サッカー

CqUV3KNWEAE4okX
岡崎が先発出場 レスターとアーセナルはドローでともに初白星お預け

 プレミアリーグ第2節が20日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとアーセナルが対戦した。岡崎は先発出場を果たしている。

 昨シーズンに“奇跡の優勝”を果たしたレスターだが、王者として迎えた今シーズン開幕戦は、昇格組のハルを相手に敵地でまさかの敗戦。1992年のプレ ミアリーグ創設以降、開幕戦で前年度王者が敗れたのは初のことで、レスターは不名誉な記録とともに新シーズンのスタートを切った。ホーム開幕戦となった今 節、王者として連敗は避けたいところ。

 対して昨シーズン2位のアーセナルも、開幕節でリヴァプールと打ち合いの末に敗戦。黒星スタートとなったが、今節は昨シーズン唯一2連勝を挙げたレスターとの対戦となった。得意な相手から、今シーズン初白星を狙う。

 試合はアーセナルが主導権を握る。25分、アレックス・オックスレイド・チェンバレンが左サイドから中央へ切り込み、ペナルティエリア手前で右足を振り 抜くが、シュートはわずかに枠の右に外れた。31分には、左サイドのFKでサンティ・カソルラがゴールへ向かうクロスを供給。中央で誰も触れないままボー ルはゴール右隅を捉えるが、GKカスパー・シュマイケルに弾き出された。

 レスターもカウンターを中心に攻撃を作るが、決定的なチャンスを作れないまま、前半をスコアレスで折り返す。

 後半に入って50分、レスターにアクシデントが発生する。ナンパリス・メンディが右足首を負傷。軽い治療後に一度はピッチに戻ったが、続行不可能で53分にアンディ・キングとの交代を強いられた。

 レスターは56分、ペナルティエリア手前右で得たFKで、リヤド・マフレズが直接狙うが、強烈なシュートはわずかにクロスバー上に外れた。67分、岡崎を下げてレオナルド・ウジョアを投入する。

 一方のアーセナルは73分、グラニト・ジャカとサンティ・カソルラに代えて、ジャック・ウィルシャーとメスト・エジルをピッチに送り出す。さらに78分には、チェンバレンを下げてオリヴィエ・ジルーを入れた。

 レスターは87分にマーク・オルブライトンに代えてアーメド・ムサを投入。後半アディショナルタイム2分、エリア内右に抜け出したマフレズが右足を振り 抜くが、シュートは相手GKペトル・チェフの好セーブに阻まれる。さらに同3分には、エリア手前中央で得たFKで、ダニー・ドリンクウォーターが右足で直 接狙うが、ウジョアに当たってオフサイドの判定となった。

 両チームとも最後までゴールに迫ったが、スコアは動かないまま終了。レスターとアーセナルは0-0の引き分けに終わり、両者ともリーグ戦初白星を逃した。

 レスターは次節、27日にホームでスウォンジーと対戦。アーセナルは同日にワトフォードとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
レスター 0-0 アーセナル

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160821-00482322-soccerk-socc
【【海外の反応】「岡崎が居た方がバランスが取れる」岡崎先発のレスターシティはアーセナルと引き分ける】の続きを読む

t


【【海外の反応】海外「90年代のMLSで行われていた独特なPK戦を見てみよう」】の続きを読む

CqFLJK8WAAAKTAA
マフレズの去就がついに決着!! レスターと2020年まで契約を延長!!

▽レスター・シティは17日、同クラブに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズとの契約延長を発表した。新契約は2020年6月までとなる。

▽昨シーズンのレスター・シティで、リーグ戦37試合で17ゴール11アシストをマークし、プレミアリーグ優勝に大きく貢献したマフレズ。PFA年間最優秀選手賞を受賞した同選手に対してはアーセナルなどのクラブが獲得に興味を示していると噂されており、選手自身も去就について明言を避けていたためその動向が注目を集めていた。

▽主力選手の残留に成功したレスターは、公式サイト上で「リヤド・マフレズと新たな契約を結んだことが発表できて嬉しく思う」と喜びを示した。 

▽昨季のプレミアリーグ王者であるレスター・シティは、中盤の心臓であるフランス代表MFエンゴロ・カンテが、チェルシーに引き抜かれた。しかしアーセナルが興味を示したと言われているイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディは残留しており、今回マフレズも残留したことで主力選手の放出を最小限にとどめた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11903031
【【海外の反応】「最高のタイミングだ」マフレズのレスター残留が決定! クラブが契約延長を発表!】の続きを読む

372EF39600000578-3738735-image-m-52_1471095913045
ムサはウィングで岡崎をトップに 開幕節落としたレスターに英紙「岡崎のスキルを軽視すべきではなかった」

岡崎の重要性を力説
レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司が逆説的に自身の価値を高めている。

13日に行われたプレミアリーグ第1節。王者レスターはハル・シティと対戦したが、スタメン表に岡崎の名前はなかった。クラウディオ・ラニエリ監督は新戦 力のアーメド・ムサとエース、ジェイミー・バーディのツートップを選んだのだ。結果として岡崎のいないレスターは守備力や連動性に欠け、昇格組を前に 1-2で敗れている。

この結果を受け、英『Leicester Mercury』は岡崎の影響の大きさを実感しているようだ。同紙は「岡崎のサポートストライカーとしてのスキルを軽視すべきではなかった。岡崎はプレ シーズンで最もキレのある動きを見せていた選手の一人だ。この試合でも22分の出場となったが、岡崎はいくつものチャンスを作り出し、利他的な動きとス ピードで違いを生み出していた」と絶賛し、岡崎の途中出場を惜しんだ。

また、ムサの動きにも言及し、「彼の動きは効果的だが、ウィングでもいいはずだ。スタメンには岡崎を含めるべきだろう」としている。

開幕戦を落としたレスターにメンバーのテコ入れは必至だ。次節、昨季の優勝メンバーである岡崎はスタメンに名を連ねることになるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160815-00010023-theworld-socc
【【海外の反応】アーセナル戦を前に岡崎慎司の先発復帰を望むレスターシティサポーター】の続きを読む

tp

【【海外の反応】プリシッチ、ドルトムント離脱を検討か】の続きを読む

このページのトップヘ