サッカー

2
ハリルJに欧州勢の洗礼… “格上”ボスニアの2発に沈みキリン杯優勝を逃す

清武の一撃で先制も、ジュリッチに2ゴールを奪われ逆転負け

 日本代表は7日、大阪府の市立吹田サッカースタジアムでキリンカップ決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦に臨み、前半28分にMF清武弘嗣(ハノーバー)のゴールで先制したものの、1分後の同29分と後半21分にボスニアFWジュリッチにゴールを許し、1-2で敗れた。

 FIFAランキング53位の日本は、バヒド・ハリルホジッチ監督の母国であり同ランク20位の格上ボスニアとタイトルを懸けての戦いになった。ハリル監督はスタメンにU-23日本代表から“飛び級”で選出したFW浅野拓磨(広島)を抜擢。A代表初スタメンとなった。

 試合は立ち上がりから、オープンに両チームが攻撃を仕掛けあう展開になった。前半2分、ボスニア陣内からの長いFKがゴール前に入ると、3日のデンマー ク戦で2得点の相手FWジュリッチに強烈なヘディングシュートを許したが、GK西川周作(浦和)が鋭い反応で弾き出した。同10分にもDF長友佑都(イン テル)のトラップが流れたところからショートカウンターを受けたが、西川の好セーブにより事なきを得た。

 反撃に出るハリルジャパンは、同12分にFW宇佐美貴史(G大阪)がミドルシュート、同15分にはMF長谷部誠(フランクフルト)の縦パスを受けて反転したMF清武弘嗣(ハノーバー)がペナルティーエリア内からシュートを放ったが、いずれも相手GKの好セーブにあった。

 両チームがゴールに迫る激しいゲームは、同18分にもボスニアがCKからゴール寸前でヘディングシュートを放つ大チャンスを得たが、またしても西川が立 ちはだかり失点を免れた。25分には逆に日本が決定機を迎え、宇佐美のクロスをゴール前でフリーになった浅野がヘディングで狙ったが、ボールに合わせきれ なかった。

後半は思うようにリズムをつかめず

 そのなかで、先にゴールをこじ開けたのはハリルジャパンだった。同28分、左サイドでボールを持った宇佐美が、フェイントをかけながら相手と駆け引きを して2人のDFの間を割ると、清武にラストパスを通した。清武のシュートはやや当たり損なったが、それも相手GKのタイミングを外し、ボールがゴールに吸 い込まれた。

 しかし、直後の同29分、ゴール前に上げられたボールに対して日本の守備陣はマークが混乱。フリーでFWホジッチにヘディングされると、西川が弾いた が、こぼれ球をジュリッチに押し込まれてあっという間に1-1の同点とされてしまった。試合はこのままハーフタイムに突入。勝負の行方は後半戦に持ち越さ れた。

 ハリル監督は後半からU-23日本代表主将のMF遠藤航(浦和)を、MF柏木陽介(浦和)に代えて投入した。速く激しいゲーム展開こそ変わらないものの、前半と打って変わって両チームともシュートまで持ち込めないゲームが続いた。

 そのなかで、先にゴールを奪ったのはボスニアだった。同21分、日本の左サイドからのスルーパスにジュリッチが反応すると、DF吉田麻也の対応が遅れた。放たれたシュートは吉田の足の間を抜け、西川も反応したがゴールの中へ。日本は1点ビハインドを背負う展開になった。

 ハリル監督は同25分に長友に代えてDF槙野智章(浦和)、同29分に宇佐美に代えてこれが代表デビューになる小林祐希(磐田)、同34分にはFW岡崎 慎司(レスター)に代えて金崎夢生(鹿島)をピッチに送り、反撃を狙った。しかし、最後まで前半のようなリズム良くボスニア守備陣を崩す攻撃は復活せず、 このまま1-2で敗れ大会準優勝となった。

 なお、日本戦の前に同スタジアムで行われた3位決定戦は、デンマーク代表が4-0でブルガリア代表に勝利して3位となった。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160607-00010015-soccermzw-socc
【【海外の反応】キリンカップ決勝、清武の先制弾もボスニア代表が逆転...激戦を制す】の続きを読む

top
バルセロナ、バルトラのドルトムント移籍を発表

【AFP=時事】スペイン1部リーグのFCバルセロナ(FC Barcelona)は3日、センターバックのマルク・バルトラ(Marc Bartra)が、ドイツ・ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)に移籍することを発表した。

 バルセロナは公式ウェブサイトに掲載された声明で、「ドルトムントがバルトラに設定された違約金800万ユーロ(約10億円)を提示してきたため、クラブは選手の移籍を認めざるをえなくなった」とコメントしている。

 地元紙の報道によると、欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)に出場するスペイン代表に選出されている25歳のバルトラは、ドルトムントと5年契約を結ぶことになると伝えている。

 バルトラはジョゼップ・グアルディオラ(Josep Guardiola)監督が指揮を執っていた2010年にトップチームデビューを果たしたが、2季連続でリーグとスペイン国王杯(Copa del Rey)の2冠を達成したルイス・エンリケ(Luis Enrique)監督の下では出場機会が減少していた。

 バルトラの移籍は、右サイドバックのダニエウ・アウベス(Daniel Alves)に続き、バルセロナでは今夏2人目の退団となる。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00000004-jij_afp-socc
【【海外の反応】ドルトムントがバルセロナDFマルク・バルトラ獲得を正式発表】の続きを読む

top

【【海外の反応】米メディアが香川真司の1年を総括&代表ゴールに対する反応】の続きを読む

top
“香川の親友”ドルトMFギュンドアン、4年契約でマンC移籍「新たな挑戦」

マンチェスター・Cは2日、ドルトムントに所属するドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は4年間。

  移籍加入にあたってギュンドアンは、マンチェスター・Cの公式HPを通じて「マンチェスター・Cとの契約が決まって感激しているよ。(マンチェスター・Cが)自分に興味を持っていると知った時、心はすでにマンチェスターに来ていたんだ。あらゆることがスムーズに進んだよ」と喜びを語り、以下のように続けた。  「ドルトムントで過ごした時間が大好きだった。クラブやサポーターの皆にお礼を言いたいね。5年間を楽しく過ごすことができたよ。プレーするうえでの自分の基盤を作ってくれたクラブだ」

   そしてギュンドアンは、「新しいチャレンジが待っている。シティととも新たな偉業を達成したいんだ。(ジョゼップ)グアルディオラ監督のような人物とともに仕事をするチャンスをすごく楽しみにしているよ。このクラブにとって、この夏最初の補強選手になれて光栄に思っている」と話し、「自分の(キャリアにおける)最良の時期が今後もずっと続くよ。チーム一丸となって、偉業を達成できると思っている。僕のキャリアの新しい一章が始まるんだ。その時を待ちきれないよ」と、活躍を誓った。

   ギュンドアンは1990年生まれの25歳。2008年にボーフムでプロキャリアをスタートし、2009年にはニュルンベルクへ移籍した。2011年からはドルトムントでプレー。今シーズンはブンデスリーガで25試合出場1ゴールを記録した。ドルトムントでは在籍5シーズンで通算157試合出場を記録。日本代表MF香川真司との仲の良さでも知られ、同選手は自身のインスタグラムでの質問企画を実施した際、一番仲の良いチームメイトはだれですか?」との問いに「イルカイかな!」と答えている。

http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160602/450644.html
【【海外の反応】「香川に影響が無いと良いが..」ギュンドアンのシティ移籍が正式決定】の続きを読む

thumb_4049_news_main

【【海外の反応】その後プロになったサッカー選手と対戦した経験ある?】の続きを読む

このページのトップヘ