サッカー

2820533_full-lnd
反撃弾の浅野、決勝T進出へ「力を出し切る。あとは神様が決めること」

リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦。日本は65分時点で0-2とビハインドを負ったが、 67分にFW浅野拓磨(サンフレッチェ広島)、74分にMF中島翔哉(FC東京)がゴールを決め、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 反撃の狼煙を上げるゴールを決めた浅野は試合後、「僕たちには(同点に)追いつける力があると思っていました」と心境を振り返り、「持っている力を120パーセント、出し切りたい」と次戦を見据えていた。

 浅野は2点ビハインドを負う苦しい展開について「まずは失点しないことをチーム全体で考えていましたけど、失点してしまったことは仕方がない」と話した うえで「僕たちには(同点に)追いつける力があると思っていましたし、“絶対に追いついて追い越せる”と思っていました」と、当時の心境を明かした。

 自身のゴールシーンについては「(南野)拓実から良いパスが来たので、あとはもう落ち着いて振り抜くだけでした。あと1点を追う展開だったので、“もう1点を早く取らないと”と思っていました」と冷静に振り返った浅野。次戦に向けて、以下のように抱負を述べた。

「まだ終わったわけではないので、最後の最後、僕たちが持っている力をしっかり出し切る。あとはもう、サッカーの神様が決めることかなと思います。僕たちは持っている力を120パーセント、出し切りたいと思います」

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3節でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00477747-soccerk-socc
【【海外の反応】「興奮し始めている」コロンビア戦の浅野に対するアーセナルサポーターの反応【リオ五輪】】の続きを読む

CpTi97RUMAMasc1
日本、ドローで決勝T進出に望みつなぐ…2点差から浅野&中島弾で同点に

リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦した。

 日本は初戦のナイジェリア戦を4-5で落として黒星スタートとなったが、この試合で勝ち点3を積みあげられれば、決勝トーナメント進出の可能性を残すこ ととなる。手倉森誠監督はフォーメーションを「4-3-3」から「4-4-2」に変え、スタメンも4名を変更。GKは中村航輔、最終ラインは左から藤春廣 輝、植田直通、塩谷司、室屋成の4人。中盤には遠藤航、井手口陽介、矢島慎也、中島翔哉の4名が入り、前線は興梠慎三と浅野拓磨の2トップとなった。

 一方、スウェーデンとの初戦を2-2で引き分けたコロンビアはスタメン2名を変更。DFフェリペ・アギラルとMFケビン・バランタが新たに先発入りしたほか、DFウィリアン・テシージョやFWテオフィロ・グティエレスといった選手がスターティングメンバーに名を連ねた。

 最初に決定機を作りだしたのは日本。11分、右サイドの室屋がクロスを入れると、ファーサイドの興梠が体を張ってヘディングで落とす。エリア内でこれを 受けた矢島が右足でダイレクトボレーを狙ったが、ここはGKクリスティアン・ボニージャがなんとか弾いた。こぼれ球を浅野がつめたが、ここはオフサイドの 判定に終わった。

 その後は日本がボールをキープしてチャンスを作る展開が続いたが、コロンビアも決定機を迎える。19分、エリア内中央でボールを受けたミゲル・ボルハが 強烈な右足シュート。GK中村が横っ飛びで防ぐと、こぼれ球にテオフィロ・グティエレスが反応したが、ここは触れることができず、日本は失点を免れた。

 34分、再び日本に決定機が訪れる。左サイドでセカンドボールを拾った興梠が右足でクロスを供給。ファーサイドで藤春がフリーになっていたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。その後も日本が攻勢を仕掛けたが、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

 コロンビアは後半からフェリペ・アギラル、セバスティアン・ペレスに替わり、エリベルトン・パラシオスとアルレイ・ロドリゲスが交代で入った。

 後半も序盤から日本がペースを握る。47分、敵陣ペナルティエリア手前で浅野がバックパスをカット。左足ミドルシュートを放ったが、ここはGKボニー ジャがわずかに触り、クロスバーに阻まれた。直後の49分、井手口のスルーパスに抜け出した浅野が左足シュート。GKボニージャがなんとか跳ね返すと、セ カンドボールを拾った矢島がダイレクトシュートを狙ったが、ここは枠の右へ外れてしまい、得点とはならなかった。

 スコアが動いたのは59分。コロンビアが左サイドから攻め込むと、グティエレスがロドリゲスとのワンツーから右足シュートを放つ。植田が体に当てたが、ゴール左に決まってしまいコロンビアが先制した。

 先制された日本は、62分に矢島と井手口を下げ、南野拓実と大島僚太を投入した。しかし、ここで日本に痛恨の失点が生まれる。左サイドを突破され、ミゲ ル・ボルハに左足シュートを打たれる。これはGK中村がなんとか弾き返したが、こぼれ球を藤春がクリアしきれずに自陣ゴールを割ってしまい、オウンゴール で追加点を献上してしまった。

 2点を追いかける日本は直後の67分、大島の縦パスを受けた南野がエリア内の浅野へパス。これを浅野がゴール左に決め、1点を返した。さらに74分、エ リア手前でボールを持った中島が右足で強烈なミドルシュートを放つ。ボールはGKの頭上を越え、クロスバーに当たりながらゴール中央に決まった。日本が連 続ゴールで同点に追いついた。

 日本は80分に藤春を下げて亀川諒史を投入し、勝ち越しゴールを狙う。後半アディショナル3分には、相手最終ラインの裏に抜け出した浅野がGKと一対一 になる。ワントラップから右足シュートを狙ったが、GKボニージャが飛び出してセーブ。CKに逃れた。このまま日本は最後まで追加点を奪うことができず、 2-2のドローに終わった。これで日本は2試合を終え、1分け1敗の勝ち点1となった。グループBのもう1試合ではナイジェリアが1-0でスウェーデンを 下したため、日本の決勝トーナメント進出は第3戦のスウェーデン戦で勝つか引き分け、ナイジェリア対コロンビアの結果次第となる。

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3戦でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

【スコア】
日本 2-2 コロンビア

【得点者】
0-1 59分 テオフィロ・グティエレス(コロンビア)
0-2 65分 オウンゴール(藤春廣輝)(コロンビア)
1-2 67分 浅野拓磨(日本)
2-2 74分 中島翔哉(日本)

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160808-00477630-soccerk-socc
【【海外の反応】「日本は勝利に値した」浅野と中島のゴラッソも、U23日本代表はコロンビアとドロー【リオ五輪】】の続きを読む

36F15BCB00000578-0-image-a-31_1470505895308
リーガ王者を大炎上させた火の玉プレス…リバプールが高速カウンター4発でバルサ粉砕

[8.6 IC杯 リバプール4-0バルセロナ]

 インターナショナル・チャンピオンズ杯の北米・欧州ラウンドが6日に行われ、ウェンブリー・スタジアムでリバプール(イングランド)とリーガ・エスパニョーラ2連覇中のバルセロナ(スペイン)が対戦。リバプールが鮮やかなカウンターで4ゴールを奪い、4-0で快勝した。

 開始早々に先制パンチを浴びせたのはリバプール。前半1分、FWサディオ・マネがMFアダム・ララナとのワンツーで右サイドを突破し、PA内右から中央へ折り返す。最後はこぼれ球を拾ったMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足で狙うが、枠をとらえ切れなかった。

 リバプールはその後もボールロストを恐れないアグレッシブな攻撃を展開。敵陣でパスが引っかかっても複数の選手が相手に襲いかかり、ボールを奪い返すと最短距離でゴール前になだれ込んだ。

 前半15分には自陣右サイドでララナが勢いよくプレッシャーをかけてボールを刈り取り、スピードに乗ったままPA付近までドリブルで駆け上がる。ララナ は右のFWロベルト・フィルミーノに一度はたいてPA内でリターンをもらい、相手DFの股を抜くパスをマネに通す。ゴールエリア手前で受けたマネは右足で 豪快にゴール右上へ叩き込み、先制ゴールを奪取。今夏サウサンプトンから加入したストライカーが試合を動かした。

 リバプールのハイテンポなサッカーについていけずにいたバルセロナだったが、徐々に適応し、ボールを持つ時間が増える。前半22分にFWリオネル・メッ シが一瞬の動き出しでマークを外し、ゴールエリア左角から左足でシュートを打つも、右ポストを直撃。同29分にはMFアルダ・トゥランがシュートを止めら れ、跳ね返りを自ら押し込もうとするが、カバーに戻ったMFジェームス・ミルナーに阻まれた。

 バルセロナの前半最大の決定機は同41分。左からのクロスをPA内やや右でFWルイス・スアレスが受け、胸トラップから右足のインステップでボールの芯 をとらえる。しかし、GKシモン・ミニョレに至近距離で防がれ、古巣への恩返し弾とはならず。前半はリバプールの1点リードで折り返した。

 後半も先に仕掛けたのはリバプール。後半2分、マネが右サイドでDFジェレミー・マテューからボールを奪い、後半開始から出場したFWディボック・オリ ジとのパス交換でPA内右へ進入。長い距離を攻め上がった途中出場のMFジョーダン・ヘンダーソンがマネの折り返しに合わせると、DFハビエル・マスチェ ラーノに当たったボールがゴールに転がり込み、後半開始早々に2-0とした。

 リバプールはリードを広げてもプレスを緩めず、相手に息つく間も与えない。直後の後半3分には再び高い位置でのボール奪取から、オリジが1本のパスで抜け出し、冷静にGKの股を抜いてゴールへ流し込む。リバプールが一気に3点差とし、この時点でほぼ勝負を決定づけた。

 バルセロナは3ゴール目の献上後、ベンチスタートとなっていたDFジェラール・ピケ、MFアンドレス・イニエスタ、MFイバン・ラキティッチら主力選手 を続々と投入したが、時すでに遅し。リバプールは後半アディショナルタイムにもカウンターから最後はMFマルコ・グルイッチが頭で押し込み、4-0でリー ガ王者を下した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-01630081-gekisaka-socc
【【海外の反応】「クロップは天才」リバプール、メッシ擁するバルセロナを4-0で粉砕】の続きを読む

chicharo_O
チチャリート、レヴァークーゼンからの移籍も除外せず? 「過去2年は最終日に…」

レヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデス(チチャリート)は、この夏の移籍市場で他クラブへ移る可能性も完全に否定はしていない。

チチャリートは2014-15シーズンをレアル・マドリーで過ごしたあと、レンタルを終えてマンチェスター・ユナイテッドに復帰。ユナイテッドで昨年のプレシーズンを過ごし、シーズン開幕を迎えたが、移籍市場の終了間際にレヴァークーゼンへと移籍することになった。

安定した出場機会を得ることになったレヴァークーゼンでは本領を発揮し、ブンデスリーガで17ゴールを記録するなどの活躍を見せた。その活躍により他クラブからの関心も噂されることについて、チチャリートは次のように話している。ドイツ『ビルト』が伝えた。

「過去2年の夏は、(移籍市場の)最後の日に移籍することになった。だから分からないよ。マドリッドにもマンチェスターにも残ると思っていたけど、レヴァークーゼンに来ることになったわけだからね」

「今は、この素晴らしいチームの一員であることに満足している。僕らはハングリーで、たくさんのことを成し遂げたいと思っている。僕についての噂が事実なのかどうかは知らないけど、ほかのクラブが欲しがってくれるというのはモチベーションにつながることだよ」

選択肢を閉ざすことはないが、現時点ではレヴァークーゼンでのシーズン開幕に向けた準備に集中しているようだ。

「僕はプロフェッショナルだ。今はレヴァークーゼンのユニフォームを着て、(キャンプ地)オーストリア滞在を楽しんでいる。未来に何があるかは決して分からないものだけど、今は満足だし、ここにいられることをうれしく思っているよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160805-00000014-goal-socc
【【海外の反応】「留まるべき」チチャリート、移籍の可能性を否定せず】の続きを読む

13814055_1467761169902525_6360443980396092767_n

【【海外の反応】ゲッツェが復帰を果たす、ドルトムントはサンダーランドと引き分ける】の続きを読む

このページのトップヘ