「W杯アジア2次予選、日本0-0シンガポール」(16日、埼玉)

 日本はシンガポールとのW杯アジア2次予選初戦を0-0で引き分けた。下馬評で不利とされたシンガポールに勝ち点1をもたらしたのはGKのイズワン・マフブト(24)。合計23本のシュートを浴びたが、日本を完封した。

 試合後、イズワンには日本の報道陣が殺到した。「ずっと日本が攻めてきたけど、みんなのおかげでこの結果を出せた」と、番狂わせをにこやかに振り返った。

 前半は12分に香川のミドルを横っ飛びでセーブ。同22分には長谷部のミドルを、同30分には岡崎のエリア内シュートをセーブした。

 後半になると、さらに神がかり的なセーブを連発した。後半10分に岡崎のヘッドをはじき、こぼれたボールもゴールライン手前でかき出すと、同22分には本田のヘッドを至近距離で防いだ。

 シンガポールのシュタンゲ監督によるとイズワンは元ストライカーで、身長は180センチとGKとしては小柄だが、俊敏な動きを見せた。ハリルホジッチ監督も「向こうのキーパーも褒めたたえないといけない。6点は防いだ」と脱帽させた。

 イズワン自身は試合中は「セーブをすることだけを考えた」と無心で臨んでいたという。Jリーグでプレーする可能性を問われると、「いずれにしても海外でプレーはしたい。日本からもしもオファーが来たら、その時に考えます。大きなステップになると思う」と前向きだった。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000104-dal-socc&pos=1 

以下、海外の反応

■ 1vs11


■ アメージングだ!


■ このブーイングは日本の監督か選手達へ向けられたもの?


■ イズワン、マジでヒーロー


■ チャンスの逃し方がもはやギャグの域だ


■ 彼らは本当に良くやった、誇りに思うわ


■ 速報:レアルマドリード、シンガポール代表GKにオファー提示


■ シンガポール、特にGKイズワンはASEANフットボールが如何に強いかを示してくれたんだ。
誇りに思うよ、タイより。


■ 日本語は全くだけど、この日本のコメンテーター達が悶えているのは良く伝わってきた!


■ ハイライトを見たら大体分かると思うけど、後半の2つの派手なセーブ以外は、普通のセーブだよね。
凄いって言えば、日本の決定力の無さのほうだと思う。 
(http://goo.gl/LpwS6g,https://youtu.be/Dq_7l8yCjZk)

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット