サッカー

GettyImages-612940820-800x533
山口蛍「ここまで劇的なゴールはないかもしれない」/日本代表

日本代表は6日、2018年W杯アジア最終予選でイラクと対戦し、2対1で勝利した。以下は試合後のMF山口蛍(C大阪)のコメント。

●山口蛍コメント

Q:ゴールを決めたが?
「こぼれてくるかなと思っていたので、準備していました。入ってよかったなと思います」

Q:ベンチに一目散に駆け寄っていったが?
「苦しい中でやっぱり個人というよりチームで勝ち取った勝利だと思うし、そういう意味もありました」

Q:今まで誕生日にゴールを決めたことは?
「誕生日はないと思います」

Q:これほど劇的でうれしいゴールは過去には?
「ここまで劇的なものは正直ないかもしれないです。でも、ゴールというより日本代表が勝ったことの方がうれしいですけどね」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161007-00000014-ism-socc
【【海外の反応】「興奮ぶりが最高」山口蛍がイラク戦で決めた劇的決勝弾が海外掲示板でも話題に】の続きを読む

CuFUUOdWcAEvaQd
日本代表、山口蛍の劇的決勝弾でイラクを撃破…タイ戦に続き連勝飾る/ロシアW杯アジア最終予選

ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選第3戦、日本代表対イラク代表の試合が6日に行われた。

日本は9月から始まったアジア最終予選で1勝1敗というスタートとなった。ホームで行われた初戦のUAE戦では本田圭佑の得点で先制したものの、逆転を許し1-2で敗れた。第2戦のタイ戦では原口元気、浅野拓磨の得点により2-0で勝利し、初白星を挙げている。一方のイラクはオーストラリア、サウジアラビアに敗れ、2連敗で最終予選をスタート。3戦目にしてすでに後がない状態で埼玉スタジアムへと乗り込んできている。

イラク戦ではクラブで満足な出場機会を得られていない本田圭佑、岡崎慎司がスタメンに名を連ねた一方で、香川真司がベンチスタートとなり、トップ下には清武弘嗣が入った。また、クラブで好調をキープする原口元気が左サイド、本田圭佑が右サイドに張る4-1-4-1のフォーメーションをヴァイド・ハリルホジッチ監督は選択している。

立ち上がりはセカンドボールをことごとくイラクに拾われ、日本にとっては厳しい展開に。3分にはコーナーキックからMFサード・アブドゥラミールにポスト直撃のヘディングシュートを許してしまう。しかし、地力で勝る日本が徐々にボールを保持する時間を伸ばし、11分、14分と立て続けに清武がシュートチャンスを得る。

すると25分、日本がカウンターから先制点を手にする。本田が持ち上がると、清武が追い越して右サイドからグラウンダーのクロス。これを原口が右足ヒールで巧みに合わせて、ネットを揺らす。

先制点が生まれた直後からリズムをつかんだ日本は素早い切り替えで、イラクに攻撃のチャンスを与えない。追加点こそ挙げられないものの、試合を支配し始める。それでもイラクは鋭いカウンターで日本ゴールを脅かす。前半アディショナルタイム、イラクの縦に速い攻撃からシュートまで持ち込まれるが、GK西川周作が何とか正面でボールを抑え、事なきを得た。前半は日本が1点リードで終了する。

後半に入ると、これ以上負けられないイラクが意地を見せ、拮抗した展開に。なかなか主導権を握れずにいると、日本は警戒していた形からゴールを許してしまう。60分、ゴール左からのフリーキックにアブドゥラミールが頭で合わせる。スコアは1-1となり、再び日本は前に出る必要を強いられた。

MF山口蛍、FW浅野拓磨を入れて、チームにエネルギーを加えようと試みる。78分には本田がフリーでヘディングシュートを放つが、ポストに嫌われ、勝ち越し点は生まれず。しかし、6分間という長いアディショナルタイムで劇的なゴールがついに生まれる。フリーキックからこぼれ球を途中出場の山口が右足でボレーシュートを叩き込み、スタジアムは熱狂の渦に。このゴールを何とか守りきった日本は2-1でイラクを下している。

この勝利で日本は勝ち点を6とし、暫定で2位に浮上した。

【試合結果】

日本代表 2-1 イラク代表

【得点者】

25分:原口元気(日本)

60分:アブドゥラミール(イラク)

90+6分:山口蛍(日本)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161006-00000016-goal-socc
【【海外の反応】山口蛍の劇的ロスタイム弾で日本代表がイラクに勝利! タイ戦に続き連勝!【W杯最終予選】】の続きを読む

5eb

【【海外の反応】「偽9番(キリッ」】の続きを読む

reu_2556896
バロテッリ、また超ゴール!しかし退場に…何をやった

ニース移籍後得点を量産しているマリオ・バロテッリ。リーグアン8節、ロリアン戦でもまた素晴らしいゴールを決めてみせた。

 ボックス内でボールを受けると、ワンフェイクで相手をはがし、トップコーナーへの見事なシュートを打ちこんだ。これはゴラッソ!

 バロテッリはこれでリーグアン3試合で5ゴールと大暴れ。チームも86分に決まったこの一撃によって、2-1で勝利!したのだが、バロテッリは後半アディショナルタイムに退場になってしまった…。


 ゴール直後にユニフォームを脱いだことで1枚目を貰っていたのだが、それから5分ほど後に相手DFステーヴン・モレイラとのやり合いで2枚目…。 

ただ、モレイラとの一件は悪質なものではなく、『lequipe』でもカードなしで済ますこともできたはずと伝えていた。これはちょっと可哀想かもしれない。もし裁定が覆らなかった場合、バロテッリは代表ウィーク明けのリヨン戦に出場することはできない。

 とはいえ、そのパフォーマンスはフランスに衝撃を与えているようで、ロリアンの監督もこう述べていた。


シルヴァン・リポル(ロリアン監督)  「バロテッリについて?彼は我々を痛めつけた…素晴らしい選手だ」

http://qoly.jp/2016/10/03/balotelli-vs-lorient
【【海外の反応】バロテッリが止まらない、今度はチームを勝利に導くスーパーゴールを決める!】の続きを読む

CtsTv8cXEAALGFL
「大迫のマネをしたんだ」“イブラスタイル”でゴールのモデストが語る

 現地時間1日に行なわれたドイツ・ブンデスリーガでバイエルンと1対1で引き分け、相手の連勝記録をストップしたケルン。この試合でアクロバティックなゴールを決めたFWアンソニー・モデストが、大迫勇也のマネをしたと語っている。

 0対1で迎えた63分、マルセル・リッセの送り込んだボールをアクロバティックに突き刺したモデスト。独『エクスプレス』紙(電子版)は、飛び蹴りのような格好でダイレクトに押し込んだ姿をズラタン・イブラヒモヴィッチになぞらえ、“イブラスタイル”と表現した。同紙はバイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が戦前からモデストを警戒していたが、その不安が的中したと綴った。

 同紙によれば、主将のマティアス・レーマンは試合後、「思いっきり脚を伸ばしてたよね」と、モデストのゴールについてコメント。するとモデストは「あれは、大迫のマネをしたんだ」と語ったという。

 先発した大迫はこの日、開始3分に相手エリア内に入り込み、守備陣をかわしてシュートを放ち、71分にはスルーパスに反応してネットも揺らした。これはオフサイドの判定でノーゴールとなり、惜しくも3戦連続弾とはならず。88分に退いている。

 『ケルナー・シュタット・アンツァイガー』紙(電子版)は大迫を「彼が放ったチーム最初のシュートは(マヌエル・)ノイアーに問題なくキャッチされたが、後半に入ると強みを改めて発揮。ボールキープに優れ、クオリティの高いパスと素晴らしい闘争心を披露した」と評価。採点はモデストの2に対し大迫は3だったが、出場メンバー13人のうち6人が3.5から4.5と採点されるなか、まずまずの評価となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000012-ism-socc
【【海外の反応】大迫勇也、ノイアー相手にネットを揺らすもオフサイド...好調ケルンは王者バイエルン相手に敵地で引き分ける! 】の続きを読む

このページのトップヘ