レスターシティ

yo
レスターGK、セビージャに敗戦もアウェーゴール奪取に喜び…ホームでの逆襲を約束

レスター・シティでプレーするデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、セビージャ戦が悪くない結果になったと話している。『BTスポーツ』が報じた。

レスターは22日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグでセビージャと対戦。アウェーで終始劣勢の難しいゲームとなったが、1点を返し、1-2で試合を終えた。PKストップなど好パフォーマンスを披露したシュマイケルは「アウェーゴールはとてつもなく大きいよ。キングパワー・スタジアムでは何だって起きる可能性があるし、これは僕らが望んでいたものだった」と、敵地で大きな1点を勝ち取ったことに喜びを示した。

続けて「これらの試合を戦えるのは喜びだし、すべての選手が楽しみにしていた。全員が懸命に走り、ハードワークしていたね」とチームメイトの労をねぎらっている。

「僕らは敗れ、結果に失望しているが、CLでアウェーからホームに戻る上で1-2という結果はとても良いものだ」と語ったシュマイケル。レスターは3月14日に行われるホームでリベンジを果たせるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000000-goal-socc
【【海外の反応】レスターシティ、セビージャに先勝を許すもヴァーディのアウェイゴールで第二戦に望みをつなぐ【CL】】の続きを読む

top
「ラニエリに裏切られた…」 移籍志願のレスターFWが不満を爆発

 レスター・シティのFWレオナルド・ウジョアが、自身のツイッター(@Ciclone1923)を通じて、指揮官への不満を爆発させた。英『BBC』などが報じている。

 昨季は、控えでありながらプレミアリーグで29試合に出場し、大事な場面で決勝点を挙げるなど6得点を記録。レスターの“奇跡の優勝”に大きく貢献した。しかし、今季はFWイスラム・スリマニやFWアーメド・ムサが加入したことも影響し、ここまで先発はわずか1試合で、得点も1点にとどまっている。

 そのため、ウジョアは出場機会を求めて移籍を志願。クラブも適切なオファーがあれば放出を容認するとしていた。しかし、サンダーランドやリーガ・エスパニョーラのアラベス、トルコリーグのガラタサライが獲得に興味を示していたにも関わらず、ラニエリ監督は「ターゲットマンがスリマニだけになる。レオには残ってほしい」と方針を変更し、ウジョアに残留を求め、オファーを断ったとされている。

 これを受けてウジョアは、自身のツイッターを通じて、ファンのサポートに感謝しつつも、「ラニエリに裏切られたと感じているし、クラブには失望している。二度と彼らのためにはプレーしない…」と、クラブの対応に不満を露わにしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01636378-gekisaka-socc
【【海外の反応】ウジョア「ラニエリに裏切られた気分だ、2度とレスターの為にはプレーしない」】の続きを読む

10-Ranieri
ラニエリ、“奇跡の優勝”を成し遂げた2016年は「キャリアで最高の1年だった」

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が“奇跡の優勝”を達成した2016年を振り返った。24日、英放送局『スカイスポーツ』が伝えている。

 2015/2016シーズン、前評判を覆し見事にプレミアリーグを制覇したレスター。ラニエリ監督はコッパ・イタリアやコパ・デル・レイの優勝経験はあるものの、30年近くになる監督キャリア初のリーグタイトルとなった。

 ラニエリ監督は「以前はリーグタイトルを取ったことがなかった。だから今年がベストイヤーだ」と語る一方で、「しかし、始めたころを忘れることはできない。ジェイミー・ヴァーディーのようにゆっくり、ゆっくり登ってきて、30年後にリーグを優勝することができた」とノンリーグでもプレーをしていたエースストライカーと自身を重ねている。

 以前、チェルシーで指揮を執っていたラニエリ監督は「私はイングランドに戻って来たかったので、チェアマンとクラブの人々に感謝している。ここにあるフットボールのスピリット、雰囲気、全てを愛している」とプレミアリーグでの指揮を楽しんでいるようだ。

 今シーズンのレスターはリーグ戦では苦戦を強いられているものの、チャンピオンズリーグではグループステージ首位通過と新たな歴史を築いている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161225-00010012-footballc-socc
【【海外の反応】「ラニエリをキープすべきなのか?」投票を行うレスターファン】の続きを読む

CqFLJK8WAAAKTAA
マフレズの去就がついに決着!! レスターと2020年まで契約を延長!!

▽レスター・シティは17日、同クラブに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズとの契約延長を発表した。新契約は2020年6月までとなる。

▽昨シーズンのレスター・シティで、リーグ戦37試合で17ゴール11アシストをマークし、プレミアリーグ優勝に大きく貢献したマフレズ。PFA年間最優秀選手賞を受賞した同選手に対してはアーセナルなどのクラブが獲得に興味を示していると噂されており、選手自身も去就について明言を避けていたためその動向が注目を集めていた。

▽主力選手の残留に成功したレスターは、公式サイト上で「リヤド・マフレズと新たな契約を結んだことが発表できて嬉しく思う」と喜びを示した。 

▽昨季のプレミアリーグ王者であるレスター・シティは、中盤の心臓であるフランス代表MFエンゴロ・カンテが、チェルシーに引き抜かれた。しかしアーセナルが興味を示したと言われているイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは残留しており、今回マフレズも残留したことで主力選手の放出を最小限にとどめた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11903031
【【海外の反応】「最高のタイミングだ」マフレズのレスター残留が決定! クラブが契約延長を発表!】の続きを読む

CpxpAyPWIAA9wrR
リネカーがBBC番組内でパンツ一丁になり、ファンとの“公約”を果たす!

歴史ある番組で絞った肉体を披露。
 8月13日、2016-17シーズンのプレミアリーグが開幕。それに伴い、現地では“とある公約”が果たされた。
 
 その公約とは、元イングランド代表で、レスターのOBであるガリー・リネカーがイギリス公共放送『BBC』の番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』にて、パンツ一丁で出演するというものだ。
 
 この公約は昨年12月に古巣レスターの快進撃を見た同氏が「レスターの優勝はありえないよ」と自身のツイッター上で呟き、視聴者と約束していた。
 
 しかし、リネカーの予想に反してレスターの快進撃は続き、優勝を成し遂げると、当時のデイビッド・キャメロン英首相も「当然、約束を果たすべきだ」とコ メントするなど、大きな話題を呼んだが、シーズン最後の同番組で「約束は新シーズンに」と口にし、公約を先延ばしにしていた。
 
 そして、迎えた8月13日の『マッチ・オブ・ザ・デイ』でリネカーはレスターのロゴが入ったパンツを履いて、オフの期間中に絞った肉体を披露したのだ。
 
 本人は「さあ、やってきました、新しいシーズン、新王者、新監督、新たな契約、これ以上のことはありません。プレミアリーグの開幕日は7試合が行われました」と淡々と番組を進行。その司会ぶりに共演のアラン・シアラーとイアン・ライトも、笑いが止まらないようだった。
 
 番組終了後、リネカーはツイッター上で「すべての素敵なサポートとポジティブな言葉に本当に感謝するよ。本当に奇妙だったけどね」と呟いていた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160814-00018195-sdigestw-socc
【【海外の反応】リネカー氏、公約通りパンツ一丁でMOTD出演を果たすも→「パンツではない」】の続きを読む

このページのトップヘ