france
フランス代表が示した友愛…スタッド・ドゥ・フランスでドイツ代表と一夜をともに

同時多発テロ事件の影響で、フランス代表と対戦したスタッド・ドゥ・フランスで一夜を明かしたドイツ代表だが、フランス代表も朝まで付き添っていたようだ。

13日に起こった同時多発テロ事件により、スタッド・ドゥ・フランスで一夜を過ごし、翌日朝にシャルル・ド・ゴール空港へと直行したドイツ代表。ドイツ サッカー連盟(DFB)のライナー・ラウバル暫定会長によれば、同スタジアムで一夜を過ごしたのはドイツ代表だけではなく、フランス代表もとどまっていた という。

ラウバル暫定会長は、フランス代表の面々の心遣いに感謝を述べている。

「フランス人たちはドイツ人がここに残らなければいけないのなら、自分たちも残ると言ってくれた。素晴らしい友愛的なジェスチャーだ」

なおドイツ代表は17日オランダ代表との親善試合が行われるハノーファーに向かう予定だったが、DFBは選手たちを自宅に帰らせたとのこと。オランダ戦の開催は現時点で未定となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000026-goal-socc
【{パリ同時多発テロ}スタジアムで宿泊するドイツ代表に付き添うフランス代表{海外の反応}】の続きを読む