▼ イタリアセリエA

top
本田、大ショック! ミラン中盤のキーマンと17歳の鉄壁守護神がキエーボ戦で故障離脱の悲劇

クツカがウォーミングアップ中に故障

 日本代表FW本田圭佑の所属するACミランにアクシデントが続出した。13日の敵地キエーボ戦で、ミランはキックオフ前から想定外の状況に陥った。

 まずはウォーミングアップの段階で、この日スタメン予定だったMFユライ・クツカが負傷。急きょ出場を取りやめる事態となった。

 ミランはこのキエーボ戦に向けて、システム変更を予定していた。今季途中から2トップの一角を務めていたエムベイエ・ニアングが交通事故によって左足首 を手術し今季絶望に。さらにFWカルロス・バッカを除く前線の選手が、いずれもコンディション不良という苦境に直面したため、シニシャ・ミハイロビッチ監 督は4-4-2を諦め、今季前半戦に採用していた4-3-3の再導入を決断していた。だが、試合直前にクツカが負傷して中盤が枚数不足に陥ったことで、代 わりにFWジェレミー・メネズを先発メンバーに加え、4-4-2への再変更を強いられた。

 3トップの右ウイングでの先発が見込まれていた本田は、これまでの定位置である右サイドハーフでスタートする結果になったが、ミランには試合前から不穏な空気が漂っていた。


ドンナルンマは頭部負傷で病院へ直行

 ゲーム序盤からアグレッシブなプレスをかけてきたキエーボに対し、ミランは防戦一方になった。そして、再びアクシデントが起こる。前半15分過ぎの相手CKに飛び出した17歳のGKジャンルイジ・ドンナルンマが相手FWと接触。頭部を打ち、試合続行不可能となった。

 ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」によると、ドンナルンマはCTスキャンを受けるために病院へ直行。38歳のGKクリスティアン・アッビアーティが途中出場し、今季リーグ戦の初出場となった。

 その後はアッビアーティがファインセーブを連発するなどして前半はキエーボの攻勢をしのいだ。ニアングのみならず、主将のMFリッカルド・モントリーボも負傷中、そしてこの日のMFクツカとGKドンナルンマの負傷により、一気に野戦病院化が進んだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160313-00010016-soccermzw-socc
【本田の評価は分かれる チャンス生み出すもミランはキエーヴォとドロー 海外の反応】の続きを読む

top
2アシストに止まらないミラン本田の奮闘 「いつもどおりの高品質」と伊メディアの眼

5-0の快勝で、ヒデ、長友に続く日本人3人目のイタリア杯決勝進出

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、1日のイタリア杯準決勝第2戦の3部アレッサンドリア戦で先発フル出場。前半7分に無人のゴールへのシュートをミ スして先制点のチャンスを逃したが、同20分にFWジェレミー・メネズの先制ゴールをアシストして挽回した。その後もCKからチームの4点目をアシスト し、チームの5-0での圧勝に貢献している。試合後に採点を公開したイタリアメディアでは、「本田の黒子役としての働きは貴重なもの」と称賛されている。

  イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、本田に及第点の「6.5点」を与えた。「スキャンダラスなミスで1点を逃した。しかし、彼 はメネズのゴールを素晴らしいパスでアシストし、彼の2点目にもつなげるプレーをした」と、決定機を外したシーンを「スキャンダラス」とされながらも、絶 妙なループパスでFWメネズの先制点をアシストしたプレーに加え、メネズの2点目のゴールに絡んだシーンが高く評価されている。

 そのメネズの2得点目、チームの3点目の場面では、本田はペナルティーエリア内右サイドでMFアンドレア・ポーリのパスを受けると、相手DFが飛び込め ない間合いで対峙。右サイドを回り込むポーリが走り込む時間を作り、良いタイミングでポーリの前にボールを供給。最後はポーリの折り返しをメネズが決めて いる。


「黒子役としての働きは貴重なもの」

 また、「トゥットメルカートウェブ・コム」も本田を「6.5点」と評価した。「いつもどおりの高品質のプレーを見せた。彼の黒子役としての働きはミハイ ロビッチのチームにとって貴重なものだ」と、ゴール前のシーンではなく、前線で自由な振る舞いを見せるメネズとバロテッリの2トップを支えた中盤での黒子 役としての働きが高く評価されている。

 第1戦とのトータルスコア6-0で勝利したミランは、これで優勝した2002-03シーズン以来のイタリア杯決勝進出となった。本田にとっては、 01-02シーズンにパルマで優勝した元日本代表MF中田英寿氏、10-11シーズンにインテルで優勝した日本代表DF長友佑都に続く日本人3人目のイタ リア杯制覇と、14年1月に加入して以来のミランでの初タイトル獲得に王手をかける結果になった。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160302-00010004-soccermzw-socc
【絶好調本田、見事なループアシストなど3得点に絡む活躍、ミランは13年振りにイタリア杯決勝へ 海外の反応】の続きを読む

12778955_10153321556236937_3076385052516347387_o
強豪ナポリとの敵地ドローに手応えのミラン監督 「この戦いを続ければ3位に手が届く」

終始劣勢を強いられるも1-1で凌ぐ 「選手たちを称賛したい」

 日本代表FW本田圭佑所属のACミランは、22日の敵地ナポリ戦を1-1で引き分けた。終始劣勢のゲーム展開のなか、前半44分に本田のクロスから同点 ゴールが生まれ、貴重な勝ち点1を手にした。ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督はチームの戦いぶりに満足気なコメントを残している。試合後に衛星放送 局「スカイ・スポーツ」と、イタリア国営放送「ライ」のインタビューに応じている。

「誰もが知っているとは思うが、難しいゲームだった。なにしろ、前回の対戦では0-4で敗れた相手だ。我々の選手たちは、非常にタフだった。私好みだね」

 10月4日に本拠地で迎えたゲームでは0-4と大敗。試合後に本田がクラブに対して自分の意見をハッキリと口にしたことも強く印象に残るゲームだった。 ミランからすれば何もさせてもらえなかったゲームだったが、この日は劣勢の中でも最小限の失点で耐え、引き分けに持ち込んで勝ち点1も得ることができた。

「このような戦いを続けていれば(CL出場圏内の)3位にも手が届くだろう。今日は選手たちを称賛しなければいけないね。前半は簡単にボールを失いすぎた。もう少しシンプルなプレーが必要だったが、ゴールができたのは大きかった」

周囲に惑わされず「我が道を行く」と宣言

 ナポリ戦の前にミハイロビッチ監督は、シルビオ・ベルルスコーニ会長から「納得させたければ全ての試合で勝利すればいい」とプレッシャーをかけられていた。それに対して動じることなく応じていた指揮官だが、改めてその会長の言葉について語っている。

「私が言いたいのは、清算はシーズンの最後で良いだろうということだ。そして、両方の当事者が満足すれば私は続けるだろうということだ。なんであれ、私の 目標はこのミランに留まることだ。このようなチャンスを与えてくれた会長への感謝の気持ちは常に持っているよ。とにかく、我々の道を歩み、リーグ3位とイ タリア杯の優勝に全力を尽くすだけだ」

 周囲からのプレッシャーに惑わされることなく、シーズン終了まで我が道を行くと宣言した。首位を争うナポリから勝ち点を得たことは、指揮官にとっても大きな自信になっているようだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160223-00010009-soccermzw-socc
【海外の反応 本田がクロスで重要な同点弾を演出 ミランはナポリの猛攻凌ぎ1-1で引き分ける 】の続きを読む

top
名門ミランで貫く本田の流儀 483日ぶりのゴールに「一つ山を越えた」

ジェノア戦で鮮烈ミドル弾 「コースがなんとなく空いていた」

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、14日の本拠地ジェノア戦で約30メートルのミドルシュートを決めるなど1得点1アシストの活躍で2-1の勝利に 貢献。リーグ戦では昨季の2014年10月19日のベローナ戦以来、483日ぶりとなるゴールに「一つ山を越えた」と安堵感を示している。

 鮮やかな一撃だった。後半19分、フィールドの中央でパスを受けた本田は、ぽっかりと空いた前方のスペースにボールを持ち運ぶと左足を一閃。強烈なシュートはワンバウンドすると雨が降ってスリッピーになったピッチでスピードを増し、ゴールに突き刺さった。

「そうですね、落ち着いて、次に向けて、また準備したいなと思います。普通のシュートととらえて、チームとしては次の試合の方が大事になってくる。最低でも勝ち点を(という気持ちで)、ナポリ戦へ向けてやっていきたいなと思います」

 試合後、久しぶりのゴールの感覚に本田は高揚感を浮かべていた。サポーターからも大きな歓声が巻き起こった強烈な一撃は、狙い澄ましたものではなかったという。

「そこまで全部は見ていなかったのですが、漠然とコースが、まあ、なんとなく空いてるなという感じだった。今までの流れだと、外す流れだったけど、打って みようかなって感じで……。入る時は入りますよね。むしろ今までは、ああいうゴールが多かったでしょ。それからああいうゴールがなくなって、だいぶ間が空 いてしまったけど、とにかく落ち着いてやっていきたいです」


安堵感も漂わせ「今後の人生に生きていく」

 リーグ戦では483日という長きに渡る沈黙が続いた背番号10だが、深刻なゴール欠乏症は豪快な一撃によって解消された。苦しみを乗り越えたことにより、試合後の本田は安堵感も漂わせていた。

「みんなは僕のこと、どう思っているか分かりませんけど、良くも悪くもまたいつも通り、自分らしく。もう無理だろうと思われたところで、一つ山を越えた し、今後の人生に大きく生きていくでしょうから、またとんでもない谷底に落ちそうな時にも、僕の言葉に意味を傾けてもらえたらと思います」

 前半戦は控えの日々が続き、現地メディアからは「パンキナーロ(ベンチ要員)」という不名誉な称号を与えられた。これまでのキャリアのなかで、最も深刻 と思われるスランプに陥ったが、本田はこの日のジェノア戦で公式戦11試合連続のスタメン出場を果たし、1得点1アシストという結果を手にした。観る者す べてに大きなインパクトを与えた一撃をきっかけに、本田はこれまで以上に自分らしいプレーを貫くつもりだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160215-00010006-soccermzw-socc
【本田圭佑の衝撃的ゴールが海外掲示板でも話題に 海外の反応】の続きを読む

top
本田は「ミランのリーダー」と絶賛の声 16カ月ぶりの衝撃弾で呪縛を解き放つ

伊メディアが1得点1アシストと覚醒した背番号10をMOMに選出

 バレンタインデーの14日に行われた本拠地ジェノア戦で、1ゴール1アシストの活躍を見せ、チームを2-1の勝利に導いたACミランの日本代表FW本田 圭佑。後半19分には30メートル強の距離から衝撃の左足ミドル弾を決めた背番号「10」を、イタリアメディアも絶賛している。

 イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、試合後の選手採点で本田にチーム最高得点を与え、マン・オブ・ザ・マッチに選出している。

「ピッチ内で最高の選手だった。常に、ピッチ上のリーダーとして振る舞った。彼について、(監督の)ミハイロビッチと(強化責任者の)ガリアーニはゴール が足りないと話していたが、彼は全力でそれに応えた。彼らも今日のゴールで納得しただろう。それもまた、強い印象を残す距離からの一撃だった。また、前半 にはバッカのゴールにつながるアシストをしている」


「封印の解けた本田」との見出しも

 この日、本田が決めたリーグ戦で16カ月ぶりのゴールは、あまりにも鮮やかだった。後半19分、右サイドからのボールをフィールドの中央で受けた本田 は、ぽっかりと空いた前方のスペースにボールを持ち運ぶと左足を一閃。強烈なシュートはワンバウンドすると、雨が降ってスリッピーになったピッチでスピー ドを増し、ゴールに突き刺さった。そのゴールと距離が、観る者すべてに鮮烈な印象を残している。

 同サイトは、試合の速報記事でも「封印の解けた本田」と見出しで報じた。2014年10月7日のベローナ戦以来となったリーグ戦でのゴールは、イタリア 中の注目を集めるものになった。ピッチ上でリズム良くボールをつなぎ、守備にも奮闘する姿はいつもと同じだったが、この日はそこにゴールという目に見える 結果がついてきた。「リーダー」と評された本田が、2016年のミランをけん引している。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160215-00010001-soccermzw-socc
【「言葉を失った...」本田が先制アシストに驚愕ゴールを決める大活躍 ミランはジェノアに2-1で勝利 海外の反応】の続きを読む

このページのトップヘ