サッカー

klopp4
リバプールが敵地でチェルシー撃破、クロップ監督は内容に「満足」

【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは16日、第5節の試合が行われ、リバプール(Liverpool FC)は敵地スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)でチェルシー(Chelsea)に2-1で勝利。チェルシーのアントニオ・コンテ(Antonio Conte)監督が就任から続けていた無敗記録に終止符が打たれた。

  リバプールは今季、すでにアーセナル(Arsenal)と昨季のリーグ覇者レスター・シティ(Leicester City)から勝利を収めているが、チームの指揮を執るユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、現時点で優勝候補に挙げられていることに否定的な見方を示している。

 試合後の会見でタイトルの見通しについての質問をされたクロップ監督は、「その話題にまったく興味がない」と答えると、「チェルシーに3-1で勝利した昨年10月にも、誰かが同じことを聞いたと思うが、当時の私は『正気か?』と答えたことを今でも覚えている」と語った。

「われわれは現在までに勝ち点10を獲得した。それは素晴らしいことだ。難しい組み合わせが続いていたから本当にうれしく思っている」

「チームはここまで良いサッカーができているし、内容にも納得している。われわれはこれを毎週、または数日おきにやる必要がある」

 リバプールは前半17分にデヤン・ロブレン(Dejan Lovren)のボレーで先制すると、同36分には主将のジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)がカーブをかけたミドルシュートを決め、試合の主導権を握った。

 対するチェルシーは、後半にジエゴ・コスタ(Diego da Silva Costa)が今季5得点目となるゴールで1点を返したものの、最終的にはリバプールが逃げ切った。

 クロップ監督は英スカイ・スポーツ(Sky Sports)に対し、「われわれは地獄みたいなプレーを披露した。それは見ていて本当に楽しかった。後半は厳しい展開を強いられたが、失点後はうまく試合を運ぶことができた」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000009-jij_afp-socc
【【海外の反応】チェルシー戦勝利後、クロップと選手達の見せたハグが美しい!】の続きを読む

maxresdefault

【【海外の反応】海外「サッカー選手の名前の正しい発音が分からない」】の続きを読む


【【海外の反応】アメリカ「MLSのスタジアムを貼っていく」】の続きを読む

ドルトムント復帰初ゴールのゲッツェ、「ライプツィヒ戦と違う顔を見せられた」

ボルシア・ドルトムントは14日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第1節でレギア・ワルシャワと対戦し、6-0と大勝した。復帰後初ゴールを決めたMFマリオ・ゲッツェは、満足げに試合を振り返っている。

ドルトムントに復帰したゲッツェは、先発でピッチに立ち、開始7分で先制点を決めた。その後、チームは順調に得点を重ねて、6-0と大勝している。

ゲッツェは試合後、ドイツ『スカイ』で「ものすごく楽しかった」と笑顔でインタビューに応じた。

「チームのみんなをたたえたい。今日は称賛に値したと思う。満足してもいいだろう」

ゲッツェはCLの試合でヘディングでゴールを決めるのは初めてだった。15分にソクラティス・パパスタソプロス、17分にマルク・バルトラが続き、序盤で3点のリードを手にしている。

「今日の試合で大事だったのは、良い形で試合に入ることだった。早い時間帯にゴールを奪い、試合を落ち着かせたかったんだ。最初の2ゴールでそれができた と思う。週末の試合(RBライプツィヒ戦)はあまりうまくいかなかっただけに、今日は別の顔を見せることができてうれしいね」

ドイツ国内では批判されがちなゲッツェだが、この試合で何かが吹っ切れたのかもしれない。

「見てのとおり、調子が良くて気分も良い。もちろん、昨シーズンは長い間負傷で離脱していたし、いろいろあった。でも、それは過去のことだ。今はこれからの時間を楽しみにしている。僕にとって、そうであることが大事なんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000000-goal-socc
【【海外の反応】6選手が得点、ドルトムントがアウェイでレギアに6発大勝!【CL】】の続きを読む

CsT0EP8UEAAJFoS
自身5度目の出場へ 香川、2大会ぶりのCLに意欲「今年は結果を出す」

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が13日、自身の公式ブログ(http://lineblog.me/kagawa/)を更新。同日に開幕するチャンピオンズリーグ(CL)に向けての意気込みを語った。 

ドルトムントは14日にCLグループステージ第1節でレギア・ワルシャワ(ポーランド)と敵地で対戦。過去、ドルトムントやマンチェスター・Uで出場してきた香川にとっては、2大会ぶり5度目の出場となる。 

足首の打撲により、10日に行われたブンデスリーガ第2節のライプツィヒ戦出場を見合わせていた香川。「先日のリーグ戦には帯同しませんでしたが、今は身体の状態も良くなってきています。長いシーズンを戦い抜く上で、 常に良い状態で試合に臨めるように今は体のケアに集中しています」と、現在はコンディション調整に取り組んでいると明かした。 

また、「今週からCLも始まります。世界最高峰の舞台で戦えることにワクワクしていますし、今年は結果を出すためにドルトムントの仲間たちと戦い抜きたいと思います」と続け、CLでの活躍を誓った。 

香川は、ブログの最後に自身のトレーニング写真と、CLで同組になったチームエンブレムが並んだ画像を掲載。ドルトムントは同大会でグループFに入り、昨シーズン王者レアル・マドリード(スペイン)、スポルティング(ポルトガル)、レギア・ワルシャワと対戦する。

http://kicker.town/dortmund/2016/09/33858.html
【【海外の反応】レギア戦前のドルトムントサポーターの反応【CL】】の続きを読む

このページのトップヘ