日本代表

top
「哀れな結果」「DF陣は眠っていた」 日本に屈辱4失点のウルグアイ、地元紙が酷評

ウルグアイDF陣を翻弄し続けた日本の攻撃を称賛 「5、6点取ることができた」

 ウルグアイの地元紙「エル・パイス」のスポーツサイト「オバシオン」が、16日の国際親善試合でウルグアイ代表を4-3で下した日本代表に対し、「日本は4得点を挙げたが、5、6点取ることができた」と、ウルグアイDF陣を翻弄し続けた日本の攻撃陣を称賛した。

 同サイトは韓国、日本に連敗したウルグアイ代表について、「2敗、6失点という哀れな結果でアジアを去ることになった」と酷評。「日本のスピードに対し、最終ラインの動きが遅く、守備的で非常に悪い印象を与えた。攻撃では収穫もあったが、守備は対照的で、韓国戦に続く敗戦で最終ラインに不安を残した」と指摘した。

 中盤からのパスを受けて反転し、ペナルティーエリアに切れ込んでシュートを放ったMF南野拓実(ザルツブルク)の先制点のシーンについても、「(ゴールに向かって)速い動きで斜めに切り込んで1点目を奪った」と絶賛。ウルグアイは後半、4-4-1-1から4-3-1-2にシステムを変えたが「解決にはならなかった」とし、「日本は2-2の同点に追いつかれた後、すぐにギアを上げた。ウルグアイはピンチに対する反応が遅く、日本はウルグアイの愚かなDF陣に対し、瞬く間に2点を奪った」と、ゴール前でパスをつなぎ、MF堂安律(フローニンゲン)、南野と得点を重ねた後半の攻撃を称えた。

 同サイトはFWホナタン・ロドリゲス(サントス・ラグーナ)が奪い、1点差に迫ったウルグアイの3点目についても「砂漠の中のオアシスに過ぎなかった」と厳しい評価。「GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)がゴール前で好反応を見せ、何度もピンチを救ったが、運は味方しなかった。日本が跳ね返りを拾い、2点目、4点目を奪った時、ウルグアイのDF陣は眠っていた」と、4失点の原因が日本の攻撃陣を止められなかったDF陣にあったことを強調した。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00141903-soccermzw-socc

【「観ていて楽しい」ウルグアイを撃破した日本代表に海外のサッカーファンから驚きと称賛の声】の続きを読む

top
堂安初ゴールに南野3戦4発!! 難敵ウルグアイ破った森保J、初陣から無傷の3連勝

[10.16 キリンチャレンジカップ 日本4-3ウルグアイ 埼玉]

 日本代表は16日、キリンチャレンジカップでFIFAランキング5位のウルグアイ代表と対戦した。森保ジャパン発足以来、3試合連続ゴール中のMF南野拓実の2点目が決勝点となり、4-3で勝利。同対戦では1996年8月以来、22年ぶりの白星をおさめた。

 12日のパナマ戦に続いて4-2-3-1の布陣を採用した日本は、新キャプテンを任されたDF吉田麻也、DF酒井宏樹、DF長友佑都のロシアW杯主力組3人が森保ジャパン初出場。パナマ戦の後半43分からピッチに立ったMF柴崎岳は初めてスタメンに入った。
 新体制初陣のコスタリカ戦で先発していたGK東口順昭、DF三浦弦太、MF遠藤航、MF中島翔哉、MF南野拓実、FW堂安律も名を連ね、南野はチーム唯一となる3試合連続でのスタメン入り。FW大迫勇也はパナマ戦に続いて1トップに入った。

 FWエジソン・カバーニ、DFディエゴ・ゴディンら世界有数の選手を先発に並べたウルグアイに対し、日本が序盤の主導権を握った。前半2分、堂安のクロスに三浦が合わせて最初の決定機をつくると、右サイドを起点とした攻撃が活性化。相手を押し込む場面が続いた。

 すると前半10分、日本が試合を動かした。中盤の低い位置まで引いてきた中島が前を向き、PA内に向けてスピードのある斜めのパスを配給。相手を背負いながら反転した南野が右足で大きく持ち出すと、右足で放ったシュートがGKフェルナンド・ムスレラの身体に当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 対するウルグアイは前半17分、右CKからゴディンがヘディングで狙ったが、素早く反応した東口がビッグセーブで難を逃れる。ところが同28分、ゴール右斜め前からのFKをMFジョルジアン・デ・アラスカエタが放り込むと、DFセバスティアン・コアテスの落としにFWガストン・ペレイロが詰め、同点に追いつかれてしまった。

 それでもこの日の日本は勢いを失わない。ゴディンと対等以上に競り合う大迫にボールを集め、ポストプレーから陣地を取り戻すと、前半36分に再び勝ち越す。敵陣に仕掛けた堂安が奪われたボールを取り戻し、密集の中で中島にパス。10番の巻いたシュートはムスレラに止められたが、こぼれ球に大迫が詰め、エースが森保ジャパン初ゴールを奪った。

 ウルグアイは後半開始とともに20歳のMFフェデリコ・バルベルデとFWホナタン・ロドリゲス送り込み、劣勢の打開を図る。すると1分、ロドリゲスのヘディングシュートは東口が辛くも弾き出すも、6分にはDFマルティン・カセレスの折り返しにカバーニが強烈なヘッド。わずかに枠を外れたが、ウルグアイが猛攻を見せた。

 日本は左サイド中心の攻撃で追加点を狙ったが、後半11分、PA内で柴崎と接触したカバーニが転倒する。ファウルを告げるホイッスルは鳴らなかったが、そのプレーの流れから三浦がGKにバックパスを送ると、PA内に残っていたカバーニがボールを奪取。無人のゴールに流し込まれ、思わぬ形で同点に追いつかれた。

 ところが日本は後半15分、堂安が敵陣右サイドで相手のパスワークを寸断し、中央に絞っていた酒井に預けてPA内に侵入。勢いに乗ったままリターンを受けると、得意の左足でファーサイドに流し込み、みたび勝ち越しに成功した。堂安にとってはA代表3試合目にしてうれしい初ゴールとなった。

 さらに日本は後半21分、右のハーフスペースを抜け出した堂安の強烈なミドルシュートはムスレラがパンチングで逃れるも、このこぼれ球にいち早く反応したのは南野。うまくおさえたシュートでゴール左隅に叩き込み、森保ジャパン3試合目にして4ゴール目を記録した。

 後半24分には右サイドを突破した酒井の折り返しに大迫がダイレクトで合わせたが、シュートは大きく枠外。日本は同29分、森保一監督が初めて動き、柴崎に代わってMF青山敏弘を投入。ウルグアイは同30分、浮き球のスルーパスに反応したJ・ロドリゲスが落ち着いて決め、1点を返した。

 1点差となった日本だが、屈強なフィジカルを誇るウルグアイ相手に一歩も引かず、果敢な対人戦を展開し続ける。後半42分には、2人目の交代カードで中島を下げて原口を投入。同43分には3人目の動きで右サイドを崩し、南野のミドルシュートがゴールを襲う。最後まで攻め続けた日本は1点のリードを守り切り、森保ジャパン発足から無傷の3連勝を果たした。

【「恐いくらいに攻撃的だ」堂安、南野がゴール! 日本代表が強豪ウルグアイを相手に4-3で勝利を収める!】の続きを読む

9
南野&伊東が2戦連発!!川又ダメ押しで森保Jは2試合連続3-0勝利

[10.12 キリンチャレンジカップ 日本3-0パナマ デンカS]

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップでパナマ代表と対戦し、3-0で勝った。前半42分、MF南野拓実が2戦連発となる先制点を決めると、後半20分にはMF伊東純也も2試合連続ゴール。後半40分には途中出場のFW川又堅碁がダメ押しゴールを決めた。守備陣も最後まで無失点で締め、森保ジャパン初陣となった9月11日のコスタリカ戦(3-0)に続く完封勝利。2試合連続3-0のスコアで2連勝を飾った。

 コスタリカ戦に続いて4-2-3-1を採用した日本はロシアW杯以来の代表復帰で森保ジャパン初合流となったFW大迫勇也、MF原口元気が先発。それぞれ1トップと左サイドハーフに入った。東京五輪世代のDF冨安健洋は先発デビュー。MF三竿健斗は代表初先発で、伊東も昨年12月16日のE-1選手権・韓国戦以来の先発となった。GK権田修一はハリルジャパン初陣だった15年3月27日のチュニジア戦以来、約3年半ぶりの先発。DF槙野智章、DF室屋成、DF佐々木翔、MF青山敏弘、南野の5人は森保ジャパン初陣となったコスタリカ戦に続いて先発し、青山がゲームキャプテンを務めた。

 コスタリカに3-0で快勝した初陣からスタメンの約半数が入れ替わった森保ジャパン。大迫、原口というロシアW杯組との“融合”もテーマとなる中、序盤はなかなかチャンスをつくれなかった。前半7分、青山から縦パスを受けた大迫がPA右手前から右足を振り抜くが、ミドルシュートはゴール左へ。同23分には青山からの絶妙なスルーパスに室屋が反応。PA内右に抜け出し、クロスを選択したが、グラウンダーのボールはわずかに味方に合わなかった。

 攻撃でコンビネーションが合わない場面もあり、リズムに乗り切れない日本。前半39分、最終ラインの冨安から大迫に縦が通り、PA内右でおさめた大迫から伊東、南野とパスをつなぐも、南野はシュートを打ち切れない。それでも同42分、青山から縦パスを受けた南野がファーストタッチで前を向き、力強いボールキープからPA内に進入。GKの動きをよく見て冷静に左足でゴール左へ流し込んだ。南野は代表初ゴールを決めたコスタリカ戦に続く2戦連発。1点をリードして前半を折り返した。

 ハーフタイムで選手交代は行わず、後半も前半と同じメンバーで果敢に追加点を狙う。すると後半20分、PA左手前から原口が倒れながらも縦パスを入れ、伊東がワンタッチではたいてPA内左に走り込む南野へ。南野の左足シュートはGKに弾かれたが、こぼれ球を伊東がシュート。一度は相手のブロックに阻まれるも、自らゴール前に詰めて押し込んだ。

 伊東も代表初ゴールを決めた森保ジャパン初陣に続く2試合連続ゴール。2-0とリードを広げ、直後の後半21分、大迫と南野に代わって川又とFW北川航也がピッチに入った。追加招集の2選手がともに途中出場となり、北川はA代表デビュー。後半32分には伊東が相手との接触プレーで右足首を痛めるアクシデントに見舞われる。ピッチに倒れ込むと、そのまま担架で運び出され、同36分にMF堂安律と交代。伊東はゆっくり歩いてロッカールームへ下がった。

 後半40分、原口が長い距離をドリブルして中央に切れ込み、斜めにスルーパス。これに反応した川又がDF、GKともつれ合いながら左足でシュートを狙うと、ボールは転々とゴールマウスへ。川又はハリルジャパン2戦目だった15年3月31日のウズベキスタン戦(5-1)以来、約3年半ぶりとなる国際Aマッチ2得点目。3-0と勝利を決定づけた。後半43分には青山に代えてMF柴崎岳を投入。そのまま無失点で試合を締めくくり、2試合連続の完封勝利をおさめた。

【日本代表、南野、伊東、川又のゴールでパナマに3発快勝...海外のファンは内容に不満】の続きを読む

9
初陣白星を飾った森保監督「選手たちは本当に戦い、走ってくれた」

[9.11 キリンチャレンジカップ 日本3-0コスタリカ 吹田S]

 初陣を白星で飾った。日本代表を率いる森保一監督はキリンチャレンジ杯コスタリカ代表戦を3-0で終えると、TVインタビューで「選手たちが良い準備をしてくれた」と振り返った。

「全国で被災されて辛い思いをされている方々に思いを届けよう、プレーをお見せすることで励まそうと、選手たちは本当に戦い、走ってくれたと思う」

 7日に札幌ドームで開催予定だったキリンチャレンジ杯チリ代表戦が、6日未明に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で中止となったため、コスタリカ戦で初めてA代表の指揮を執ることになった。先発にはA代表初先発となるMF中島翔哉やFW南野拓実、さらに初招集のDF佐々木翔や東京五輪世代のMF堂安律などフレッシュな顔触れを起用した。

 システムは代名詞ともいえる3-4-2-1ではなく、4-4-2を採用。前半16分には中島が蹴り出したCKから佐々木が放ったヘディングシュートがDFブライアン・オビエドのオウンゴールを誘って先制に成功。先制後も幾度となくゴールに迫りながらも追加点はなかなか生まれなかったが、後半21分に中島、MF遠藤航とつないだボールから最後は南野が左足シュートでネットを揺らし、リードを2点差に広げた。

 その後はA代表デビューとなるMF天野純、MF守田英正らをピッチに送り込むと、後半アディショナルタイムに途中出場のMF伊東純也がダメ押しゴールを奪って3-0の完封勝利を収めた。

 白星スタートを切ったものの満足することなく、「まだまだこのチームはスタートしたばかりなので、常に成長することを考えて上を目指してやっていきたい」とさらなる進化を誓う。森保ジャパンは、10月シリーズでパナマ(12日)、ウルグアイ(16日)と対戦する。

【「活き活きしている」新生日本代表がコスタリカに3-0で完勝! 海外のサッカーファンの反応】の続きを読む

DmA7jiIX0AAbLyk
森保監督は知っている…金メダル逃すも、選手の変化に「感謝したい」

[9.1 アジア大会決勝 U-21日本1-2(延長)U-23韓国 ボゴール]

 決勝で敗れて金メダルを逃した。しかし、指揮官は知っている。選手たちが毎試合ごとに成長してきたことを――。

『球際で戦えない』『ボールを持った際の判断が悪い』等々、グループリーグでは明らかな課題が見え、第3戦のベトナム戦のハーフタイムには森保一監督から激しい檄が飛んだ。さらにピッチ外でも苦しめられた。練習で使用するグラウンド状況は劣悪で戦術練習や対人練習は行えず、練習場との往復に2時間かかることもあった。その上、中1日が2度行われる過密日程も重なり、大会が進むごとに選手の心身のダメージは相当なものだったはずだ。だが、U-21日本代表は目標としたベスト4進出を果たすだけでなく、決勝までたどり着いて“宿敵”韓国とのガチンコ勝負に挑んだ。

 韓国は大会規定上限のU-23チームで臨むだけでなく、FWソン・フンミン、FWファン・ウィジョとオーバーエイジ3人を起用。さらに優勝すれば兵役が免除されることもあり、より高いモチベーションで決勝に臨んできた。試合開始から押し込まれるが、ここで選手たちが戦った。相手に激しく寄せて自由を奪い、たとえ突破を許してもカバーに入った選手が体を投げ出してフィニッシュまで持ち込ませない。

 大会序盤は後方からつなぐというチームコンセプトにとらわれ、ベトナム戦ではミスから失点したが、この日は違う。もちろん、やみくもにロングボールを蹴るわけではない。つなぐところはつなぎ、相手が押し込んでいるからこそ生まれる裏のスペースも有効に使おうとする。ダイナミックなサイドチェンジを織り交ぜるなど、“言われたことをやる”だけではなく、状況に応じたプレーを選択して韓国ゴールに迫ろうとした。

 主導権を握られながらも「辛抱強く、我慢強く、集中力を切らさずに続けてくれた」と、魂の守備で簡単にはゴールを許さず。しかし、前後半の90分をスコアレスで終えて迎えた延長前半3分、同11分に失点して2点のリードを奪われてしまう。だが、それでもあきらめることはない。「選手たちは0-2のまま終わるのではなく、最後に1点を取り返してくれた」と延長後半10分にMF初瀬亮(G大阪)のCKをFW上田綺世(法政大)がヘディングで叩き込み、1点差に詰め寄った。その後、同点に追い付くことこそなかったが、「最後まで諦めることなく、戦い続ける姿勢を見せてくれたことは今後につながること」と選手の戦う姿勢を評価した。

 当然、この試合でも課題は出た。「守備から攻撃につなげる部分」「カウンターの精度」「ボールを握って攻撃の時間を作る」と特に90分間でノーゴールに終わった攻撃面の修正点はまだまだあり、優勝に手が届かなかったことで「力が足りなかったところを真摯に受け止めたい」とも口にする。だが、決勝の舞台で「これまでの戦いになかったタフさを出してくれた」と語ったように、チームは成長の途中で、どこかのタイミングで“化ける”可能性は十分。今後は決勝で敗れた悔しさを糧に、課題を一つずつ克服しながら、さらなる高みを目指すことになる。

 しかし、試合ごとに成長した姿を見せてきたのは紛れもない事実。「選手たちは今大会を通して、毎試合ごとに成長する姿を見せてくれたのは監督として嬉しかった。選手に感謝したい」とタフな状況の中、7試合を戦い抜いた選手たちに労いの言葉を贈った。

【「恐ろしいチームになる」U21日本代表は延長の末に韓国に敗れ準優勝 海外のサッカーファンも注目【アジア大会】】の続きを読む

このページのトップヘ