香川 真司

top
英メディアが香川の高等テクニックを称賛 「鮮やか」「華麗」「魔法の瞬間を生み出した」

ヘルタ戦で原口ら相手3人に囲まれるも巧みに突破、香川の一連のプレーに賛辞

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間11日の第24節敵地ヘルタ・ベルリン戦(1-2)で公式戦10試合ぶりにフル出場し、今季2アシスト目をマークした。久しぶりのスタメン出場で躍動した背番号23の高等テクニックを英メディアが称賛している。

 香川は、ピエール・エメリク・オーバメヤンとアンドレ・シュールレの2トップの背後に構えるトップ下の位置で入った。試合開始早々の2分にシュールレへ絶妙なスルーパスを通してチャンスを演出するなど、この日はキレのあるドリブルとパスが冴え渡った。

 前半28分、自陣でこぼれ球を拾ったMFゴンサロ・カストロがドリブルで持ち上がると、センターサークル内で香川にスイッチ。香川は日本代表FW原口元気を含む3選手に囲まれる形となったが、両足でボールを巧みに操りこの包囲網を突破。そこから右足のアウトサイドで前方のオープンスペースへ走り込んだDFエリック・ドゥルムへスルーパスを通した。

 香川の一連のプレーを英メディア「GIVE ME SPORT」が「魔法の瞬間を生み出した」と絶賛。他にも「3対1から鮮やかに脱出」、「華麗なパス」、「天性の魔法」と賛辞の言葉が並んでいる。

 昨季、ドイツメディアで“小さな魔法使い”の愛称を与えられた香川はレギュラー落ちの屈辱を味わっているが、その魔法は失われていないと証明した。チームは1-2で敗れたが、香川は後半10分にFWオーバメヤンの同点ゴールをアシストするなど、レギュラー奪取に向けたアピールに成功している。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170313-00010020-soccermzw-socc

【【海外の反応】香川の異次元ドリブルが海外掲示板で話題に【ヘルタ戦】】の続きを読む

C6pjOg-W0AE2QQy
香川、10戦ぶり先発フル出場でアシスト記録! ドルトムントはヘルタに敗れる

【ヘルタ 2-1 ドルトムント ブンデスリーガ第24節】

 現地時間11日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦。サロモン・カルーなどにゴールを許し、ドルトムントは1-2の敗戦を喫している。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は1月21日のブレーメン戦以来となる公式戦10試合ぶりのスタメン出場を果たした。対するヘルタ所属の日本代表FW原口元気も先発出場を果たしている。

 試合開始して3分、香川は縦パスを送りアンドレ・シュールレのチャンスを演出。惜しくもゴールとはならず先制アシストにはならなかった。すると11分、最終ラインにいたマティアス・ギンターがプレッシャーをかけてきたヴェダド・イビセヴィッチにボールを奪われ、最後にパスを受けたサロモン・カルーに先制ゴールを決められてしまう。

 香川は縦パスから味方のチャンスを作り出し、37分にはドルブルで自らペナルティエリア内に侵入するなど積極的な攻撃を見せる。すると55分、香川の縦パスからピエール・エメリク・オーバメヤンが同点ゴールを決めた。香川はアシストを記録している。

 しかし71分、ヘルタがゴール前でFKのチャンスを獲得すると、これをマルヴィン・プラッテンハルトが直接決めて再びヘルタが勝ち越しに成功する。結局、ドルトムントは1点だけにとどまり1-2の敗戦を喫した。チャンスを演出した香川はフル出場を果たしている。

【得点者】
11分 1-0 カルー(ヘルタ)
55分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
71分 2-1 プラッテンハルト(ヘルタ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170312-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】香川キレキレ...同点アシストも! ドルトムントはヘルタに1-2で敗れる】の続きを読む

top
ドルトムントが逆転でベスト8進出…第1戦でPK失敗のオーバメヤンが汚名返上のハットトリック

 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが8日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとベンフィカが対戦した。

 ベンフィカの本拠地で行われたファーストレグを、0-1で落としたドルトムント。対ポルトガル勢とは全勝中という得意のホームで逆転突破を狙う。ラファエル・ゲレイロとマルコ・ロイスが負傷のため、ファーストレグからはスタメンを2名変更。ゴンサロ・カストロとクリスティアン・プリシッチが先発メンバーに名を連ねた。なお、香川はベンチスタートとなっている。対するベンフィカはファーストレグから3名を変更。アンドレアス・サマリス、アンドレ・アルメイダ、フランコ・セルビが先発した。

 試合は開始からわずか4分、デンベレのCKをプリシッチが頭で逸らすと、最後はピエール・エメリク・オーバメヤンが押し込み、ホームのドルトムントが2試合合計スコアで追いつく。9分にはドルトムントが自陣から高速カウンターを発動。オーバメヤンからのパスを受けたウスマン・デンベレがフィニッシュまで持ち込むが、このシュートは枠を捉えきれない。ベンフィカの決定機は32分、ピッツィのFKにルイゾンがヘディングで合わせたが、このシュートはGKロマン・ビュルキに阻まれた。

 前半は1-0でホームのドルトムントが1点のリードを奪い、勝負は後半へ。

 後半に入り59分、ウカシュ・ピシュチェクのスルーパスに抜け出したプリシッチが決めて、ドルトムントが2試合合計での勝ち越しに成功。さらにその直後の61分、駆け上がってきたシュメルツァーの折り返しに、オーバメヤンが詰めてドルトムントがリードをさらに広げる。

 82分にはデンベレに代わって、香川が投入される。突き放しにかかるドルトムントは85分、エリック・ドゥルムがグラウンダーのクロスを送ると、再びオーバメヤンが流し込みハットトリックを達成した。

 試合は4-0でタイムアップ。2試合合計4-1としたドルトムントが、3シーズンぶりとなるCLベスト8入りを果たした。

【スコア】
ドルトムント 4-0(2戦合計:4-1) ベンフィカ

【得点者】
1-0 4分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-0 59分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
3-0 61分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
4-0 85分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00560502-soccerk-socc
【【海外の反応】香川は80分から出場、ドルトムントは4-0でベンフィカに圧勝 CLベスト8に進出】の続きを読む

17097370_1748941125117860_7730242421059953851_o
トゥヘル「香川、シュールレらが練習のレベルを上げている」控え選手の働きを評価

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が控え選手たちの姿勢を高く評価している。『OMNISPORT』が伝えた。

ドルトムントは徐々に選手たちが復帰し、中盤のポジション争いは熾烈を極めている。4日に対戦し、6-2で快勝したレヴァークーゼン戦でも香川真司、クリスチャン・プリシッチ、アンドレ・シュールレといった選手が途中からの出場となったが、トゥヘルはこういった選手たちの姿勢がチームの底上げにつながってると話す。

「先発メンバーではない選手たちが、トレーニングのレベルを上げている。シュールレ、カガワ、プリシッチ、メリーノなど、全員がスタメンを奪うために戦っている。ギンターもだ。何人だって名前を挙げられる。みんながトレーニングのレベルを上げ、楽しいものにしてくれた。今後の試合のためにも、とても良い傾向だ」

香川、シュールレといった選手たちは出場機会をつかむことに苦労し、香川に関してはここ3試合すべて途中出場となっている。リーグ戦でも今シーズンは得点はないが、与えられたチャンスを一つ一つ生かすほか打開策はなさそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00000001-goal-socc&pos=5
【【海外の反応】香川は72分から出場、ドルトムントがレバークーゼンに6発快勝】の続きを読む

top
ドルトムント、2戦連続の3-0完封勝利。2発のオーバメヤンは得点ランク1位タイ

【フライブルク 0-3 ドルトムント ブンデスリーガ第22節】

 現地時間25日にブンデスリーガ第22節の試合が行われ、ドルトムントはフライブルクと対戦。ソクラティス・パパスタソプーロスなどがゴールを決めて、ドルトムントが3-0の勝利をおさめている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はこの日もベンチスタートとなった。試合開始して13分、FKからがヘディングシュートを決めてドルトムントに先制点が入る。さらに55分、マルコ・ロイスからパスを受けたピエール=エメリク・オーバメヤンがゴール前に走り込み冷静に追加点を決めた。

 続く70分、ウスマン・デンベレとエリック・ドゥルムの連携から、最後にオーバメヤンが押し込んで3点目を決めている。香川は76分にデンベレとの交代で途中出場を果たした。結局、ドルトムントは3-0の完封勝利をおさめている。オーバメヤンはゴール数を19得点にのばし、ハットトリックを達成して19得点に増やしたバイエルン・ミュンヘン所属のロベルト・レバンドフスキと得点ランキング首位で並んでいる。

【得点者】
13分 0-1 パパスタソプーロス(ドルトムント)
55分 0-2 オーバメヤン(ドルトムント)
70分 0-3 オーバメヤン(ドルトムント)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170226-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】香川は75分から出場、ドルトムントはフライブルクに3-0で勝利】の続きを読む

このページのトップヘ