香川 真司

top
香川真司先発のドルト、首位バイエルンに敗戦。ライプツィヒに抜かれ3位転落

【ドルトムント 1-3 バイエルン ブンデスリーガ第11節】

 現地時間4日にブンデスリーガ第11節の試合が行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンをホームに迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。試合開始して17分、ハメス・ロドリゲスからパスを受けたアリエン・ロッベンが強烈なシュートをゴールに叩き込みバイエルンが先制。対するドルトムントも30分、アンドリー・ヤルモレンコに決定機が訪れたがシュートはGKスベン・ウルライヒに止められてしまう。

 続く31分には香川にチャンスが訪れた。しかし、惜しくもシュートはゴール右に外れる。すると38分、ヨシュア・キミッヒからのパスをロベルト・レバンドフスキがヒールで合わせてバイエルンが追加点を決めた。

 さらに67分、ダビド・アラバのクロスをGKロマン・ビュルキが触るも止めきることが出来ず3失点目。それでも88分、パス回しからバイエルンの守備を崩しマルク・バルトラが1点を返す。

 ただ、反撃は1点だけにとどまりドルトムントは1-3の敗戦を喫した。ライプツィヒがハノーファー相手に2-1の勝利をおさめたため、ドルトムントを抜いて2位浮上。ドルトムントは3位に転落している。

【得点者】
17分 0-1 ロッベン(バイエルン)
38分 0-2 レバンドフスキ(バイエルン)
67分 0-3 アラバ(バイエルン)
88分 1-3 バルトラ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171105-00238910-footballc-socc
【【海外の反応】香川惜しいシュートも..途中交代にファンは疑問の声 ドルトムントはバイエルンに1-3で敗北】の続きを読む

top
CLでアシストマークの香川真司、独誌はMOMに選出「“守備の砦”を崩せたのは彼のみ」

ボルシア・ドルトムントのMF香川真司は1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアポエル戦でアシストを記録。そのパフォーマンスは現地メディアでは高く評価され、ドイツ誌『キッカー』でもマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれた。

決勝ラウンド進出に望みをつなぐため、ドルトムントにとって、ほぼ最後のチャンスとなったグループH第4節アポエル戦。試合は1-1の引き分けに終わり、CLグループステージ敗退が濃厚となったが、その中で香川はチャンスメークやシュートを再三試みる力強いパフォーマンスを披露した。

そして、29分にはラファエル・ゲレイロによる先制弾をダイレクトパスでアシスト。そんな香川のプレーを、地元メディアの『WAZ』は「2」、『レヴィアシュポルト』は「2-(マイナス)」として、チーム単独トップの評価を下した。『ルールナハリヒテン』ではゲレイロに次ぐ「3」とチーム2位の採点となっている。

翌日の『キッカー』の評価でも、香川のプレーを「2.5」とチーム単独最高の評価。マッチレポートを「“守備の砦”を崩せたのは香川のみ」と題した同誌は、日本代表MFをMOMにも選出し、寸評では「ドルトムントの攻撃的アクションの大半に関与。香川のひらめきが先制ゴールの起点となった」と記した。

ピーター・ボス監督の下ではこれまでベンチスタートが多かった香川。ドルトムントには4日のブンデスリーガ第11節ではバイエルン・ミュンヘンとのビッグゲームが待っているが、オランダ人指揮官は大一番での香川のスタメン起用を検討するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171102-00000020-goal-socc
【【海外の反応】「魔法だ」香川真司、目の覚めるような極上のフリックで先制点をアシスト! 独誌選出のMOTMに ドルトムントは猛攻見せるもアポエルとドロー、GL突破は絶望的な状況に】の続きを読む

top
フル出場で1ゴール1アシストも満足せず…香川真司「ポジションを争う上でとても必要な事」

 ドルトムントに所属するMF香川真司がブログ(https://lineblog.me/kagawa/)を更新し、スタメン定着に意欲をみせた。

 24日、ドルトムントはDFBポカール(ドイツ国内杯)2回戦でマクデブルク(3部)のホームに乗り込み、5-0で大勝した。公式戦2試合ぶりの先発となった香川は、3-0の後半34分にショートコーナーからDFマルク・バルトラのゴールをアシスト。さらに45分には、FWマキシミリアン・フィリップのヒールパスからダメ押しゴールを決め、チームの16強入りに大きく貢献した。

 試合後、香川はブログを更新。「今日の試合。しっかり勝てた事。そして、数字という部分で得点やアシストがついた事。90分試合に出場ができた事。当たり前かもしれませんが、このチームのポジションを争う上でとても必要な事」と綴り、スタメン定着に向けて結果を残し続けることを誓った。

 香川は今季公式戦15試合を終え、10試合出場で3ゴール2アシストと結果を残しているが、先発出場は5試合にとどまっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-01645509-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川真司、見事な美しいゴールを決めて2点に絡む、ドルトムントはマグデブルクに5-0で勝利 3回戦進出【ポカール】】の続きを読む

香川真司の芸術的ループ弾がリーグ月間ベストゴールに。得票率はダントツ

ブンデスリーガ公式サイトは13日、9月のリーグベストゴールにボルシア・ドルトムントのMF香川真司が決めた芸術的ループシュートが選ばれたことを発表した。

 ブンデスリーガは9月のリーグ戦で決まった得点から10ゴールを選出し、公式フェイスブックとYouTubeチャンネルを通じてベストゴールのユーザー投票を行った。その結果、香川が43%の得票率でトップに。2位のカイウビ(アウクスブルク)が14%の得票率で、香川がダントツとなっている。

 香川は9月30日、ブンデスリーガ第7節のアウクスブルク戦で見事なループシュートを決めており、多くの称賛のコメントが寄せられた。

 ブンデスリーガの日本人選手最多得点記録を塗り替えた香川。これからもファンの記憶に刻まれるスーパーゴールを決めるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171013-00235807-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司の美しいチップゴールがブンデス公式の選ぶ9月の最優秀ゴールに輝く!】の続きを読む

imago30133886h-e1506782095765-1170x658
香川の技ありループが決勝点!ドルト、苦しみながらも4連勝で無敗&首位キープ

[9.30 ブンデスリーガ第7節 アウクスブルク1-2ドルトムント]

 ブンデスリーガは30日、第7節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でアウクスブルクと対戦し、2-1で競り勝った。2試合ぶりの先発となった香川は1-1の前半23分に2試合ぶり今季2得点目となる勝ち越しゴール。ブンデスリーガでの通算得点数を「38」に伸ばし、通算37ゴールでFW岡崎慎司(現レスター・シティ)と並んでいたブンデスリーガ日本人選手最多得点記録も更新した。

 香川のキックから先制点が生まれた。前半4分、左CKのキッカーを務めた香川が右足で蹴り込むと、ゴール前でこぼれたボールをFWアンドリー・ヤルモレンコが左足ヒールで押し込んだ。

 ヤルモレンコのブンデスリーガ初ゴールで先制したドルトムントだが、アウクスブルクも前半11分、DFフィリップ・マックスの左クロスにMFカイウビが頭で合わせ、1-1の同点。立ち上がりから点を取り合う展開となる中、香川が技ありのビューティフルゴールで勝ち越しゴールを奪った。

 前半23分、敵陣PA付近で相手守備陣の連係ミスを突いたFWピエール・エメリク・オーバメヤンがボールを奪ってマイナスのパス。これをヤルモレンコがワンタッチで横に流し、香川が右足のループシュートで鮮やかにゴールネットを揺らした。

 香川は今季リーグ戦初先発で初ゴールを決めた20日のハンブルガーSV戦(3-0)以来、2試合ぶりの得点となったが、先発した試合では2試合連続ゴール。ブンデスリーガ通算38ゴールとし、岡崎がシュツットガルト、マインツ時代に記録した37ゴールを抜いてブンデスリーガ日本人最多得点記録を塗り替えた。

 その後もアウクスブルクを攻め立てるドルトムントだが、相次ぐ決定機を生かせない。前半32分、DFマルク・バルトラのロングフィードにオーバメヤンが反応。ゴール前に抜け出し、GKと1対1を迎えたが、フェイントを入れてドリブルでかわそうとしたところをGKに止められ、シュートを打ち切れなかった。

 前半アディショナルタイムにはMFクリスティアン・プリシッチのスルーパスに香川が反応。左足を振り抜いたが、バウンドに合わせられず、シュートは大きくクロスバーを越えた。

 1点リードで折り返した後半立ち上がりはアウクスブルクの反撃に遭ったドルトムント。後半12分にはMFマフムード・ダフードに代えてMFゴンサロ・カストロを投入するが、なかなか流れが変わらない。アウクスブルクは後半14分、左CKにカイウビが頭で合わせたが、GKロマン・ビュルキがビッグセーブ。その後のピンチもビュルキの好セーブでしのぐなど、ドルトムントは我慢の時間が続いた。

 後半26分にはプリシッチの右クロスにオーバメヤンが頭で合わせたが、GKの正面を突く。ようやく訪れた追加点のチャンスだったが、エースが決め切れなかった。

 後半33分、アウクスブルクがCKを獲得したタイミングで主審はビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)からの助言を受け、その2分前にドルトムントのFKの場面でアウクスブルクにファウルがあったとしてPKを宣告。MFゴンサロ・カストロのFKは相手GKにキャッチされ、そのままカウンターからアウクスブルクがCKまで獲得していたが、カストロのキックの場面でPA内でDFルーカス・ピシュチェクがMFク・ジャチョルに倒されており、映像を見返した末にこれをファウルと判断した。

 思わぬ形でPKのチャンスを迎えたドルトムントだったが、オーバメヤンがチップキック気味に正面を狙ったキックはGKに読まれ、微動だにしなかったGKが正面でキャッチした。絶好の追加点の好機を逃し、後半36分には香川に代えてDFエメル・トプラクを投入したドルトムントは3バックにシステムを変更して逃げ切りを図る。終盤も苦しい展開だったが、同点ゴールを許さず、2-1で勝利。苦しみながらも4連勝で開幕から7戦無敗(6勝1分)とし、首位もキープした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-01644629-gekisaka-socc
【【海外の反応】「天才だ」香川がまた魅せた! 芸術チップ弾で決勝ゴールを記録! 日本人最多得点記録も更新! ドルトムントはアウグスブルクに勝利し無敗の4連勝! 】の続きを読む

このページのトップヘ