サッカー

CpvcwpTWEAADQth
奇跡の王者レスターが不名誉な記録作る…監督不在&補強なしの昇格組に開幕戦で敗戦

[8.13 プレミアリーグ第1節 ハル・シティ2-1レスター・シティ]

 プレミアリーグは13日に2016-17シーズンが開幕した。昨季王者のレスター・シティは敵地で昇格組のハル・シティと対戦し、1-2で敗れた。ベンチスタートのFW岡崎慎司は後半23分にピッチに入ったが、得点に絡むことはできなかった。

 レスターは7日に行われたFAコミュニティーシールドのマンチェスター・ユナイテッド戦から3選手を変更。出場停止のDFロベルト・フートに代わって新加入DFルイス・エルナンデスとFWアーメド・ムサが移籍後初先発となり、MFデマライ・グレイがスタメンに入った。

 一方のハルは、7月22日にスティーブ・ブルース前監督と双方合意の上で契約を解除。後任の選定が難航し、大事な開幕戦はマイク・フィーラン氏が暫定監 督を務める。ハルは監督不在に加え、負傷者が続出。さらには今夏の補強はなく、苦しい状況で開幕戦となった。なお、フィーラン氏はアレックス・ファーガソ ン氏のもとでユナイテッドの助監督を務めていた経歴を持つ。

 試合は開始3分にグレイが右足ミドルを放つなど、レスターが積極的な入りをみせた。同25分には、MFリヤド・マフレズが右サイドを突破し、ライン際からマイナスに折り返す。これをMFダニー・ドリンクウォーターがダイレクトで狙うもゴール左に外れてしまう。

 さらにレスターは前半41分、左サイドからDFクリスティアン・フクスがグレイ、ムサとのワンツーから左足シュート。相手GKが弾いたボールをFWジェ イミー・バーディが右足シュートもDFのブロックに遭う。こぼれ球から最後はマフレズが左足を振り抜くもこれも枠を捉えきれず。同44分には、相手のミス からムサがワンタッチで相手の裏に抜け出し、PA右から折り返したボールをバーディが右足シュートも大きくふかしてしまった。

 すると、前半アディショナルタイムにハルに先制点を許してしまう。MFロバート・スノッドグラスの左CKからDFカーティス・デイビスがヘディング シュート。これはGKカスパー・シュマイケルが弾いたが、FWアダマ・ディオマンデにバイシクルシュートを決められ、前半は0-1で折り返した。

 前半終了間際の痛恨の失点だったが、レスターが後半開始早々に追いつく。グレイがドリブルからMFトム・ハドルストンに倒され、PKを獲得。これをマフ レズが左足でど真ん中に蹴り込み、1-1と試合を振り出しに戻す。だが、守備が安定しない。GKシュマイケルのスローイングからボールを奪われ、右サイド からのクロスは何とかカットしたが、こぼれ球をスノッドグラスに左足で決められ、1-2と勝ち越された。

 すると、クラウディオ・ラニエリ監督は後半23分にグレイとMFアンディ・キングを下げて、岡崎とMFダニエル・アマーティを投入。さらに同38分には サイドバックのDFダニー・シンプソンに代えてFWレオナルド・ウジョアを入れ、パワープレーに出た。だが、そのまま追いつくことができず、1-2で敗 戦。プレミアリーグ公式ツイッターによると、1992年のプレミアリーグ創設後、前年度王者が開幕戦で負けたことは1度もなく、レスターは開幕から不名誉 な記録を作ってしまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160813-01630302-gekisaka-socc
【【海外の反応】「岡崎が入って良くなった」王者レスターはハル相手にシーズン初戦を落とす】の続きを読む

methode_times_prod_web_bin_222dc89e-5f34-11e6-9bc8-dca5e34811f1
チェルシー、「トマトケチャップ」を禁止に

  今季からチェルシーの監督に就任したアントニオ・コンテが、食事改革に乗り出したようだ。『The Times』が伝えている。

  それによれば、選手たちがピザ、炭酸飲料、トマトケチャップ、ブラウンソースを摂取することを禁じたという。これはクラブの栄養学・フィットネス体制の見直しの一環として行われたものだそう。

  選手たちが3週間のプレシーズンツアーから帰ると、食堂から炭酸飲料やソース類がなくなっていたとか。また、これまでは試合後に提供されていたピザも禁止になったそうだ。

  コンテは栄養学をトレーニング体制における鍵と見ており、飲食において利益にならないと見なした製品を排除することに決めたそうだ。

  なお、マンチェスター・シティでもジョゼップ・グアルディオラ新監督によって、試合後のピザが禁止になっている。

https://qoly.jp/2016/08/12/conte-bans-tomato-ketchup
【【海外の反応】コンテ「ピザとケチャップを禁止する」】の続きを読む

GettyImages-588300462-min
最終戦勝利も決勝Tへの道は開けず…手倉森監督「運命は受け止めないと」

[8.10 リオデジャネイロ五輪 B組第3節 日本1-0スウェーデン サルバドル]

 勝利を挙げることはできた。しかし、決勝トーナメントへの道は開けなかった。グループリーグ最終戦でスウェーデンを1-0で下し、今大会初勝利を挙げた 手倉森ジャパン。しかし、B組2位の座を争うコロンビアがナイジェリアに2-0で勝ったため、日本はグループ3位で敗退が決まった。

「そういう運命は受け止めないといけない」。試合後、テレビインタビューを受けた手倉森誠監督は口を真一文字に結んだ。「目標は絶たれたが、谷間の世代と 言われた選手たちが世界で勝ち点をもぎ取れるようになったことは示せたと思う」。1勝1分1敗の勝ち点4。この日もスウェーデン相手にボールポゼッション で上回り、後半19分には途中出場のMF矢島慎也が決勝点を決めるなど、交代策も当たった。

「中2日の3連戦目。消耗戦になると思っていた。それでもこちらに分があると思っていたし、そのとおりの展開になった」。ゲームプラン、試合結果は想定どおり。しかし、他会場の結果だけが付いてこなかった。

「目標を掲げて、そこに到達できなかったことは申し訳ない」。そう謝罪した指揮官は「しかし、(五輪に)出ることも危ぶまれたチームが世界を経験したこと は、日本サッカー界にとっての財産になった。戦いぶりも改善されたところがある。この世代の選手たちがロシアに関わっていければ」と、今回のメンバーが 18年のロシアW杯で世界に“リベンジ”することに期待した。

 14年1月の立ち上げから2年半。手倉森ジャパンの戦いは終わった。選手にどんな言葉をかけたいかと聞かれた手倉森監督は「ありがとう」と答え、「いい仲間でした」と、早すぎる終幕を惜しんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160811-01630219-gekisaka-socc

【【海外の反応】リオ五輪、日本代表がスウェーデンに勝利するも、コロンビアの勝利により決勝T進出ならず】の続きを読む

13938063_1471561092855866_9077658726504094405_o
香川とゲッツェ、シュールレが先発も…ドルト、ビルバオに完封負け

プレシーズンマッチが9日に行われ、日本代表MF香川真司のドルトムントとアスレティック・ビルバオが対戦。香川は先発メンバーに名を連ねた。

 スイスのザンクト・ガレンで開催された一戦、ドルトムントの先発メンバーには香川のほか、ヴォルフスブルクから加入したドイツ代表MFアンドレ・シュー ルレや、バイエルンから復帰したMFマリオ・ゲッツェ、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンらが名を連ねた。

 ドルトムントは開始早々の3分、シュールレが敵陣左サイドで相手の最終ラインの背後を取り、スルーパスに反応。ペナルティーエリアに入って左足シュート を放ったが、相手GKの好セーブに阻まれた。続く4分には、縦パスを受けた香川がワンタッチでヒールパス。後方へ流すと、反応したオーバメヤンが1対1の チャンスを迎えたが、判定はオフサイドとなった。

 ドルトムントはさらに攻勢をかけ、18分には右サイド深くからオーバメヤンがクロスを上げてチャンスを作る。しかし20分、自陣でのボールロストから先 制ゴールを許すこととなった。ビルドアップでのパス回しでボールを失うと、細かいパス交換から最後はマルケル・スサエタに決められた。

 先制を許したドルトムントは41分、香川が左サイドへ展開すると、パスを受けたゲッツェのクロスが相手のハンドを誘発。PKのチャンスを得たが、オーバ メヤンのシュートを相手GKに阻まれ、同点とはならなかった。43分にはクリスチャン・プリシッチのシュートが左ポストに弾かれ、決定機を活かせなかっ た。

 前半は0-1で終了。後半開始時からドルトムントは8選手を入れ替え、マルク・バルトラやヌリ・シャヒンらがピッチに立った。香川は67分までプレー し、パク・チュホと交代。ドルトムントは追加点こそ許さなかったものの、最後までゴールを奪うことができず、0-1と完封負けを喫した。

 ドルトムントは14日、ドイツ・スーパーカップでバイエルンと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 0-1 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
0-1 20分 マルケル・スサエタ(アスレティック・ビルバオ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160810-00478250-soccerk-socc
【【海外の反応】「香川は守備の補助に徹していた」ビルバオ戦後のドルトムントサポーターの反応】の続きを読む

jpg large
ポグバ、ついにマンチェスター・ユナイテッド移籍が正式発表! 「復帰する正しいタイミングだった」

マンチェスター・ユナイテッドが9日、ユヴェントスMFポール・ポグバの獲得を正式発表した。

  世界を騒がせた移籍がついに正式決定だ。先日、すでにメディカルチェックが発表されていたポグバのユナイテッド復帰が正式に発表となった。契約期間は5年間。さらに1年の延長オプションがつく。

移籍金は公表されていないが、史上最高額と言われる。ポグバはユナイテッドの公式サイトで次のように喜びを表した。

  「再びユナイテッドに加わることができてうれしい。ずっと心の中の特別な場所にあったクラブだ。ジョゼ・モウリーニョ監督と仕事をするのが本当に待ち遠しい。ユヴェントスでの時間をずっと楽しんできたし、友人でもある選手たちと素晴らしいクラブでファンタスティックな思い出を残せた。でも、オールド・トラフォードに戻るのに正しいタイミングだと感じたんだ。僕はずっとファンの前でのプレーを楽しんできた。チームに貢献するのが待ち遠しい。僕が望むすべてを成し遂げるために、僕にとって適切なクラブだ」

 モウリーニョ監督は次のように述べている。

  「ポールは世界最高の選手の一人であり、私がこれからつくりたいと思っているユナイテッドのチームの重要な一員となるだろう。彼にはスピード、強さがあり、得点も挙げられる。彼より年上の選手たちよりもずっとうまく試合を読むことができるんだ。彼は若く、これから成長を続けるだろう。これから10年以上のこのクラブの心をつかむチャンスがある」

  また、ポグバは自身のツイッターでユヴェントスに感謝の言葉を述べている。

  「ユヴェントスとすべてのユヴェンティーニに感謝している。サヨナラに意味はない。大事なのは僕らが一緒に過ごした時間だ」

http://news.livedoor.com/article/detail/11866811/
【【海外の反応】マンチェスターユナイテッドがポグバ獲得を正式に発表】の続きを読む

このページのトップヘ