サッカー

top
アーセナル移籍決定の“ジャガー”浅野 才能に惚れ込むベンゲル「今後数年かけて成長させていく」

公式サイトで完全移籍での獲得を発表

 アーセナルはサンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨を、完全移籍で獲得した。クラブ公式サイトでもこの一報を伝えているが、チームを率いるアーセン・ベンゲル監督が「我々は今後数年間かけて成長させていく」と、長期的プランで育成していく方針を示した。

  今年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選では、決勝の韓国戦で2得点を挙げて一躍その名を轟かせた。圧倒的なスピードを武器とする浅野について、同 サイトでは「2015年8月に日本代表デビューを飾った。A代表に5試合出場し、8月にはリオ五輪代表チームの一員として期待を寄せられている。Jリーグ でも56試合11得点を記録し、成功を収めている」と浅野のキャリアについて紹介している。

 “ジャガー”の異名を持つ21歳の浅野には、ベンゲル監督も惚れ込んでいる模様だ。指揮官は契約の締結後、浅野の印象について以下のように語っている。

「タクマは潜在能力を持つ若手ストライカーで、将来に向けて非常にマッチした人材だ。彼は日本で印象的なキャリアのスタートを切っている。そして我々は今後数年間をかけて、彼を成長させていくことに前向きに臨んでいくつもりだ」

 過去アーセナルに所属した経験を持つFW宮市亮(ザンクトパウリ)も、加入直後にフェイエノールトなど他国クラブへと期限付き移籍した経験を持つ。長期 的なスパンで浅野育成に臨もうとしているベンゲル監督の言葉からすると、浅野もまずはレンタル移籍での武者修行によって、欧州の地で経験値を積み上げるこ とになるのかもしれない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160703-00010018-soccermzw-socc

【【海外の反応】アーセナルが浅野拓磨の完全移籍を発表】の続きを読む

top2

【【海外の反応】イブラヒモヴィッチ、ユナイテッドの筋力測定で新記録を叩きだす】の続きを読む

無題
ドイツ、難敵イタリアをPK戦の末に撃破 死闘を制してベスト4

2日に行われたユーロ2016準々決勝、ドイツ対イタリアの一戦は、1−1で120分間を終えて、PK戦でドイツが準決勝進出を決めた。

イタリアはデ・ロッシが間に合わず、ストゥラーロが先発する。前線はペッレとエデルのコンビを選択した。

3バックでスタートしたドイツは、12分にトラブル発生。キエッリーニと接触したケディラが負傷を抱えたようで交代を要求し、16分にシュバインシュタイガーが入る。

試合は守備が安定している2チームの対戦らしく、組織的に守って相手に多くのチャンスを与えない。

ドイツは20分、フンメルスのロングフィードにマリオ・ゴメスが抜け出して足を伸ばすが、ボールに当てるのが精一杯。シュートには持ち込めなかった。27 分には再びフンメルスのパスでシュバインシュタイガーがヘディングシュートを放ち、ゴールネットが揺れたものの、シュートの前にデ・シリオに対するファウ ルがあったため得点は認められない。

イタリアは前半の最後にビッグチャンス。ボヌッチがロングパスを前線のスペースに出すと、2列目から飛び出したジャッケリーニがフリーに。ペナルティーエ リア左の深い位置から折り返し、反対サイドのストゥラーロがシュートを狙った。しかし、相手に当たったボールは枠の左にそれる。

後半に入ってよりゴールに近づいたのはドイツだった。54分、M・ゴメスの落としを受けたミュラーがシュートを放つと、ボールはGKブッフォンの横を通り 抜けた。しかし、イタリアはゴールのカバーに入ったフロレンツィが、自身の進行方向とは逆にきたボールに反応。体を投げ出してアクロバティックにクリアす る。

それでもドイツが先手を取った。65分、左サイドの高い位置にボールを運んだM・ゴメスが横パスを出し、ヘクトルが受けてクロス。ボヌッチに当たったボールをニアに走り込んだエジルが押し込んで先制する。

勢いづくドイツはたたみ掛ける。68分、裏に抜けたM・ゴメスがヒールでゴールを狙うも、相手GKブッフォンのファインセーブに阻まれた。

M・ゴメスはこのプレーで足を痛めたようで、72分に交代。代わって入ったのは、決勝トーナメント1回戦のスロバキア戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝いたドラクスラーだった。

厳しい展開のイタリアだが、同点のチャンスは突然やってきた。77分、敵陣ペナルティーエリア内でキエッリーニが浮き球を受けてヘディング。ドイツはこれ をマークしていたボアテングが手を使っていないことをアピールするため両手を挙げており、この手にキエッリーニが触ったボールが当たって主審の笛が鳴っ た。イタリアはPKの絶好機をボヌッチが成功。ドイツは今大会初失点で、試合は1-1となる。

イタリアが盛り返すも、90分では勝敗つかず。試合は延長戦に突入する。だが、疲労で精度を欠く両者は30分間の延長戦でゴールを決められず、準決勝への切符を懸けたPK戦が行われることになった。

イタリアにはブッフォン、ドイツにはノイアー。世界最高レベルのGKがゴールを守るPKは、キッカーにとって強烈な圧力がかかるものだった。

どちらも1人目が成功したものの、2人目は互いに失敗。3人目は先攻イタリア、バルザーリが成功し、ドイツはエジルがポストに当てて失敗する。4人目はペッレが枠を外すと、ドイツはドラクスラーが成功。一進一退の攻防が続く。

5人目はボヌッチ、シュバインシュタイガー、ともに枠を外して失敗。6~8人目はどちらも成功が続き、動きがあったのは9人目。先攻イタリアはダルミアンがノイアーの止められて失敗し、後攻のドイツはヘクトルが決めて、ついに決着を迎えた。

ベスト4進出を決めたドイツは、準決勝でフランス対アイスランドの勝者と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160703-00000026-goal-socc
【【海外の反応】「真の決勝戦だった」ドイツが壮絶なPK戦を制しイタリアに勝利!】の続きを読む

top
 J1広島、浅野の英アーセナル移籍容認

J1広島の足立修強化部長は2日、イングランド・プレミアリーグのアーセナルから正式な獲得の申し入れがあった日本代表FW浅野拓磨(21)について「本人が行きたいと言うなら容認せざるを得ない」と話し、リオデジャネイロ五輪代表にも選ばれた快足アタッカーの意思を尊重する姿勢を示した。

  広島幹部によると、アーセナルは、広島が設定する移籍金を上回る条件を提示している。J1連覇に必要な戦力として慰留してきたが、かねて海外挑戦に意欲を示していた浅野が移籍を決断すれば、クラブ間で早期の合意を目指すことになる。

   昨夏に国際Aマッチ初出場した浅野は、英国での選手活動に必要な労働許可証取得基準を満たしていない。アーセナルは特例措置を申請し、チームに帯同させる方針だというが、他国のクラブに期限付き移籍となる可能性もある。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60501_S6A700C1000000/
【【海外の反応】浅野はアーセナル移籍間近-英紙が報じる】の続きを読む

GettyImages-482757380
イブラ、インスタでマンU加入を発表…モウリーニョと8年ぶりタッグでプレミア初挑戦

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは7月1日、自身の公式インスタグラム(https://www.instagram.com/iamzlatanibrahimovic/)でマンチェスター・Uに加入することを発表した。

 イブラヒモヴィッチはインスタグラム上にマンチェスター・Uのクラブロゴとともに「世界のみんなに知らせる時が来た。俺の次の行き先はマンチェスター・Uだ」とコメントを投稿。新天地がマンチェスター・Uであることを発表した。

 2015-16シーズン限りでパリ・サンジェルマンを退団したイブラヒモヴィッチは、故郷のクラブであるマルメや、日本代表FW本田圭佑が所属するミラ ンへの復帰を報じられていたが、2008-09シーズンにインテルで師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョ監督の下でプレーすることとなった。なお、パ リ・サンジェルマンとイブラヒモヴィッチの契約は、厳密には6月30日まで残っていたため、7月1日に日付が変わったタイミングでの発表となったようだ。

 現在34歳のイブラヒモヴィッチは、2012年夏にミランからパリ・サンジェルマンへ移籍。15-16シーズンはリーグ・アンで31試合に出場して38 ゴールをマークしている。なお、パリ・サンジェルマンでは4シーズンでリーグ優勝4回、クープ・ドゥ・ラ・リーグ(リーグカップ)2回、クープ・ドゥ・フ ランス(フランスカップ)1回、トロフェ・デ・シャンピオン(スーパーカップ)を3回制しており、合計で10個ものタイトルを獲得した。

 なお、同選手はこれまでスウェーデン、オランダ、イタリア、スペイン、フランスでプレーしており、初挑戦となるプレミアリーグでは自身通算12度目のリーグ制覇を目論む。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00453144-soccerk-socc
【【海外の反応】イブラがマンチェスターユナイテッドへの移籍を発表!】の続きを読む

このページのトップヘ