ユルゲン・クロップ

【【海外の反応】「狂ってる」クロップの第4審判に詰め寄り叫ぶ様子が話題に】の続きを読む

1
リヴァプールのエースは卓球ガチ勢!クロップとのマジ対決が熱い

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、フィリペ・コウチーニョとロベルト・フィルミーノと卓球対決を行った。 

クロップがタッグを組んだのは、イギリスの大学チャンピオンだという中国人女性のリュ・ハオユーさん。対戦はなかなかの熱戦に!

 コウチーニョとフィルミーノはなかなかの腕前で、2人が「ペンホルダー」でプレーできることにリュさんも驚いていた。

 一方、「(卓球は)素晴らしいゲームだし、たくさんプレーしたよ。でも、ここ30年はあまりやってないんだけど!」と語っていたクロップは、勢い余ってラケットをブン投げてしまうシーンも…。

これ以外にもミスショット直後に「(今のシーンは?)カット!」と口走っていたクロップ。それでもチームは勝利し、「彼女が助けてくれた」と本音がぽろり…。

https://qoly.jp/2017/01/21/coutinho-firmino-vs-klopp-table-tennis-iks-1
【【海外の反応】「意外と上手」クロップとリバプールの選手達が卓球対決!】の続きを読む

top
ユルゲン・クロップ、選手のミスに対し"罵声"を上げたアンフィールドの観衆を激しく非難

そのエラーはファンの目を引いた
残留争い組を相手に得点出来ずにいる自分達のチームに彼らは苛立ちを募らせていたのだ

しかし、クロップはこれを認めなかった
彼の選手達が苦戦する中、ファンに対し荒々しいジェスチャーを交えながらチームをサポートするよう叫んだ

そのドイツ人の努力は実を結んだように見えた
観衆は数分後には元気な声を上げていたのだ

そしてついには、チームがバックネットを揺らすように奮い立たせることが出来たのだ

Liverpool boss Jurgen Klopp blasts the Anfield crowd after fans groan at mistake
【【海外の反応】試合を変えた? クロップが観衆に怒りを爆発させる姿が話題に】の続きを読む

klopp4
リバプールが敵地でチェルシー撃破、クロップ監督は内容に「満足」

【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは16日、第5節の試合が行われ、リバプール(Liverpool FC)は敵地スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)でチェルシー(Chelsea)に2-1で勝利。チェルシーのアントニオ・コンテ(Antonio Conte)監督が就任から続けていた無敗記録に終止符が打たれた。

  リバプールは今季、すでにアーセナル(Arsenal)と昨季のリーグ覇者レスター・シティ(Leicester City)から勝利を収めているが、チームの指揮を執るユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、現時点で優勝候補に挙げられていることに否定的な見方を示している。

 試合後の会見でタイトルの見通しについての質問をされたクロップ監督は、「その話題にまったく興味がない」と答えると、「チェルシーに3-1で勝利した昨年10月にも、誰かが同じことを聞いたと思うが、当時の私は『正気か?』と答えたことを今でも覚えている」と語った。

「われわれは現在までに勝ち点10を獲得した。それは素晴らしいことだ。難しい組み合わせが続いていたから本当にうれしく思っている」

「チームはここまで良いサッカーができているし、内容にも納得している。われわれはこれを毎週、または数日おきにやる必要がある」

 リバプールは前半17分にデヤン・ロブレン(Dejan Lovren)のボレーで先制すると、同36分には主将のジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)がカーブをかけたミドルシュートを決め、試合の主導権を握った。

 対するチェルシーは、後半にジエゴ・コスタ(Diego da Silva Costa)が今季5得点目となるゴールで1点を返したものの、最終的にはリバプールが逃げ切った。

 クロップ監督は英スカイ・スポーツ(Sky Sports)に対し、「われわれは地獄みたいなプレーを披露した。それは見ていて本当に楽しかった。後半は厳しい展開を強いられたが、失点後はうまく試合を運ぶことができた」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000009-jij_afp-socc
【【海外の反応】チェルシー戦勝利後、クロップと選手達の見せたハグが美しい!】の続きを読む

37D8C39C00000578-3771607-image-a-87_1472851973634
クロップがビビった選手を明かす「彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とした……」

アルゼンチンの英雄に愕然?
イングランドプレミアリーグのリヴァプールを指揮するドイツ人ユルゲン・クロップが元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏のトレーニングスタイルについて言及している。

英『Daily Mail』のインタビューに応じた49歳の名将は一部のズバ抜けた特殊能力を持つスタープレイヤーについて聞かれ、マンチェスター・ユナイテッドのポー ル・ポグバやかつてのナポリの英雄マラドーナ氏らを例に挙げながら、次のように話した。クロップは彼らの身体能力が驚異的なものだったと感じている。

「才能だけが全てではない。僕は自分の監督キャリアの中で、トレーニングでは絶対に手に入らないであろう特殊な身体的素質を有した選手をこの目で見てき た。ポール・ポグバもその1人さ。彼はこの夏の期間に様々なスポットに顔を出してはセルフィーを撮りまくっていた。そしてマンチェスター・ユナイテッドで は数回練習に参加しただけでサウサンプトン戦に90分出場している。なぜそんなことが可能なんだ。彼のようなタイプは特殊なのさ。ディエゴ・マラドーナも 異常だった。僕が21歳の頃にシュツットガルト対ナポリの試合があったんだけど、彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とさせられたね。彼はまったく集 中せずにただジョギングしていただけなのに試合中はピッチを縦横無尽に走り回っていた。とても信じられないね」

ドルトムント在籍時代はゲーゲンプレスの提唱者として選手たちに多くの運動量を求めていたクロップだが、ポグバやマラドーナのフィジカルにはとても驚かさ れている。彼らのような一部の“特殊プレイヤー”にとって、身体を仕上げる準備期間はそれほど必要ではないのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00010011-theworld-socc
【【海外の反応】「愛さずにいられない」英紙がクロップに行ったインタビューが素晴らしいと話題に!】の続きを読む

このページのトップヘ