top
英メディアが香川の高等テクニックを称賛 「鮮やか」「華麗」「魔法の瞬間を生み出した」

ヘルタ戦で原口ら相手3人に囲まれるも巧みに突破、香川の一連のプレーに賛辞

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間11日の第24節敵地ヘルタ・ベルリン戦(1-2)で公式戦10試合ぶりにフル出場し、今季2アシスト目をマークした。久しぶりのスタメン出場で躍動した背番号23の高等テクニックを英メディアが称賛している。

 香川は、ピエール・エメリク・オーバメヤンとアンドレ・シュールレの2トップの背後に構えるトップ下の位置で入った。試合開始早々の2分にシュールレへ絶妙なスルーパスを通してチャンスを演出するなど、この日はキレのあるドリブルとパスが冴え渡った。

 前半28分、自陣でこぼれ球を拾ったMFゴンサロ・カストロがドリブルで持ち上がると、センターサークル内で香川にスイッチ。香川は日本代表FW原口元気を含む3選手に囲まれる形となったが、両足でボールを巧みに操りこの包囲網を突破。そこから右足のアウトサイドで前方のオープンスペースへ走り込んだDFエリック・ドゥルムへスルーパスを通した。

 香川の一連のプレーを英メディア「GIVE ME SPORT」が「魔法の瞬間を生み出した」と絶賛。他にも「3対1から鮮やかに脱出」、「華麗なパス」、「天性の魔法」と賛辞の言葉が並んでいる。

 昨季、ドイツメディアで“小さな魔法使い”の愛称を与えられた香川はレギュラー落ちの屈辱を味わっているが、その魔法は失われていないと証明した。チームは1-2で敗れたが、香川は後半10分にFWオーバメヤンの同点ゴールをアシストするなど、レギュラー奪取に向けたアピールに成功している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00010020-soccermzw-socc

【【海外の反応】香川の異次元ドリブルが海外掲示板で話題に【ヘルタ戦】】の続きを読む

top
「限界を知らないミウラ」…50歳14日ゴールの三浦知良を伊メディアも賛辞

50歳でゴールを決めた横浜FCの元日本代表FW三浦知良に、イタリアの主要メディアも揃って賛辞を述べた。

三浦は12日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第3節・ザスパクサツ群馬戦に先発出場。自身の持つリーグ最年長出場記録を更新し、さらにゴールも決め、自身の持つリーグ最年長ゴール記録も「50歳14日」に更新した。

イタリア紙『レプブリカ』は「限界を知らないミウラ、50歳でのゴールは新記録」とのタイトルで、三浦が最年長ゴールをマークしたことを伝えた。また「カズヨシ・ミウラは更なる伝説となる」として、快挙を達成した三浦を称えた。

1994-95シーズンに三浦が所属していたジェノアの地元紙『セーコロXIX』も、「ミウラが歴史的ゴールを決め史上最年長の得点者となった」と伝えたほか、1度に「ゴール、勝利、記録達成」の3重の喜びを味わったと報じた。またイタリアメディア『アンサ』も「ミウラが歴史的ゴール、最年長のエースストライカー」とのタイトルで三浦の快挙を紹介している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000004-goal-socc
【【海外の反応】50歳を迎えたカズが決勝ゴール、Jリーグ最年長得点記録を更新、各国のメディアが報じる】の続きを読む

C6pjOg-W0AE2QQy
香川、10戦ぶり先発フル出場でアシスト記録! ドルトムントはヘルタに敗れる

【ヘルタ 2-1 ドルトムント ブンデスリーガ第24節】

 現地時間11日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。サロモン・カルーなどにゴールを許し、ドルトムントは1-2の敗戦を喫している。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は1月21日のブレーメン戦以来となる公式戦10試合ぶりのスタメン出場を果たした。対するヘルタ所属の日本代表FW原口元気も先発出場を果たしている。

 試合開始して3分、香川は縦パスを送りアンドレ・シュールレのチャンスを演出。惜しくもゴールとはならず先制アシストにはならなかった。すると11分、最終ラインにいたマティアス・ギンターがプレッシャーをかけてきたヴェダド・イビセヴィッチにボールを奪われ、最後にパスを受けたサロモン・カルーに先制ゴールを決められてしまう。

 香川は縦パスから味方のチャンスを作り出し、37分にはドルブルで自らペナルティエリア内に侵入するなど積極的な攻撃を見せる。すると55分、香川の縦パスからピエール・エメリク・オーバメヤンが同点ゴールを決めた。香川はアシストを記録している。

 しかし71分、ヘルタがゴール前でFKのチャンスを獲得すると、これをマルヴィン・プラッテンハルトが直接決めて再びヘルタが勝ち越しに成功する。結局、ドルトムントは1点だけにとどまり1-2の敗戦を喫した。チャンスを演出した香川はフル出場を果たしている。

【得点者】
11分 1-0 カルー(ヘルタ)
55分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
71分 2-1 プラッテンハルト(ヘルタ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】香川キレキレ...同点アシストも! ドルトムントはヘルタに1-2で敗れる】の続きを読む

top
ロイスが負傷、4月初めまで離脱

週末のCL出場チーム対決を制したボルシア・ドルトムントだが、その喜びの裏でドイツ代表MFマルコ・ロイスが途中交代を余儀なくされた。 

試合後にトゥヘル監督は、CL準々決勝ベンフィカ第2戦での出場について「欠場することになる」と明言。 

さらに「残念な知らせだ。ここ数週間はとても安定したレベルの高いプレーを披露していたのだから。大きな損失だよ。今回の勝利に陰を落とすこととなってしまった」と言葉を続けている。 

そしてその後に受けた検査の結果、ロイスは右大腿筋裏に筋損傷を抱えていることが判明。これによりベンフィカ戦のみならず、3月にドルトムントで行われるドイツ代表戦、さらにはその4日後のW杯予選も欠場となり、離脱期間の予想は4月はじめまでとなった。 

今季は負傷により第12節からプレーしているロイスは、ここまで11試合に出場して2得点4アシストをマーク(kicker採点平均2.9)。CLでは3試合に出場して3得点2アシストをマークしているところだ。(kicker採点平均2.25)

http://kicker.town/dortmund/2017/03/47577.html
【【海外の反応】怪我をする前のロイスのキレっぷりを収めたプレー集が話題に】の続きを読む

C6bfmHdWgAUGbKO
バルセロナ指揮官のL・エンリケ、奇跡の大逆転勝利に「まるでホラー映画」

バルセロナを指揮するルイス・エンリケ監督が、8日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのパリ・サンジェルマンで起こった“奇跡”を振り返った。

バルセロナはファーストレグを0-4で落とし、ベスト8進出は絶望的だと見られていた。しかし、カンプ・ノウで行われたセカンドレグで奇跡を起こした。ルイス・スアレスのゴールで先制点を奪取したのを皮切りに、次々にゴールネットを揺らした。62分にエディンソン・カバーニにアウェーゴールを決められて万事休すかと思われたが、試合終了間際にネイマールが2ゴールを、そしてセルジ・ロベルトが“決勝点”を決めて大逆転勝利を果たした。

試合後、L・エンリケ監督は「ホラー映画の筋書きのようだった。サスペンスではなくホラーだ」と、この世の出来事とは思えないといった感想を語った。

「素晴らしいスタートを切ることができたし、カンプ・ノウの雰囲気も過去にあまり見たことがないほどのものだった。今日よりテンションの高い試合は1試合しか思い出せない。選手だった時のことだ。今日は選手たちの姿勢を見ることができた。いつもスペクタクルな戦いだが、今日の彼らは最大限のリスクを冒した。あれ以上は不可能だ。わずかな人数だけで守っていた。信じたことがもたらした勝利だった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000005-goal-socc
【【海外の反応】バルセロナ、第一戦の4点差をひっくり返す奇跡の逆転劇でチャンピオンズリーグ8強に進出! 】の続きを読む


    このページのトップヘ