サッカー

5
 「夢を持って」 本田選手が言葉贈る (2016年06月13日)

サッカー日本代表の本田圭佑選手(30)が11日、南ジャカルタで開いたサッカー教室に、日イの小学生150人が参加した。  

スタートは午前7時半。本田選手は「きょうだけではなく、毎日朝早く起きて、勉強やサッカーをがんばらないといけない。きょうは一緒に楽しんで、自分の力を本田選手に見せてください。いいですか」とあいさつした。  

教室は年齢別に四つのグループに分かれ、約1時間半行われた。本田選手が自ら考案したというパス、ドリブル、シュートなど、四つのメニューを代わる代わる練習した後、休憩を挟んで練習試合をした。本田選手はしゃがみ込んで子どもらと話をしたり、手本を見せたり、アドバイスをしながらコートを歩き回った。練習試合にも参加した。  

西ジャワ州ブカシ県リッポーチカランから参加した小学3年のヘイデルさん(9)は本田選手に会えて「うれしかった」と笑顔。足ではなく手を使ってする練習が印象的だったと話し、「今後も練習に励む」と意気込んだ。  

本田選手は教室を終えると「一番大事なことは夢を持つこと。夢を持っていますか」と子どもたちに問いかけた。  
手を挙げて答える子どもたちに、「その夢をあきらめないでください。毎日信じて、いつか夢をかなえるんだと練習に励んでください。インドネシアのように暑い中でやるのは本当に大変。ここから将来日本代表選手とインドネシア代表選手がたくさん出てくることを期待しています。夢をかなえるべく一生懸命努力してください」と言葉を贈った。  

本田選手は小学6年の時の卒業作文で「セリエAに入団し、10番で活躍します」と書き、自分の夢を実現させたことで知られる。

■「引退は考えていない」  

本田選手はインドネシアの印象を、グラウンド状態の良さやサポートする大人が多いことを挙げ、「(サッカーをする)環境が整っている」と語った。  

3~7日のキリンカップで試合出場が見送られたけがの状況について「感覚的に悪くない。元気な姿を見せると約束する」。  

移籍や引退説などについては、「ミランとの契約はまだ1年残っている。目標にしている大会もあり、引退は考えていない」と説明。自身の引退についての考え方を「現役やめてもサッカーを続ければサッカー選手」と表現した。  「クラブと契約しないとサッカー選手だと思えないのは、それこそ偏見。50歳でも週に1回草サッカーをやって、観客500人がいれば、それはそれで立派なサッカー選手」と語った。(中島昭浩、写真も)


2


1


3


4

http://www.jakartashimbun.com/free/detail/30297.html
【【海外の反応】「リスペクト」本田圭佑がジャカルタの子供たちを激励】の続きを読む

bild
EL王者セビージャへ移籍決定の清武 「彼の成功を願っている」とハノーバーがエール

来週にメディカルチェックを実施 セビージャ公式サイトは日本語で獲得を報じる

 日本代表MF清武弘嗣が、ドイツ2部降格が決まったハノーバーからUEFAヨーロッパリーグ(EL)3連覇中の強豪セビージャへの移籍で合意に達した と、双方のクラブが公式に発表した。契約期間は4年間。セビージャ公式サイトは、トップページで「ようこそセビージャへ KIYOTAKE!」と日本語でメッセージを掲載して歓迎ムード一色。ハノーバー公式サイトによれば、来週にメディカルチェックを行う予定だという。

 移籍金は公表されていないが、独地元紙「ビルト」によれば、セビージャがハノーバーに支払う移籍金は650万ユーロ(約7億8000万円)と伝えられていた。

 今季の清武は、18チーム中最下位に終わり2部降格の憂き目に遭ったハノーバーで、一人気を吐いた。負傷による長期離脱はあったものの、21試合出場で 5得点6アシストを記録。ハノーバー通算成績は53試合出場10得点11アシストだった。そして今季から背番号「10」を背負ってチームをけん引した26 歳がステップアップの場所に選んだのは、日本人にとっては鬼門とも言えるスペインだった。

 横浜FMの元日本代表MF中村俊輔(元エスパニョール)やJリーグ3年連続得点王の川崎FW大久保嘉人(マジョルカ)ら日本のトップ選手でも、なかなか 本領発揮といかなかったリーガ・エスパニョーラの舞台。現在はC大阪時代の同僚、日本代表MF乾貴士がエイバルで奮闘している。

移籍を惜しむも感謝を述べたハノーバーSD

 そうしたなかで清武は、EL3連覇中の強豪での挑戦が決まった。セビージャは今季限りでアルゼンチン代表MFエベル・バネガの退団が決定しており、中盤のキーマンを探していた。

 背番号10を失うことになったハノーバーのマルティン・バーダーSDは、「我々はヒロシに残留してほしかったが、それはとても難しいものだった。我々は 彼が成功するように願っているし、彼には感謝している。新しいシーズン、彼は新しいホームにすぐ適応できるだろう」とコメント。清武の放出を惜しみながら も、エールを送った。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160610-00010016-soccermzw-socc
【【海外の反応】「大活躍を願う!」清武弘嗣のセビージャ移籍に対する反応 】の続きを読む

BeAoL6iCQAAmamm

【【海外の反応】ドルトムントがイブラヒモヴィッチ、コヴァチッチに関心か?!】の続きを読む

2
ハリルJに欧州勢の洗礼… “格上”ボスニアの2発に沈みキリン杯優勝を逃す

清武の一撃で先制も、ジュリッチに2ゴールを奪われ逆転負け

 日本代表は7日、大阪府の市立吹田サッカースタジアムでキリンカップ決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦に臨み、前半28分にMF清武弘嗣(ハノーバー)のゴールで先制したものの、1分後の同29分と後半21分にボスニアFWジュリッチにゴールを許し、1-2で敗れた。

 FIFAランキング53位の日本は、バヒド・ハリルホジッチ監督の母国であり同ランク20位の格上ボスニアとタイトルを懸けての戦いになった。ハリル監督はスタメンにU-23日本代表から“飛び級”で選出したFW浅野拓磨(広島)を抜擢。A代表初スタメンとなった。

 試合は立ち上がりから、オープンに両チームが攻撃を仕掛けあう展開になった。前半2分、ボスニア陣内からの長いFKがゴール前に入ると、3日のデンマー ク戦で2得点の相手FWジュリッチに強烈なヘディングシュートを許したが、GK西川周作(浦和)が鋭い反応で弾き出した。同10分にもDF長友佑都(イン テル)のトラップが流れたところからショートカウンターを受けたが、西川の好セーブにより事なきを得た。

 反撃に出るハリルジャパンは、同12分にFW宇佐美貴史(G大阪)がミドルシュート、同15分にはMF長谷部誠(フランクフルト)の縦パスを受けて反転したMF清武弘嗣(ハノーバー)がペナルティーエリア内からシュートを放ったが、いずれも相手GKの好セーブにあった。

 両チームがゴールに迫る激しいゲームは、同18分にもボスニアがCKからゴール寸前でヘディングシュートを放つ大チャンスを得たが、またしても西川が立 ちはだかり失点を免れた。25分には逆に日本が決定機を迎え、宇佐美のクロスをゴール前でフリーになった浅野がヘディングで狙ったが、ボールに合わせきれ なかった。

後半は思うようにリズムをつかめず

 そのなかで、先にゴールをこじ開けたのはハリルジャパンだった。同28分、左サイドでボールを持った宇佐美が、フェイントをかけながら相手と駆け引きを して2人のDFの間を割ると、清武にラストパスを通した。清武のシュートはやや当たり損なったが、それも相手GKのタイミングを外し、ボールがゴールに吸 い込まれた。

 しかし、直後の同29分、ゴール前に上げられたボールに対して日本の守備陣はマークが混乱。フリーでFWホジッチにヘディングされると、西川が弾いた が、こぼれ球をジュリッチに押し込まれてあっという間に1-1の同点とされてしまった。試合はこのままハーフタイムに突入。勝負の行方は後半戦に持ち越さ れた。

 ハリル監督は後半からU-23日本代表主将のMF遠藤航(浦和)を、MF柏木陽介(浦和)に代えて投入した。速く激しいゲーム展開こそ変わらないものの、前半と打って変わって両チームともシュートまで持ち込めないゲームが続いた。

 そのなかで、先にゴールを奪ったのはボスニアだった。同21分、日本の左サイドからのスルーパスにジュリッチが反応すると、DF吉田麻也の対応が遅れた。放たれたシュートは吉田の足の間を抜け、西川も反応したがゴールの中へ。日本は1点ビハインドを背負う展開になった。

 ハリル監督は同25分に長友に代えてDF槙野智章(浦和)、同29分に宇佐美に代えてこれが代表デビューになる小林祐希(磐田)、同34分にはFW岡崎 慎司(レスター)に代えて金崎夢生(鹿島)をピッチに送り、反撃を狙った。しかし、最後まで前半のようなリズム良くボスニア守備陣を崩す攻撃は復活せず、 このまま1-2で敗れ大会準優勝となった。

 なお、日本戦の前に同スタジアムで行われた3位決定戦は、デンマーク代表が4-0でブルガリア代表に勝利して3位となった。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160607-00010015-soccermzw-socc
【【海外の反応】キリンカップ決勝、清武の先制弾もボスニア代表が逆転...激戦を制す】の続きを読む

top
バルセロナ、バルトラのドルトムント移籍を発表

【AFP=時事】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は3日、センターバックのマルク・バルトラ(Marc Bartra)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)に移籍することを発表した。

 バルセロナは公式ウェブサイトに掲載された声明で、「ドルトムントがバルトラに設定された違約金800万ユーロ(約10億円)を提示してきたため、クラブは選手の移籍を認めざるをえなくなった」とコメントしている。

 地元紙の報道によると、欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)に出場するスペイン代表に選出されている25歳のバルトラは、ドルトムントと5年契約を結ぶことになると伝えている。

 バルトラはジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督が指揮を執っていた2010年にトップチームデビューを果たしたが、2季連続でリーグとスペイン国王杯(Copa del Rey)の2冠を達成したルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督の下では出場機会が減少していた。

 バルトラの移籍は、右サイドバックのダニエウ・アウベス(Daniel Alves)に続き、バルセロナでは今夏2人目の退団となる。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00000004-jij_afp-socc
【【海外の反応】ドルトムントがバルセロナDFマルク・バルトラ獲得を正式発表】の続きを読む

このページのトップヘ