▼ 雑談

446
「ネイマールにPKを譲れば1億3000万円」。会長からの提示にカバーニは…

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWエディンソン・カバーニは、チームのPKキッカーをFWネイマールに譲ればボーナスを支給するというPSG会長からの提案を断ったという。スペイン紙『エル・パイス』が25日付で伝えた。

 カバーニとネイマールは、今月17日に行われたリーグアン第6節のリヨン戦で、PKやフリーキックのキッカーをめぐって争う様子を見せていた。PKの場面では結局カバーニが蹴ったが、シュートは失敗に終わった。

 昨季のPSGでエースとして活躍しPKキッカーも務めていたカバーニと、サッカー界史上最高額となる移籍金でバルセロナから新たに加入したネイマールとの間で、新たなエースの座をめぐる対立が生じているとして大きな騒動に発展していた。

 カバーニがPKキッカーにこだわる理由には、得点数やエースという立場へのこだわりだけでなく、“カネ”の問題もあるのではないかと報じられていた。カバーニの契約には、リーグ得点王としてシーズンを終えれば100万ユーロ(1億3400万円)のボーナスが支払われるという条項が含まれているという。

『エル・パイス』によれば、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長は2人のFWの対立を解消するため、カバーニにひとつの提案を行ったとのことだ。PKキッカーをネイマールに譲り渡せば、得点数にかかわらず100万ユーロを支払うという提案だという。

 だがカバーニは、「金に興味はない」としてこの提案を断ったとのこと。そこで会長はネイマールに対しても、PKを蹴ることを断念するように説得を試みたが、やはり選手を納得させることはできなかったようだ。

 23日に行われたモンペリエ戦ではネイマールが負傷欠場したため、キッカーが問題になることはなかった。今後ネイマールが復帰し、PSGがPKを獲得したとすれば、キッカーを務めるのは誰になるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00232724-footballc-socc
【【海外の反応】PSG会長「PKをネイマールに譲れば1億支払う」→カヴァーニ「断る」】の続きを読む

6460
W杯初出場目指すシリア、敗退決定寸前から驚異の粘り。劇的にPO進出

ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループA最終節の試合が現地時間5日に各地で行われた。

 グループAでは首位イランが早々と首位での予選突破を決めたが、2位以下は混戦。韓国、シリア、ウズベキスタンの3チームが2位でのW杯出場権獲得を争う状況で最終戦を迎えていた。

 シリアは今回の最終予選でここまで9試合無失点と堅守を誇るイランとのアウェイゲームだったが、13分にそのイランから先制点を奪うことに成功。2位浮上に期待が膨らんだが、前半終了間際には同点に追いつかれ、64分には逆転を許してしまった。

 ウズベキスタン対韓国の試合はどちらも決定的チャンスをゴールに繋げられず、0-0のまま先に試合終了。韓国は勝ち点を15、ウズベキスタンは13に伸ばした。シリアはイランに1-2でリードされており、そのまま試合終了を迎えれば勝ち点12で予選敗退となる状況だった。

 だが後半アディショナルタイムの93分、シリアは中盤でボールを奪ってカウンターを繰り出すと、FWアル・スマが起死回生の同点ゴール。劇的な形で試合を2-2のドローに持ち込んだシリアがウズベキスタンと勝ち点13で並び、得失点差で上回って3位でプレーオフ進出となった。

 W杯初出場に望みを繋いだシリアは、プレーオフでサウジアラビアまたはオーストラリアと対戦することになる。同じく初出場を目指していたウズベキスタンはあと一歩及ばず、予選初出場から6大会連続での敗退となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00230029-footballc-socc
【【海外の反応】シリアが終了間際の同点弾でアジアプレーオフ進出へ【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

jpg large
豪州タイに辛勝も暫定2位浮上!!サウジは日本戦の勝利が絶対条件に

[9.5 W杯アジア最終予選 オーストラリア2-1タイ]

 ロシアW杯アジア最終予選のグループBは5日に最終節を迎え、オーストラリア代表がホームでタイ代表に2-1で勝利した。勝ち点を19に伸ばしたオーストラリアは、同勝ち点で並んでいたサウジアラビアをかわして、W杯出場圏内となる暫定2位に浮上した。

 打てども打てども入らない…。ポストに嫌われること3回、絶対に勝利が欲しいオーストラリアが攻め続ける中で、タイが必死にしのぐ。スコアが動かないまま、時間だけが刻々と進んだ。

 しかしオーストラリアの最大の武器が後半24分、待望のゴールを作り出す。左サイドからMFアーロン・モーイが上げたクロスにニアに走り込んだFWトミ・ユーリッチが頭で押し込み、高さで先制点を奪った。

 ただ追加点を挙げて勝負を決めたいオーストラリアだが、CKから押し込んだシュートをライン上でタイDFにかき出されるなど、ゴールを奪うことが出来ない。

 そして後半37分だった。タイに左サイドから崩されると、マイナスクロスをMFポックラウ・アナンに左足ダイレクトで蹴り込まれる。シュートはクロスバーをかすめるもそのまま勢いよくゴールネットを揺らした。

 まさかの展開となったオーストラリアは、必死に勝ち越しゴールを目指す。すると後半41分、CKのこぼれ球がFWマシュー・レッキーの足もとに。レッキーが左足で蹴り込む。一旦は冷や汗をかかされたオーストラリアだが、何とか勝ち点3を積み上げて、日本戦を残すサウジアラビアにプレッシャーをかけた。

 この結果、サウジアラビア代表が2位に浮上するためには、日本時間26時30分にキックオフするホームでの日本戦に勝利することが唯一の条件となった。

オーストラリア 2-1 タイ [メルボルン]
イラク 23:00 UAE [アンマン]
サウジアラビア 26:30 日本 [ジッダ]

[グループB](暫定)
1.☆日本(20)+11
2.オーストラリア(19)+5
3.サウジアラビア(16)+6
4.UAE(13)-2
5.イラク(8)-2
6.タイ(2)-18

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-01643764-gekisaka-socc
【【海外の反応】「あとは任せた」オーストラリア、タイに辛勝でグループ2位浮上 W杯自動出場はサウジの結果次第に【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

top
日本戦は「柔軟に戦う」…豪代表監督「努力が無駄にならないと信じている」と自信

 ロシア・ワールドカップ アジア最終予選の日本戦を31日に控え、オーストラリア代表のアンジェ・ポステコグルー監督を招いたレセプションが28日にオーストラリア大使館で行われた。

 まず、リチャード・コート駐日大使が挨拶。「“サッカルーズ”(オーストラリア代表の愛称)のユニフォームにはカンガルーやエミューがあしらわれたエンブレムが入っています。この動物たちは前にしか進むことができないんですが、代表チームもまさにそうだと思っています」と、後押し。「大変な試合になると思いますが、来年、両チームが世界の舞台に立っていることを信じてやみません」と、日本代表も含めた両代表チームにエールを送った。

 ブリスベン・ロアーなどで指揮官として多くのタイトルを手にしたポステコグルー監督は2013年の代表監督に就任。母国開催となった2015年のアジアカップでは見事、優勝に導いた。日本戦に向けては、「前回の予選から時間が経っているが、試合間隔が長かったり、短かったりすることはつきもので、慣れている。チームは集中しているし、しっかりと試合へ向けて調整もできている。だが、魔法の杖のように、いつも物事をうまく進めることはできない。しっかりと力をつける必要がある。その点、6月にコンフェデレーションズカップを戦えたことはいいことで、選手もしっかりと調整できている」と自信を見せる。

 予選最終節は現在グループ首位の日本と2位サウジアラビアの直接対決がある一方、3位のオーストラリアは最下位タイとのホームゲームを迎えるため、日本戦で勝ち点1以上を得ると、大きなアドバンテージとなる。日本戦に向けては、「柔軟に、どんなシナリオにも対応しようと思っているし、それは可能だと信じている。我々は24カ月間、しっかり準備を重ねてきた。チームがどういう立ち位置を取るかは、試合の流れの中で適切なものを見つける。日本の長所と短所をしっかり理解して、自分たちのゲームプランを実行する」と、チームへの信頼を語る。

また、「どちらがそれをできるか、ということが試合を決める。この試合はこれまでの努力が無駄にならないものになると信じている」、「もちろんプレッシャーはコーチにも選手にもある。だが、我々にとってはそれが良い方向に向くことが多い。私自身、こういうプレッシャーは大好きだし、楽しみにもしている。試合が始まれば選手たちに任せるしかないが、いい結果を出してくれると自信を持っている」と、力強く話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00635126-soccerk-socc
【【海外の反応】ロシアW杯出場を賭けた大一番 日本対オーストラリア 試合前の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

3DE1A7F100000578-0-image-a-78_1488470963714
【【海外の反応】フランス「W杯の開幕まで10か月だが...どこが優勝する?」】の続きを読む

このページのトップヘ