EEG-_m5UEAAw1-t
日本がミャンマーに快勝! カタールW杯へ好発進…久保はアジア予選最年少出場記録を更新

 2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選が10日に行われ、日本代表とミャンマー代表が対戦した。

 立ち上がり、日本は雨でぬかるんだピッチへの適応に苦労する。それでも4分、南野拓実がペナルティーエリア内から左足で際どいシュートを放った。

 16分、日本が先制する。中島翔哉が左サイドからカットインすると、ペナルティーエリアの際から右足を振り抜く。強烈な弾道のボールは、ゴールに突き刺さった。26分には日本が追加点を決める。一度はシュートをストップされた堂安律が左足で入れたクロスに、南野がヘディングで合わせた。

 後半に入り、ミャンマーも盛り返す。54分にはアウン・トゥがペナルティアーク手前から右足を一閃。権田修一がパンチングで難を逃れた。

 80分には、中島との交代で久保建英が出場。18歳98日での予選出場は、1980年のスペインW杯アジア予選における風間八宏氏の19歳67日を更新する最年少出場記録となった。

 その後も試合は日本のペースで進むものの、3点目は奪えず。日本が2-0でミャンマーを下した。

 日本は10月10日に2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選でモンゴル代表と対戦する。

【スコア】
ミャンマー代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 16分 中島翔哉(日本)
0-2 26分 南野拓実(日本)
【「本当に強い」「ゾッとするタックル」日本代表が2-0でミャンマー代表に勝利!【W杯アジア予選】】の続きを読む