KbuopBs
【【海外の反応】岡崎の同僚、フックスが海外掲示板に登場! 質問に答える!】の続きを読む

17973921_1809704415708197_8058485990844036856_o
香川フル出場。ドルト、過密日程に苦しむもフランクフルト下す

【ボルシア・ドルトムント 3-1 フランクフルト ブンデスリーガ第29節】

 現地時間15日に行われたブンデスリーガ第29節でボルシア・ドルトムントはフランクフルトと対戦し、ホームで3-1の勝利を収めた。MF香川真司はフル出場している。

 靱帯を痛めて6週間ほど戦列を離れていたロイスが復帰したドルトムントは、戻ってきたばかりの11番がいきなり仕事をする。開始2分、プリシッチのクロスにヒールで巧みに合わせて先制点を決めた。

 だが、29分にはファビアンのミドルシュートでフランクフルトに追いつかれてしまう。

 それでも、その5分後にパパスタソプロスが強烈なミドルシュートを突き刺し、ドルトムントが1点リードで折り返した。

 後半に入っても主導権を握るのはドルトムントだが、チャンピオンズリーグから中2日という過密日程の影響か、勝負を決める3点目を奪えない。好調の香川もこの日は決定的な仕事ができなかった。

 それでも86分、ドルトムントは前がかりになったフランクフルトからカウンターでゴールを奪い、3-1として勝負あり。厳しい日程のなかで貴重な勝ち点3を手にした。

【得点者】
2分 1-0 ロイス(ドルトムント)
29分 1-1 ファビアン(フランクフルト)
34分 2-1 パパスタソプロス(ドルトムント)
86分 3-1 オーバメヤン(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170416-00010000-footballc-socc
【【海外の反応】香川の惜しいシュートも! ロイスの復帰弾、ソクラティスのスーパーゴールなどでドルトムントはフランクフルトに3-1で勝利!】の続きを読む

17855615_1805133986165240_3328375441914711135_o
独大手サッカー誌、1G1Aの香川に両チーム最高タイの評価…地元紙は事件翌日の試合に採点なし

12日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグ、ボルシア・ドルトムント対モナコ(2-3)で、香川真司が1ゴール1アシストの活躍を見せた。チームバス爆破事件翌日の試合となったため、地元紙をはじめ多くの国内メディアは選手たちのパフォーマンスへの採点を行わなかったが、ドイツ誌『キッカー』は香川のプレーに両チーム最高タイの採点をつけている。

3バックでこの一戦に臨んだドルトムントだが、香川は好調を維持していたトップ下ではなく右インサイドハーフで先発した。前半はオフサイドが疑われたポジションからFWキリアン・ムバッペが押し込み、モナコが先制。さらにドルトムントDFスヴェン・ベンダーがオウンゴールを献上し、0-2でドルトムントが追いかけることになった。

しかしハーフタイムにトーマス・トゥヘル監督がリアクションを見せる。MFヌリ・シャヒン、クリスチャン・プリシッチを投入し、香川をトップ下に配置すると、攻撃陣が機能し始めた。そして、57分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのヒールパスから香川が相手GKと1対1に。右に駆け上がったFWウスマン・デンベレに横パスを出し、押し込むだけのゴールをお膳立てした。また84分にはシャヒンからのボールを受け、香川は相手選手2人を見事にかわし、左足のシュートをモナコゴールに突き刺した。

マッチレポートを「2-3!ドルトムントの準決勝への望みをつなげたのは香川」と題した『キッカー』は、そんな香川のプレーを高く評価。翌日に発表された採点でチーム最高タイの「2」をつけ、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されたモナコのムバッペに対する採点と並んでいる。また後半からプレーし、ドルトムントの2ゴールに絡んだシャヒンも「2」を与えられ、プリシッチは「2.5」と続いた。そのほかのチームメートの評価は及第点以下となっている。

自身の公式ブログで試合後「気持ちの部分で整理するのは難しかった」と明かした香川。事件23時間半後にキックオフとなったこの一戦で、ドルトムントファンに明るい話題を届けた。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00000030-goal-socc
【【海外の反応】香川真司がモナコ戦で決めた反撃のスーパーゴールが話題に】の続きを読む

C9PA6kHXUAAcuNR
アトレティコがグリエーズマンのPK弾で先勝…レスターは終始劣勢も最少失点で第1戦を乗り切る

[4.12 欧州CL準々決勝第1戦 A・マドリー1-0レスター・シティ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は12日、準々決勝第1戦を行い、FW岡崎慎司が所属するレスター・シティ(イングランド)は敵地でアトレティコ・マドリー(スペイン)と対戦し、0-1で敗れた。先発出場した岡崎は献身的にボールを追いかけたが、前半のみの出場に終わった。

 9日のプレミアリーグ第32節エバートン戦で主力を温存したレスターは、主将DFウェズ・モーガンが間に合わなかったものの、岡崎やMFリヤド・マフレズ、DF{*クリスティアン・フクス}}らが先発に復帰し、ベストメンバーで敵地での第1戦に臨んだ。一方、アトレティコは8日のマドリード・ダービーと同じ11人を送り出した。

 レスターは前半3分に自陣から岡崎が大きく蹴り出してFWジェイミー・バーディがシュートまで持ち込む“らしい”攻撃を見せたものの、ほとんどの時間帯でアトレティコにボールを支配された。アトレティコは4分、FWアントワーヌ・グリエーズマンのパスを受けたMFコケが右足ミドルシュート。これは左ポストに嫌われたが、27分にカウンターからボールを運んだグリエーズマンがPA内でMFマーク・オルブライトンに倒されPKを獲得。これをグリエーズマン自ら決め、アトレティコが先制に成功した。

 前半はボール支配率36%、シュートはわずか3本(枠内はなし)に終わったレスター。後半開始から岡崎に代えてMFアンディ・キングを入れ、4-4-2から4-5-1に変更し、中盤の人数を増やした。これにより、落ち着いてアトレティコの攻撃に対応できるようになったが、13分にグリエーズマンへのファウルでDFロベルト・フートにイエローカード。これでフートは累積警告で第2戦の欠場が決定した。

 レスターの守備をなかなか崩し切れないアトレティコは後半20分にMFヤニック・フェレイラ・カラスコに代えてFWアンヘル・コレア、30分にはFWフェルナンド・トーレスを下げてMFトーマス・パルテイを入れる。レスターも32分にバーディに代えてFWイスラム・スリマニを投入し、アウェーゴールを狙いに行った。

 しかし、後半は互いに決定的なシーンを創出することができず、試合はそのまま0-1でタイムアップ。終始劣勢だったレスターは、敗れたもののなんとか最少失点に抑え、ホームでの第2戦に望みをつないだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-01638706-gekisaka-socc

【【海外の反応】岡崎はハーフタイムに交代、レスターシティはアトレティコ敗れるも0-1に抑える】の続きを読む

17834299_1805075189504453_4083117406931325950_o
[UCL]香川、シンジられない大活躍! 完璧なゴール&“ほぼ得点”級のアシストでチームを大敗から救う

ビッグマッチに香川は先発出場
ドイツのドルトムントが12日、延期分のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグでモナコと対戦した。

突如として爆破襲撃事件に見舞われたドルトムントだが、早くも大きなゲームに臨まなければならない。トーマス・トゥヘル監督は本拠地で開催されるこの大一番に香川真司やピエール・オバメヤン、そしてウスマン・デンベレといった主力選手を先発で起用。対するモナコも急成長中のキリアン・ムバッペやラダメル・ファルカオらを最前線に配置するなど、その本気度が窺える。

ゲームは立ち上がりからドルトムントが最前線へハイプレスを仕掛けるシーンが目立ち、この一戦における高い意欲を示す。しかし、最初の決定機を迎えたのはアウェイのモナコだ。16分、ムバッペに裏を取られたパパスタソプロスがペナルティーエリア内で“快速18歳”を倒してしまい、PKの判定。ただし、キッカーを務めたファビーニョはこれを枠内に収めることができず、先制のチャンスを逃す。その後もモナコは猛攻を続けると、19分に左サイドから上げられたルマルのクロスをムバッペが押し込み先制。スロー映像を見る限り、ムバッペは明らかなオフサイドポジションにも思えたが、モナコがラッキーな形で貴重なアウェイゴールを奪う。なお、ムバッペにとっては同大会決勝トーナメントにおける3試合連続ゴールとなった。

ドルトムントの災難は止まらない。35分にはクロスの処理を誤ったベンダーが自陣ネットへボールを突き刺してしまい、痛恨のオウンゴール。同選手はファルカオからのプッシュがあったとアピールするも、受け入れられず。ドルトムントにとっては不運の重なったあまりにもハードな前半が終了し、後半へと折り返す。

ハーフタイムを終え、2点差を追わなければならないトゥヘルはベンダーとシュメルツァーを下げて、シャヒンとプリシッチを投入。とりわけアメリカ人の後者はピッチへ登場後、すぐにそのクオリティーを見せつける。両サイドからの攻撃が活性化したドルトムントがようやく57分に真価を発揮した。エリア内へ上げられた浮き球のパスをオバメヤンが香川へ落とすと、日本人MFはGKスバシッチを完全にかわしてデンベレのゴールを完璧にお膳立て。素晴らしいアシストを決めた香川はすぐさま観客を煽り、“ショー”に続きがあることを示唆した。

その後、1点差に詰め寄られたモナコも引き続き粘り強い守備を見せ、互いに熱のこもった激しいバトルが展開されるも、79分にはドルトムントを三度災難が襲う。最終ラインでのパスミスをムバッペに奪われると、絶好のチャンスを手にした若き怪物はそのままGKとの1対1を豪快に制し、この日2点目をマーク。スコアを3-1とされるも、5分後には再び香川がエリア内で相手DFを翻弄し見事なゴールを奪う。完全にドルトムントペースとなった試合終盤だが、同点弾を挙げるには至らず、2-3で激戦は終了した。

試合は惜敗という結果に終わったものの、多くの苦難を乗り越えたドルトムントが次戦に繋がる奮闘を見せたといって差し支えないだろう。

[メンバー]
ドルトムント:ビュルキ、ギンター、パパスタソプロス、ベンダー(→シャヒン 46)、ピシュチェク、ヴァイグル、シュメルツァー(→プリシッチ 46)、ゲレイロ、香川、デンベレ、オバメヤン

モナコ:スバシッチ、ジェメルソン、ラッジ、グリク、トゥレ、ファビーニョ、モウチーニョ、シウバ(→ディラル 65)、ルマル、ファルカオ(→ジェルマン 84)、ムバッペ

[スコア]
ドルトムント 2-3 モナコ

[得点者]
ドルトムント:デンベレ(57)、香川(84)
モナコ:ムバッペ(19、79)、OG(35)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00010005-theworld-socc
【【海外の反応】香川が1G1Aも、ドルトムントはモナコに2-3で惜敗...【CL準々決勝】】の続きを読む


    このページのトップヘ