アリエン・ロッベン

top
GK大国イタリアに新星誕生 名門ミランの「ブッフォン2世」がセリエAのGK最年少出場記録を達成

GK大国と言われるイタリアに、新たなスターが生まれようとしている。25日のACミラン対サッスオーロの一戦で、名門ミランの先発GKに名を連ねたのは 16歳のジャンルイジ・ドンナルンマ。16歳242日でのデビューは、セリエA史上GKスタメン出場の最年少記録となった。

昨季、15歳にしてトップ登録されたドンナルンマは、今季プレシーズンマッチのレアル・マドリード戦でフル出場し、PK戦までもつれ込む接戦を経験した。 そして、今月21日の親善試合ベルルスコーニ杯のインテル戦でも先発フル出場。1失点こそしたものの、ビッグセーブもあり上々の評価を得ていた。そして、 このサッスオーロ戦でスタメンのチャンスを掴んだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151027-00010000-soccermzw-socc
【ドイツ「サッカー選手のデビュー当時の画像が集まるスレ」{海外の反応}】の続きを読む

robben smile
オランダ、ロッベン2発でEURO初出場のウェールズに勝利

13日に行われた国際親善試合、ウェールズ対オランダの一戦は、3-2でアウェーのオランダが勝利した。

EURO2016予選を突破して悲願の初出場を決めたウェールズと、まさかの予選敗退となったオランダのゲームは、接戦になった。

32分、オランダは右からヤンマートが上げたクロスにドストが頭で合わせて先制に成功する。

しかし、グループステージを突破したウェールズの力も確かなもので、前半終了間際にCKのチャンスでPKを獲得すると、アレンのシュートはGKに止められたが、こぼれ球をレドリーが詰めて同点として折り返した。

後半に入って55分、オランダが再び勝ち越す。自陣でボールを奪って速攻を仕掛けると、右のロッベンがパスを受けた。得意の形に持ち込んだロッベンは、左サイドからじわじわと中へスライド。中央まで持ち込んで、左足のシュートをゴール左に決める。

だが、ウェールズも諦めない。70分、ショートコーナーを使ってオランダの守備を乱すと、フウスがヘディングで決めて2-2とした。

それでも、最後は役者が決めた。82分、ドストのスルーパスでロッベンが抜け出し、GKとの1対1を危なげなく制して3-2。3度目のリードで勝負を決めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151114-00000043-goal-socc
【「進化してる」ウェールズ戦でのロッベンが止められないと話題に{海外の反応}】の続きを読む

top1
【オランダ「スターの幼少時代の写真から誰かを当てるスレ!(20枚)」{海外の反応}】の続きを読む

1
バイエルンがフランクフルトとドロー、開幕からの連勝は10で止まる

15-16ドイツ・ブンデスリーガ1部は30日、第11節の試合が行われ、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)はフランクフルト(Eintracht Frankfurt)と0-0で引き分け、開幕から続いていた連勝は10で止まった。   ジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督率いるバイエルンは、断固としたフランクフルトの守備陣に得点を阻まれ、今季初めて勝ち点を落とした。

http://www.afpbb.com/articles/-/3064891
【「誰にも止められない」長谷部vsコスタ、長谷部vsロッベン{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ