▼ 雑談

top
「ベンチでも音が聞こえた」。トーレス頭部負傷の衝撃を語るシメオネ

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、FWフェルナンド・トーレスがプレー中の事故で頭部を強打した場面では「ベンチでも音が聞こえた」と試合後にコメントしている。2日付のスペイン紙『マルカ』『アス』などが伝えた。

 現地時間2日に行われたリーガエスパニョーラ第25節のデポルティボ戦で、トーレスは衝撃的な事故に見舞われることになった。後方から相手選手のタックルを受けて頭から転倒し、一時は意識を失う状態に陥った。

 試合直後には、シメオネ監督もトーレスの状態に不安げな様子を見せていた。「ベンチでも音が聞こえた。首だったのか何だったのか分からないが、何かが聞こえた」と問題の場面について振り返っている。

「不運な状況だが、プレーの中ではこういうことも起こる。フェルナンドが無事であることを願っている」とシメオネ監督はトーレスの状態を案じていた。幸い大事には至らず、意識を取り戻したトーレスは病院からツイッターで無事を報告してファンを安心させている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170303-00010023-footballc-socc
【【海外の反応】フェルナンド・トーレス、試合中に頭部を強打し緊急搬送される】の続きを読む

top
【【海外の反応】ペナルティに不服のサッカーチーム、プレーを放棄することで抗議→相手チームが構わず得点を続ける【ベトナムリーグ】】の続きを読む

sp-vissel-a-20170216-870x536
神戸・ポドルスキ6月誕生へ!J最高年俸6億円の3年契約

 【ベルリン(ドイツ)15日】トルコ1部ガラタサライに所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)が、今夏にJ1神戸に加入することで合意したとトルコ紙「ヒュリエット」などが報じた。シーズン終了の5月までトルコでプレーし、6月に神戸に加入する。近日中に正式発表される。

 同紙によると神戸がガラタサライに支払う移籍金は270万ユーロ(約3億2700万円)。ポドルスキの年俸は3年総額1500万ユーロ(約18億1600万円)になるといい、単年で6億円を超える。

 元ウルグアイ代表で2010年南アフリカW杯得点王のFWディエゴ・フォルラン(37)が、14年にC大阪とJリーグ最高額の年俸3億4650万円で契約した例があるが、それを大幅に上回る。

 神戸は25日のJ1開幕をめどにポドルスキの獲得を目指していたが、ガラタサライ側のFWの補強が思うように進まず、交渉が難航。トルコのシーズン終了後の獲得を視野に調査を継続していた。

 ポドルスキは昨年8月の代表引退まで、ドイツ代表の背番号10を背負い、代表通算歴代3位の129試合出場、同4位の48得点を誇る。1月24日のトルコ杯では、3部チームが相手ながら得意とする左足だけで1試合5ゴールを挙げるなど、実力は折り紙付きだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000006-sanspo-socc
【【海外の反応】ポドルスキ、6月にヴィッセル神戸へ移籍か トルコ紙が報じる】の続きを読む

【【海外の反応】海外「サッカーで一番好きな選手とその理由は?」】の続きを読む

top
Burnley 'hero' becomes talk of social media after getting in the way of flying football to save young supporter
子供守った!サポーターの「神セーブ」がプレミアリーグで話題

 プレミアリーグ第25節、バーンリーはホームでのチェルシー戦を1-1で引き分けた。

 プレミアリーグ第25節、バーンリーはホームでの 開始7分で先制されたバーンリーだったが、ロビー・ブラッディのフリーキックで同点に追いつく。その後は首位相手に堂々たる戦いぶりを見せて、価値ある勝ち点1をもぎとった。 

そんな試合はバーンリーのターフ・ムーアで行われたのだが、ある出来事がプレミアリーグファンの間で話題となっている。 チェルシー戦を1-1で引き分けた。

 試合前半にバーンリーMFアシュリー・バーンズが強烈なシュートを放った場面。ボールは枠を逸れてゴール裏に飛び込んだ。 

シュートが飛んだ先には、母親に抱かれた幼い子供がいた。だが、親子の後ろにいたサポーターが腕を伸ばしてボールを弾き飛ばし、子供を守ったのだ。 

この素敵な振る舞いは、現地では「Save of the season」などと絶賛されている。また、本当の勝者となったのは、このバーンリーサポーターだとも…。 

そんなバーンリーはこれでホーム6試合連続で負けなし。これはトップリーグでの戦いでは、1985年以来のことになるそう。
【【海外の反応】海外「バーンリーファンのナイスセーブを見てみよう」】の続きを読む

このページのトップヘ