香川 真司

C_uomNvXcAAwWSG
香川、独紙がチーム最高評価! 多くのチャンスに絡み「攻撃的で最高だった」

現地時間13日にブンデスリーガ第33節の試合が行われ、ドルトムントはアウグスブルクと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合でフル出場を果たした日本代表MF香川真司はピエール・エメリク・オーバメヤンの同点弾をアシストしている。

 1点取られて追いかける展開となった32分、アウグスブルクの守備陣がクリアしたボールを香川が拾い、ゴール真正面からシュートを放った。そして、ゴール前にいたピエール・エメリク・オーバメヤンがボールの起動を変えて同点弾を決めている。

 独紙『ビルト』は香川に対してチーム最高評価となる「2.0」の点数をつけた。ゴールを決めたオーバメヤンには「3.0」、マルコ・ロイスやラファエル・ゲレイロ、ウカシュ・ピシュチェクには「4.0」の採点をつけている。(ドイツの採点は「6」が最低で「1」が最高)

 また、独紙『ルール・ナハリヒテン』は香川に対してGKロマン・ビュルキやマルセル・シュメルツァーと共にチーム最高評価となる「2.5」の評価をつけた。独紙『デア・ヴェステン』ではGKビュルキやソクラティス・パパスタソプーロスと同じく「2.5」のチーム最高評価。寸評では「おそらく意図しなかった32分のアシスト。61分にはオーバメヤンの頭に合わせるエッジの効いたパス。いくつか悪いパスもあったが、攻撃は最高だった」と評価している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170514-00010003-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司がアウグスブルク戦で同点弾をアシスト! 攻撃を率いたパフォーマンスを独紙やファンが高評価!】の続きを読む

C_J5Pv4XkAEyniA
ドルト、オフサイドゴールに疑惑のPKも…2得点決めて上位対決制し3位浮上

【ドルトムント 2-1 ホッフェンハイム ブンデスリーガ第32節】

 現地時間6日にブンデスリーガ第32節の試合が行われ、4位ドルトムントは3位ホッフェンハイムと対戦。マルコ・ロイスなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが2-1の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はベンチスタートとなった。試合開始して4分、ラファエル・ゲレイロが浮き玉のパスを前線に送ってゴンサロ・カストロが触り、DF裏に飛び出したマルコ・ロイスがシュートを放ってゴールを決めている。

 カストロが触った時点でロイスがオフサイドのポジションにいた可能性が高かったため、ホッフェンハイムの選手が線審に詰め寄ったがゴール判定は覆らなかった。

 さらに12分、ドルトムントの選手が送ったパスがロイスの腕に当たったように見えた後、ゴール前に入れたボールがホッフェンハイムの選手のハンドを誘いPK獲得。しかし、ピエール・エメリク・オーバメヤンのPKはゴール左に外れた。

 それでも82分、ゲレイロが放ったシュートはポストに弾かれるもオーバメヤンが頭で押し込んでドルトムントに2点目が入る。対するホッフェンハイムは85分、マティアス・ギンターがペナルティエリア内でファールを犯したことでホッフェンハイムにPKのチャンスが与えられると、アンドレイ・クラマリッチがしっかりとゴールを決めて1点を返した。

 結局、リードを守りきったドルトムントが2-1の勝利をおさめている。この結果、両チームの順位が入れ替わりドルトムントは3位に浮上した。ベンチ入りした香川は80分に途中出場を果たしている。

【得点者】
4分 1-0 ロイス(ドルトムント)
82分 2-0 オーバメヤン(ドルトムント)
85分 2-1 クラマリッチ(ホッフェンハイム)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170507-00010000-footballc-socc
【【海外の反応】香川は途中出場、ドルトムントはホッフェンハイムとの直接対決を制し3位に浮上】の続きを読む

18156363_1832396773438961_3561616711961498010_o
... will noch nicht so ganz. // It's complicated.
ドルトムント、猛攻実らずケルンとドロー…香川は先発で好機演出、大迫は欠場

ブンデスリーガ第31節が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと同代表FW大迫勇也の所属するケルンが対戦した。香川はトップ下で公式戦3試合ぶりの先発出場。大迫は扁桃腺炎によりメンバー外となった。

 26日のDFBポカール準決勝で宿敵バイエルンを撃破したドルトムント。その勢いのまま今節はホームでリーグ戦3連勝を目指す。一方のケルンは3試合白星から遠ざかっており、ヨーロッパリーグ出場権獲得に望みをつなぐためにも、勝ち点3を収めたいところ。

 試合は立ち上がりからドルトムントが主導権を握る。14分、エリア内左に抜け出した香川の折り返しを、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右足で合わせてゴールネットを揺らす。だが、香川のオフサイドをとられ、ゴールは認められなかった。27分には、オーバメヤンがスピードに乗ってエリア内左へ突破し、マイナスの折り返し。中央に走り込んだマルコ・ロイスが右足で合わせるが、シュートはクロスバー上に外れた。

 一方のケルンは29分、ミロシュ・ヨイッチがエリア内右に抜け出してフリーで右足シュート。32分にはレオナルド・ビッテンコートがエリア内左からシュートを放つが、いずれも枠を捉えられなかった。

 ドルトムントは34分、香川のスルーパスに反応したロイスがエリア内中央でシュートを放つが、相手GKにブロックされる。こぼれ球にゴンサロ・カストロが頭で合わせ、ゴール前のロイスが触ってネットを揺らすが、これもオフサイドの判定でノーゴールとなった。

 後半に入って50分、ドルトムントは香川のパスを受けたマルセル・シュメルツァーが、エリア手前左から強烈なミドルシュートで狙うが、相手GKの好セーブに阻まれる。65分にはエリア内中央に走り込んだ香川が、右サイドからの折り返しを右足ダイレクトで合わせるが、シュートは枠の上に外れた。

 ドルトムントは直後の66分、ロイスと香川を下げて、ウスマン・デンベレとラファエル・ゲレイロをピッチに送り出す。その後も猛攻を続けたが、それでもゴールは遠い。後半アディショナルタイム2分には、途中出場のウカシュ・ピシュチェクのロングボールから、ゲレイロがエリア内左でヘディングシュート。しかしこれも相手GKの好セーブに阻まれた。

 試合はこのままスコアレスで終了。ドルトムントは連勝が3で止まり、ケルンは4試合未勝利となった。

 ドルトムントは次節、6日にホームでホッフェンハイムと対戦。ケルンは5日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 0-0 ケルン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00581790-soccerk-socc
【【海外の反応】香川は途中交代、ドルトムントは大迫欠場のケルンと引き分ける】の続きを読む

18121747_1828060417205930_8117526247746535758_o
ドルト、バイエルンに競り勝ちドイツ杯決勝進出! 香川は2戦連続出場なし

【バイエルン 2-3 ドルトムント ドイツ杯 準決勝】

 現地時間26日にドイツ杯(DFBポカール)準決勝の試合が行われ、ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと対戦。ウスマン・デンベレなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが3-2の勝利をおさめている。この結果、フランクフルトが待つ決勝に進出することになった。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はベンチスタートとなった。試合開始して19分、ハビ・マルティネスのバックパスを拾ったラファエル・ゲレイロがゴールに向かってシュートを放つ。GKスベン・ウルライヒに弾かれた後にゴールポストにも弾かれるが、そのこぼれ球をマルコ・ロイスが押し込んでドルトムントに先制点が入る。

 しかし28分、コーナーキックからマルティネスにヘディングシュートをゴールに叩き込まれ同点に追いつかれてしまう。続く42分、フランク・リベリーからパスを受けたマッツ・フンメルスにダイレクトでシュートを打たれ逆転を許してしまった。

 それでも69分、ウスマン・デンベレの浮き玉のパスをピエール・エメリク・オーバメヤンが頭で押し込んで同点に追いつく。さらに74分、カウンターから一気にゴール前まで攻め込みパスをつないでデンベレが勝ち越し点を決めた。結局、ドルトムントはリードを守りきり3-2の勝利をおさめている。香川はベンチ入りしたものの公式戦2試合連続で出場することなく試合を終えた。

【得点者】
19分 0-1 ロイス(ドルトムント)
28分 1-1 マルティネス(バイエルン)
42分 2-1 フンメルス(バイエルン)
69分 2-2 オーバメヤン(ドルトムント)
74分 2-3 デンベレ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170427-00010002-footballc-socc
【【海外の反応】香川は出番なし...バイエルンの猛攻を凌いだドルトムントが3-2で激闘を制し決勝へ!【DFBポカール】】の続きを読む

17917522_1817191661626139_7843404160764310676_o
香川フル出場のドルトムント、反撃及ばずCL敗退…モナコが13年ぶりの準決勝

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが19日に行われ、モナコと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はトップ下で先発出場した。

 ドルトムントはホームでの第1戦で2-3の敗戦を喫したが、それでも香川の1ゴール1アシストの活躍で望みをつないだ。第1戦前には爆発事件に遭ったが、トーマス・トゥヘル監督は「先週に起こった事件は、私たちをさらに強くした」と語り、チーム一丸で逆転突破を目指す。先発メンバーには香川に加え、マルコ・ロイス、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ラファエル・ゲレイロらが名を連ねた。

一方、先勝したモナコは今シーズンのCLで無敗を誇るホームで、13年ぶりの準決勝進出を狙う。ファビーニョが出場停止で欠場するが、逆にティエムエ・バカヨコが出場停止処分から復帰。第1戦で2得点のキリアン・ムバペ、主将のラダメル・ファルカオ、ジョアン・モウティーニョ、ベルナルド・シルヴァらがスタメンに入った。

 試合は開始3分に動く。モナコはバンジャマン・メンディがペナルティエリア手前左から強烈なミドルシュート。これはGKロマン・ビュルキに阻まれるが、こぼれ球をゴール前のムバペが右足で押し込み、先制点を奪った。

 出鼻を挫かれたドルトムントは10分、エリア内右のエリック・ドゥルムからの折り返しを、中央のロイスが右足ダイレクトで合わせるが、相手GKダニエル・スバシッチの正面。14分には、エリア手前右からのFKでヌリ・シャヒンが左足で直接狙うが、シュートは左ポストに弾き返された。

 攻勢に出ていたドルトムントだったが、逆にモナコに追加点を許してしまう。17分、トマ・ルマルがエリア手前左からクロスを入れると、中央のファルカオが頭で叩き込み、リードを広げた。4点以上が必要となったドルトムントは、トゥヘル監督が27分に早くも動く。ドゥルムを下げ、ウスマン・デンベレを投入して反撃を狙う。

 ドルトムントは40分、香川からのパスを受けたゲレイロがエリア内左から鋭い折り返しを入れるが、相手DFにブロックされる。41分には、香川がエリア手前左でFKを稼得すると、ロイスが右足でゴール右隅を狙うが、シュートはGKスバシッチにキャッチされた。

 2点ビハインドのまま折り返したドルトムントは47分、香川がエリア手前中央から左足シュートを放つが、相手GKにキャッチされた。だが直後に反撃が実る。48分、デンベレが右サイドをドリブルで突破し、深い位置からマイナスの折り返し。これを中央のロイスが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 モナコは65分、ロングパスで抜け出したファルカオがエリア内に進入し、キックフェイントで相手をかわして左足シュートを放つが、クロスバー上に外れた。67分、ファルカオを下げてナビル・ディラルを投入。69分には、ムバペがエリア内右に抜け出て右足シュートを放つが、GKビュルキの好セーブに阻まれた。

 ドルトムントは74分、香川のヘディングでの落としに反応したロイスが、エリア手前からダイレクトシュートを放つが、相手GKにセーブされた。モナコは81分、ムバペを下げてヴァレール・ジェルマンを投入。するとその直後、高い位置でボールを奪ったルマルが持ち上がり折り返しを入れると、ファーサイドに走り込んでいたジェルマンが流し込み、試合を決定付けるゴールを奪った。

 試合はこのまま終了し、ドルトムントは反撃が及ばず、1-3で敗戦。連勝したモナコが2試合合計6-3で13年ぶりの準決勝進出を果たした。

【スコア】
モナコ 3-1(2試合合計:6-3) ドルトムント

【得点者】
1-0 3分 キリアン・ムバペ(モナコ)
2-0 17分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
2-1 48分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
3-1 81分 ヴァレール・ジェルマン(モナコ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00578478-soccerk-socc
【【海外の反応】「胸を張るべき」香川先発、ドルトムントは敵地でモナコに逆転ならず...ベスト8敗退【CL準々決勝】】の続きを読む

このページのトップヘ