▼ 外国人選手

top
Barcelona superstar Messi lives in a plus neighbourhood near Barcelona with his young family
メッシ 騒音トラブルで隣家買い上げ

 スペイン1部リーグ、バルセロナのFWリオネル・メッシ(29)がご近所トラブルで隣家を丸ごと買い上げた。

7日付の英紙「ザ・サン」(電子版)は、近所に住むバルセロナの同僚MFイバン・ラキティッチ(28)が「彼(メッシ)は隣人が非常にうるさかったから、家ごと買い上げるしかなかったようだ」と話したと報じた。      

メッシはバルセロナ郊外の高級住宅地カステイダフェルスに自宅を構えている。

スペイン紙「マルカ」などによると、メッシの隣人が金銭面の理由からいくつかの部屋を貸し出したところ、多くの人間が出入りするようになり、ときには部屋で大音量の音楽を流すようになった。      

騒音に悩むメッシ家は隔壁などの対策を検討したが、建築規則で断念。そこで裁判所に提訴した結果、メッシが隣家を買い取ることで合意した。

購入額などは明らかになっていないが、莫大な額となったのは間違いない。

敷地は約2エーカー(約2448坪)にもなり、新たな住居を建築する予定だという。
【【海外の反応】メッシ、騒音トラブルで隣家ごと買い取る】の続きを読む

【【海外の反応】「狂ってる」クロップの第4審判に詰め寄り叫ぶ様子が話題に】の続きを読む

1
リヴァプールのエースは卓球ガチ勢!クロップとのマジ対決が熱い

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、フィリペ・コウチーニョとロベルト・フィルミーノと卓球対決を行った。 

クロップがタッグを組んだのは、イギリスの大学チャンピオンだという中国人女性のリュ・ハオユーさん。対戦はなかなかの熱戦に!

 コウチーニョとフィルミーノはなかなかの腕前で、2人が「ペンホルダー」でプレーできることにリュさんも驚いていた。

 一方、「(卓球は)素晴らしいゲームだし、たくさんプレーしたよ。でも、ここ30年はあまりやってないんだけど!」と語っていたクロップは、勢い余ってラケットをブン投げてしまうシーンも…。

これ以外にもミスショット直後に「(今のシーンは?)カット!」と口走っていたクロップ。それでもチームは勝利し、「彼女が助けてくれた」と本音がぽろり…。

https://qoly.jp/2017/01/21/coutinho-firmino-vs-klopp-table-tennis-iks-1
【【海外の反応】「意外と上手」クロップとリバプールの選手達が卓球対決!】の続きを読む

jpg large
憧れのメッシと入場=アフガン「レジ袋」男児、夢かなう

【ドーハAFP=時事】サッカー・アルゼンチン代表のメッシに憧れ、名前を手書きしたレジ袋のユニホーム姿が話題になったアフガニスタンの6歳の男児が13日、夢をかなえた。

 メッシが所属するスペイン・バルセロナがカタールのドーハで行った親善試合で、メッシと手をつないで入場した。

 男児は、アフガン南部ガズニ州に住むムルタザ・アフマディ君。貧しい家庭でレプリカのユニホームを買えないため、レジ袋にペンでメッシの名前と背番号「10」を書いて作ったアルゼンチン代表ユニホームを着用。その姿が今年初め、インターネットに掲載され、世界中の話題になった。

 アフマディ君は「ヒーローに会えてとてもうれしい。僕の夢だった」と大喜び。2人の対面を企画した2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会組織委員会はツイッターで「世界が見たかった光景だ。6歳の少年の夢がついにかなった」とコメントした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000170-jij-asia
【【海外の反応】ポリ袋のユニフォームを着たアフガン少年、ついに憧れのメッシ本人と対面!】の続きを読む

top
ユルゲン・クロップ、選手のミスに対し"罵声"を上げたアンフィールドの観衆を激しく非難

そのエラーはファンの目を引いた
残留争い組を相手に得点出来ずにいる自分達のチームに彼らは苛立ちを募らせていたのだ

しかし、クロップはこれを認めなかった
彼の選手達が苦戦する中、ファンに対し荒々しいジェスチャーを交えながらチームをサポートするよう叫んだ

そのドイツ人の努力は実を結んだように見えた
観衆は数分後には元気な声を上げていたのだ

そしてついには、チームがバックネットを揺らすように奮い立たせることが出来たのだ

Liverpool boss Jurgen Klopp blasts the Anfield crowd after fans groan at mistake
【【海外の反応】試合を変えた? クロップが観衆に怒りを爆発させる姿が話題に】の続きを読む

このページのトップヘ