日本代表

top
大迫が復帰即2発!!清武1G2A、小林祐希初弾でオマーンに快勝

[11.11 キリンチャレンジ杯 日本4-0オマーン カシマ]

 日本代表は11日、キリンチャレンジ杯でオマーン代表と対戦し、4-0で快勝した。約1年半ぶりの代表復帰となったFW大迫勇也が前半32分に先制点を決めると、同42分にも追加点。後半19分にMF清武弘嗣のPKで加点すると、後半アディショナルタイムにはMF小林祐希が代表初得点となるダメ押しゴールを決めた。日本は15日にW杯アジア最終予選の大一番となるサウジアラビア戦(埼玉)に臨む。

 日本は右足首痛を抱えるMF香川真司がベンチスタートで、体調不良のDF長友佑都はベンチ外。クラブでコンスタントに出場しているFW原口元気、MF長谷部誠も先発を外れた一方、クラブで出場機会に恵まれていないFW本田圭佑、清武が先発した。1トップはハリルジャパン初先発の大迫で、左サイドにFW齋藤学。齋藤は14年6月6日のザンビア戦以来の代表戦出場で、先発は13年7月25日の東アジア杯・オーストラリア戦以来、2試合目となった。MF永木亮太がスタメンでA代表デビュー。DF丸山祐市もA代表初先発を飾った。

 5バック気味に引いて守るオマーンに対し、しっかりボールをポゼッションして攻撃を組み立てる日本。序盤はなかなかフィニッシュまで持ち込めず、ファーストシュートは前半17分で、清武の右CKにDF酒井宏樹が頭で合わせたが、クロスバーを越えた。同19分には左CKから清武がショートコーナーで齋藤とワンツー。マイナスのパスでPA手前のMF山口蛍に戻し、山口がPA内右の本田に鋭い縦パスを通すと、本田の右足クロスに大迫が頭で合わせたが、オフサイドの判定だった。

 左サイドで攻撃の起点となる齋藤は前半25分、左サイドのスペースに飛び出してマイナスのクロス。大迫が落として本田が左足でシュートを打ったが、DFのブロックに阻まれた。同27分にはオマーンのカウンターを受け、日本の右サイドからのクロスが齋藤に当たってあわやオウンゴールとなる場面もあったが、攻撃ではキレのあるドリブルでチャンスをうかがった。

 前半28分、本田のスルーパスに齋藤が走り込むが、一歩早くGKがクリア。同30分にも齋藤の左クロスから山口がヘディングシュートを打ったが、DFにクリアされた。さらに同31分、左サイドから齋藤が斜めのパスをPA内に入れ、大迫がワントラップから左足を振り抜いたが、枠を捉え切れなかった。

 徐々に押し込んでいく日本は前半32分、ついに均衡を破る。PA左手前から清武が右足でピンポイントクロスを送ると、大迫が本田とかぶりそうになりながらも体を投げ出してヘディングシュート。13年11月16日のオランダ戦以来、約3年ぶりとなる大迫のゴールが決まり、先制に成功した。同42分には右サイドの本田が中央に流し、清武がワンタッチでスルーパス。PA中央の大迫は鋭い切り返しでDFをかわすと、冷静に右足でゴール左隅に流し込んだ。

 大迫の2ゴールで2-0とした日本は後半も主導権を握り続ける。後半4分には清武のスルーパスに抜け出した齋藤がゴールネットを揺らすが、惜しくもオフサイドの判定。同14分には左サイドから仕掛けた齋藤の折り返しを清武が受け、左足で狙ったが、GKに阻まれた。

 日本は後半16分、大迫と本田に代えてFW岡崎慎司、FW浅野拓磨を投入。すると直後の18分にPA内で浅野がDFナディル・バイト・マブルークに倒され、PKを獲得した。キッカーは清武。冷静にGKの逆を突いてゴール右上に叩き込み、3-0と突き放した。

 親善試合ということもあって次々と選手交代を行う日本は後半23分、永木に代わってMF小林祐希がそのままボランチに入った。同26分には清武に代えてA代表デビューとなるFW久保裕也を投入。岡崎と久保が2トップを組む4-4-2にシステムを変更した。

 後半29分、齋藤に代わって原口が左サイドに入ると、同33分には最後の交代枠でDF吉田麻也に代えてDF森重真人を投入。本田から吉田に移っていたキャプテンマークは岡崎の左腕に巻かれた。後半アディショナルタイムには原口の左クロスが相手に当たってこぼれてきたボールを小林が右足でシュート。ゴール右上隅に突き刺す代表初ゴールを決め、4-0の完封勝利を飾った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161111-01633205-gekisaka-socc
【【海外の反応】大迫が前半で2G!清武、小林の追加点で日本がオマーンに4発快勝!【親善試合】】の続きを読む

AUSJPN
「日本はケーヒルを恐れていた」 引き分けに終わった試合でオーストラリア代表FWが証言

ロシア・ワールドカップアジア最終予選で12日、オーストラリア代表と日本代表が対戦した。試合は1-1に終わったが、オーストラリア代表のFWロビー・クルーズは日本がオーストラリアのエースFWティム・ケーヒルを恐れていたと話した。

前半こそ日本が押し気味に試合を進め、オーストラリアにもチャンスを与えなかったが、後半に入ると展開は一転。オーストラリアが終始ボールを保持し続け、70分、エースのFWティム・ケーヒルが入ると、スタジアムの雰囲気は最高潮に達し、チームを後押しした。決勝点こそ生まれなかったものの、ケーヒルの存在感は絶大であったとクルーズは証言している。

「ケーヒルは日本相手に素晴らしい記録と結果を残してきた。彼らは恐らくケーヒルを恐れていたね。世界のすべてのチームがティミー(ケーヒル)を恐れているだろう。彼はあの年齢にも関わらず、ボックス内に送ったボールの内10回に9回は勝っていた」

オーストラリアは現在、勝ち点8でグループBの2位、日本は勝ち点7の3位。なお、首位は勝ち点10のサウジアラビアとなっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00000000-goal-socc
【【海外の反応】「エリア51よりも防衛的」試合後のオーストラリア人の反応【W杯最終予選】】の続きを読む

top
日本代表、W杯予選でまたも豪州に勝てず 原口弾で先制も後半にPKで失点し1-1ドロー

敵地で勝ち点1を獲得も、終盤は押し込まれる展開に

 ワールドカップ・アジア最終予選の大一番となった11日の敵地オーストラリア戦で、日本代表は前半5分のFW原口元気による先制ゴールでリードしたものの、後半8分にPKを決められ1-1のドロー。敵地で勝ち点1を奪うことに成功した。

 バヒド・ハリルホジッチ監督は、6日のイラク戦から4人のスタメン変更に出た。最終ラインではDF酒井宏樹の出場停止により、DF酒井高徳を右サイドに回してDF槙野智章を左サイドバックに起用し、ボランチにはイラク戦アディショナルタイムで劇的決勝ゴールのMF山口蛍を配置した。トップ下にはMF香川真司、右のアタッカーにはJリーグ日本人得点ランクトップタイのFW小林悠が入り、FW本田圭佑を1トップに配する布陣で臨んだ。

 そして試合開始早々の前半5分、早くもハリル監督の起用が的中した。中盤で原口がパスカットしてMF長谷部誠につなぐと、前線に駆け上がった。長谷部が1トップの本田にパスをつなぐと原口は全速力で追い越して抜け出し、そこに本田からのパスが通った。GKと1対1になった原口は、冷静に左足でゴールに流し込んでゴール。この原口によるW杯アジア最終予選3戦連続ゴールで、日本は敵地で貴重な先制点を挙げた。

 その後は両チームともに中盤で激しいボールの奪い合いになり、なかなか攻撃を完結させる場面を作れなかったが、同28分に原口が左サイドからカットインしてミドルを放つとリズムが生まれた。直後の同29分には原口が左サイドを深く切り込み、本田へマイナスのパス。丁寧に左足で狙った本田だったが、シュートは相手GKの正面を突いた。

 守備陣の集中した対応で日本はオーストラリアに決定機を作らせず。原口のゴールによる1点リードを維持し、1-0のままハーフタイムを迎えた。

W杯予選での対豪州戦は7戦未勝利

 後半の立ち上がりは敵陣に攻め込んでゲームを進めた日本だったが、落とし穴が待っていた。同6分、オーストラリア左サイドからのクロスがファーサイドに流れたところで、ボールをキープしようとした相手FWトミ・ユリッチに原口が体を寄せたところでPKの判定。日本はキャプテンの長谷部を中心に抗議したが実らず、このPKをMFマイル・ジェディナクにゴール正面へ決められ、同8分に試合は1-1の振り出しに戻った。

 その後はオーストラリアが主導権を握りつつも、膠着状態が続いていく。そして同24分、オーストラリアは日本戦で8試合5得点の“日本キラー”FWティム・ケーヒルを投入。圧力を強めていくホームチームだったが、日本はワンチャンスを生かして反撃する。同29分、中盤で得たFKからクイックリスタートで相手の虚を突くと、右サイド酒井高のクロスに小林が頭で合わせた。しかし、このシュートは相手GKのファインセーブによりゴールとはならなかった。

 ハリル監督は同36分に小林に代えてMF清武弘嗣を投入。そして同39分には本田を下げ、最前線にスピードのあるFW浅野拓磨を起用する。1分後、左サイドを原口が突破。鋭いクロスを供給するも中央で浅野は合わせることができなかった。

 オーストラリアにも決定機を作られるなか、DF吉田麻也とDF森重真人のセンターバックコンビがケーヒルを封殺して勝ち越しゴールを許さず。さらに後半アディショナルタイムには、原口に下げてAマッチデビューとなるDF丸山祐市を起用し、敵地で1-1の引き分けに持ち込んだ。日本のW杯予選でのオーストラリア戦未勝利も7試合(3分4敗)に伸びたが、グループ首位の相手とのアウェーゲームで勝ち点1を積み上げることに成功した。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161011-00010016-soccermzw-socc
【【海外の反応】原口先制弾も不要PK献上...日本代表はオーストラリアと引き分ける【W杯最終予選】】の続きを読む

GettyImages-481770294

【【海外の反応】日本「ロシアW杯ではどこが優勝するの?」】の続きを読む

sp-jsoccer-a-20161009-870x514
【日本代表】次節のオーストラリア戦が“ドローでもOKじゃない”理由

日本はグループBの4位に後退…。
[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 イラク/10月6日/埼玉
 
 ワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦で劇的な勝利を飾った日本だが、本田が言うように「楽観視はできない」。というのも、UAEがタイを3‐1で下し、サウジアラビアとオーストラリアの一戦が引き分けで終わった結果、日本はグループBの4位に転落してしまったのだ。
 
グループBの順位(10月6日現在)
1位/オーストラリア=勝点7
2位/サウジアラビア=勝点7
3位/UAE=勝点6
4位/日本=勝点6
5位/イラク=勝点0
6位/タイ=勝点0
 
 UAEとの予選初戦をモノにしていれば「ドローでもOKだった」アウェーのオーストラリア戦が、「ドローでも厳しいか」という状況になったのはある意味、プレッシャーだろう。過去2大会のワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリアに一度も勝ったことのない日本(3分け1敗)が、果たしてこのグループ最大のライバルから白星を掴めるのだろうか。
 
 たとえオーストラリアに敗れても、「まだ6戦あるではないか」との見方もある。ただし、忘れてはならないのが来年のアウェーゲーム3試合すべてが中東ということである。ホームでさえ圧倒できなかったUAE、イラクに敵地で勝つのはタフなミッションのようにも映るだけに、やはりオーストラリア戦で黒星は許されない。いや、ドローさえ厳しいと言っても大袈裟ではないはずだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161008-00019445-sdigestw-socc
【【海外の反応】「日本は今でも強豪」WC最終予選、ホームの日本戦を前にしたオーストラリア人の反応】の続きを読む

このページのトップヘ