サッカー

Top
香川真司、ドルトムントから放出の可能性…元トルコ代表MFと共に今夏に移籍か

 ボルシア・ドルトムントは同クラブに所属する日本代表のMF香川真司を放出する可能性を持っているようだ。27日付けの独メディア『シュポルト』が報じている。

 現地時間26日、ブンデスリーガ第1節が行われドルトムントはRB・ライプツィヒと対戦し4-1で勝利した。この試合でベルギー代表のMFアクセル・ヴィツェルやデンマーク代表MFトーマス・デラネイら3人の新戦力が先発した一方で香川はベンチ外だった。

 同メディアによると20日に行われたドイツ杯1回戦のグロイター・フュルト戦でもメンバー外だった香川をクラブは放出する意向を持っていると伝えている。また独紙『ビルト』によると29歳の香川にはトルコ1部の強豪ベシクタシュやセビージャ、マルセイユが興味を持っていると報じている。

 ドルトムントは香川の他に元トルコ代表のMFヌリ・シャヒンも売却する意思がある模様だ。29歳のレフティーにはフェネルバフチェ興味を持っているようでフィリップ・コクー監督の決断しだいで移籍が成立する可能性を伝えている。

 31日にはドイツの移籍市場が閉まるなかで二人の動向が注目される。

【「去って欲しくない」香川の移籍について語るドルトムントファン】の続きを読む

macht-shinji-kagawa-noch-den-abflug_94997
香川真司は開幕戦でベンチ外…移籍話に現実味。セビージャかベシクタシュへ?

 現地時間26日に行われるブンデスリーガ第1節のライプツィヒ戦に向け、ドルトムントがスターティングメンバーとサブメンバーを発表した。しかし、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の名前はなく、開幕戦でベンチ外となっている。

 現在、香川には移籍の可能性が浮上していた。トルコ1部のベシクタシュやリーガエスパニョーラのセビージャなどが興味を示している。欧州リーグの多くは8月31日で移籍期間の締め切りとなるが、他クラブに移ることになるのだろうか。

【「後味が悪い」香川真司が開幕戦でベンチ外に 不透明な状況に苛立ち戸惑うドルトムントファン】の続きを読む

DlY_bo-XgAEQ76G
ヤングなでしこ、スペイン下しU20W杯初優勝! FIFA史上初の快挙達成

 2018 FIFA U-20女子ワールドカップ フランス決勝が24日に行われ、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)がU-20スペイン女子代表を3-1で下した。

 試合は9分、細かくパスを繋いで右サイドを突破した宮川麻都が初シュートを放つ。13分には股を抜いて相手をかわした植木理子がペナルティエリア内に侵入するが、シュートは枠を捉えることができない。

 ロングパスを織り交ぜながらサイドを広く使って攻めるスペインが、徐々に主導権を握る。15分、CKからパトリが頭で合わせるがこれは枠を外れた。23分にはマイテのミドルシュートをスタンボー華が横っ飛びでセーブした。

 試合が動いたのは38分、宮澤ひなたがペナルティエリア手前でボールを受けると、DFのタイミングをずらして右足を振り抜く。このミドルシュートがゴールに突き刺さり、ヤングなでしこが先制に成功した。

 攻撃の手を緩めないヤングなでしこは43分、巧みなパスワークから最後は遠藤純が決定機を迎えるがこれはGKがビッグセーブ。前半はこのままヤングなでしこの1点リードで折り返した。

 後半に入り57分、宝田沙織からパスを受けた植木がポストプレーでボールをキープして後ろにパスを出すと、宝田が裏へと抜け出して右足でゴールへと流し込み、リードを2点に広げた。

 さらに、65分には前線で宝田がボールをキープすると、駆け上がってきた長野風花へパス。長野はそのまま右足を振り抜き、今大会初ゴールを記録した。

 しかし、スペインも反撃をみせる。71分、アーリークロスからファーサイドでフリーだったカンデラが頭で叩き込み、1点を返した。

 ヤングなでしこは最後まで集中力を切らすことなく、終盤のスペインの攻撃を封じ込め、試合はこのまま3-1で終了。ヤングなでしこは、グループステージで敗れていたスペインにリベンジを果たし、U-20W杯初優勝を達成した。

 これにより、2011年の女子ワールドカップ、2014年のFIFA U-17 女子ワールドカップに続いてU-20 W杯を初制覇した日本は、FIFA主催の女子世界大会3つ全てのタイトルを獲得。これは史上初の快挙となった。

【「素晴らしいチーム」U20女子W杯、日本がスペインを破り世界一に輝く 海外のサッカーファンも祝福】の続きを読む

kagawa
香川真司がスペイン移籍? セビージャが関心、本人も前向きと現地報道

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司に、セビージャ移籍の可能性が浮上しているようだ。スペインメディア『El Desmarque』が24日に報じた。

 同メディアによると、セビージャは攻撃陣の補強に乗り出しており、香川がターゲットに据えられているという。同選手はトルコ移籍の可能性を取り沙汰されており、去就に注目が集まっている。

 今回の報道によると、ドルトムント退団の可能性が伝えられている香川に対しては、セビージャだけでなくマルセイユも関心を示しているという。ただ同選手は、リーガ・エスパニョーラでのプレーに前向きな姿勢を見せているようだ。

 なおセビージャは、パリ・サンジェルマンに所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーの獲得に動いているとも報じられており、香川へオファーを提示するには至っていない。ただ、移籍の可能性を模索してすでにコンタクトを取った模様で、今後の動向に注目が集まる。

【「やめてくれ」セビージャが香川を狙う? 移籍の噂について語るドルトムントファン】の続きを読む

00042806
F・トーレスの初ゴールはイニエスタの目前で!大注目初競演マッチ制した鳥栖が3年ぶり8強へ

[8.22 天皇杯4回戦 鳥栖3-0神戸 ]

 天皇杯4回戦でサガン鳥栖がヴィッセル神戸を3-0で下し、3年ぶりとなる8強へ勝ち上がった。準々決勝は10月24日に実施。組み合わせ抽選会は9月12日に行われる。 

 元スペイン代表のMFアンドレス・イニエスタとFWフェルナンド・トーレスの共演が注目された試合だが、ともにベンチスタート。後半の勝負所での投入に期待が集まった。

 前半から鳥栖が主導権を握った。前半37分に左サイドからチャンスを作ると、DF三丸拡のクロスがDF渡部博文のオウンゴールを誘発。さらに1点リードで折り返した後半5分にはロングパスでエリア内に入ったMF安在和樹のスライディングで合わせたゴールでリードを2点に広げた。

 そしてまずは神戸が後半11分にたまらずイニエスタを投入。イニエスタ自身も「目標であるACLのために負けられない試合」と話していたように、勝利への執念をみせる。対する鳥栖も同19分よりトーレスを投入。期待通りの展開に、ベストアメニティスタジアムに詰めかけたサポーターも大歓声で迎え入れた。

 そして後半39分、鳥栖はエリア内でチャンスを作ると、MF福田晃斗のマイナスパスをトーレスが右足で狙う。コースを狙ったシュートは右ポストを叩いて、ゴールネットに収まった。リーグ戦では7試合ノーゴールのトーレスだが、天皇杯、そしてイニエスタの目の前で来日初ゴールを決めた。

【「ずっと待っていた」フェルナンド・トーレスが日本で初ゴール! 海外のサッカーファンも祝福】の続きを読む

このページのトップヘ