香川 真司

_95554183_gettyimages-666204530
ドルトムント監督、バイエルン戦完敗で香川ら欠場組にSOS 「エネルギー満タンで帰ってきて」

トゥヘル監督が主力離脱に悲鳴 モナコとのCL8強に向けて復帰求める

 ブンデスリーガ第28節の注目カード、バイエルン・ミュンヘン対ドルトムントという伝統の一戦が8日に行われ、ドルトムントは1-4と完敗を喫した。日本代表MF香川真司ら主力を大量に欠いたドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は11日に迎えるUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝モナコ戦に向けて、復権ぶりを示していた香川に「ただ帰ってくるだけじゃない。エネルギー満タンで帰ってきて」と悲鳴を上げている。衛星放送「スカイ・ドイツ」が報じた。

「デア・クラシカー」と呼ばれる伝統の一戦は一方的な展開となった。前半4分、DFラームの折り返しを、MFリベリーが右足で豪快に蹴り込んでバイエルンが先制すると、怒涛のゴールショーを展開。ドルトムントは攻撃的MFに入ったゲレーロのロケット砲のような一撃で反撃するのが精一杯だった。

 前節ハンブルガーSV戦で1得点1アシストと絶好調だった香川のみならず、MFヴァイグル、ゲッツェ、ロイス、シュールレ、ダルム、ピスチェクを欠いたトゥヘル監督は試合後、本拠地で行われるモナコとのCL8強初戦に視線を移していた。

「香川、ヴァイグル、ピスチェクという選手がモナコ戦に戻ってこられることを私は祈っている。ただ、復帰するだけじゃない。彼らには好調でエネルギー満タンでいてもらう必要が私にはある」


CLモナコ戦で香川は輝きを放つか

 トゥヘル監督は悲鳴を上げていた。香川のみならず、ボランチのヴァイグル、サイドバックのピスチェクは遠征メンバーから外れていた。香川は日本代表のアジア最終予選から抱えていた打撲が理由で、バイエルンとの戦いを回避。ヴァイグル、ピスチェクとともにドルトムントに残り、調整を続けていた。

 5試合連続で公式戦先発出場と全盛期を彷彿させるキレをピッチ上で示した香川は、ハンブルガーSV戦で1得点1アシストの爆発で3-0勝利の主役となった。ブンデスリーガ公式サイトの週間MVPにも選出されるほどだったが、トゥヘル監督はモナコ撃破に向けて、香川ら欠場組に万全であることを求めた。

 苛烈を極めた定位置争いで前半戦遅れを取っていた香川だが、指揮官からSOSが飛び出すほどの復権ぶりを示している。4強進出を目指すCLの大舞台で輝きを放てるだろうか。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00010007-soccermzw-socc
【【海外の反応】香川は負傷欠場、ドルトムントはバイエルンに1-4で完敗!】の続きを読む

com
1得点1アシストの香川に独紙がチーム最高評価 「壮麗なプレー」と絶賛

ドルトムントの快勝を導く活躍に、チーム単独トップの「1.5点」を与える

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間4日のハンブルガーSV戦に公式戦5試合連続スタメン出場を果たし、今季リーグ戦初ゴールを含む1ゴール1アシストと大暴れして、3-0快勝劇の立役者となった。ドイツメディアもチーム単独トップの「1.5点」を与え、「壮麗なプレー」と絶賛した。

 4-2-3-1システムのトップ下で攻撃のタクトを振るった香川は、前半から高いテクニックを連発。前半13分のMFカストロの直接FKは、MFモルが香川のヒールパスを受けて中央突破した流れから獲得したものだった。

 さらに同27分には、FWオーバメヤンへのヒールパスでGKとの1対1という決定機を演出した。チャンスメークに加えて、何度もゴール前に顔を出した香川に待望の瞬間が訪れたのは後半36分。左サイドを猛スピードで駆け上がったオーバメヤンからのクロスに右足で合わせて、今季リーグ戦での初ゴールをゲットした。さらに試合終了間際には、オーバメヤンへ“三度目の正直”となるラストパスを通して、ダメ押しゴールをアシストした。

 1得点1アシストと、前節シャルケ戦(1日/1-1)のアシストに続いて結果を残した香川に対し、ドイツ地元紙「WAZ」は「香川がハンブルガー戦でBVB最高の選手」と報じ、採点(1が最高、6が最低)ではチーム単独トップとなる1.5点を与えた。「中盤で際立っていた。常にプレーし、多くの場所に顔を出した」と多くのチャンスに絡んだ点を評価され、「彼は壮麗なプレーをした」と絶賛された。

 ビッグセーブを披露した守護神GKビュルキが2.5点で2位。香川と同じく1得点1アシストのオーバメヤン、先制点のカストロら4人が3点。デンベレ、DFバルトラら5人がワーストタイの4点だった。


前節に続く最高評価で完全復活をアピール

「ルールナハリヒテン」紙も、同じく香川が1.5点で単独チームトップ。ビュルキが2.5点で2位だった。オーバメヤン、カストロ、ピスチェクが3点。先発に抜擢された19歳MFモルら3選手が4点で最低点だった。

 前節シャルケ戦でもドイツメディアからチームトップ評価を受けていた香川。公式戦5試合連続スタメン出場と右肩上がりに調子を上げる“小さな魔法使い”が、完全復活を印象づけている。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010002-soccermzw-socc
【【海外の反応】「本当に嬉しい」香川真司が1G1Aの大暴れ! ブンデス公式が選ぶMOTMに! ドルトムントは3-0でハンブルガーSVに快勝!】の続きを読む

1491059737276
香川が先制点アシストも…ドルトムント、シャルケとのダービー戦はドロー決着

ブンデスリーガ第26節が4月1日に行われ、DF内田篤人の所属するシャルケと、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。

 暫定4位のドルトムントが、9位シャルケのホームに乗り込んでの“ルール・ダービー”。前回の対戦は昨年10月の第9節でスコアレスドローだった。通算4ゴールと同ダービーマッチに強い香川は、トップ下で4試合連続の先発出場。今シーズンのリーグ戦初ゴールに期待が高まる。メンバー外の内田はスタンドから試合を見守った。

 試合はドルトムントが主導権を握るが、なかなかゴールは生まれず膠着状態が続く。30分、ウスマン・デンベレがペナルティエリア手前中央から右足シュートを放つが、わずかに枠の右。34分、香川のダイレクトパスから、ピエール・エメリク・オーバメヤンが右サイドを抜け出し、エリア内で右足を振り抜くが、相手GKラルフ・フェアマンにブロックされた。

 スコアレスで折り返した後半53分、ドルトムントが先制に成功する。香川がデンベレのスルーパスでエリア内左に抜け出し、相手GKの前で横パス。これをオーバメヤンが流し込んで、先制点を奪った。香川は今シーズンのリーグ戦3アシスト目。オーバメヤンは同24得点目のゴール後、マスクを被るパフォーマンスを見せてイエローカードを受けた。

 シャルケは57分、左CKから主将のベネディクト・ヘーヴェデスが強烈なヘディングシュートを放つが、GKロマン・ビュルキに阻まれた。70分にはコケとベンジャミン・スタンブリを下げて、アレッサンドロ・シュプフとマックス・マイヤーを投入し、反撃を狙う。

 追加点を狙うドルトムントは73分、エリア内左でキープしたオーバメヤンが中央へクロス。香川がゴール前に走り込むが、わずかにボールが高く合わせることはできない。74分にはデンベレがエリア内左からゴール右隅を狙うが、シュートは右ポストに弾き返された。

 押し込まれていたシャルケだったが、76分に同点ゴールを奪う。エリア内左で、レオン・ゴレツカのヒールパスから、ティロ・ケーラーがダイレクトで右足を振り抜き、シュートをゴール左隅に突き刺した。

 ドルトムントは87分、香川を下げてクリスティアン・プリシッチを投入。オープンな展開となった終盤は、激しさも増して両チームが衝突するシーンも。終了間際にはドルトムントDFマルク・バルトラのハンド疑惑もあったが、最後までスコアは動かずタイムアップ。白熱のダービーマッチはドロー決着となった。

 シャルケは次節、4日にアウェイでブレーメンと対戦。ドルトムントは同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVをホームに迎える。

【スコア】
シャルケ 1-1 ドルトムント

【得点者】
0-1 53分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 77分 ティロ・ケーラー(シャルケ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00570495-soccerk-socc
【【海外の反応】香川真司、完璧なタイミングで抜け出し先制点をアシスト! ドルトムントは敵地でシャルケと引き分ける】の続きを読む

GettyImages-654576498
香川、3試合連続フル出場で自信取り戻す「自分をもっと表現したい」

 ボルシア・ドルトムントは、現地時間17日に行われたブンデスリーガ第25節でインゴルシュタットに1-0で勝利を収めた。

 この試合に先発出場したドルトムントの香川真司は、前半に先制点の起点となるスルーパスを通すなど90分間安定したプレーを披露。公式戦3試合連続フル出場で勝利に貢献した。

 ここ1週間で3試合をこなした香川だが、それまではベンチを温める日々が続いていた。そんな中でマルコ・ロイスが負傷したうえ、トーマス・トゥヘル監督がシステム変更に踏み切ったことなどもあってチャンスを掴んだ。

「きつすぎて、ヤバかったですね(苦笑)」と、3試合連続のフル出場を振り返った香川。インゴルシュタット戦は内容がよくなかっただけに、「試合後の疲労感はなかなかスゴかった」という。一方で自らのプレーは好感触だったようだ。

「(プレーに)手応えは感じてますし、自分の状況もいいと思っている。これを続けていくしかないのかなと。ただ、メンバーの層も厚いですし、目に見える結果も求められる。(結果を)常に求めていきたい。あとは自分自身のプレーを出さなきゃいけないと思っているので、個性あるチームの中で最終的に生き残っていくために、自分をもっともっと表現したい」

 リーグ戦は一旦中断となり、香川はこれから日本代表へと合流する。今の好調を維持して日本を勝利に導き、ドルトムントでの終盤戦に向けて弾みをつけたいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00010004-footballc-socc
【【海外の反応】香川真司、ターンからスルーパスで決勝点を演出! ドルトムントは1-0でインゴルシュタットに勝利】の続きを読む

image-1118168-galleryV9-vwrw-1118168
香川、2戦連続フル出場でゴールに絡む! ドルトムントは独3部下しドイツ杯準決勝進出

【シュポルトフロインデ 0-3 ドルトムント ドイツ杯 準々決勝】

 現地時間14日にドイツ杯(DFBポカール)準々決勝の試合が行われ、ドルトムントはドイツ3部のシュポルトフロインデ・ロッテと対戦。クリスティアン・プリシッチなどがゴールを積み重ね、ドルトムントが3-0の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はヘルタ・ベルリン戦に続いて先発出場を果たした。試合開始して49分、パスを受けた香川はダイレクトでゴールを狙うが決定的なチャンスをGKベネディクト・フェルナンデスにセーブされてしまう。

 すると57分、ウスマン・デンベレからのラストパスを受けたプリシッチが冷静に相手GKの位置を確認して先制ゴールを決めた。さらに66分、香川が浮いたボールをゴール前に放り込むと味方がヘディングで折り返したボールをアンドレ・シュールレが押し込みドルトムントに追加点が入る。

 83分にはマルセル・シュメルツァーがFKから直接ゴールを決めて3点目。結局、ドルトムントは3-0の勝利をおさめている。香川は2試合続けてフル出場を果たし、チームの勝利に貢献した。

【得点者】
57分 0-1 プリシッチ(ドルトムント)
66分 0-2 シュールレ(ドルトムント)
83分 0-3 シュメルツァー(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010002-footballc-socc
【【海外の反応】香川が2戦連続で得点に貢献、ドルトムントはロッテに3-0で快勝【DFBポカール】】の続きを読む

このページのトップヘ