jpg large
イギリスのEU離脱がプレミアリーグやサッカー界に与える5つの影響とは?

イギリスがEU(ヨーロッパ連合)からの離脱の賛否を問う投票が23日に行われ、離脱票が多数を占めることが確実になったと『BBC』が報じた。これにより今後、イギリスは離脱に向けた手続きを進めるとみられる。

すでにポンド安が進むなど、世界経済に大きな影響を与えている今回の離脱問題――。サッカー界、特にプレミアリーグを取り巻く環境にどのような変化が出てくるのだろうか?

(EU離脱が決定すればプレミアリーグも対策を講じるだろうが)あくまでも現時点で考えられる懸念点を挙げていこう。

■移籍金など選手獲得にかかる費用の増加

すでにポンドが暴落しているように、ポンド安が進む可能性があり、それに伴う影響は様々な部分で出てきそうだ。

その筆頭が選手獲得にかかるコストの増加である。国外からプレーヤーを補強する場合……例えばポール・ポグバの価格が1億6000万ユーロ(約176億 円)だとすれば、英国のクラブはポンド安の影響により、余計に3000万ポンド(約39億円)を支払わなければならないケースが想定される。

■選手流出の懸念

ポンド安が進みユーロが強くなった場合、EU加盟国のクラブにとってはプレミアリーグの選手を今までより安く購入できる。

反対にいうと、プレミアリーグのクラブにとって、選手が流出する懸念が増したことになる。

■ビザ問題

最も大きな影響が出そうなのが外国人選手の問題だ。

まず、EU圏のプレーヤーが外国人選手扱いとなれば、ビザを取得する必要性が出てくる。(あくまでも現状のルールなら)英国のビザを取得するためには基本 的に各国代表チームで定期的に出場していなければならない。レギュラークラスであれば問題ないが、例えばレスターのエンゴロ・カンテ(※レスター加入時は 代表歴なし)のように、代表歴がないプレーヤーとは契約できないことになる。

■18歳以下の選手との契約が困難に

EUから離脱することで18歳以下のプレーヤーとの契約も基本的には結べなくなる可能性が出てくる。そうなると、セスク・ファブレガスやポール・ポグバといった才能溢れる若手選手を“青田買い”することもできなくなる。

■二重国籍を保持する南米出身選手との契約も困難に

ヨーロッパの国籍を持っていれば外国人選手とは扱われなかった南米のプレーヤーが、外国人扱いとなる。よって、契約に影響が出てくる懸念がある。

―――

繰り返しになるが、これらはあくまでも現行制度と照らしあわせた際に浮かび上がる懸念点だ。今後、制度が変わる可能性は十分に考えられる。ただし、仮に大きな変化がないようであれば、繁栄を極めるプレミアリーグの競争力に「ストップ」がかかることになるかもしれない。

今後、プレミアリーグがどんな動きを見せるのか、そもそもイギリスのEU離脱に伴い、どのような影響が出てくるのか。サッカー界を見ていく上で、避けて通れない問題になりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160624-00010000-goal-socc

海外掲示板のサポーター反応(海外の反応)


(アメリカ)
イギリスのEU脱退がEPLやその他のリーグにどのような影響をもたらすのか?



(ドイツ)
UK外からの選手獲得コストが瞬時に跳ね上がる

(メキシコ)
 他リーグにとっては嬉しいことだ

(ドイツ)
↑ いくつかのクラブはUK外からUSDとEURの両方で移籍金の支払いに充てられるだけの大きな収入を得ているけどな



(イギリス)
昨日の時点でポンドからユーロのレートは1.30だった
現時点では1.24
これはそれほど悪くない
€40mの選手に昨日は£32.3mの価値があった
現時点で彼の価値は£30.75mだ




(不明)
ポンドに目を向けてみるとよい
ボックス内のアシュリー・ヤングよりも速く転げ落ちている
イギリスのクラブが目を付けている選手達の価格はすぐさま上がる


(フランス)
↑ 一夜で更に10%高くなるだろうな

(イギリス)
 ユーロもかなり低下してないか?

(クロアチア)
 (価格の下落は)そのうち落ち着くと思う
それでも恐らく5-6%は下がったままだろうけど
これはかなり大きい


(不明)
 冗談か?
1985年以降、これほど下落したことはないぞ




(リバプールサポ)
ありがとよ、イギリス
アンタらは我々を完全にぶち壊してくれたよ


(イギリス)
↑ まあ、少なくともリバプールは残留を支持していた



(イプスウィッチタウンサポ)
第50条を発動した場合、協議期間の2年が過ぎるまで我々はまだEUのメンバーだ
つまり、選手登録などの面はこれまで通りに行われるだろう

<リスボン条約第50条>  ほとんどのEU加盟国は連合脱退を不可能だと考えているが、EUの基本条約であるリスボン条約の第50条には、加盟国は憲法上の要請に従いEUを自主脱退することが可能であると規定している。  同条項には「脱退を通知した国が撤回で合意しない場合、もしくは通知から2年が経過した場合、すべての条約は当該国に対する効力を失う」と定められており、これにはおそらくユーロへのコミットメントも含まれる。
http://jp.reuters.com/article/investment-grexit-brexit-idJPL3N0UN1SF20150109


(チリ)
全てのプレミアチームはEUからの若手選手の獲得を止めて、国内の選手を起用せざるを得なくなるだろうな
つまりEPLは直ぐに退屈になるだろう




(アメリカ)
つまりだ、イングランド、北アイルランド、ウェールズはEUROから排除されるべきじゃないのか?

(アメリカ)
 だな



(アメリカ)
前向きな点としてはイングランドへの旅行は凄く安くなるってことだな



(不明)
イギリスの才能ある若手選手にとっては素晴らしいニュースだね



(アメリカ)
1466745591943

(ポルトガル)
 www



(アメリカ)
Brexitによりプレミアリーグはダメになるだろうか?

(ポルトガル)
↑ ブリティッシュプレミアリーグがブリティッシュになるんだ
つまりダメにはならない
全てが元に戻るだけさ


イギリスがEUを脱退することを意味するBritish+exitの造語



(イギリス)
このことが自国の才能豊かな選手を成長させるきっかけとなる事を願う

(イギリス)
 それかリーグ全体の力の差が小さくなれば良い...
正直に言って、我々の投票の過半数が離脱を占めている事に驚きを隠せない
これからが心配だよ


(メキシコ)
 もしくはブンデスリーガをモデルにする事も出来る
多くの才能溢れるドイツ人選手が様々なドイツチームに在籍しているじゃないか


(ドイツ)
 でもどうやる?
彼らはイギリスの選手を起用しないといけないんだぞ:(


(イタリア)
 それが1強リーグって意味じゃない事を願う



(イギリス)
もしイングランドがEUROを優勝したら、またEUに戻っても良いかな?



(ドイツ)
信じれらない
離脱に投票した中で60歳以上の人間がどれだけ居るのか知りたい
本当に酷いニュースだ


(バイエルンサポ)
↑ 
WHqGsd8

(ドイツ)
 ありがとう、そして恐ろしい



(不明)
恐らくイングランドプレミアリーグにはイギリス人選手が増えるんじゃないかな
そしてトップクラブでプレーするイギリス人選手が増える事で代表チームも更に良くなるかもしれない
ウィンウィンじゃないか


(バイエルンサポ)
 その逆だと思う
プレミアリーグにイギリス人選手が増える事はクオリティを下げる事になり、得にはならない
つまり、イギリスの若手選手は国外でプレーする事になり、代表チームは今よりも更に酷くなるかもしれない


翻訳元
What effect will Britain's impending exit from the EU have on the EPL and other leagues?

So should england, northern ireland, and wales be be kicked out of the euros?

Will Brexit fuck up the Premier League?



Twitterで最新情報を配信しています


    コメント

    コメント一覧

      • 1. 名無しさん
      • 2016年06月24日 21:21
      • ID:A9j6GHLj0
      • 二重国籍があったりして世界中の国々と日本との間には競争面で不利があったけど
        プレミアにおいては近い将来対等に近づくというわけだな
      • 2. 名無しさん
      • 2016年06月24日 22:14
      • ID:q6Jl9HbI0
      • プレミアリーグは終わりやな。
        シェンゲン協定とボスマン判決の恩恵を一番活かせていたのがプレミアリーグだったんだから。
      • 3. 名無しさん
      • 2016年06月25日 09:18
      • ID:w9wHFS300
      • 金がないリーグは退化する

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット