イロヤクな世界

サッカー情報、海外サポ反応等をご紹介してゆきます。



2017年10月

top
フル出場で1ゴール1アシストも満足せず…香川真司「ポジションを争う上でとても必要な事」

 ドルトムントに所属するMF香川真司がブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新し、スタメン定着に意欲をみせた。

 24日、ドルトムントはDFBポカール(ドイツ国内杯)2回戦でマクデブルク(3部)のホームに乗り込み、5-0で大勝した。公式戦2試合ぶりの先発となった香川は、3-0の後半34分にショートコーナーからDFマルク・バルトラのゴールをアシスト。さらに45分には、FWマキシミリアン・フィリップのヒールパスからダメ押しゴールを決め、チームの16強入りに大きく貢献した。

 試合後、香川はブログを更新。「今日の試合。しっかり勝てた事。そして、数字という部分で得点やアシストがついた事。90分試合に出場ができた事。当たり前かもしれませんが、このチームのポジションを争う上でとても必要な事」と綴り、スタメン定着に向けて結果を残し続けることを誓った。

 香川は今季公式戦15試合を終え、10試合出場で3ゴール2アシストと結果を残しているが、先発出場は5試合にとどまっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645509-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川真司、見事な美しいゴールを決めて2点に絡む、ドルトムントはマグデブルクに5-0で勝利 3回戦進出【ポカール】】の続きを読む

2015-08-18-1439925865-6791797-Trogir-thumb
【【海外の反応】オーストリア「サッカーのスタジアムを貼ってくれ」】の続きを読む

top
レスター暫定監督が岡崎慎司を絶賛「先発で出れば役割を果たす」…ライバルへの優位性にも言及

レスター・シティを暫定で率いているマイケル・アップルトン監督がFW岡崎慎司を称賛している。『レスター・マーキュリー』が報じた。

レスターは21日、プレミアリーグ第9節でスウォンジー・シティと対戦。岡崎は先発すると49分に2点目を挙げ、2-1の勝利に大きく貢献した。アップルトン監督は指揮官交代後の初戦について「クラブの全員にとって難しい1週間だった。特にクレイグといい関係だった私にとってはね。しかし我々は前半から多くのチャンスを作り出し、その方法を喜んでいる」と振り返る。

さらに、前節で先発したケレチ・イヘアナチョと比較しながら、岡崎の働きぶりについてはこのように評価する。

「シンジは素晴らしかった。彼は先発で出れば、よく役割を果たしてくれる。シンジがもたらすものはケレチが持っていないポゼッションだ」

「正しいバランスというものがある。我々には優れた選手が多くいて、シンジより攻撃面で多くをもたらす“10番タイプ”の選手もいる。しかし、シンジはコントロールして、6番としてのプレーの方法もわかっている。今日は(レオン)ブリットンをよく抑えてくれた」

守備面での働きぶりも評価し、岡崎を先発で送り込んだアップルトン。今後も岡崎は先発という定位置を守ることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000049-goal-socc
【【海外の反応】岡崎慎司がスウォンジー戦で決勝ゴールを決め、今季リーグ4ゴール目を記録! 指揮官&ファンが絶賛 英紙のMOTMにも選出される】の続きを読む

550adada62da0c0fb3c092138c492ea5
【【海外の反応】アメリカ「サッカーチームのロゴの変遷を見ていこう」】の続きを読む

top
 岡崎と再会か…元ドルトのトゥヘル氏、レスターの新監督候補に浮上

17日にクレイグ・シェイクスピア監督を解任したレスターの新指揮官候補に、昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏が浮上しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に報じている。   

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは今シーズン、プレミアリーグ第8節終了時点で1勝3分4敗。降格圏内の18位に低迷している。今年2月にアシスタントコーチから暫定監督に就任し、6月には3年契約を締結したシェイクスピア監督だが、わずか4カ月での解任となった。   

今回の報道によると、レスターの新指揮官候補にトゥヘル氏が浮上しているという。同氏は昨シーズンまで2年間に渡ってドルトムントを指揮していたが、2009-10シーズンから2013-14シーズンまではマインツを率いており、岡崎を指導していた。仮にレスターの新指揮官に就任することとなれば、再びタッグを組むこととなる。   

なお、地元紙『レスター・マーキュリー』が次期監督を予想した記事では、サム・アラダイス氏やクリス・コールマン氏(現ウェールズ代表監督)、カルロ・アンチェロッティ氏、ナイジェル・ピアソン氏、ロベルト・マンチーニ氏(現ゼニト監督)デイヴィッド・モイーズ氏、フース・ヒディンク氏らが候補として挙げられている。   

果たして、レスターの新指揮官は誰になるのか。一昨シーズンのプレミアリーグ王者がどんな選択をするのか、注目だ。

https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-657323/
【【海外の反応】後任監督候補のトゥヘルに期待を寄せるレスターシティサポーター】の続きを読む

このページのトップヘ