サッカー

550adada62da0c0fb3c092138c492ea5
【【海外の反応】アメリカ「サッカーチームのロゴの変遷を見ていこう」】の続きを読む

top
 岡崎と再会か…元ドルトのトゥヘル氏、レスターの新監督候補に浮上

17日にクレイグ・シェイクスピア監督を解任したレスターの新指揮官候補に、昨シーズンまでドルトムントを率いたトーマス・トゥヘル氏が浮上しているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が18日に報じている。   

日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは今シーズン、プレミアリーグ第8節終了時点で1勝3分4敗。降格圏内の18位に低迷している。今年2月にアシスタントコーチから暫定監督に就任し、6月には3年契約を締結したシェイクスピア監督だが、わずか4カ月での解任となった。   

今回の報道によると、レスターの新指揮官候補にトゥヘル氏が浮上しているという。同氏は昨シーズンまで2年間に渡ってドルトムントを指揮していたが、2009-10シーズンから2013-14シーズンまではマインツを率いており、岡崎を指導していた。仮にレスターの新指揮官に就任することとなれば、再びタッグを組むこととなる。   

なお、地元紙『レスター・マーキュリー』が次期監督を予想した記事では、サム・アラダイス氏やクリス・コールマン氏(現ウェールズ代表監督)、カルロ・アンチェロッティ氏、ナイジェル・ピアソン氏、ロベルト・マンチーニ氏(現ゼニト監督)デイヴィッド・モイーズ氏、フース・ヒディンク氏らが候補として挙げられている。   

果たして、レスターの新指揮官は誰になるのか。一昨シーズンのプレミアリーグ王者がどんな選択をするのか、注目だ。

https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-657323/
【【海外の反応】後任監督候補のトゥヘルに期待を寄せるレスターシティサポーター】の続きを読む

香川真司の芸術的ループ弾がリーグ月間ベストゴールに。得票率はダントツ

ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月のリーグベストゴールにボルシア・ドルトムントのMF香川真司が決めた芸術的ループシュートが選ばれたことを発表した。

 ブンデスリーガは9月のリーグ戦で決まった得点から10ゴールを選出し、公式フェイスブックとYouTubeチャンネルを通じてベストゴールのユーザー投票を行った。その結果、香川が43%の得票率でトップに。2位のカイウビ(アウクスブルク)が14%の得票率で、香川がダントツとなっている。

 香川は9月30日、ブンデスリーガ第7節のアウクスブルク戦で見事なループシュートを決めており、多くの称賛のコメントが寄せられた。

 ブンデスリーガの日本人選手最多得点記録を塗り替えた香川。これからもファンの記憶に刻まれるスーパーゴールを決めるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00235807-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司の美しいチップゴールがブンデス公式の選ぶ9月の最優秀ゴールに輝く!】の続きを読む

top
アメリカの8大会ぶりW杯予選敗退に地元メディア衝撃 「ハートブレイク」「想定外の事態」

最下位トリニダード・トバゴに1-2と不覚 パナマ、ホンジュラスにかわされる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が現地時間10日に行われた。ラスト1試合の時点で3位につけていたアメリカは、最下位のトリニダード・トバゴに1-2とまさかの黒星を喫し、ともに勝利した4位パナマと5位ホンジュラスにごぼう抜きにされて5位転落、1986年大会以来の予選敗退という悲劇を味わった。米メディアも「想定外のことが起きた」「ハートブレイク」と、この衝撃をレポートしている。

 アメリカは前半17分にオウンゴールで失点。さらに同37分に相手DFアルビン・ジョーンズにも得点を許して、2点のリードを奪われた。後半開始早々の2分に、ドルトムントでプレーするMFクリスチャン・プリシッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点差に詰め寄ったが、そのまま1-2で敗れた。

 この結果、北中米カリブ海予選ではメキシコとコスタリカ、そしてW杯初出場となるパナマがロシア行きを確定。4位ホンジュラスはオーストラリアとの大陸間プレーオフに臨むことになった。

 アメリカのW杯予選敗退は1986年のメキシコ大会以来で、連続出場は7大会でストップ。欧州ではオランダ、南米ではチリやパラグアイといった強豪国が敗退となるなか、北中米カリブ海予選でも波乱が起きた。

隆盛のMLS、W杯常連国となっていたが…

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」のツイッターは、「想定外の事態が起きた。USMNT(アメリカ代表)は1986年以来、初めてW杯を逃した」とアメリカ敗退を速報。続けて「ハートブレイク」と、傷心するアメリカ国民の気持ちを代弁した。

 国内リーグのメジャーリーグサッカーもスター選手が多くプレーし、W杯でも決勝トーナメントの常連となるなど、今やサッカー大国の一つとなっていたアメリカ。プリシッチのような世界的スター選手も台頭しているが、来夏にロシアで開催される大舞台には手が届かなかった。

【【海外の反応】アメリカ、まさかのW杯予選敗退】の続きを読む

DLxzlTJX0AEHgg1
ケーヒルが劇的決勝弾!豪州が大陸間POへ…シリア、“願いのFK”がポスト直撃でW杯の夢潰える

2018FIFAワールドカップ ロシア アジア予選プレーオフ第2戦が10日、オーストラリアのメルボルンで行われ、オーストラリア代表がシリア代表を延長戦の末に下して土壇場で北中米カリブ海地区の4位チームとの大陸間プレーオフに進出した。

オーストラリアは5日に中立地・マレーシアのムラカで行われた第1戦を1-1で終えていた。そのため、第2戦での勝利、あるいはスコアレスドローで大陸間プレーオフが決まる状況にあった。

シリアは6分、FWオマル・アルソーマのゴールで先制する。対するオーストラリアは13分、FWティム・ケーヒルのゴールで同点に追いつく。

ホームのオーストラリアは、ボール支配率79パーセントと圧倒的に試合を支配。シュートもシリアの2本に対して、8本打つなど一方的な展開ながら、前半は1-1の同点で終了した。後半もオーストラリアがシリアを圧倒するが、スコアは動かず、延長戦に突入する。

延長前半、シリアMFマハムード・アルマワスが、この日2枚目のイエローカードで退場。すると109分、ケーヒルがこの日2点目となるゴールを決め、2-1とオーストラリアが勝ち越し。試合はこのまま2-1で終了。ベテラン・ケーヒルが、窮地を救う2ゴールの活躍を見せ、大陸間プレーオフ進出を決めた。

一方のシリアは、延長後半終了間際にFKの決定機を迎えたが、これはポスト直撃。1人少ない状況も、最後の最後まで追い込んだが、一歩及ばず、涙を飲んだ。

大陸間プレーオフは11月にホーム&アウェイで開催される。なお、オーストラリアがW杯に出場した場合、4大会連続5回目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00010012-goal-socc
【【海外の反応】オーストラリア代表、ケイヒルの2発でシリアとの激闘を制し、大陸間プレーオフへ】の続きを読む

このページのトップヘ