cavani.png

キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップを終え、アルベルト・ザッケローニ前監督が退任した日本代表はハビエル・アギーレ新体制が始動し、ホームで初陣を迎えた。アギーレ監督が明言していたとおりシステムは4-3-3となり、GK川島永嗣、DFは左から長友佑都、坂井達弥、吉田麻也、酒井宏樹。中盤はアンカーに森重真人が入り、細貝萌、田中順也で構成し、前線は左から岡崎慎司、皆川佑介、本田圭佑が並んだ。坂井と皆川は代表初選出で初先発となり、ゲームキャプテンは本田が務めることになった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140905-00229098-soccerk-socc  

【【海外の反応】新生 日本代表 対 ウルグアイ代表【アギーレ初陣】】の続きを読む