イロヤクな世界

サッカー情報、海外サポ反応等をご紹介してゆきます。



2017年02月

sp-vissel-a-20170216-870x536
神戸・ポドルスキ6月誕生へ!J最高年俸6億円の3年契約

 【ベルリン(ドイツ)15日】トルコ1部ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)が、今夏にJ1神戸に加入することで合意したとトルコ紙「ヒュリエット」などが報じた。シーズン終了の5月までトルコでプレーし、6月に神戸に加入する。近日中に正式発表される。

 同紙によると神戸がガラタサライに支払う移籍金は270万ユーロ(約3億2700万円)。ポドルスキの年俸は3年総額1500万ユーロ(約18億1600万円)になるといい、単年で6億円を超える。

 元ウルグアイ代表で2010年南アフリカW杯得点王のFWディエゴ・フォルラン(37)が、14年にC大阪とJリーグ最高額の年俸3億4650万円で契約した例があるが、それを大幅に上回る。

 神戸は25日のJ1開幕をめどにポドルスキの獲得を目指していたが、ガラタサライ側のFWの補強が思うように進まず、交渉が難航。トルコのシーズン終了後の獲得を視野に調査を継続していた。

 ポドルスキは昨年8月の代表引退まで、ドイツ代表の背番号10を背負い、代表通算歴代3位の129試合出場、同4位の48得点を誇る。1月24日のトルコ杯では、3部チームが相手ながら得意とする左足だけで1試合5ゴールを挙げるなど、実力は折り紙付きだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000006-sanspo-socc
【【海外の反応】ポドルスキ、6月にヴィッセル神戸へ移籍か トルコ紙が報じる】の続きを読む



【【海外の反応】クロアチア「快適なスタジアムを貼ってくれ」】の続きを読む

top
ドルトムント指揮官、快勝に満足感も「うちはもっとできるチーム」

 ブンデスリーガ第21節のヴォルフスブルク戦を終えて会見に臨んだドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、満足そうな表情で記者たちからの質問に答えた。クラブ公式サイトが伝えている。

 まずは試合について振り返った指揮官は、「集中を切らさず、ハイテンポを保ってプレーできた。自分たちが多くのチャンスをつくる一方、相手にはほとんどチャンスを与えなかった。だから皆、とても満足しているよ。勝利もスコアも妥当なものだ」と3-0の快勝に満足感を示した。

 続けて、この試合でチームの2点目をマークするなど好調を維持しているポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェクについては、「彼はこの数週間、絶好調だね。今日も素晴らしかったよ。彼がチームにいてくれて本当によかった。サッカーの面でも人間性という面でもね。彼が笑顔を見せない日はない。真のプロフェッショナルであると同時に、家族をとても大事にする。彼が今、とてもハッピーであることは私にも伝わってくるよ。彼はドルトムントの良さ、クラブが象徴するものを体現してくれている。彼が絶好調であり、コンスタントに活躍してくれていることは私も本当に嬉しい」と賛辞を送り、その活躍を喜んでいる。

 また、サポーターが問題を起こしたことで南側スタンドだ閉鎖されていたことに関しては「不思議な感覚だったが、それでも雰囲気はよかった。後半は空のスタンドではなく、ファンがいるスタンドの方へ攻めることができたから、少しやりやすくなったと思う。皆が雰囲気を良くするようベストを尽くしてくれた。スタジアムにいた全員に大きな拍手を送りたい。いずれにせよ、南スタンドの閉鎖は今回で最後にしたいね。次のホームゲームでまた満員のスタンドが見られることを楽しみにしている」とコメント。そして次戦に向けて次のように話した。

「チーム内のムードを高めるという点で非常に重要な勝利になったことは間違いない。ただ、確かに足がかりとなる勝利だが、うちはもっとできるチームだ。次の1週間でエネルギーを補給し、フレッシュな状態でまた連戦に挑めるようにしたい」

 ドルトムントは次節、25日にフライブルクと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00553674-soccerk-socc
【【海外の反応】香川途中出場、ドルトムントがヴォルフスブルクに3-0で勝利を収める】の続きを読む

16722385_1726536084025031_1287297375489400455_o
ドルトムントのエースが痛恨のPK失敗…1点守りきったベンフィカがCL先勝

【ベンフィカ 1-0 ドルトムント チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦 1stレグ】

 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、ドルトムントはポルトガル1部のベンフィカと対戦。コンスタンティノス・ミトログルに決勝点を決められドルトムントは0-1の敗戦を喫している。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はこの日もベンチスタートとなった。試合開始して47分、ベンフィカはコーナーキックからルイゾンがヘディングシュートを放ち、飛び出したコンスタンティノス・ミトログルがトラップしてゴールを決めた。

 57分には相手がペナルティエリア内でハンドしたことによりドルトムントにPKのチャンスが与えられる。しかし、このPKをオーバメヤンが外してしまった。そして、アンドレ・シュールレやゴンサロ・カストロなどを投入して攻撃に変化を加えようとするが、結局無得点に終わりドルトムントは0-1の敗戦を喫している。ベンチ入りした香川は出場していない。2ndレグは3月8日にドルトムントのホームで行われる予定だ。

【得点者】
47分 1-0 ミトログル(ベンフィカ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170215-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】ドルトムント、ベンフィカ相手に0-1で敗北を喫する【CL】】の続きを読む

【【海外の反応】海外「サッカーで一番好きな選手とその理由は?」】の続きを読む

このページのトップヘ