マインツ

top
武藤の相棒が、香川のライバルに? ドルトムント、マリ獲得に傾く

マインツに、主軸選手を失う可能性がある。マンチェスター・ユナイテッドからの興味が伝えられるFW武藤嘉紀のほか、MFユヌス・マリにも他クラブから熱 視線が向けられているようだ。ドイツ『キッカー』『ビルト』など複数メディアによると、最も関心を抱いているのはボルシア・ドルトムントだという。

トップ下を本職とするマリは2011年夏にボルシア・メンヒェングラッドバッハのU-19チームからマインツに加入。今シーズンは前半戦だけですでに8 ゴールを決め、7得点を記録した武藤とともにマインツの主な得点源となっている。元U-21ドイツ代表MFは昨年11月にはトルコA代表の国際親善試合で デビューを果たし、好調なシーズンを過ごしている最中だ。

以前からシャルケやトッテナムが獲得に動いているとも報道されたが、ここにきてどうやら最も具体的な動きを見せているのは元マインツ指揮官のトーマス・ トゥヘル監督が率いるドルトムントのようだ。『キッカー』によれば、ドルトムントは1カ月半前に、代理人を通じて同選手と接触したという。

しかしながら同メディアは、マインツ側はマリの売却を検討するのは今シーズン終了後だとしている。同選手のマインツとの契約には今冬に行使可能な契約解除 条項が盛り込まれておらず、マインツ側が移籍金1000万ユーロ前後(約12億8000万円)で手放す可能性があるのは夏以降だとしている。

一方『ビルト』の報道によると、ドルトムントはマリの今冬の獲得を諦めておらず、マリ獲得に向けて移籍金1200万ユーロ(約15億3800万円)を提示 すると予想。さらにドルトムントで出場機会が少ないコロンビア代表FWアドリアン・ラモスをトレード要員としてオファーするという。

冬の移籍市場では代役を見つけるのが困難であることを理由に挙げ、昨年1月にはFW岡崎慎司のレスター・シティ行きを断ったマインツ。クリスティアン・ハ イデルGM(ゼネラルマネジャー)は過去、A・ラモスの獲得を試みたことがある。実際にドルトムントからオファーを受けたならば、心が動くことも予想され る。

マリが加入したならば、ドルトムントでMF香川真司とポジションを争う可能性もある。現在マインツで武藤ら攻撃陣をリードするマリが、香川のライバルになるのだろうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000028-goal-socc
【ビルト報じる!ドルトムントと武藤同僚マリが4年契約で合意か{海外の反応}】の続きを読む

muto3
武藤が今季7点目! 長谷部先発のフランクフルト相手に先制

ンデスリーガ第14節で、マインツFW武藤嘉紀が今季7点目を決めた。ハットトリックを達成した、第11節アウクスブルク戦以来の得点となる。

前線の中央で先発した武藤は、ホームで勢いに乗るチームの波に乗った。

開始5分、中央から右に展開されたボールが、MFデ・ブラシスから中央へ送られる。これを武藤が、右足でしっかり決めた。

武藤はこの試合までリーグ6点を挙げており、チーム最多得点者となっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000021-goal-socc
【「チャンピオン」武藤また決めた!今季7点目!マインツはフランクフルト相手に2-1で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

mutp
武藤が初のハット達成!!後半ATに劇的同点弾

ブンデスリーガは31日、第11節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツは敵地でアウクスブルクと対戦し、3-3で引き分けた。武藤は前半18分 に2戦連発となる先制点を決めると、同30分にも追加点。チームはその後3失点し、2-3と逆転を許したが、後半アディショナルタイムに武藤が劇的な同点 弾。自身初のハットトリックを達成し、土壇場でドローに持ち込んだ。

マインツは前半18分、MFパブロ・デ・ブラシスがドリブルで強引にPA内に切れ込み、左サイド深い位置からゴール前に折り返すと、武藤がスライディングしながら左足で押し込み、先制点を奪った。

 武藤は前節のブレーメン戦(1-3)に続く2試合連続のゴール。ブンデスリーガ初の2戦連発で今季通算4得点目を挙げると、前半30分にもMFユヌス・マリの突破からマリのパスをMFハイロ・サンペリオがワンタッチでつないで武藤が右足で蹴り込んだ。

 ブンデスリーガ初ゴールを含む2得点を決めた8月29日のハノーファー戦(3-0)以来、自身2度目のドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した武藤。これで今季通算11試合出場で早くも5ゴールとなった。

 ところが、アウクスブルクは前半42分にDFポール・フェルハーフのPKで1点を返し、後半立ち上がりの5分にはMFク・ジャチョルが同点ゴール。あっ という間に2点ビハインドを追いついた。攻勢を強めるアウクスブルク。劣勢のマインツも粘り強く耐えていたが、後半36分、MFカイウビのスルーパスから MFラウール・ボバディジャが左足でゴールネットを揺らし、ついに3-2と逆転に成功した。

 前節終了時点で最下位に低迷していたアウクスブルク相手にまさかの逆転負けかと思われた後半アディショナルタイム、マインツは右クロスをDFシュテファ ン・ベルがつなぎ、武藤がPA内左でボールをキープ。冷静に右足を振り抜き、ゴールにねじ込んだ。今季通算6ゴール目となる劇的な同点弾で3-3のド ロー。武藤にとってはJリーグも含めたプロキャリアで初のハットトリックとなり、チームの連敗も2でストップした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-01286827-gekisaka-socc
【武藤大暴れ!初ハットトリック!残り1分でチームをドローに導く!{海外の反応}】の続きを読む

mt
武藤がブンデス初アシストで勝利に貢献…マインツ、打ち合い制し連敗脱出

ブンデスリーガ第8節が2日に行われ、ダルムシュタットと日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツが対戦した。武藤は1トップの位置に入り、7試合連続のスタメンとなった。

試合が動いたのは15分だった。左サイドでFKを獲得したマインツは、ダニー・ラッツァからのボールに、ペナルティエリア内中央のシュテファン・ベルが頭 で合わせて、ゴール左隅に叩き込んだ。マインツは24分、早い段階で追加点を獲得する。武藤からの落としをエリア手前右で受けたユヌス・マッリが、キック フェイントから左足を振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めた。武藤が今シーズン初アシストを記録。

マインツは、代表ウィーク後の16日に行われる次節でドルトムントとホームで対戦。ダルムシュタットは17日にアウクスブルクとのアウェーゲームに臨む。

ダルムシュタット 2-3 マインツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00356043-soccerk-socc
【「止められない」サポ、大活躍のマリと武藤を称賛!マインツはダルムシュタッドとの激戦を制す!{海外の反応}】の続きを読む

muto

出たブンデス1号!武藤2発にシュミット監督も深いお辞儀



ブンデスリーガ第3節(29日、マインツ3-0ハノーバー、マインツ)マインツの日本代表FW武藤嘉紀(23)がホームのハノーバー戦で、前半15分に移 籍後の公式戦初ゴールを決めると、同29分にも2点目。3-0での勝利に貢献した。来月3日と8日に迫ったロシアW杯アジア2次予選2試合を前に、代表で も期待のストライカーが結果を出した。

 この日の主役が誰かを、スタジアム中が知っていた。後半42分、2ゴールを決めたFW武藤がベンチへ下がる際に場内アナウンスが「ヨシノリ!」と呼びかけると、観客全員が「ムトー!」と大絶叫で応じ、スタンディングオベーションだ。

 「非常にうれしいです。これで肩の荷も下りました」

 マインツでの公式戦4試合目、リーグ戦3戦目で初の得点に笑顔。0-0の前半15分、絶妙の飛び出しでスルーパスを受け、左足でゴール右へ流し込んだ。 両手を広げて喜びを爆発させると、同29分には左CKから味方が折り返した浮き球にフリーで飛び込み、頭で2点目。後半2分には前線でのしつこい守備で、 日本代表DF酒井宏樹もいる相手守備陣のミスを誘い、チーム3点目を呼び込んだ。

 「1本のチャンスに集中できていた。3点目も狙っていたんですけど」と武藤。ベンチに戻ると、シュミット監督が敬意を表した深いお辞儀のポーズで待って いた。前節23日のボルシアMG戦(アウェー)では、無得点だったものの果敢なプレーで好機を作った背番号9。指揮官は、昨季まで所属した日本代表FW岡 崎慎司(29)を引き合いに「まるでシンジのようだった」と絶賛していた。期待に応えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000011-sanspo-socc


【「ニコニコ」「次のプレミア行き?」武藤嘉紀、ブンデス初ゴールを決め、合計2発!!ハノーバ相手に3-0の勝利に貢献!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ