EURO

jpg large
ポルトガルが悲願の初戴冠 C・ロナウド、涙の負傷交代でチームが結束

フランス惜しくも優勝できず

Final ポルトガル 1-0 フランス
2016年7月10日/サン=ドニ/現地21時キックオフ

フランスは準決勝でドイツに2-0で勝利したときと同じスタメンが並び、対するポルトガルは太ももを負傷しチームを離れていたDFぺぺ、ウェールズ戦では出場停止だったMFウィリアム・カルバーリョが復帰し両チームともにベストなメンバーが揃った。

序盤、フランスは前線から積極的に守備を仕掛け、ポルトガルのゴール前まで押しこむ展開となる。すると10分、MFパイェからのクロスにFWグリーズマンが飛び込んでヘディングシュートを放つもGKルイ・パトリシオの好セーブに阻まれる。

カウンター攻撃からチャンスを窺い悲願の初優勝を目指すポルトガルだったが、17分にアクシデントが発生する。MFパイェと交錯したクリスティアーノ・ロ ナウドが負傷してしまう。一度は治療を受け、ピッチに戻るもプレイが続けられないと判断され、25分にFWクアレスマと交代した。2004年の決勝で敗れ 涙を流したクリスティアーノ・ロナウドは、優勝して歓喜の涙に変えると誓っていたが、無念の負傷離脱。ピッチを離れるクリスティアーノ・ロナウドの目には 涙が浮かんだ。

0-0で迎えた後半、先制点を手にしたいフランスがポルトガルゴールに迫るも、DFぺぺを中心とした守備陣が奮闘し崩しきることができない。すると58 分、デシャン監督はMFパイェに代え、さらに攻撃でチャンスを作るためMFコマンを投入する。FWグリーズマンは下がって受ける場面が続き、シュートに集 中することができていなかったが、この交代で変化。65分にはMFコマンのクロスにFWグリーズマンが頭で合わせて決定機にまで持ち込んだ。

80分が近づくと両監督は勝負に出る。フランスはFWジルーに代えてFWジニャクを、ポルトガルがMFレナト・サンチェスに代えてFWエデルを投入する。 すると互いにゴール前まで攻めこむオープンな展開となる。後半アディショナルタイムには、DFエヴラのパスをボックス内で受けたFWジニャックがDFペペ をかわして左ポストを直撃するシュートを放つ。フランスは終盤に決定機を迎えるもチャンスを活かしきれないまま、90分を迎え延長線へと突入する。

延長後半、ポルトガルがチャンスを迎える。108分、ペナルティエリア正面、格好の位置でFKを獲得するとDFラファエル・ゲレイロが蹴りこんだシュート はクロスバーを直撃。そして109分、ようやく試合の均衡を破るゴールが生まれる。MFジョアン・マリオのパスを受けたFWエデルがドリブルでDFコシエ ルニーを振りきって、ペナルティエリア付近から強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺して待望の先制ゴールを手にした。

フランスは試合終了のホイッスルが鳴るまでポルトガルのゴールに迫るも、ゴールを割ることができず、ポルトガルが延長戦の末に1-0で勝利を収めた。その結果、ポルトガルは自国開催の2004年以来となる決勝進出で悲願の初優勝を果たした。

[ポルトガル代表]
監督
フェルナンド・サントス

GK
ルイ・パトリシオ(スポルティング)

DF
セドリック・ソアレス(サウサンプトン/イングランド)
ぺぺ(レアル・マドリード/スペイン)
ジョゼ・フォンテ(サウサンプトン/イングランド)
ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ)

MF
ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング)
レナト・サンチェス(ベンフィカ)
アドリエン・シウバ(スポルティング)
ジョアン・マリオ(スポルティング)

FW
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)
ナニ(フェネルバフチェ/トルコ)

交代出場
25分 FWリカルド・クアレスマ(ベシクタシュ/トルコ)
(OUT クリスティアーノ・ロナウド)
66分 MFジョアン・モウティーニョ(モナコ)
(OUT アドリエン・シウバ)
79分 FWエデル(リール/フランス)
(OUT レナト・サンチェス)

[フランス代表]
監督
ディディエ・デシャン

GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド)

DF
バカリ・サニャ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ローラン・コシエルニー(アーセナル/イングランド)
サミュエル・ウンティティ(リヨン/フランス)
パトリス・エヴラ(ユヴェントス/イタリア)

MF
ポール・ポグバ(ユヴェントス/イタリア)
ブレーズ・マテュイディ(パリ・サンジェルマン)
ムサ・シソコ(ニューカッスル/イングランド)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ディミトリ・パイェ(ウェストハム/イングランド)

FW
オリヴィエ・ジルー(アーセナル/イングランド)

交代出場
58分 MFキングスレイ・コマン(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)
(OUT ディミトリ・パイェ)
78分 FWアンドレ・ピエール・ジニャク(UANLティグレス/メキシコ)
(OUT オリヴィエ・ジルー)
110分 FWアントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
(OUT ムサ・シソコ)

※所属チームは、2015/16シーズンです。

[得点]
ポルトガル 1:エデル(109)
フランス 0


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00010006-theworld-socc

【【海外の反応】ロナウドがまさかの負傷交代も..ポルトガルがフランスを破り、EURO王者に!】の続きを読む

360D8F4B00000578-3679487-image-a-124_1467921327569
フランスがドイツを破り決勝進出…グリエスマンの圧巻2ゴールで自国優勝に王手

 ユーロ2016準決勝が7日に行われ、ドイツ代表とフランス代表が対戦した。

 世界王者のドイツと開催国のフランスが決勝進出を懸けて激突。ドイツは準々決勝でPK戦の末にイタリアとの激闘を制し、ベスト4進出を果たした。2大会ぶりの決勝進出に向けて、過去のワールドカップとユーロで計7回達成している得意の“開催国撃破”を狙う。

 対してフランスはベスト8で、快進撃を続けていた初出場のアイスランドから5ゴールを奪い快勝。準決勝の相手ドイツには、1958年スウェーデンW杯以 来、主要大会の決勝トーナメントで一度も勝利できていないが、自国優勝に向けて勢いづく今試合で不名誉な記録をストップさせたいところ。

 ドイツは、DFマッツ・フンメルス(出場停止)、MFサミ・ケディラ(そけい部負傷)、FWマリオ・ゴメス(太ももを負傷)が欠場。代わりにDFベネ ディクト・ヘーヴェデスがセンターバックに入り、主将MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーと初出場のMFエムレ・ジャンが先発メンバー入り。一方 のフランスは、DFアディル・ラミとMFエンゴロ・カンテの出場停止が明けたものの、準々決勝アイスランド戦のスタメンからメンバー変更なし。MFムサ・ シソコと代表2試合目のDFサミュエル・ウムティティがそのままスタメンに入った。

 試合はフランスが先にチャンスを迎える。7分、ブレーズ・マテュイディのパスを受けたアントワーヌ・グリエスマンがペナルティエリア内中央へ進入。相手DFをかわして右足シュートを放つが、GKマヌエル・ノイアーの好セーブに阻まれた。

 立ち上がりこそフランスが攻勢を見せたが、徐々にペースはドイツに。14分、左サイドからの折り返しを受けたジャンが、エリア内中央で左足シュート放つ と、ゴール左隅を捉えるが、GKウーゴ・ロリスに弾き出された。26分には、シュヴァインシュタイガーがエリア手前左でセカンドボールを拾い、右足を振り 抜く。コントロールされたシュートは枠を捉えるが、これもGKロリスの好セーブに阻まれた。

 このまま前半終了かと思われたアディショナルに均衡が破れる。フランスは右CKの流れで、シュヴァインシュタイガーのハンドによりPKを獲得。キッカー を務めたグリエスマンが、GKノイアーの逆を突いてゴール左隅に沈めた。グリエスマンの今大会5点目でフランスが1点リードを奪い、前半を折り返す。

 後半に入って61分、追い付きたいドイツだが、アクシデント発生。守備の要であるDFジェローム・ボアテングが右足を負傷し、代わりにDFシュコドラン・ムスタフィが投入された。67分にはジャンを下げて、マリオ・ゲッツェをピッチに送り出す。

 フランスは71分、MFディミトリ・パイェを下げてカンテを投入。直後の72分、フランスが勝利を手繰り寄せる追加点を奪う。相手エリア内でボールを 奪ったポグバが左サイドで相手DFをかわしてクロスを入れるが、これはGKノイアーに弾き返される。だが、こぼれ球に反応した中央のグリエスマンがダイレ クトで押し込むと、シュートはノイアーの股を抜いてゴールに吸い込まれた。

 2失点を喫したドイツは74分、ジョシュア・キミッヒが右サイドから中央へ切り込んで左足シュートを放つが、これは惜しくも左ポストをかすめた。76分には敵陣中央のFKから、ユリアン・ドラクスラーが右足で直接狙うが、強烈なシュートはわずかに枠の右に外れた。

 終盤はドイツが猛攻を見せるが、反撃は実らずこのままタイムアップ。フランスが2-0で世界王者を破り、4大会ぶりの決勝進出を果たした。自国優勝に王手をかけたフランスは10日に行われる決勝でポルトガル代表と対戦する。

【スコア】
ドイツ代表 0-2 フランス代表

【得点者】
0-1 45+2分 アントワーヌ・グリエスマン(PK)(フランス)
0-2 72分 アントワーヌ・グリエスマン(フランス)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160708-00465997-soccerk-socc
【【海外の反応】グリーズマンが2ゴール、フランスがドイツを撃破! 16年ぶりに決勝へ 【EURO2016】 】の続きを読む

36053E0200000578-3677777-image-a-70_1467838759601
ベスト4に胸を張るウェールズ監督、ポルトガルに賛辞 「彼らの優勝を願う」

ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は、6日のユーロ2016準々決勝で敗れたチームに賛辞を寄せ、一方でポルトガル代表の健闘も祈った。

FWクリスティアーノ・ロナウドに先制点を許し、そのC・ロナウドのお膳立てからMFナニの追加点を献上したウェールズは、惜しくもファイナルへの切符を逃した。だが、初出場ながら快進撃を続けたウェールズには賛辞が寄せられている。

コールマン監督は試合後の会見で、MFアーロン・ラムジーの出場停止が響いたことを認めつつ、チーム全体の疲労も影響したと述べている。

「誰でもアーロンの不在は嘆くだろう。特に彼のプレーぶりを考えればね。でも、11人だけじゃないんだ。チーム全体なんだよ。私はアンディ・キングのプレーに満足だ。彼はスペースを見つけるうえでファンタスティックだった。だが、今夜の我々は少し疲れていたようだ」

「(ガレス・)ベイルもチーム同様に人間だ。彼は頑張ったし、できる限り走って、挽回しようと全力を尽くした。だが、私は選手たち全員を誇りに思う」

前半をスコアレスで終えたウェールズは、50分にC・ロナウドの先制点を許した。コールマン監督はビハインドを背負ったのが痛かったと述べている。

「先制点が決定的となった。前半はタイトな試合だったんだ。我々はリズムをつかめず、流れを持ってくることができなかった。だがポルトガルをたたえなければいけない。うまくボールを守り、スペースを潰した」

「先制点を許したとき、我々は5分間集中を失った。こういうクオリティーのあるチームとの対戦では、それではやられてしまう。彼らはそれを生かした。だ が、勝つときもあれば負けるときもある。我々はたくさん勝ってきた。今夜は負ける番だったんだ。良い気分じゃないが、ポルトガルを祝福したい。そして、彼 らが決勝で勝つことを願っているよ」

ポルトガルが対戦するのは、開催国フランスか世界王者ドイツだ。ポルトガルは勝てるかとの質問に、コールマン監督はこう答えている。

「ファイナルではどんなことも起こり得る。ポルトガルはそのプレーぶり、スタイル、そして90分間で勝てていなかったことで激しく批判された。だが、準決 勝に進むには、C・ロナウドだけでなく何かがあるものだ。彼らはとても団結しており、良いプランを持っていて、それを遂行した」

「彼らは決勝で勝てる。相手がフランスだろうが、ドイツだろうがね。少しの気概やチームであることが必要だが、今夜のポルトガルにはそれがあった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160707-00000016-goal-socc

【【海外の反応】ロナウドが全得点に絡む、ポルトガルがウェールズを破り決勝進出【EURO2016】】の続きを読む

1467579093713
アイスランド代表が凱旋!1.5万人のファンとやる“例の儀式”がもう最高

EURO2016の準々決勝でフランスに敗れ、長い旅路を終えたアイスランド代表。

 試合は5-2と完敗であったが、4点差をつけられながらも積極的にゴールを狙いにいくその姿勢は多くの人の共感を呼んだ。 

大会を盛り上げてくれたそんなアイスランド代表は、このほど母国へ凱旋。 

首都レイキャビクではセレモニーが行われたのだが、そこでやったのはやっぱりこれ!

会場に訪れた1万5000人のファンとともに例の“儀式”をやっていたのだ! 

アイスランドサッカー協会が公開した映像によれば、セレモニーのなかでキャプテンを務めるアロン・グンナルソンが「やろう」と言い出したよう。スタジアムで聞くやつも最高だったが、今回のものも見ているだけで鳥肌が立ってきそうなほどの雰囲気である。

無題

フランス戦の翌日、アイスランド『Frettabladid』の一面はこんな写真であったという。 

試合に敗れながらも、勇敢に戦った選手たちを称える内容であることは一目瞭然である。 

ちなみにこの手拍子だが、"Huh!"と言っているらしい。

http://qoly.jp/2016/07/05/icelnad-clapping-in-reykjavik
【【海外の反応】アイスランドに感謝するスレ】の続きを読む

無題
ドイツ、難敵イタリアをPK戦の末に撃破 死闘を制してベスト4

2日に行われたユーロ2016準々決勝、ドイツ対イタリアの一戦は、1−1で120分間を終えて、PK戦でドイツが準決勝進出を決めた。

イタリアはデ・ロッシが間に合わず、ストゥラーロが先発する。前線はペッレとエデルのコンビを選択した。

3バックでスタートしたドイツは、12分にトラブル発生。キエッリーニと接触したケディラが負傷を抱えたようで交代を要求し、16分にシュバインシュタイガーが入る。

試合は守備が安定している2チームの対戦らしく、組織的に守って相手に多くのチャンスを与えない。

ドイツは20分、フンメルスのロングフィードにマリオ・ゴメスが抜け出して足を伸ばすが、ボールに当てるのが精一杯。シュートには持ち込めなかった。27 分には再びフンメルスのパスでシュバインシュタイガーがヘディングシュートを放ち、ゴールネットが揺れたものの、シュートの前にデ・シリオに対するファウ ルがあったため得点は認められない。

イタリアは前半の最後にビッグチャンス。ボヌッチがロングパスを前線のスペースに出すと、2列目から飛び出したジャッケリーニがフリーに。ペナルティーエ リア左の深い位置から折り返し、反対サイドのストゥラーロがシュートを狙った。しかし、相手に当たったボールは枠の左にそれる。

後半に入ってよりゴールに近づいたのはドイツだった。54分、M・ゴメスの落としを受けたミュラーがシュートを放つと、ボールはGKブッフォンの横を通り 抜けた。しかし、イタリアはゴールのカバーに入ったフロレンツィが、自身の進行方向とは逆にきたボールに反応。体を投げ出してアクロバティックにクリアす る。

それでもドイツが先手を取った。65分、左サイドの高い位置にボールを運んだM・ゴメスが横パスを出し、ヘクトルが受けてクロス。ボヌッチに当たったボールをニアに走り込んだエジルが押し込んで先制する。

勢いづくドイツはたたみ掛ける。68分、裏に抜けたM・ゴメスがヒールでゴールを狙うも、相手GKブッフォンのファインセーブに阻まれた。

M・ゴメスはこのプレーで足を痛めたようで、72分に交代。代わって入ったのは、決勝トーナメント1回戦のスロバキア戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたドラクスラーだった。

厳しい展開のイタリアだが、同点のチャンスは突然やってきた。77分、敵陣ペナルティーエリア内でキエッリーニが浮き球を受けてヘディング。ドイツはこれ をマークしていたボアテングが手を使っていないことをアピールするため両手を挙げており、この手にキエッリーニが触ったボールが当たって主審の笛が鳴っ た。イタリアはPKの絶好機をボヌッチが成功。ドイツは今大会初失点で、試合は1-1となる。

イタリアが盛り返すも、90分では勝敗つかず。試合は延長戦に突入する。だが、疲労で精度を欠く両者は30分間の延長戦でゴールを決められず、準決勝への切符を懸けたPK戦が行われることになった。

イタリアにはブッフォン、ドイツにはノイアー。世界最高レベルのGKがゴールを守るPKは、キッカーにとって強烈な圧力がかかるものだった。

どちらも1人目が成功したものの、2人目は互いに失敗。3人目は先攻イタリア、バルザーリが成功し、ドイツはエジルがポストに当てて失敗する。4人目はペッレが枠を外すと、ドイツはドラクスラーが成功。一進一退の攻防が続く。

5人目はボヌッチ、シュバインシュタイガー、ともに枠を外して失敗。6~8人目はどちらも成功が続き、動きがあったのは9人目。先攻イタリアはダルミアンがノイアーの止められて失敗し、後攻のドイツはヘクトルが決めて、ついに決着を迎えた。

ベスト4進出を決めたドイツは、準決勝でフランス対アイスランドの勝者と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000026-goal-socc
【【海外の反応】「真の決勝戦だった」ドイツが壮絶なPK戦を制しイタリアに勝利!】の続きを読む

このページのトップヘ