▼ 雑談

1484067448889
サッカーW杯、出場枠拡大 26年大会から48チームに

国際サッカー連盟(FIFA)は10日、スイス・チューリヒで理事会を開き、2026年のワールドカップ(W杯)本大会の出場チーム数を、現行より16チーム多い48チームに増やすことを決めた。18年ロシア大会と22年カタール大会は32チームで開催する。   

48チームでの大会方式は1次リーグを3チームずつ16組に分かれて行い、各組上位2チームの計32チームが決勝トーナメントに進む。FIFAのインファンティノ会長は昨年2月の会長選挙で、出場チーム数を40チームに増やすことを公約に掲げて当選した。FIFAは40チームでの2案と48チームでの2案で大会方式を検討。大会日数を増やさず、最も増収が見込める方法を選んだ。AP通信によると、約6億4千万米ドル(約740億円)の収益増が見込めるという。   

o-WORLDCUP-570

招待された13チームが参加して1930年に始まったW杯は、34年イタリア大会から大陸別予選が導入され、本大会の出場枠は16だった。82年スペイン大会から24、98年フランス大会から32と拡大された。48に増えることでFIFA加盟211協会の約4分の1が出場する巨大な大会になる。   

14年ブラジル大会までの過去20大会で、W杯本大会に出場した国・地域は77。26年以降、初出場のチームが増える可能性がある。反対に、施設整備や警備など開催国の負担は大きくなり、本大会を開催可能な国・地域は少なくなるとみられる。FIFAは大会を継続させるために、現在は原則的に認めていない共催を導入する方針だ。(チューリヒ=河野正樹)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/fifa-worldcup_n_14092886.html
【【海外の反応】FIFA、2026年W杯の出場枠拡大を決定、48カ国が出場する大会に】の続きを読む

中村俊輔「もう現役長くない。だからこそ」一問一答中村俊輔「マリノス離れるとは…」 苦悩の末に磐田移籍

横浜MF中村俊輔(38)が磐田に移籍することが8日、両クラブから発表された。中村はこの日、横浜市内で取材対応した。

 ◆中村の一問一答

 -移籍決断の理由は

 中村 スポーツは楽しんだり、練習したことを試合に発揮して、うまくいかなかったら見直してまた、次の試合まで上達する。そのサイクルに戻りたい。もう現役は長くないと思う。だからこそ、サッカーへの情熱だったり、純粋にボールを追いかけたりしたい。信頼とか、そういうものを感じながらサッカーをしたい。自分がマリノスを離れるなんて、そんなこと考えたことなかった。そういう風になる自分が不思議で…。今季は何回も考えたり、苦しい時間だった。サッカー人生で今までにない。マリノスのユニホーム、ましてや「10」だし、引退以外、脱ぎたくないでしょ。でも、そういう中でやらないと、今後、サッカーに携わったときに、10年後、20年後か分からないですけど、悔いが残るなというのがあったので…。

 -この1年での変化か

 中村 去年はなかった。今年はいろんなものが変化した。サッカー選手で毎日、現場に出る。例えば、プライベートで問題があったりしても、グラウンドに来るとなくなってたの。でも、そうではなくなってきた時に、苦しくなっていったなあ…。いろんな問題が今年、起きた中で、選手として、主将として、人間として、マリノスもそうですけど、サッカーチームとして「これでは…」「ここは違うぞ」とは言ってきたつもり。それでも変えられるところ、変えられないところもあるし、そこは僕も理解しています。今日も長谷川(亨)社長と会いましたけど。食事も3回、2人だけで会ったのも5、6回。これだけ扉を開けている社長もいないですし、僕らの声を聞いてくれたのはありがたかった。僕も、社長の立場は分かります。オープンにして話せたのはありがたかった。お互いが理解し合いながらやれたのは大きいし、最後まで強い言葉で「ここでユニホームを脱がないといけない選手」「マリノスという枠でなく日本の宝だ、自分の所から離れていくのは悔しい」とまで言ってくださった。それに「最後は戻ってきてほしい。そういう契約を織り込もうか」と言ってくれた。それは、保険をかけるのは僕は嫌だったので。行くからには骨をうずめる気持ちでやるし。

 -サポーターへ言いたいことは

 中村 何か、応援される側の領域でなくて、育てられたという感じがしている。本当に、皆さんの前で報告、あいさつができないのは申し訳ない気持ちだし、今季、なかなか試合に出られなかったので、順位も良くなかったし、選手として主将として申し訳ない気持ち。自分が引っ張らなくてはいけないし、中位で終わってはいけないチームだと思う。もちろん、天皇杯ベスト4もそう。ベスト4を強調するけど、それではいけない。1位以外はビリだという精神をね。キー坊(MF喜田)とか若い選手が、モンバエルツ監督の起用もあって試合に出るようになってから、殻が破れた。そういう選手が何人か出てくるとうれしいかなと。マリノス育ちのマリノスイズムを持った選手が花開くのはいいこと。サポーターの方々が13年に「俊輔と優勝したい」と横断幕を掲げてくれた。個人名じゃないですか。それだけ、自分を大事にしてくれてると思うと、やっぱり、そういうのも含めてもちろん、出て行くこと、チームを変えることがベストなのか…ずっと考えていた。失うものが多いと思うんですけど、新しい挑戦、道に行こうかなと。そういう中で、(磐田の)名波(浩監督)さんと服部(年宏強化部長)さんに、声をかけてもらって。自分の状況とかも分かってくれて。1回会った時は「うちに来いよ」でなく「門は開いてます」と言ってくださって。

 -グラウンドで苦しさを感じた理由

 中村 今まで、子供の頃から代表の時も、いろんな壁があった。例えばトルシエだと左サイドをやって「どうしようかな」と悩んだり。南アフリカ(W杯)も試合に出られなくなってきて。いろんな挫折や壁があった。そういうのって、もがいて乗り越えようとする。今回も、いろんな格闘もあってもがいたけど。そんなに長いこと、サッカーできないので。そうしたときに、もっとこう、真摯(しんし)にサッカーと向き合ったときに、この壁の種類は、もう超えようとしなくていいんじゃないかと。(壁を)降りて違う道に戻らないといいゴールはできないんじゃないか。

 -どんなゴールを?

 中村 サッカーの自分の持っている情熱を、ぶつけられる。完全燃焼して悔いが残らない終わり方ですね。サッカーと向き合えればいい。そうなった時に、ここではないのかなと。ジワリジワリときた決断。やはり、マリノスでプレーしたいし、マリノスで終われれば一番いいと思っていたので。それが少しずついろんなものがあって。「これは違う」と言ったことが変わらなかったりしたら、その繰り返しは何なのかと。毎日「それは違うんじゃないか」と。そんなことは普通、ないことで。どんどん、サッカーと向き合う時間がなくなって、そっちの方が多くなる。でも主将としてはそれをやるし。そういうところから、いろんなバランスが崩れていった。

 -中村選手が抜けるとマリノスでなくなってしまう

 中村 いやいや、ボンバー、(栗原)勇蔵もそうですけど、特にこの2人はマリノスで完全燃焼できるように、サポートしてあげて欲しい。ボンバーなんかは、ちょっと寂しい。ライバルというか戦友。35歳ぐらいの時に「衰えがきたかな」と思ったけど、粘って上がってるし。シュートブロック数だけでも大きいし、空中の滞空時間も衰えてないんだよね。おれも、自分なりのペースで頑張っていた。見本であり、尊敬できる選手。つながっているようでライバルであり、チームメート。それで離れるのは結構、でかいんだよね。

 -マリノスに残る選手たちへ

 中村 感謝の気持ちですね。主将の器、行き届かなかったところが多々ある中、副主将の4人、ボンバー、勇蔵、飯倉、兵藤…。全員がキャプテンみたいな感じだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-01762692-nksports-socc&pos=1
【【海外の反応】「信じられない」中村俊輔、長年所属の横浜を去りジュビロ磐田へ...完全移籍が決定】の続きを読む

2790588_full-lnd
モウ、W杯“48ヶ国案“に「全面的に賛成」。FIFA公式サイトがインタビュー

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ワールドカップ(W杯)の出場チーム数を48チームに拡大する案に「全面的に賛成」だと述べている。国際サッカー連盟(FIFA)公式サイトによるインタビューの中で語った。

 FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は、現在32チームで行われているW杯を48チームに拡大する改革を推し進めようとしている。4チームずつ8つのグループステージで行われる現行方式から、3チームずつ16のグループへ変更することが想定されている。各グループの上位2チームが決勝トーナメントへ進み、現在の16チームではなく32チームによるトーナメント戦が行われることになる。

 出場チーム数の増加は、サッカー界の過密日程に拍車をかけるものだとして懸念の声も上がっている。だがインファンティーノ会長の想定する方式によれば、1チームが戦う試合数自体は最大7試合で現在と同じ。モウリーニョ監督はその点を踏まえ、日程面での不安はないと述べている。

「私は全面的に賛成だ。クラブの監督としては、大会拡大が試合の増加と休暇の短縮、プレシーズンの短縮を意味するのであれば、ノーと言うだろう。だが批判する者たちは、大会拡大が試合数の増加を意味するのではないことを分析し理解することが重要だ」

 各チームが2試合のみを戦うグループステージの試合は「より決定的」な意味を持つことになり、その後の決勝トーナメントも「さらなる興奮をもたらす」とモウリーニョ監督は歓迎。出場チーム数の拡大は、「ソーシャルイベント」としてのW杯の価値をさらに高め、サッカーの普及をさらに促進するものだと語った。

 またモウリーニョ監督は、先月のクラブW杯で導入試験が行われたビデオアシスタントレフェリー(VARs)にも賛成意見を述べている。「プロであれば、このような進化を拒否することで試合に勝ったり負けたり、タイトルを獲得したり逃したりするわけにはいかない。審判はテクノロジーによる助けや保護やサポートを必要としている」と主張した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00010005-footballc-socc
【【海外の反応】モウリーニョ「ビデオ判定は必要」】の続きを読む

hqdefault
【【海外の反応】海外「これまでに見た中で最高のパスを教えて?」】の続きを読む

【【海外の反応】海外「1872年のサッカーのフォーメーションを見てみよう」】の続きを読む

このページのトップヘ