日本代表

6aaa59075c55787cbea239ff743d5c09
サッカー日本代表、アジアカップ決勝後のロッカーに「ありがとう」 

サッカーの「AFC アジアカップ UAE 2019」決勝戦に出場し、カタールに1-3で敗戦し、準優勝となった日本代表。AFC アジアカップは4年に一度開催され、日本代表が決勝戦に進出するのは2大会ぶりだった。

そんな日本代表のロッカールームに、注目が集まっている。キレイに片付いた部屋には、ホワイトボードに日本語のほか、アラビア語と英語で「ありがとう!」と書かれていた。

アジアカップの公式Twitterアカウントが2月2日、写真と共に日本代表のロッカールームの使い方に拍手を送った。

【Japan leave the #AsianCup2019 dressing room spotless with thank you message in English, Arabic and Japanese! (拍手のマーク)】
「日本代表は、アジアカップ2019のロッカールームを一つの汚れもなく、『ありがとう』のメッセージを英語、アラビア語そして日本語で残して帰っていきました」

2日午後11時の時点で、このツイートは「いいね」が1万1000を超え、リプライ欄には日本代表とファンについて「負けたけれども、彼らはカタールにおめでとうと言っていた。尊敬します」という英語のコメントや、「カタール優勝おめでとう!」といった温かい日本語のコメントが続いた。

【「尊敬に値する」日本代表、綺麗にしたロッカールームとお礼の一言を残し大会を去る! 海外のファンから称賛の声【アジアカップ2019】】の続きを読む

DyVYhBzX0AECRwh
アジア王者奪還逃した日本代表…森保監督「相手の方が強かったということ」

日本代表は1日、アジアカップ2019決勝でカタール代表に1-3で敗れ、最多5度目の優勝を逃した。試合後、森保一監督がテレビインタビューに応えた。

日本は序盤からカタールの人数をかけないカウンターに苦慮。すると12分にアリのオーバーヘッドでカタールに先制を許す。さらに27分にもハティムにミドルを決められ追加点を献上。南野拓実が反撃の狼煙を上げるゴールを決めたが、その後吉田麻也のハンドでPKを献上。これを決められ1-3で敗れた。2大会ぶり5度目の優勝を期して臨んだ今大会は、準優勝で幕を閉じた。

森保監督は試合後、以下のように語った。

「我々もアジアカップ優勝を目標にしてやってきましたし、我々を応援してくれる方々も優勝を期待してしてくださっていたが、結果優勝できないのは非常に残念に思います。しかし、選手は準備のところからチームのために成長を掲げながらやってくれて、スタッフを支えてくれてというところ。チームに誇りを持ってもらえればと思います」

「負けたということは相手の方が強かったこと。しっかりとこの試合を分析して、この大会を分析して、我々のチームを分析して、次しっかりとステップアップしていきたいと思います」

【「眠っているよう」日本代表、カタールに3失点を許し優勝を逃す【アジアカップ2019】】の続きを読む

51133966_2166744523373274_4957965802457268224_n
 カタール指揮官、森保ジャパンに最大級の警戒「特長もあるし、弱点もある」

アジアカップ2019は2月1日に決勝が開催。翌日に控えたファイナルを前にカタール代表のフェリックス・サンチェス監督が前日会見に臨んだ。 

カタールはここまでの6試合で16ゴール・無失点という驚異的な成績で初の決勝進出を決めた。スペイン出身のサンチェス監督の手腕はもちろんのこと、他を凌駕する高速カウンターで、数々の強豪を撃破してきた。指揮官は開口一番「カタールサッカーの歴史の中で最も重要な試合に参加できる。とてもハッピーだ」と語り、「最後に最高のパフォーマンスを見せたい」と、強い意気込みを示した。 

サウジアラビアや韓国、UAEといった難敵を次々と退けてのファイナル。「6試合で違う戦いをしてきたし、決勝トーナメントとグループステージは違う。明日も違う状況」と、これまでとは異なる戦いを見せることを明言。

同じ東アジアの韓国戦を参考にするのかという問いには「日本は独自のスタイルがあるし、韓国とは違う。日本はとてもオーガナイズされていて守備的な一面をサウジ戦で見せた。(日本は)チームスピリットもモチベーションも非常に高く、パワーも強度も高い。しかし、違ったディテールがあるし、もっとオフェンシブに来るだろう」と予想した。 

さらに、記者からは日本代表が試合ごとに違う顔を見せているが、どの顔がリアルフェイスか?という質問が飛んだ。これについて同指揮官は「その質問の意味が分からないが(笑)」と笑みをこぼしながらも、「日本はタレントもいるし、支配もできるし、カウンターもできる。我々は戦術について話せないが、(日本は)たくさんの特長もあるし、弱点もある。試合の中にはすべての顔があると思う。それに対応していいプレーをしたい」と意気込んだ。 

大会前にはカタールのアル・サッドでプレーする元スペイン代表MFシャビが、テレビ番組で大会の優勝予想をした。そのシャビの予想通り、決勝のカードは日本とカタールとなった。サンチェス監督は「彼は大きな影響を与えている。とてもいい関係にあるし、プロセスも与えてきた。試合前、試合後ともに彼の意見はとても大きい。彼の意見はポジティブだ。彼は100パーセントパーフェクトだと言っている」と、良好な関係を築いていることを明かした。 

カタールにとっては最強の相手となる日本ということもあり「最も重要な試合」と位置づけるサンチェス監督。「結果を出してトロフィーを勝ち取れば最も大きな成功だ。彼らにメンタリティを植え付け、ここまで来た。明日、国がハッピーになるように、ヒストリーを作れるようにしたい」と、カタール史上初の栄冠を勝ち取るべく、闘志を燃やしている。

決勝は日本時間2月1日23時にアブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムでキックオフする。

【「本命は日本」「過小評価は出来ない」日本代表対カタール代表を予想する海外のサッカーファン【アジアカップ2019】】の続きを読む

058d6b4e2db144729953160dd51cb60d_18
【「アジアには良すぎる」イラン戦の日本代表を海外のファンが称賛【アジアカップ2019】】の続きを読む

DyAnAKoW0AAy0Ur
2大会ぶり決勝へ!! 森保監督「本当に厳しい試合だった」

[1.28 アジア杯準決勝 日本3-0イラン アルアイン]

 2大会ぶりの頂点に王手をかけた。28日に行われたアジアカップ準決勝イラン戦を3-0で制した日本代表の森保一監督は、試合後のインタビューで「3-0という試合になりましたが、本当に厳しい試合だった」と振り返った。

 前半をスコアレスで折り返したものの、後半11分にMF南野拓実のクロスをFW大迫勇也がヘディングで突き刺して先制に成功。さらに同18分には南野のラストパスがPA内の相手選手のハンドを誘ってPKを獲得すると、キッカーを務めた大迫が蹴り込んでリードを2点差に広げた。その後、イランに反撃を許さずに試合を進めると、同アディショナルタイムにMF原口元気がダメ押しゴールを奪い、3-0の完封勝利を収めた。

「厳しい試合だったが、選手たちがこの試合に覚悟を持って、最初から戦う姿勢を示してくれたこと、そして勇気を持ってプレーしてくれたので勝利につながったと思う」

 2大会ぶりの決勝進出を決めた日本は2月1日の決勝で、29日に行われるカタール対UAEの勝者と対戦。指揮官は「これまでどおり、今日の試合、過去の試合を生かして最善の準備を決勝戦に向けてしていきたい」と意気込みを示した。

【「同じチームとは思えない」日本代表、大迫と原口のゴールでイランに勝利! 決勝進出を果たす!【アジアカップ2019】】の続きを読む

このページのトップヘ