サッカー

d9
メッシが左足のタトゥーを大幅修正…一部のデザインを除きすべて黒く塗りつぶす

 今シーズンを迎えるに当たり、金髪に髭という姿で周囲を大いに驚かせたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、今度は自慢のタトゥーでサプライズを起こしている。

 2012年11月に第一子のチアゴ君が誕生して以来、それまでは母親セリアの顔が彫られた左肩の後にしかなかったタトゥーが、わずか数年で激増して来たメッシ。だがこの度は、その一部を大胆に消してしまったという。

 その箇所とは左足の膝下の部分で、メッシはこれまで、2013年3月には息子の名前と両手を、2014年10月にはハートと羽をいずれもふくらはぎに、続く2014年12月にはボール、剣、自身の背番号である10をすねに刻んできた。だが今回、このうち背番号10と息子の両手を除く部分を、全て墨で塗りつぶしてしまった。

 そのメッシだが、このオフシーズンの衝撃的なイメージチェンジについては、「再びゼロからスタートするため」と述べるなど、一昨年のワールドカップに昨年および今年のコパ・アメリカと3年連続で国際大会の決勝で敗れるという不運に決別するためであることを説明している。

 現在はアルゼンチン代表に合流しているメッシは、10日にはワールドカップ・南米予選でブラジル代表と対戦する。それゆえ、今回タトゥーを大幅に修正したのは、この伝統の一戦に向けた何らかの決意表明であるとの憶測も呼んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161109-00513275-soccerk-socc
【【海外の反応】「フェイクだと言ってくれ」メッシの新たなタトゥーが話題に】の続きを読む

img
「シンジがプレーしている時の方がいい」。レスター監督、岡崎への信頼を強調

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は、FW岡崎慎司がチームに良い影響を与えると考えている。英紙『デイリー・ミラー』などが試合後の指揮官のコメントを伝えた。

 現地時間6日に行われたプレミアリーグ第11節で、レスターはホームでウェスト・ブロムウィッチに敗れた。先発した岡崎は目立った活躍なく、前半終了で退いている。

 ハーフタイムに交代を命じた岡崎についてイタリア人指揮官は、「今はシンジがプレーしているときの方が我々のプレーがいい」とし、「今日はそうではなかったが、そういうことが多い」と述べた。

 昨シーズンのプレミアリーグで旋風を巻き起こしたレスターは、今シーズンのスタートから苦しんでいる。リーグ戦ではホーム無敗を維持していたが、ウェスト・ブロムウィッチ戦を1-2で落としたことで、昨シーズンから続くリーグ戦のホーム無敗は20でストップ。ついにファンの前でも負けてしまった。

 ラニエリ監督は、「ホーム無敗が20で終わってしまい、申し訳なく思う」とファンに謝罪。「チャンピオンズリーグを戦った疲労があったかもしれないが、選手たちとしっかり話さなければいけない」と悔やんだ。

 インターナショナル・ブレークでリフレッシュしたいところだが、「8割の選手が自身の代表チームへ行くことになるだろうから、休むことはできないね」と嘆くラニエリ監督。現在14位の王者は、再び強さを取り戻せるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161107-00010035-footballc-socc
【【海外の反応】「交代にがっかりした」岡崎慎司は先発、ウェストブロム戦後のレスターシティサポーターの反応】の続きを読む

296CC5F400000578-3114325-image-a-2_1433696799682

【【海外の反応】ドイツ「代表ウィークが退屈」】の続きを読む

15002238_1572946599383981_5544355990058641643_o
復帰のオーバメヤンが4発でHSVを粉砕…ドルトムントがリーグ戦5試合ぶりの勝利/ブンデスリーガ第10節

ブンデスリーガ第10節が5日に行われ、ハンブルガーSV(HSV)とドルトムントが対戦した。試合はアウェーのドルトムントが5-2で勝利した。

今シーズンいまだにリーグ戦で勝利のないHSVは、公式戦6試合負けなしのドルトムントをホームに迎えた。勝ち点2で最下位に沈むHSVだが、ドルトムントとの相性は悪くない。ここ4シーズンはホームのフォルクスパルクシュタディオンで勝ち点3を献上しておらず、不調とはいえ、自信を持ってこの一戦に臨んだ。

第6節から指揮を執るマルクス・ギズドル監督のもとで、日本代表DF酒井高徳は前節に続いてボランチとして先発。一方のドルトムントはミッドウィークにチャンピオンズリーグを戦ったため、メンバーを4人変更。MFエムレ・モル、MFセバスティアン・ローデらが先発し、規則違反によりスポルティング・リスボン戦でベンチ外となっていたピエール=エメリク・オーバメヤンがスタメンに帰ってきた。また、前節のシャルケ戦でくるぶしを負傷した日本代表MF香川真司はベンチ外となっている。

5バックを敷き、慎重に試合を運びたかったHSVだが、開始3分でその狙いは破綻する。左サイドのクロスからモルが左足で合わせ、ゴールを狙う。これはGKレネ・アドラーが防ぐもオーバメヤンが押し込み、ドルトムントがあっさりと先制に成功した。オーバメヤンは懲罰によるベンチ外からゴールでスタメン起用に応えている。

慣れない5バックから満足なプレーを見せられないHSVはミスから追加点を許す。23分、DFヨハン・ジュルーのバックパスをモルがカットすると独走。キーパーと一対一になると最後はオーバメヤンにラストパスでエースが楽々と押し込んだ。

さらに26分、相手ゴールキックを味方が頭でクリア。これに抜け出したオーバメヤンがスピードを生かして、あっという間にゴールを陥れる。オーバメヤンは前半だけでハットトリックを達成した。

守備の崩壊にHSVはたまらずメンバー交代で立て直しを図る。右サイドからのハイクロスを中心にゴールを狙うも、決定機とまではいかず。サポーターから大ブーイングを浴びながら、3点ビハインドで前半を折り返す。

後半に入ってもオーバメヤンの勢いは止まらない。48分、相手のクリアミスからオーバメヤンに渡るとゴール右から右足を一閃。シュートは左サイドネットに吸い込まれ、4点目を追加した。

それでも56分、ヘディングでつないだボールにHSVのMFニコライ・ミュラーが抜け出し、ニアを抜いて、1点を返す。HSVにとってはギズドル監督就任後、初ゴールとなった。

さらに59分、右サイドのDFデニス・ディークマイヤーのクロスにMFミヒャエル・グレゴリチュが合わせて、ネットを揺らすもグレゴリチュが相手DFを倒したという判定でノーゴールに。

徐々に盛り返し始めたHSVだったが、次のゴールはドルトムント。76分。クリアをワンタッチでオーバメヤンが繋ぐと、途中出場のFWウスマン・デンベレが反応する。左足で落ち着いて決めて、5点目を挙げた。

ホームのファンをこれ以上悲しませたくないHSVは懸命に反撃。81分、ミュラーが抑えのきいた見事なミドルシュートを決め、再び3点差に。しかし、ミュラーの奮闘も虚しく、ドルトムントが5-2で勝利した。

ドルトムントはオーバメヤンの活躍で、リーグ戦5試合ぶりの勝利。一方のHSVはリーグ戦では開幕から勝利がなく、いまだ長いトンネルを抜けられずにいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000020-goal-socc
【【海外の反応】香川真司は再びベンチ外、ハンブルガー戦後のドルトムントサポーターの反応】の続きを読む

無題
モウリーニョ、マンU再建は茨の道。現時点での成績は前任の2人以下に

 現地時間3日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節のフェネルバフチェ戦に敗れたことで、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の現時点での成績は、前任者の2人を下回ることになった。4日付の英紙『ミラー』が伝えている。

 名将サー・アレックス・ファーガソン氏に率いられ、イングランドと欧州屈指の強豪として数々のタイトルを獲得してきたユナイテッドだが、2013年にそのファーガソン氏が引退して以来混迷が続いている。ファーガソン氏の後を引き継いだデイビッド・モイーズ氏、ルイス・ファン・ハール氏は、いずれもユナイテッドファンやメディアの高い期待に応える結果を出すことはできなかった。

 モウリーニョ監督には、過去3年間低迷を味わったクラブを今度こそ復活させる存在として大きな期待がかけられていた。だが、ここまでのシーズン序盤戦は安定しない戦いが続いている。プレミアリーグ開幕3連勝で好スタートを切ったかと思えば、そこから公式戦3連敗。その後も好不調の波は激しく、プレミアリーグでは首位と8ポイント差の8位、ELでもグループ3位と苦しい順位に位置している。

 レスター・シティに勝利を収めたコミュニティー・シールドを除くと、モウリーニョ監督の公式戦16試合の成績は8勝3分け5敗。勝ち点に換算すると27ポイントとなる。同時点での成績はモイーズ氏が9勝4分け3敗(勝ち点31)、ファン・ハール氏は8勝4分け4敗(勝ち点28)で、モウリーニョ監督は前任の2人を下回っている。

 過去に率いてきたビッグクラブでいずれも成功を収め、世界屈指の名将と評されるモウリーニョ監督だが、昨季は成績不振によりシーズン途中でチェルシーを去ることになった。ここから巻き返し、自分自身とユナイテッドとの名誉を回復させることはできるだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161104-00010040-footballc-socc
【【海外の反応】海外「モウリーニョの成績がモイーズ以下な件」】の続きを読む

このページのトップヘ