▼ 雑談

1
【【海外の反応】アメリカ「スタジアムフードを貼ってくれ」】の続きを読む

nintchdbpict000342256212
 【動画】Jデビュー戦2ゴールの神戸FWポドルスキ、Jリーグは「すごくレベルが高い」

 挨拶代わりの2ゴール。神戸FWルーカス・ポドルスキがJリーグデビュー戦を振り返った。

 明治安田生命J1リーグ第19節が29日に行われ、ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸と大宮アルディージャが対戦。試合は神戸が3-1で勝利を収め、2連勝を飾った。試合後、2得点を挙げた神戸FWルーカス・ポドルスキが、Jリーグデビュー戦を振り返った。

 「デビュー戦で2点を決められたことは素晴らしいですし、どんどん良くなっています。この調子で続けていきたいと思います」と語るポドルスキ。Jリーグ初得点はペナルティエリア手前から左足を振り抜くミドルシュートだった。

「僕はもちろん左足が得意なので、チャンスがあれば打とうと思っていました。そういう場面だったので振り抜いたら、それがたまたまゴールに入ったということです」と、淡々と得点シーンを振り返る。 

2点目は、MF大森晃太郎が右サイドから上げたクロスに走り込み、頭で合わせた。ヘディングシュートの印象はあまりないと指摘されると、「どういう形でゴールしたのかは、あまり関係ない」と答える。そして「もちろん、頭も足も全部でゴールを決めるというのは、なかなかできないですが、今日は頭にボールが来たのでヘディングで狙いました。相手DFは日本人の選手で、あまり背が高くなかったので、アドバンテージがあったんじゃないかと思います」と続けた。

Goal.com
【【海外の反応】ポドルスキ、Jリーグ初戦で2ゴールを決める】の続きを読む

kagoz
【【海外の反応】海外「ドルトムントのバーゲンイレブンがこちらです」】の続きを読む

top
病院に搬送されたペドロ、元気な姿をSNSに投稿「全く問題なかったよ」

22日、中国でチェルシーとアーセナルのプレシーズンマッチが行われ、スペイン代表FWペドロが負傷した。イギリスメディア『BBC』が報じている。

 29分、ブラジル代表DFダヴィド・ルイスのロングパスに抜け出したペドロ。ボールをパンチングするため出てきたコロンビア代表GKダビド・オスピナと衝突、その場に倒れこんだ。自分の足でピッチを出たペドロだが、プレー続行不能と診断。U-19フランス代表MFジェレミー・ボガと途中交代した。

 すぐに病院に行き検査を受けたペドロ。指揮官のアントニオ・コンテ監督は引き続きプレシーズンツアーに帯同することを発表。「ペドロは病院に行って大丈夫だと診断された。ただ私は彼が脳震盪を起こした可能性があると思っている。我々のドクターが正しい回復方法を望んでいるよ」とコメント。選手の無事を喜んだが、今後の起用には慎重な構えを見せた。

 またペドロは『ツイッター』で「なんてショックだ! 幸運なことに、全く問題なかったよ。メッセージをありがとう」と投稿している。

 なお試合はベルギー代表FWミシー・バチュアイの2ゴールなど、3点を奪いアーセナルに勝利している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00616434-soccerk-socc
【【海外の反応】「これが初めてではない」オスピナ、ペドロを豪快KO プレーには賛否の声】の続きを読む

427D578600000578-0-image-a-62_1500476454710
中国遠征中のアーセナルが集団食中毒か、ジルーら主力が体調不良

【AFP=時事】中国で開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)に出場中のアーセナル(Arsenal)は、主力選手数人が食中毒の症状を訴え、19日のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦を欠場するなどの事態となった。チームを率いるアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督が明かした。

 上海(Shanghai)でバイエルンと対戦したアーセナルは、試合終了間際に1-1の同点に追いつき、PK戦を3-2で制した。しかしベンゲル監督は試合後、長時間のフライトや中国の厳しい暑さと相まって選手を苦しめた食中毒により、来シーズンへ向けたチームの調整は理想的とは到底言えないものとなってしまったと語った。

 アーセナルは食中毒でオリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)を欠いただけでなく、キャプテンを務めるペア・メルテザッカー(Per Mertesacker)もキックオフ直前に同様の問題で体調不良を訴え、試合を欠場した。

 また、新加入のセアド・コラシナツ(Sead Kolasinac)がハーフタイム前に交代を余儀なくされた一方、途中出場のアーロン・ラムジー(Aaron Ramsey)とセオ・ウォルコット(Theo Walcott)も体調が優れなかったという。

 アーセナルの選手はこの日、特に気温が36度を超えた前半に調子を落としており、ベンゲル監督は冬のオーストラリアから移動してきた直後での上海のコンディションは「衝撃」だったと話している。

 今季は欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)出場権獲得のプレッシャーがかかるベンゲル監督は「17日、18日とハードワークしていたので、今夜は大きな問題が待ち受けているのではないかと少し不安だったが、実際に前半はやや苦しんだ」と語った。

「ラムジーは(気分が)悪い状態で試合を終え、ウォルコットやコラシナツ、メルテザッカーも皆、食中毒気味だった」

 23日には北京(Beijing)でチェルシー(Chelsea)との一戦を控えるアーセナルだが、ベンゲル監督は食中毒を起こした原因は不明だとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000005-jij_afp-socc
【【海外の反応】中国遠征中のアーセナルが集団食中毒に襲われる ジルーなど複数の選手がダウン...】の続きを読む

このページのトップヘ