▼ ドイツブンデスリーガ

top
香川、開幕3戦連続ベンチ外にドルトムントファン“待望論” 「信じられない」「どこ?」

4-2-3-1採用もベンチ外 チームは若手や新戦力の活躍でフランクフルトに3-1勝利

 ドルトムントは現地時間14日のブンデスリーガ第3節で、元日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトに本拠地で3-1と勝利した。しかし、試合のメンバー表に日本代表MF香川真司の名前はなかった。10代の若手選手や新戦力が軒並み結果を残したなかで、背番号23はルシアン・ファヴレ新監督の下で開幕3試合連続出番なしという厳しい状況が続いている。

 代表ウィーク空けで2週間ぶりの試合。ドルトムントは中断期間に行なわれた練習試合で4得点をマークした19歳のデンマーク人MFヤコブ・ブルーン=ラーセンがスタメン入り。ドイツ代表FWマルコ・ロイス、ドイツ人MFマリウス・ヴォルフとともに2列目に並んだ。中盤はドイツ人MFマフムード・ダフードとデンマーク代表MFトーマス・デラネイがダブルボランチを組む4-2-3-1システムが採用された。

 先発抜擢のラーセンは前半36分、CKキッカーとしてDFアブドゥ・ディアロの先制点をアシスト。1-1で迎えた後半27分には途中出場した18歳MFジェイドン・サンチョのお膳立てから23歳のヴォルフが強烈なシュートで勝ち越し。若手選手が攻撃を牽引し、ドルトムントがリードを奪う。

 さらに、終了間際にはサンチョとのパス交換から、バルセロナから加入したスペイン代表FWパコ・アルカセルが移籍後初ゴールを挙げた。若い力の台頭とともに、ディアロ、ヴォルフ、パコといずれも今季新加入の選手がゴールを挙げた。

 3試合連続メンバー外に終わった香川にとっては厳しい状況は続いている。香川もラーセン同様に中断期間中の練習試合で2アシストとアピールしたが、ファヴレ監督の選択には入らなかったようだ。この日の出場したメンバーの他にも、ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェやアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチという実力者が控えている。

暫定首位を走る中、激しい争いで遅れを取っているが…

 それでも、ドルトムントファンは「背番号23」の復活を心待ちにしているようだ。試合前のメンバー発表で、香川がベンチ外となったことが判明すると、ドルトムント公式ツイッターに対して香川を待望する返信コメントが相次いだ。

「シンジはどこ?」
「理解できない」
「カガワは? ヴァイグルは?」
「テストマッチではブルーン=ラーセンとカガワがベストプレーヤーだったのに」
「なんてことだ! 香川はどこだ? 彼はメンバー入りにふさわしい!」

 香川不在はファンにも驚きを提供しているが、チームは開幕3試合負けなし(2勝1分)で暫定首位に浮上するなど結果は出ている。ここまではライバルたちとの激しい争いで遅れを取っている香川は、再びレギュラーポジションを手にすることができるのだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180915-00135614-soccermzw-socc

【「異常だ」香川に起きていることについて議論するドルトムントファン】の続きを読む

ドルトムントがボス監督を解任、新指揮官は元ケルンのシュテーガー氏

【AFP=時事】ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)は10日、ピーター・ボス(Peter Bosz)監督を解任し、後任には先日リーグ最下位のケルン(1. FC Cologne)を解任されたばかりのペーター・シュテーガー(Peter Stoeger)氏が就任すると発表した。

 ホームで行われた9日の試合でヴェルダー・ブレーメン(Werder Bremen)に1-2で敗れ、リーグ戦の未勝利が8試合まで伸びたことを受け、ボス監督は就任からわずか167日でクラブを去ることになった。ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴェツケ(Hans-Joachim Watzke)最高経営責任者(CEO)は「ボス監督には感謝している。現在重要なのは勝ち点を稼ぐことで、今後の目標については冬季中断期間に話し合うことになる」とコメントした。

 ブレーメン戦でふがいないパフォーマンスを披露したドルトムントは、12日にマインツ05(Mainz 05)戦を控えているため、指揮官に就任したばかりのシュテーガー氏は、少ない時間で立て直しを図ることになる。シュテーガー氏は「早速練習を行い、現在抱えているチームの問題点について話し合うことになるだろう」と語った。

 シュテーガー氏は昨季、指揮を執っていたケルンをリーグ5位に導いたものの、今季は開幕から成績不振が続いていたことで、先日監督を解任されたばかりだった。しかし、10日夜にヴェツケCEOから連絡を受け、母国オーストリアのウィーンからドイツに舞い戻ることになった。

 ケルンの監督を解任されてから一週間後、今季終了までドルトムントと契約を結んだ51歳のシュテーガー氏は、自身が新監督に指名されたことに驚いたと認め、「今回のことは予定になかった。クラブから来た連絡がすべてを変えた。人生でこのようなチャンスは一度きりだし、今はみんなが幸せになれるかどうかを見ていかなければならない」と述べた。

「われわれは来夏に話し合うことになっている。2020年まで契約する必要もないし、たとえ契約期間が2週間であっても、私のやることに変わりはない。これから半年間、われわれに何が起きるかを見てみよう」

 ドルトムントは冬季中断までに3試合を残しており、12日にマインツと対戦したあとは16日に1899ホッフェンハイム(1899 Hoffenheim)とのリーグ戦、20日にバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)とのドイツカップ(German Cup 2017-18)3回戦を控えている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000003-jij_afp-socc
【【海外の反応】ドルトムントがボシュ監督を解任、後任はケルン前指揮官のペーター・シュテーガーに】の続きを読む

top
ドルトムント、19歳モルの2得点で浦和に逆転勝利! ゲッツェ復帰に花を添える

 明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が15日に行われ、浦和レッズとドルトムントが対戦した。

 昨シーズンのドイツカップ戦王者をホームに迎える浦和は槙野智章、柏木陽介、ドルトムントのピーター・ボス監督ともプレー経験のある阿部勇樹らが先発。対するドルトムントはマルセル・シュメルツァー、クリスティアン・プリシッチ、ピエール・エメリク・オーバメヤンらが先発入りし、負傷からの復帰を目指す香川真司やマルコ・ロイスらを除く、現時点でのベストメンバーをそろえてきた。

 チケットが完売し、大観衆が見つめる中始まったこのゲーム、最初にビッグチャンスを迎えたのはドルトムントだった。14分、左サイドでフリーキックを獲得すると、ゴンサロ・カストロが中央に送る。浦和のマークをかいくぐりマルク・バルトラがフリーでヘディングシュートを狙うと、ボールはバーを叩いた。

 試合を動かしたのは浦和だった。右サイドで関根貴大が繰り返しチャンスを作る。するとその右サイドでコーナーキックを得ると、柏木が中央に合わせる。ニアサイドでラファエル・シルバが潰れるときれいにマークを外した興梠慎三が体を投げ出してボレーシュート。これがゴールに突き刺さり、24分に浦和が先制した。

 さらに38分にはディフェンスラインから持ち上がった遠藤航が宇賀神友弥に浮き球のスルーパス。宇賀神は胸トラップからすぐに中央に折り返す。走り込んだラファエル・シルバは流し込むだけだったがここはロマン・ヴァイデンフェラーがファインセーブ。追加点を許さない。

 浦和が前半リードで折り返したこの一戦。ハーフタイムには香川と小柳ルミ子さんが対談。監督が代わって出番が増えるのでは、と聞かれた香川は「自分にとって勝負の年」と答え、意気込みを語った。

 後半に入ると、関根、武藤雄樹らがチャンスを掴むがなかなか追加点には至らない。すると62分に代謝異常から復帰したマリオ・ゲッツェが5カ月ぶりに実戦のピッチに立った。

 一進一退の攻防を見せた後半だったが、ドルトムントの若き才能が試合を振り出しに戻す。76分、中央よりの右サイド前も向いたエムレ・モルがゴールへ突進。マークする槙野をスピードで振り切ると落ち着いてファーサイドに流し込み、同点に追いついた。

 モルの快進撃は止まらない。79分、この日印象的なドリブル突破を見せたモルは今度は中盤の深い位置からドリブルを開始。シュートまでは持ち込めなかったが、左サイドからの折り返しをモルがシュート。これがDFの足に当たってゴールに吸い込まれた。19歳のモルが鮮やかな逆転劇を披露した。

 浦和は85分、左サイドからのコーナーキックを遠いサイドでフリーになっていた遠藤がヘディングシュートを叩き込み、再び試合を振り出した。しかし直後の87分、その遠藤が浮き球のボールをクリアミス。背後を取ったアンドレ・シュールレが落ち着いて決め、再び逆転に成功する。

 試合はそのまま終了。ドルトムントが後半の3得点で浦和を下した。

 試合後、インタビューに答えた香川は「外から見てて自分も試合に出たかった。来季も年間を通して活躍できるようしっかりがんばります」と抱負を語った。

【スコア】
浦和レッズ 2-3 ドルトムント

【得点者】
1-0 24分 興梠慎三(浦和レッズ)
1-1 76分 エムレ・モル(ドルトムント)
1-2 79分 エムレ・モル(ドルトムント)
2-2 85分 遠藤航(浦和レッズ)
2-3 87分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00613237-soccerk-socc
【【海外の反応】浦和が興梠のゴールで先制も、ドルトムントが3発で逆転勝利! ゲッツェも復帰!【プレシーズンマッチ】】の続きを読む

DEZAZvaXkAE4w_9
ドルトムントDFゲレイロ、手術で最低でも3カ月離脱…新シーズン序盤は欠場へ

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロが足の手術により、4カ月ほど離脱することが明らかになった。

ゲレイロは今夏行われたコンフェデレーションズカップにポルトガル代表の一員として参戦。2戦目のロシア戦に先発出場したものの、65分に足首を負傷し途中交代。その後の戦いは欠場を余儀なくされている。

さらに、ドルトムントは少なくとも10月まで「明確な休憩」が必要と発表した。

「DFBポカール王者のボルシア・ドルトムントは、3~4カ月はラファエル・ゲレイロなしで過ごさなくてはならない。23歳の彼は手術を受け、しばらくは安静にする必要がある」

ゲレイロは2016-17シーズン、公式戦で35試合出場し9ゴールをマーク。復帰は10月か11月頃になると見られ、日本ツアーも欠場することが濃厚となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000002-goal-socc
【【海外の反応】香川同僚のゲレイロが左足首を手術、最低3か月の離脱へ】の続きを読む

41AE65FE00000578-4633294-image-a-74_1498232389695
回復が順調に進むゲッツェは7月中にも復帰か…日本ツアーに参加の可能性も浮上

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは復帰に近づいているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

2月末に代謝異常を抱えていることが明らかになったゲッツェは、それからずっとリハビリ生活を続けてきた。『ビルト』によると、回復は順調に進んでおり、7月中にもチーム練習に合流できるという。同紙では、現在アメリカに滞在するゲッツェの代謝異常の影響が見られない写真も添えられ、ボールを使った練習も行っているとも伝えられている。

またドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は同紙で「治療が効を奏し、我々はとても喜んでいる。彼のピッチに立つ姿がもうすぐ見られることを楽しみにしているよ」と復帰時期は具体的に明かさないも、近々にクラブのトレーニンググランドに姿を見せる可能性をほのめかしている。

なお『シュポルト・ビルト』はゲッツェが来月13日~19日に日本と中国に向かうチームと同行する可能性もあると指摘。同15日に浦和レッズとの対戦に臨むドルトムントだが、ゲッツェは日本でピッチに戻ることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000023-goal-socc
【【海外の反応】「調子が良さそうだ」ゲッツェが練習を再開、7月にもチームに合流か】の続きを読む

このページのトップヘ