香川 真司

3CF9E29E00000578-4205712-image-a-34_1486594595595
ドルトムント、PK戦の末にヘルタ下しベスト8進出。4人交代でも香川は出場なし

ドルトムント 1-1(PK:3-2) ヘルタ ドイツ杯3回戦】

 現地時間8日にドイツ杯(DFBポカール)3回戦の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。延長戦でも決着がつかずPK戦の末にドルトムントが勝利をおさめベスト8進出を果たしている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はベンチスタートとなったが、ヘルタ所属の日本代表FW原口元気は2試合連続の先発出場を果たした。試合開始して27分、サロモン・カルーにクロスボールをダイレクトで合わせられ先制点を決められてしまう。

 それでも47分、ウスマン・デンベレからクリスティアン・プリシッチとつなぎ、最後にパスを受けたマルコ・ロイスが冷静にゴールを決めて同点に追いついた。試合は90分間でも決着がつかず延長戦へ。

 119分にソクラティス・パパスタソプーロスが主審に対して2回異議を唱えたことで2枚のイエローカードを提示され退場。1人少なくなったドルトムントだが、相手にゴールを許さず120分間の試合を終える。そして、ドルトムントはPK戦を3-2とし、ベスト8進出を果たしている。ドルトムントは4人まで交代枠を使ったものの香川は出場することなく試合を終えている。

【得点者】
27分 0-1 カルー(ヘルタ)
47分 1-1 ロイス(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170209-00010006-footballc-socc
【【海外の反応】ドルトムント、PK戦の末に原口先発のヘルタに勝利【ポカール】】の続きを読む

15675743_1840579179512915_9213057345607841948_o
រូបភាពលោក Keisuke Honda(Official)និងក្រុមការងារបានជួប Samdech Hun Sen, Cambodian Prime Minister នៅព្រឹកថ្ងៃទី ២៦/១២/២០១៦ | នៅ រដ្ឋសភាជាតិ
“スーパースター”本田はアジア屈指の人格者「カンボジアの子供たちへチャンスを与えたい」

世界中の子供たちに夢を与え続ける本田
イタリアのACミランに所属する日本代表FW本田圭佑が、ウィンターブレイクを利用してカンボジアを訪問した。

出場機会はなかったが、ユヴェントスとのイタリア・スーパーカップを戦い終えた後にプノンペン入りした本田。26日の午前中にカンボジアのフン・セン首相と面会し、午後からは現地の子供たちを集めてサッカー教室を開いていた。

そんな中、翌27日にカンボジアの地元紙『The CAMBODIA DAILY』が「サッカー界のスーパースターであり、アジアのトッププレイヤーでもある本田が、カンボジア人にキャリアを構築する機会を与えたいとコメントした」と報じた。

その際に「僕の父がしてくれたように、子供たちへチャンスを与えたいと思っている。いつかカンボジアの選手たちが、日本やヨーロッパでプロとしてプレイするときが来るかもしれない」と述べた本田のコメントなども取り上げている。

カンボジアリーグのシェムリアップ・アンコールFCの経営権を取得し、ソルティーロ・アンコールFCとして活動していくことも発表した本田。世界中の子供たちに夢を与え続ける彼は、アジア屈指の人格者なのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00010008-theworld-socc
【【海外の反応】「香川真司と有名人」「本田圭佑がカンボジアでサッカークリニックを開催!」】の続きを読む

school-bully-100325-02

【【海外の反応】サッカーに関する他人の共感を得られない持論【ドルトムント版】】の続きを読む

top
香川、オフの調整方針明かす「この期間でしっかりケア」

日本代表MF香川真司(27)=ドルトムント=が22日早朝、リーグ戦の冬季中断による休暇のため羽田空港着の全日空機で帰国した。

 今年最終戦となった現地20日のアウクスブルク戦(ホーム)に先発出場して、アシストをマーク。11月22日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)以来の公式戦出場を果たした。

 痛めている右足首の状態はまだ万全ではないといい、「この期間でしっかりケアをして、無理はできない。ただ、必要以上に休むこともできないのでバランスを考えて調整したい」とオフの調整方針を明かした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000523-sanspo-socc
【【海外の反応】香川真司、年内最終戦を終え日本に帰国】の続きを読む

top
香川、決定機でのシュートミスを悔やむ「あれは決めなくちゃいけない」

 現地時間20日にブンデスリーガ第16節の試合が行われ、ドルトムントはアウグスブルクと対戦し1-1の引き分けに終わった。この試合で日本代表MF香川真司は先発出場を果たしウスマン・デンベレのゴールをアシストしている。

 まず最初に香川は「うまくいってないです。攻守においてチームとしてのやりたいサッカーが全く連動できてないのかなというのは感じました」と語り、ドローに終わった試合を振り返った。

 続けて「デンベレは強烈な個の力があるんですけど、そこに頼りきっているところは正直あると思います。チームとして崩しにかかるところなどが今はない。後半に相手が疲れてきてスペースがちょっと生まれたら、そういうのはありますけど。今のクオリティからしたら前半から圧倒しなきゃいけないと思います」とコメントしている。

 一方で決定的なチャンスをゴールに結びつけることが出来なかった場面に関しては「あれは決めなくちゃいけない。僕のボールの感覚がちょっとずれていたというか。ああいうところで決めないとチャンスを逃すことになるし、ましてこういうチーム状況で外しているようじゃ、いけないことは百も承知です」と語り、シュートミスを悔やんだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161221-00010009-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、怪我明けでアシストも決定機逃す...ドルトムントは公式戦4試合連続ドロー】の続きを読む

このページのトップヘ