右ポストをかすめる。 

試合が動いたのは24分、ドルトムントはヤルモレンコのFKからゴール前に飛び込んだトプラクがヘディングシュート。コース上にいた香川がブロックする形になってしまうが、こぼれ球を香川が自ら蹴り込んで先制点を挙げた。

ハンブルクは29分、縦パスに反応したウッドが抜け出してエリア内で倒されるがこれはノーファウルの判定。31分にはホルトビーのクロスにハーンが頭で合わせるが、これはGKビュルキの正面をついた。

 ドルトムントは前半こそ1点止まりだったが、後半に入っても主導権を握り続け、62分にはヤルモレンコのシュート性のクロスにオバメヤンが合わせて待望の追加点を奪う。さらに79分にはダフートの横パスを受けて中央に切れ込んだプリシッチが加点。守ってもハンブルクに反撃の隙を与えず、3ー0の快勝を収めた。

【得点】 ドルトムント:香川(24分)、オバメヤン(63分)、プリシッチ(79分) 

【ラインナップ】
ハンブルガーSV(4ー3ー3)
 マテニア;ディークマイヤー、パパドプロス、マブライ、酒井(48分 ドウグラス・サントス);ワラシ、ユング、サリホビッチ(70分 ワルトシュミット);ハーン、ウッド(84分 ヤンジチッチ)、ホルトビー 

ドルトムント(4ー3ー3)
 ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥ(84分 ラルセン);カストロ、シャヒン、香川(66分 ダフート);ヤルモレンコ(67分 フィリップ)、オバメヤン、プリシッチ

http://www.bundesliga.com/jp/
【【海外の反応】香川真司、今季リーグ初先発で先制ゴールを決める! ドルトムントはHSVに3-0で勝利!】の続きを読む

Liver11
MOMの岡崎慎司、レスター指揮官も称賛「貢献とインパクトの大きさを物語っている」

レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督が、カラバオ・カップで結果を残したFW岡崎慎司を称賛している。地元紙『レスター・マーキュリー』が報じた。

レスターは19日、カラバオ・カップ3回戦でリヴァプールと対戦。53分から途中出場した岡崎の1ゴール1アシストの活躍もあり、レスターが2-0で4回戦に進出している。

インターナショナル・ブレイクを挟んで、岡崎はここ2試合スタメンを外れていた。リヴァプール戦でもベンチスタートとなったが、途中出場からわずか数分後に先制点を奪うと、終盤にもイスラム・スリマニの追加点をアシストし、マン・オブ・ザ・マッチに選出される活躍を見せている。シェイクスピア監督は試合後、手放しで岡崎を称賛した。

「とても嬉しい。フットボールでは結果が重要だ。私はリアクションを求めていた。岡崎は(スタメンから外れても)懸命にトレーニングに取り組んでいたんだ。それが彼の性格だよ。変わらないし、常にそうなんだ」

「マン・オブ・ザ・マッチのトロフィーを持って歩いていったよ。半分もプレーしていないのにね。トロフィーはベンチから出てきた貢献とインパクトの大きさを物語っている」

さらに、シェイクスピア監督は交代策について具体的に言及。

「我々はより前に圧力を掛けたかった。シンジはレオナルド・ウジョアのケガによりチャンスを得たが、とても重要な瞬間になったと思う。彼は周りを走り回り、勝利の重要な要因になったね」

今シーズン公式戦で3ゴールを記録している岡崎。快調なシーズン序盤を過ごす日本人ストライカーの今後の活躍に期待したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000051-goal-socc
【【海外の反応】「試合を一転させた」岡崎慎司、リバプール戦に途中出場から1G1Aの大暴れ!【EFL杯】】の続きを読む

top
レアルに続きバルサからゴールの柴崎…スペイン紙「彼はどこまで行くんだ」

[9.16 リーガ・エスパニョーラ第4節 ヘタフェ1-2バルセロナ]

 MF柴崎岳が再び世界を震撼させた。ヘタフェは16日、リーガ・エスパニョーラ第4節でバルセロナとホームで対戦。4試合連続スタメンの柴崎は前半39分に先制ゴールを奪い、リーガ1部初得点を挙げた。スペイン『アス』では昨年12月のクラブW杯決勝レアル・マドリー戦での2ゴールを引き合いに出し、柴崎を賞賛している。

 その時が訪れたのは前半39分。味方からの落としにPA手前やや左の柴崎が反応すると、ボールの落ち際を左足で叩く。鋭くドライブがかかったシュートをゴール右に突き刺し、リーガ1部初得点を記録した。

 この衝撃のスーパーゴールにスペイン『アス』の英語版ツイッター(@AS English)も反応している。当時のレアル戦以後の記事を再掲し、C・ロナウドらと映った鹿島時代の写真とともに「クラブW杯でレアルを引き裂いたのと同じ人物」とツイート。さらに「テネリフェは昨季に彼を獲得した。ヘタフェは彼をリーガ1部にアップデートさせた。次の行き先?誰にも分からない」とコメントした。

 レアルに続いてバルセロナから得点を挙げた柴崎は、現地でも大きなインパクトを残したに違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170917-01644159-gekisaka-socc
【【海外の反応】柴崎岳、バルセロナ相手にワールドクラスのボレー弾を決める!】の続きを読む

4557
香川、今季公式戦初先発でアシスト記録も…ドルトムントはトッテナムに敗れる

[9.13 欧州CLグループリーグ第1節 トッテナム3-1ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は13日、グループリーグ第1節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)は敵地でトッテナム(イングランド)と対戦し、1-3で敗れた。香川は4-3-3の左インサイドハーフで今季公式戦初先発。0-1の前半11分に今季公式戦初アシストを記録したが、チームはその後さらに2失点し、香川も後半21分に途中交代した。

 試合はいきなり動いた。トッテナムはロングフィードをFWソン・フンミンが頭で落とし、MFクリスティアン・エリクセンがつないでFWハリー・ケインがスルーパス。左サイドのスペースに飛び出したソン・フンミンがドリブルでPA内左に切れ込むと、縦に仕掛けて角度のない位置から左足を振り抜き、豪快にニアサイドを破った。

 立ち上がり早々に先制したトッテナムだが、ドルトムントもすぐさま同点に追いつく。前半11分、右サイドでボールを受けたFWアンドリー・ヤルモレンコがPA内右の香川に預けると、香川がマイナスにリターンパス。PA右手前から左足を振り抜いたヤルモレンコの豪快なミドルシュートがゴール左上隅に突き刺さった。香川の今季公式戦初アシストから新戦力のヤルモレンコが移籍後初ゴール。1-1と試合を振り出しに戻した。

 ところが、トッテナムがまたもロングパス1本で得点を奪う。中盤でクリアボールをおさめたケインがそのままドリブルで独力突破。強引にマークを振り切ってPA内左に持ち込むと、ソン・フンミンの先制点と同様に左足でニアサイドをぶち抜き、2-1と勝ち越しに成功した。

 序盤から激しく点を取り合った両チームだが、試合はここから膠着状態に入る。ドルトムントがボールポゼッションを高めて優勢に運ぶも、最後のところでトッテナム守備陣も粘り強く対応。前半30分、香川のスルーパスからMFクリスティアン・プリシッチが左サイドを抜け出し、ゴール前にグラウンダーのクロスを入れたが、FWピエール・エメリク・オーバメヤンにはわずかに合わず。同36分、速攻からオーバメヤンの右クロスにプリシッチが飛び込んだが、スライディングシュートはミートし切れず、ゴール左に外れた。

 1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントは後半11分、右手前からMFマフムード・ダフードが上げたクロスをオーバメヤンが右足ダイレクトボレーでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定。パスが出た瞬間、オーバメヤンはオンサイドの位置にいたように見えたが、運がなかった。すると直後の後半15分、トッテナムは中央の細かいパス交換からエリクセンのスルーパスにケインが反応。PA内左から左足でゴール右隅に流し込み、3-1と突き放した。

 2点を追う展開となったドルトムントは後半21分、香川に代えてMFマリオ・ゲッツェを投入する。同25分にはゲッツェの右CKからニアでそらしたボールをファーサイドのオーバメヤンが狙ったが、GKウーゴ・ロリスがビッグセーブ。同27分、ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロをピッチに送り込むなど反撃の糸口を探したドルトムントだが、2点目が遠かった。

 トッテナムは後半アディショナルタイムにDFヤン・フェルトンヘンがゲッツェに対するひじ打ちで2枚目の警告を受け、退場となったが、そのまま10人で逃げ切り、3-1で勝利。今季公式戦ホーム初勝利を飾り、白星発進した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170914-01644053-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川、同点弾をお膳立てもドルトムントはスパーズに1-3で敗れる 【CL】】の続きを読む


    このページのトップヘ