日本代表

C8AUJJyX0AAwwY-
香川先制!岡崎50点目!久保連発!麻也ダメ押し!川島もPKストップでタイに4発完勝

[3.28 W杯アジア最終予選 日本4-0タイ 埼玉]

 日本代表は28日、W杯アジア最終予選第7節でホームにタイ代表を迎え、4-0で快勝した。前半8分、MF香川真司のゴールで先制すると、同19分にFW岡崎慎司の国際Aマッチ通算50得点目、後半12分にもFW久保裕也の2戦連発となる追加点が決まり、同38分にはDF吉田麻也がダメ押しゴール。GK川島永嗣のPKストップもあり、2試合連続の完封勝利で最終予選3連勝を飾った。

 日本は23日のUAE戦(2-0)から先発2人を変更。負傷離脱したFW大迫勇也、MF今野泰幸に代わって岡崎とDF酒井高徳が先発した。センターフォワードの位置に入った岡崎は5試合ぶりの先発。酒井高は3試合ぶりの先発で、代表では初めてボランチの位置に入り、MF山口蛍とダブルボランチを組んだ。

 日本が幸先よく先制に成功する。前半8分、DF森重真人のロングフィードから久保が右サイドのスペースに走り込むと、縦に仕掛けてゴール前にクロス。ニアの岡崎には合わなかったが、ゴール前中央で受けた香川が冷静なキックフェイントで相手をかわし、右足でゴール左隅に流し込んだ。

 相手GKが一歩も動けない技ありの先制点が、香川にとっては昨年6月3日のキリン杯・ブルガリア戦(7-2)以来、約10か月ぶりとなる国際Aマッチ通算28得点目。歴代単独6位の記録となった。その後もチャンスをつくる日本は前半19分、酒井高のサイドチェンジから右サイドにポジションを移していたFW原口元気がPA内にスルーパス。香川がヒールで落とし、山口が左足を振り抜いたが、GKの好セーブに阻まれた。

 それでも直後の前半19分に追加点を奪う。久保が右サイドから鋭い弾道のアーリークロス。これを岡崎がニアで捉え、得意のダイビングヘッドでゴール右隅にねじ込んだ。岡崎もブルガリア戦以来の得点となり、待望の国際Aマッチ通算50ゴール目。「一生ダイビングヘッド」が座右の銘の30歳が、代表初ゴールを決めた09年1月20日のイエメン戦から足掛け8年余りで釜本邦茂氏(通算75得点)、三浦知良(通算55得点)に続く史上3人目の快挙を達成した。

 岡崎は前半27分にも森重のロングフィードに反応し、絶妙なトラップからドリブルで切れ込む。ミドルシュートはDFのブロックに阻まれたが、果敢に追加点を狙った。同29分には右サイドでボールを持った久保がPA内に斜めのパスを入れ、原口の折り返しを香川が右足でシュート。決定的な場面だったが、シュートはミートできず、クロスバーを越えた。

 前半アディショナルタイムにはタイのCKからゴール前混戦となり、FWティーラシン・デーンダーがシュートを放つが、川島が左足1本でビッグセーブ。こぼれ球をMFアディサク・クライソーンが立て続けにシュートを打ったが、守備陣が体を張ってブロックし、ピンチをしのいだ。

 2-0で折り返した後半も立て続けにCKを与えた日本。後半6分にはCKのこぼれ球をMFチャナティップ・ソングラシンが強烈な左足ミドルで狙ったが、川島が鋭い反応で弾き出した。中盤でミスも目立ち、苦しい立ち上がりとなったが、23歳の新星が嫌なムードを振り払った。

 後半12分、右サイドからDF酒井宏樹のスローインを受けた久保がドリブルで中に持ち込み、ペナルティーライン手前から左足を一閃。豪快なミドルシュートをゴール右上隅に叩き込んだ。久保はA代表初ゴールを決めたUAE戦から2戦連発。3得点を演出する圧巻のパフォーマンスを披露した。

 日本は後半21分、最初の交代カードを切り、原口に代えてFW本田圭佑を投入。本田はそのまま左サイドに入った。同24分には中央で久保が岡崎とのパス交換から酒井高につなぎ、酒井が左サイドの本田へ。本田がドリブルでPA内左に切れ込み、そのまま左足でシュート。GKが前に弾いたボールに久保が詰めたが、惜しくも合わせられなかった。

 後半29分からは香川に代わってMF清武弘嗣がトップ下に入る。後半35分、本田の左クロスがDFに当たったこぼれ球をPA内の久保が右足ダイレクトボレーで狙うが、GKが好セーブ。それでも同38分、清武の左CKに吉田が頭で合わせ、4-0と勝利を決定づけた。吉田もブルガリア戦以来の得点で、最終予選は初ゴール。直後の39分、最後の交代枠で久保に代えてFW宇佐美貴史を投入した。

 日本は後半40分、自陣PA内でDF長友佑都がファウルを犯し、PKを与えるが、ティーラシンがゴール左を狙ったキックを川島が横っ飛びでセーブ。咆哮する背番号1のPKストップがタイの戦意を喪失させた。そのまま4-0の完封勝利をおさめた日本は5勝1分1敗の勝ち点16に伸ばし、試合前のサウジアラビアを抜いて暫定首位に浮上。タイは1分6敗となり、予選敗退が決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170328-01638232-gekisaka-socc
【【海外の反応】「完全に予想通りだった」香川、岡崎、久保、吉田が決めた! 日本代表、タイに4発完勝【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

com
「失うものはない」…日本に挑むタイ代表指揮官「素晴らしいチャンス」

28日に2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選で日本代表と対戦するタイ代表のキャティサック・セーナームアン監督が前日記者会見に臨んだ。

 グループB最下位に沈み、日本戦に敗れればロシア行きの夢が絶たれるタイ。セーナームアン監督は、「日本はこのグループで最も強いチームの一つ」とリスペクトした上で、「しかし、私たちに失うものは何もありません。そして私たちには気持ちと魂があります。それを込めて、明日の素晴らしいチャンスを戦いたい」と意気込みを語った。

 23日にホームで行われたサウジアラビア代表戦では、積極的に戦う姿勢を見せたものの、0-3と完敗を喫した。指揮官は「ホームだったし、勝つことを期待していた。先制された時点で、我々には攻撃的なサッカーをする以外に選択肢はありませんでした。ところがミスで2点目を奪われてから、我々の選手は自信を失ってしまった」と敗戦を振り返った一方、「あの試合や、残念だと思った気持ち、雰囲気はもう忘れました」と、日本戦に向けて気持ちを切り替えたことを強調。「チームワークに基づいたプレーをする。私たちは個々の選手に依存していない。チームワークでプレスをかけていきます」と続けた。

 また、日本戦を「アジアのベストのチームと戦える大きなチャンス」と位置づける同監督は、「明日の試合は選手にとって夢のような体験になります。選手たちにフットボールを楽しんでほしい。楽しんだ上で素晴らしいパフォーマンスを見せてほしいと思っています」と、選手たちにとって貴重な体験になると述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00568107-soccerk-socc
【【海外の反応】「不可能ではない」日本代表vsタイ代表 試合前の反応【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

top
B組日本は2位キープで豪州との差広げる、A組は韓国敗れイランが一歩抜け出す

 日本代表は23日に行われたW杯アジア最終予選の第6節を敵地で戦い、UAEに2-0で勝利した。2連勝の日本代表は勝ち点を13に伸ばした。

 日本が戦うグループBは日本と同勝ち点で首位に立つサウジアラビアが敵地でタイに3-0で快勝。勝ち点を13に伸ばして首位をキープ。日本との得失点差は2に広がっている。

 3位のオーストラリアは敵地でイラクと対戦。前半39分に先制するも後半に追いつかれて、1-1で引き分け。勝ち点を1しか伸ばせなかったオーストラリアと日本の勝ち点差は3に広がった。

 一方のグループAでは首位のイランが敵地でカタールに1-0で勝利。2位の韓国が中国に0-1で敗れたために、勝ち点差は4に広がり、一歩抜け出した。3位のウズベキスタンもシリアに0-1で敗れたために韓国の2位は変わらなかったが、韓国が勝ち点10、ウズベキスタンが同9、シリアが同8で続く混戦となっている。

 第7節は28日に行われる。


▽グループB
1.サウジアラビア(13)+7
2.日本(13)+5
3.オーストラリア(10)+3
4.UAE(9)-1
5.イラク(4)-2
6.タイ(1)-12

第6節
2017年3月23日(木)
UAE 0-2 日本 [アルアイン]
イラク 1-1 オーストラリア [テヘラン]
タイ 0-3 サウジアラビア [バンコク]

第7節
3月28日(火)
オーストラリア 18:00 UAE [シドニー]
日本 19:35 タイ [埼玉]
サウジアラビア 26:30 イラク [ジッダ]


▽グループA
1.イラン(14)+5
2.韓国(10)+1
3.ウズベキスタン(9)+1
4.シリア(8)0
5.中国(5)-3
6.カタール(4)-4

第6節
2017年3月23日(木)
中国 1-0 韓国 [長沙]
シリア 1-0 ウズベキスタン [スレンバン]
カタール 0-1 イラン [ドーハ]

第7節
3月28日(火)
韓国 20:00 シリア [ソウル]
イラン 21:00 中国 [テヘラン]
ウズベキスタン 22:00 カタール [タシケント]


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-01638092-gekisaka-socc
【【海外の反応】UAEvs日本など、W杯アジア最終予選第6節、各試合の結果に対する反応】の続きを読む

日本、敵地でUAEにリベンジ達成! 久保のA代表初ゴール&今野弾で完封勝利

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第6戦が23日に行われ、日本代表は敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。

 いよいよ後半戦へ突入したアジア最終予選。日本は前半戦5試合を3勝1分け1敗の勝ち点10、W杯出場圏内の2位で折り返した。だが、第6戦を先に終えた首位・サウジアラビア代表が勝利を収めて勝ち点を13に伸ばし、3位オーストラリア代表は引き分けたものの同10とし、総得点で日本を上回った。そして4位UAEとの勝ち点差はわずかに「1」と、日本はこの試合の結果次第では4位転落のおそれもある。そしてなにより、UAEには昨年9月にホームで敗れているだけに、絶対に負けられない一戦となる。

 日本の先発メンバーはGK川島永嗣、DF長友佑都、森重真人、吉田麻也、酒井宏樹、MF山口蛍、今野泰幸、香川真司、FW原口元気、久保裕也、大迫勇也の11名が起用された。

 立ち上がりから攻勢に出た日本は7分、ペナルティエリア手前中央でパスを受けた大迫がワンタッチでDFをかわすと、右足でミドルシュートを放ったが、ここは枠の左へ逸れた。

 10分を過ぎるとUAEがボールを保持して押し込み始めたが、先制したのは日本だった。14分、右サイドの酒井宏がエリア内右にスルーパスを通すと、抜け出した久保がやや角度のない位置から右足でシュート。GKのニアサイドを抜けたボールがネットを揺らした。久保にとってはこれがA代表初ゴールとなった。

 1点のリードを得た日本だが、その後は押し込まれる時間が続く。20分、高い位置でボールを奪われると、スルーパスでエリア内右に抜け出したアリ・マブフートがGKと一対一となったが、GK川島が好セーブで凌いだ。

 前半アディショナルタイム2分にはUAEがエリア手前中央でFKを獲得。オマル・アブドゥルラフマンが得意の左足で狙ったが、枠の上に外れた。前半はこのまま1-0で折り返す。

 後半立ち上がりの48分、UAEは左サイドからアブドゥラジズ・サンクールが鋭いクロスを入れると、ファーサイドにイスマイル・アル・ハンマディがフリーで走り込んだが、うまくミートすることができなかった。

 するとピンチを凌いだ日本が追加点を奪う。51分、右サイドの久保が左足でクロスを供給。エリア内左に走り込んでいた今野が胸トラップでDFを振り切ると、最後はGKの股下を抜くシュートを決めた。

 3点目を狙う日本は60分、左サイドの長友からのクロスに大迫がヘディングで合わせたが、このシュートはGKの好セーブに阻まれた。

 日本は71分、香川に代えて倉田秋を投入。78分には久保との交代で本田圭佑をピッチへ送り出した。さらに82分、接触プレーで足を痛めた大迫に代えて岡崎慎司を投入した。

 88分、日本はカウンターから岡崎がエリア内右に抜け出したが、シュートは枠の左へ逸れてしまい、追加点のチャンスを逃した。それでもUAEに反撃を許すことはなく、試合はこのまま終了。日本が2-0で勝利を収め、リベンジを果たした。

 日本代表は28日にホームでタイ代表と対戦する。

【スコア】
UAE代表 0-2 日本代表

【得点者】
0-1 14分 久保裕也(日本)
0-2 51分 今野泰幸(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00566438-soccerk-socc
【【海外の反応】「賢く、強かった」日本代表、久保の見事なゴールに今野躍動で重要なUAE戦に2-0で快勝!【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

C7f7a6yW0AArLgT
必勝を期すUAE戦。しかし2つのデータが導く結果は「ドロー」だ

まもなく再開される2018年ロシアW杯アジア最終予選。日本が属するグループBは、前半戦を終了して上位4カ国が勝ち点1差以内にひしめく大混戦となっている。アジア最終予選が現行方式になった1998年W杯予選以降、折り返し時点でこれほどの接戦になったことはない。上位2枠の出場枠(3位チームはプレーオフへ)をめぐって、前例のない激戦となっている。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(2017年3月21日時点)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 サウジアラビア  10   3  1  1  9  5
2位 日本       10   3  1  1  8  5
3位 オーストラリア   9   2  3  0  8  5
4位 UAE         9   3  0  2  7  6
5位 イラク       3   1  0  4  6  8
6位 タイ        1   0  1  4  3  12


 予選再開後、日本が最初に対戦するのは、因縁の相手となるUAE(現地時間3月23日)だ。UAEといえば、今回の最終予選初戦で、それもホームで敗れた(1-2)ことは記憶に新しい。

 W杯予選において、日本が同一国に連敗したのは、1986年メキシコW杯予選まで遡(さかのぼ)る。相手は韓国だった。当然、32年ぶりとなる屈辱をここで味わうわけにはいかない。

 しかしながら、今度の戦いの舞台は、敵地アル・アイン(UAE)。過去、UAEとのアウェー戦において、日本は5戦未勝利となっている。苦戦は必至だ。

【日本vsUAE アウェー全成績】
1988年=日本1△1UAE(親善試合)
1988年=日本0●2UAE(親善試合)
1993年=日本1△1UAE(W杯予選)
1995年=日本1△1UAE(親善試合)※
1997年=日本0△0UAE(W杯予選)
※日本はU-23代表。FIFAは国際Aマッチとして認定

 ただ一方で、日本にも心強いデータがある。ここ最近は、国際Aマッチ7試合連続でアウェー戦は無敗中(※中立国での対戦は含まず)。当時FIFAランキング5位の強豪ベルギー戦で勝利を収めて以降、イラン、オーストラリアといったアジアの実力国にも負けてない。

【現在、日本が継続中のアウェー戦連続無敗記録】
2013年=日本3○2ベルギー(親善試合)
2015年=日本1△1中国(東アジア杯)
2015年=日本1△1イラン(親善試合)
2015年=日本3○0シンガポール(W杯予選)
2015年=日本2○0カンボジア(W杯予選)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選)
2016年=日本1△1オーストラリア(W杯予選)

ちなみに、もし今回のUAE戦を落とさなければ、1963年~1968年までと、2009年~2011年までに樹立したJFA(日本サッカー協会)公認のアウェー戦連続無敗記録を更新する(※)。
※FIFA認定の国際Aマッチにおける日本のアウェー戦連続無敗記録は、1963年~1968年に樹立した9試合連続。これには、1964年のシンガポール民連隊代表戦と、1967年の日本B代表vs台湾の試合が含まれている。

 記録といえば、今度のUAE戦で原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がゴールを決めれば、日本代表における最終予選5試合連続得点という史上最高記録を打ち立てることになる。現在は、1994年と1998年の2回のW杯最終予選にかけて三浦知良(横浜FC)が記録した最終予選4試合連続得点と並んでいる。 “難所”となるアウェーのUAE戦を終えたあとは、ホームでタイ(3月28日/埼玉スタジアム)を迎え撃つ。

 前半戦を終えてグループB最下位のタイ。油断は禁物だが、日本にとっては勝ち点3獲得が必須の相手となる。通算対戦成績を見ても、日本の14勝3分け1敗と日本の優位は動かない。W杯出場切符獲得へ、最終的に得失点差の勝負となる可能性もあるため、ゴールを量産し大差をつけて勝利を飾りたいところだ。

【日本vsタイ、JFA公認の全成績】(※五輪予選は含まず)
1962年=日本3○1タイ(アジア競技大会/インドネシア)
1963年=日本4○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1966年=日本5○1タイ(アジア競技大会/タイ)
1970年=日本0△0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1975年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1976年=日本2△2タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1978年=日本3○0タイ(ジャパン杯/日本)
1978年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1979年=日本2○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1991年=日本1○0タイ(キリン杯/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/UAE)
1997年=日本1△1タイ(キングス杯/タイ)
1997年=日本1●3タイ(親善試合/タイ)
2004年=日本4○1タイ(アジア杯/中国)
2008年=日本4○1タイ(W杯予選/日本)
2008年=日本3○0タイ(W杯予選/タイ)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選/タイ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00010002-sportiva-socc
【【海外の反応】日本代表、勝利が必須のUAE戦へ、試合前の反応【W杯アジア最終予選】】の続きを読む

このページのトップヘ