▼ 雑談

usami
宇佐美と柴崎が長谷部と同僚に? フランクフルトの興味を独紙が報じる

ガンバ大阪の日本代表FW宇佐美貴史と鹿島アントラーズの同代表MF柴崎岳にブンデスリーガ移籍の可能性が浮上している。8日、ドイツ紙『ビルト』が報じた。

 宇佐美と柴崎の獲得を狙っているのは、同代表MF長谷部誠が所属するブンデスリーガのフランクフルトだ。宇佐美は2011年にバイエルン・ミュンヘンに レンタル移籍で加入した。2012/2013シーズンにはホッフェンハイムでプレーしたものの、失敗に終わっている。フランクフルト移籍が実現すれば、ド イツへ再チャレンジすることになる。

 一方、柴崎は今冬の海外移籍が噂されており、その行き先に注目が集まっている。未来の日本代表の主軸をになっていく両選手なだけに、その去就に注目が集まりそうだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151109-00010015-footballc-socc
【イギリス「冬の市場での期待や予想は?」←「宇佐美..」 {海外の反応}】の続きを読む

pea
大迫先発のケルン、10人のレバークーゼンに競り勝つ

[11.7 ブンデスリーガ第12節 レバークーゼン1-2ケルン]

 ブンデスリーガは7日、第12節2日目を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンは敵地でレバークーゼンと対戦し、2-1で競り勝った。大迫 は右サイドハーフで先発し、後半アディショナルタイムまでプレー。前節が初先発だった長澤はベンチスタートとなり、最後まで出番がなかった。

 ケルンは前半17分、DFマルセル・リッセのFKからDFドミニク・マローが右足で先制点。しかし、レバークーゼンも同33分、MFアドミル・メーメディの右クロスにFWハビエル・エルナンデスが頭で合わせ、同点に追いついた。

 1-1で折り返した後半8分、レバークーゼンはDFキリアコス・パパドプロスがFWアントニー・モデストを倒して一発退場。数的優位に立ったケルンは後半27分、リッセの右CKにマローが頭で合わせ、2-1と勝ち越しに成功した。

 後半26分からは2トップの一角にポジションを上げた大迫。後半アディショナルタイムまでプレーし、得点は挙げられなかったが、チームの4試合ぶり勝利に貢献した。ケルンは順位でもレバークーゼンを逆転。9位から7位に浮上している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151108-01318583-gekisaka-socc
【ドイツ「チチャリートが毎週のようにゴールを決めてるけど...嬉しい?」{海外の反応}】の続きを読む

adnan
ロイス、負傷でダービー出場微妙に…ドルト指揮官「まだ何とも言えない」

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、5日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節でガバラと対戦し、4-0の快勝で決勝 トーナメント進出を決めた。チームを率いるトーマス・トゥヘル監督が、試合後の会見に応じ、負傷交代となったドイツ代表MFマルコ・ロイスについてコメン トした。日本語版クラブ公式サイトが6日に伝えた。

 試合は、28分にロイスのゴールでドルトムントが先制。その後、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタ リアンなどの追加点で、4-0の快勝を収めた。ロイスは、先発出場で1ゴールを挙げる活躍を見せたが、負傷したためハーフタイムにベンチへ退いた。

 トゥヘル監督は、ロイスについて、「タックルの際にバランスを崩し、そけい部に張りを感じたようだ。先制点を奪う直前に痛めたらしい。本人の希望でハー フタイムまでプレーさせた」と説明。8日にはブンデスリーガ第12節でシャルケとの“ルール・ダービー”を控えているが、「以前とは違う箇所を痛めてお り、日曜の試合についてはまだ何とも言えない。負傷で欠場する、あるいは出場できる可能性もある」と語り、明言を避けた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00367116-soccerk-socc
【ヤヌザイ、ベルギーU21招集を断りドルトムントでのトレーニングを選ぶ など{海外の反応}】の続きを読む

top1
【オランダ「スターの幼少時代の写真から誰かを当てるスレ!(20枚)」{海外の反応}】の続きを読む

kag
香川が今季3度目の独誌ベストイレブン…オーバメヤンは第10節MVPに

ドイツ誌『キッカー』は、23日から25日にかけて開催されたブンデスリーガ第10節のベストイレブンを26日に発表した。ドルトムントに所属する日本代表MFの香川真司が選出されている。

 ドルトムントは25日にアウクスブルクと対戦した。先発出場した香川は、4得点に絡む活躍で5-1の勝利に大きく貢献。同誌は評価点「1.5」(最高1 点、最低6点)を与えている。これにより、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキらに並ぶ3度目のベストイレブンに名を連ねた。

 また、アウクスブルク戦でハットトリックを記録したガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが「1.5」の評価で第10節の最優秀選手となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00363859-soccerk-socc
【アメリカ「日本のベストプレーヤーは香川みたいな風潮があるけど..」{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ