イロヤクな世界

サッカー情報、海外サポ反応等をご紹介してゆきます。



2016年02月

top
香川途中出場 ロイスの1ゴール1アシストなどでドルトムントが準決勝へ

9日に行われたDFBポカール準々決勝、シュトゥットガルト対ボルシア・ドルトムントの一戦は、3−1でアウェーのドルトムントが勝利した。ドルトムントMF香川真司は87分から途中出場している。

ドイツではこの日、ドルトムントMFヴァイグルの地元であるバイエルン州バードアイブリングで電車同士の正面衝突事故が起き、多数の死傷者を出した。その影響でキックオフ時間が遅れて始まったが、ドルトムントは好スタートを切る。

週末のリーグ戦でメンバーを外れた香川は、ベンチからのスタート。チケット価格に抗議する一部サポーターが応援をボイコットする中で始まったが、5分に先 制する。ペナルティーエリア右のオーバメヤンがゴール前にグラウンダーのボールを入れると、ギュンドアンはわずかに届かない。しかし、奥にいたロイスが右 足でうまくニアの天井に突き刺してリードを奪う。

しかし21分、シュトゥットガルトが反撃。ディダヴィのシュートがフンメルスにブロックされたこぼれ球をルップがペナルティーエリア手前から決めて、1−1になった。

その後、ピッチに大量のテニスボールが投げ込まれる珍事が起きたが、ドルトムントは冷静だった。31分、ロイスのパスを受けたオーバメヤンが左足で決めて、2−1として折り返す。

後半はシュトゥットガルトの精度が低く、ドルトムントはリードを維持する。しかし、1点差が続いたため、トゥヘル監督はなかなかカードを切らない。

香川が投入されたのは87分だった。ギュンドアンに代わって入った直後、23番は敵陣中央でパスを受けて、右サイドに大きく展開。ムヒタリャンに渡した ボールを再び受けに行って、ペナルティーエリア右でポストプレーを見せる。このワンツーでムヒタリャンが決定機を迎えるが、左足のシュートは枠を外れた。

それでも89分には、カウンターでドルトムントが敵陣を独走。オーバメヤンのパスをムヒタリャンが決めて、勝負を決めた。

なお、同日のDFBポカール準々決勝もう1試合では、ブレーメンがレヴァークーゼンに3−1で勝利している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000035-goal-socc
【香川は終盤に出場...ドルトムントはシュツットガルトに3-1で勝利! 海外の反応】の続きを読む

2
グロスクロイツ、古巣ドルトムント戦でサプライズ計画「全力を尽くすつもり」

 シュトゥットガルトに所属するドイツ代表DFケビン・グロスクロイツが、9日に行われるDFBポカール(ドイツ杯)準々決勝のドルトムント戦でサプライズを計画しているようだ。8日に独紙『キッカー』が報じている。

 グロスクロイツはドルトムントの下部組織で育ち、2003年にドイツ5部のロート・ヴァイス・アーレンのユースに移動。2006年にトップチームデビューを果たし活躍した後、2009年にドルトムントに復帰した。

 2010/2011シーズンはリーグ戦34試合に出場し8得点を決めてチームのリーグ優勝に貢献。その翌年にもリーグ戦31試合出場で7得点を記録する活躍を見せて連覇に貢献していた。

 昨年夏にトルコ1部のガラタサライに移籍したが、期限内に書類が届かなかったとして公式戦に出場できないという不運に巻き込まれる。半年間も試合出場がなかった後、今年1月にシュトゥットガルトに加入した。

 グロスクロイツにとって、長年在籍したドルトムントは第二の故郷とも言える存在となる。その相手を前にグロスクロイツは「個人的に特別な気持ちを持って 試合に挑むよ。ユース時代から過ごしたクラブだし、全力を尽くすつもりだ。サプライズを起こしたいね」と語り、サプライズという名の”恩返し弾”を決める ことを示唆している。ドルトムントの戦い方を知るだけに、グロスクロイツには注意しておきたいところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160209-00010020-footballc-socc
【香川を求める声強まる シュツットガルト戦前のドルトムントサポ反応 海外の反応】の続きを読む

5
レスターの快挙を称賛するヴェンゲル 「ビッグネーム獲得が不要だという証拠」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、プレミアリーグで予想外の首位を走るレスター・シティの戦いを称賛し、巨額の出費を行わずとも結果を出すことができる好例だと語っている。

シーズン序盤から快進撃を続けてきたレスターは、いつかはペースダウンするのではないかという大方の予想を裏切り、2月になっても首位をキープしている。6日にはマンチェスター・シティとの首位攻防戦にまでアウェーで3-1の勝利を収めてしまった。

優勝争いに加わっているチームのファンを除けば、中立のファンはすべてレスターが奇跡を起こすことを期待しており、それがチームへの後押しになるとヴェンゲル監督は語った。イギリスメディアが同監督のコメントを伝えている。

「もちろんだし、それが自然だ。普通のことだよ。我々のファンやシティのファンやトッテナムのファンを別とすれば、国中のそれ以外の者すべてがレスターを応援しているんだ」

「それが、彼らがシーズン末までに得られるアドバンテージだ。私はビッグネームを獲得しないとして責められるが、ビッグネームのいないチームが支持されるものなんだ」

4試合白星がなく4位まで順位を下げているアーセナルは、7日にアウェーでボーンマスと対戦。エディー・ハウ監督率いるボーンマスにもレスターと共通する部分があるとヴェンゲル監督は考えている。

「レスターはエディー・ハウとも少し似たようなものだ。『なぜビッグネームを買わないんだ?』といつも言われるが、サッカーは金を使うことがすべてではないことを示すのにレスターは素晴らしいサンプルだよ」

「大事なのは仕事の質であり、仕事の質によってそういう位置に到達できると考えることは重要だ。レスターは我々のリーグにとって非常に良い例だね」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160207-00000014-goal-socc
【「シンジはうちの絶対的な存在」マンチェスターシティ撃破後の現地レスターシティサポーターの反応は? 海外の反応】の続きを読む

top
サウサンプトン吉田、今季リーグ戦初ゴール! プレミア通算3得点目となる先制弾

サウサンプトンは現地時間6日、プレミアリーグ第23節でウェストハムとホームで対戦した。

 日本代表DF吉田麻也は、この試合で先制点を奪う活躍を見せている。サウサンプトンは右サイドでボールをキープすると、MFサディオ・マネがゴール前に送る。これをゴール前に詰めていた吉田が押し込んでサウサンプトンが先制点を奪った。

 FA杯ではゴールを奪っている吉田だが、リーグ戦では今季初。自身にとって、プレミアリーグ通算3得点目となった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160207-00010005-footballc-socc
【吉田麻也、ウェストハム戦で今年初ゴールを挙げる!{海外の反応}】の続きを読む

t
ドルトムント香川の苦境  ヘルタ戦でメンバー外 2試合連続先発ならず

原口は先発出場
 ブンデスリーガ2位のドルトムントは6日の敵地ヘルタ・ベルリン戦に臨むスターティングイレブンを発表した。日本代表MF香川真司はベンチメンバーから外れと、2試合連続のスタメンは果たせなかった。

 香川は胃腸炎から回復した前節インゴルシュタット戦(2-0)は先発したが、見せ場なく55分間の出場でピッチを後にしていた。昨年末から控えに回る機 会が増えていたが、この日は召集メンバーから外れた。左インサイドハーフにはポジション争い最大のライバルとなっているMFゴンサロ・カストロが入る見込 みだ。

 19試合で20得点を決めているエースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンらお馴染みのメンバーの他、風邪により前の試合欠場したMFマルコ・ロイス、MFイルカイ・ギュンドアンのドイツ代表コンビも復帰した。

 一方、3位でドルトムントとバイエルンの背中を追うヘルタでは、日本代表FW原口元気が先発メンバーに名を連ねている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160206-00010019-soccermzw-socc
【香川まさかのチーム外にサポ困惑..ドルトムントはヘルタと0-0でドロー{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ