top
最終予選前に暗雲…香川が左肩負傷のアクシデント、今野同点弾もシリアとドロー

[6.7 キリンチャレンジ杯 日本1-1シリア 味スタ]

 日本代表は7日、キリンチャレンジ杯でシリア代表と対戦し、1-1で引き分けた。後半3分にセットプレーから先制を許した日本は同13分にMF今野泰幸のゴールで同点に追いついたが、最後まで勝ち越すことはできなかった。日本は翌8日にイランへ移動。13日のW杯アジア最終予選でイラク代表と対戦する。

 日本は4-3-3のシステムを採用し、負傷明けの今野が右インサイドハーフに入った。アンカーはMF山口蛍で、左インサイドハーフにMF香川真司。最終ラインではDF昌子源が先発し、ゲームキャプテンのDF吉田麻也とセンターバックを組んだ。昌子は国際Aマッチ3試合目の出場で、先発は15年3月31日のウズベキスタン戦(5-1)以来、2度目となった。

 いきなりアクシデントが襲う。前半7分、自陣左サイドの深い位置まで守備に戻った香川がMFマハムード・アルマワスとの競り合いで左手を地面についた際に左肩を負傷。タッチラインの外に出て治療を受けたが、そのまま同10分にMF倉田秋と交代となり、担架に乗せられてロッカールームへ引き上げた。

 試合の入りは良くなかったが、少しずつ落ち着きを取り戻す日本。前半18分、倉田のスルーパスに反応したFW大迫勇也がPA内左に走り込むが、左足のシュートはGKにキャッチされる。同19分にはFW原口元気が右足で思い切りよくミドルシュートを打ったが、ゴール左へ。同21分にも吉田の縦パスを大迫が流して今野がゴール前に走り込んだが、一歩早くGKが追いついた。

 ボールの落ち着きどころがなく、守備でも奪いどころがハッキリしない日本はなかなかリズムに乗り切れない。前半27分にはピンチ。日本の左サイドからのアーリークロスに対応した昌子のクリアが中途半端となり、こぼれ球をアルマワスが右足ダイレクトで振り抜いたが、弾丸シュートは外側のサイドネット。試合はその後も膠着状態が続き、前半40分に原口、前半アディショナルタイムには久保がミドルシュートを打ったが、いずれも枠を捉えられなかった。

 スコアレスで折り返した後半開始から久保に代えてFW本田圭佑を投入。ところが、その立ち上がりの3分にセットプレーから先制を許した。シリアは右CKからショートコーナーを選択。DFアムロ・ジェニアトのクロスを昌子の背後からFWマルデク・マルドキアンがヘディングで叩き付け、ゴールネットを揺らした。

 1点を追う展開となった日本は後半8分、山口に代えてMF井手口陽介を投入。A代表デビューとなった井手口はそのままアンカーの位置に入り、インサイドハーフの今野、倉田を含め、中盤3枚が“G大阪トリオ”となった。すると同13分、左サイドのパス交換からDF長友佑都が抜け出し、PA内左に持ち込んでグラウンダーのクロス。逆サイドから走り込んだ今野が右足で押し込み、1-1の同点に追いついた。

 今野は2年ぶりの代表復帰戦となった3月23日のUAE戦(2-0)に続いて出場試合2戦連発の国際Aマッチ通算4ゴール目。日本は直後の後半14分、すでに交代の準備をしていたFW乾貴士が原口に代わって入り、同18分には今野に代わってFW浅野拓磨が投入された。

 浅野は右ウイングの位置に入り、本田は右のインサイドハーフにポジションを下げた。後半29分、大迫が本田につなぎ、本田がPA内右から利き足とは反対の右足でシュートを打ったが、GKがセーブ。同32分には本田からのロングボールを受けた乾が鮮やかな個人技でDFをかわし、PA内左の角度のない位置から右足を振り抜いたが、これもGKの好セーブに阻まれた。

 足の止まり始めたシリアを押し込む日本だが、2点目が遠い。後半40分には最後の交代カードを切り、大迫に代えてFW岡崎慎司を投入するが、試合は1-1のままタイムアップ。背番号10の負傷というアクシデントも起こり、最終予選の行方を占うイラク戦を前に暗雲が立ち込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-01640646-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川が左肩を負傷...日本代表はシリアと1-1で引き分ける...】の続きを読む

top
Cロナが大偉業! 史上初の5年連続&6度目の得点王、レアルの記念ゴールもゲット

 レアル・マドリーは現地時間3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝でユベントスを4-1で下した。この試合で、クリスティアーノ・ロナウドはいくつもの大記録を打ち立てている。データサイト『opta』などが伝えている。

 大会の名称が現行のCLに変更となった1992/93以降、史上初の連覇を成し遂げたマドリー。この試合で、C・ロナウドがエースに相応しい活躍を見せる。

 試合序盤は劣勢気味だったマドリーだが、20分にC・ロナウドが先制点を奪う。これはマドリーにとってCL通算500得点目のゴールとなった。これは史上初の記録である。

 一度はマリオ・マンジュキッチに同点弾を決められたマドリーだが、61分にカゼミーロが逆転弾を決めると、その3分後にC・ロナウドがこの日2得点を挙げてリードを2点に広げた。

 このゴールは、C・ロナウドのプロキャリアにおいてクラブおよび代表を含めて通算600得点目である。

 さらに今大会通算12得点目とし、バルセロナのリオネル・メッシを抜いて得点王に輝いている。

 C・ロナウドにとってCL得点王は5シーズン連続で、これはCLが現行の名称に変更されて以降史上初の記録だ。また得点王はこれが6度目で、これも大会最多である。

 CL史上唯一通算100得点の記録を保持するC・ロナウド。今回の決勝で、その記録を通算105得点に伸ばしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00214385-footballc-socc
【【海外の反応】レアルマドリードがユヴェントスを4-1で粉砕、CL連覇の偉業を達成】の続きを読む

【【海外の反応】オランダ「来季のユニフォームを見ていこう」】の続きを読む

spn_spnbiglb-20170601-0041-000-p-0_thum630
「浦和の選手が我々を刺激した」驚愕の蛮行も反省の色なし…済州監督は日韓対決“両成敗”を主張

[5.31 ACL決勝トーナメント1回戦第2戦 浦和3-0(延長)済州 埼玉]

 真っ赤な歓喜の合唱はかき消された。2試合合計3-2とした浦和レッズが逆転でベスト8進出を決めたが、タイムアップのホイッスルが鳴ると、敗れた済州ユナイテッドの選手、スタッフまでもがピッチに乱入。至る所で小競り合いが起こり、地獄絵図と化した。

 ACLベスト16の日韓対決は前代未聞の乱闘劇となった。監督会見に出席したチョ・スンファン監督は「いいマナーを見せることができなかった。フェアプレーができなかった点は申し訳ない」と陳謝したが、「勝利する者もマナーが必要だと思う」と浦和側にも非があると主張し、DF槙野智章のガッツポーズが挑発行為だと訴えた。

「浦和の選手が我々のベンチの前に来て、刺激をするようなセレモニーをしたので、それに対して我々もセレモニーをしたのだと思います」

 延長後半9分にDF森脇良太が値千金の決勝ゴールを決めると、槙野がガッツポーズで喜びを表現したが、敵軍はこれに激高。延長後半の終了間際には控え選手のDFペク・ドンギュがベンチを飛び出し、ピッチを猛ダッシュで横断してMF阿部勇樹にひじ打ちを食らわせ、一発退場に。試合後は騒然とした雰囲気の中、済州の選手たちが血相を変えて槙野を追い回すなど、驚愕の蛮行が連鎖した。

「韓国では試合後の乱闘はよくあることなのか」と報道陣に問われた指揮官は「真相については今後把握する必要がある」とした上で、「一方的なものではなく、お互いのアクションがあって起きた出来事だと思う」と反省の色はなく、最後まで“両成敗”を主張した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-01640402-gekisaka-socc
【【海外の反応】済州の選手が暴挙、浦和選手の顔にエルボーを見舞う【ACL】】の続きを読む

Germany_Soccer_Dortmund_Tuchel_43435-1880x1230
香川所属ドルトムントがトゥヘル監督の解任を発表「続けられないのは残念」

 ドルトムントは30日、トーマス・トゥヘル監督の解任を発表した。

 トゥヘル監督は同日、自身のツイッター(@Thomas Tuchel)を更新し、「エキサイティングで美しい2年間に感謝している。続けられないのは残念」と自身の口からも退任を報告。「応援してくれたファン、チーム、スタッフ、支えてくれたすべての人に感謝します」と別れを告げた。

 ユルゲン・クロップ監督の後任として、2015年7月にマインツからドルトムントの指揮をとった。7位に低迷していたクラブを立て直し、昨シーズンを2位で終えると、今季は3位と順位を1つ落としたが、27日に5年ぶりのDFBポカール(ドイツ国内杯)制覇に導いていた。

 しかし、以前からハンス・ヨアヒム・バツケCEOとトゥヘル監督との間には確執があったことが報じられていた。ドルトムントとトゥヘル監督との契約は2018年6月まで残されていたが、1年早くチームとの別れが訪れた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-01640352-gekisaka-socc
【【海外の反応】ドルトムントがトゥヘル監督の解任を発表】の続きを読む


    このページのトップヘ