ボルシアドルトムント

41AE65FE00000578-4633294-image-a-74_1498232389695
回復が順調に進むゲッツェは7月中にも復帰か…日本ツアーに参加の可能性も浮上

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは復帰に近づいているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

2月末に代謝異常を抱えていることが明らかになったゲッツェは、それからずっとリハビリ生活を続けてきた。『ビルト』によると、回復は順調に進んでおり、7月中にもチーム練習に合流できるという。同紙では、現在アメリカに滞在するゲッツェの代謝異常の影響が見られない写真も添えられ、ボールを使った練習も行っているとも伝えられている。

またドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は同紙で「治療が効を奏し、我々はとても喜んでいる。彼のピッチに立つ姿がもうすぐ見られることを楽しみにしているよ」と復帰時期は具体的に明かさないも、近々にクラブのトレーニンググランドに姿を見せる可能性をほのめかしている。

なお『シュポルト・ビルト』はゲッツェが来月13日~19日に日本と中国に向かうチームと同行する可能性もあると指摘。同15日に浦和レッズとの対戦に臨むドルトムントだが、ゲッツェは日本でピッチに戻ることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000023-goal-socc
【【海外の反応】「調子が良さそうだ」ゲッツェが練習を再開、7月にもチームに合流か】の続きを読む

4129B53C00000578-4576846-image-a-31_1496757802854
香川真司にとってボス監督の就任は朗報?新指揮官は「シンジとは日本語で話せる」

ボルシア・ドルトムントは6日、アヤックスを率いたピーター・ボス氏を新監督に招へいしたことを発表した。オランダ人指揮官は、クラブ公式チャンネルで新クラブへの意気込みなどを語った。

今シーズンはアヤックスをエールディビジ2位に導き、ヨーロッパリーグではファイナルへと進んだボス監督。ドルトムントに向かう決断について、「すべてが非常に早く進んだんだ。代理人に電話されて、(CEOのハンス=ヨアヒム・)ヴァツケ氏と(スポーツディレクターのミヒャエル・)ツォルク氏とミーティングをすることになった。3時間近く話し込んだが、とても良い感触を得ることができた。彼らは真面目なプロフェッショナルたち。私に対し、大きなリスペクトを示してくれた」と説明した。

ドルトムントで指揮を執ることについては「興奮しているね。このような偉大なチームと仕事ができることを誇りに思う」とコメント。「常に若い選手を起用し、前方に向かう姿勢を持つ。スタジアムにはいつも8万人の観客が入り、信じられないほどだ。“黄色い壁”も楽しみにしている」と続けた。またヨハン・クライフ氏の哲学に大きく影響されたというボス監督は目標に関して「もちろん勝利することは重要だ。だが、人々に攻撃的なサッカー、魅力的なサッカーを見せることが大切」とも語った。

インタビューやその後に臨んだ就任会見でも流暢なドイツ語で質問に答えるボス監督だが、「ドイツとの国境の近くで育ったため、ドイツ語のテレビなどで自然に覚えた。ただそれは大昔なので、これから1カ月間ほどドイツで生活していれば、もっと上手く喋るようになるだろう」と話している。またその他に話す言語について聞かれると、「オランダ語も話すが、このチームにはオランダ人がいないからね(笑)だが、英語とフランス語、そして日本にも2年間住んでいたので日本語も少しできる。香川とは日本語で話せるね」とチームの1人だけの選手として日本代表MF香川真司の名前を口にした。

なお、「だとしたら彼をさらに優れた選手に成長させられるのでは?」と問われたボス監督は笑いながら「彼はすでに素晴らしい選手だよ」と返している。欧州に渡ってから、初めてJリーグを経験し、日本を知る指揮官による指導を受けることになった香川。まだ今後の去就についての発表を控えている同選手だが、ボス監督の就任は契約延長への好材料になるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000002-goal-socc
【【海外の反応】ドルトムントがボシュ監督就任を発表】の続きを読む

sport
PSG、オーバメヤン獲得へ移籍金86億円でオファーか 独報道

AFP=時事】ドイツのメディアは4日、同国ブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)に所属するピエール・エメリク・オーバメヤン(Pierre-Emerick Aubameyang)の獲得に、フランス・リーグ1のパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)が7000万ユーロ(約86億円)を提示する用意を整えていると報じた。

 PSGに近い消息筋は差し迫った動きは何もないとしたうえで、今季公式戦35得点と絶好調を維持しているストライカーのオーバメヤンが、すでに仏パリ(Paris)でPSGのフットボールディレクターを務めるパトリック・クライフェルト(Patrick Kluivert)氏と面会したとする独紙ビルド(Bild)の報道を否定している。

 27歳のオーバメヤンは、PSGで現在の給与の2倍に相当する年俸1400万ユーロ(約17億円)を手にする可能性があると報じられており、ドルトムントはフランクフルト(Eintracht Frankfurt)とのドイツカップ(German Cup 2016-17)決勝が行われる今月27日に今季終了を迎えた後、PSGからのオファーを受ける用意があると伝えられている。

 フランス出身でガボン代表のオーバメヤンは、これまでにレアル・マドリード(Real Madrid)をはじめスペイン1部リーグのクラブへの移籍を望んでいると繰り返しているが、家族はパリに在住している。

 ドルトムントとの契約をあと3年残しているオーバメヤンだが、シーズン終了後の退団を示唆しており、クラブ側も同選手を売却する可能性を除外していない。

 ドイツでさまざまな臆測が飛び交うなか、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ(Lukas Podolski)は、仏リーグへ移籍することはオーバメヤンにとって良いことになるだろうという見解を示し、前週ビルド紙のコラムに「彼はフランス出身で、フランス語を操り、家族もそこに住んでいる」と記した。

 その一方でポドルスキは、「しかし、ドルトムントのような居心地を感じられるか、彼は自問すべきだ。彼はボルシアではスーパースターだが、PSGにはスター選手が山ほどいる」とすると、「それに、ドルトムントは世界のトップ8から10に入るクラブであり、彼はそこで自由にプレーを楽しんでいる。他のクラブでも同じようにいくだろうか?」とリスクも挙げた。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000029-jij_afp-socc
【【海外の反応】PSGがオーバメヤンにオファー? Bildが報じる】の続きを読む

18033231_1821755061169799_8943975561869731416_n
🎉 Die 59. Minute in Mönchengladbach.
CL敗退から中2日のドルトムントが逆転勝利で3位浮上、ポカール準決勝に弾み

[4.22 ブンデスリーガ第30節 ボルシアMG2-3ドルトムント]

 ブンデスリーガは22日、第30節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントは敵地でボルシアMGと対戦し、3-2で逆転勝ちした。公式戦3試合連続フル出場中だった香川はベンチスタートとなり、最後まで出番がなかった。

 ドルトムントは前半9分、MFクリスティアン・プリシッチがPAぎりぎりでMFマフムード・ダフードに倒され、PKを獲得。これをMFマルコ・ロイスが冷静にGKの逆を突いてゴール右隅に流し込んだ。

 幸先よく先制点を奪ったドルトムントだが、前半22分にMFヌリ・サヒンが負傷交代するアクシデント。徐々にホームのボルシアMGに反撃を許すと、前半終了間際の43分、ミスから同点ゴールを献上した。自陣でのビルドアップでMFミケル・メリノが痛恨のパスミス。カットしたFWアンドレ・ハーンのスルーパスからFWラース・シュティンドルが左足で流し込み、1-1の同点で前半を折り返した。

 後半立ち上がりの3分にボルシアMGが逆転に成功する。DFオスカル・ベントの右CKからセカンドボールを再びベントが左足でクロス。これがドルトムントDFマルセル・シュメルツァーに当たってゴールマウスに吸い込まれた。

 オウンゴールで1-2と逆転を許したドルトムントは後半12分、ロイスに代えてFWピエール・エメリク・オーバメヤンをピッチに送り込む。すると直後の14分、高い位置のボール奪取からMFウスマン・デンベレのスルーパスにオーバメヤンが反応。GKをかわしてPA内左の角度のない位置から左足でゴール右のサイドネットに流し込んだ。

 投入から2分後の同点ゴール。2戦連発となる今季27ゴール目のオーバメヤンは今節ノーゴールに終わったFWロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)をかわして得点ランキング単独トップに立った。

 2-2の同点となり、両チームが勝ち越しゴールを目指すが、互いに次の1点が遠い。ドルトムントは後半38分、PA内左で縦パスを受けたMFラファエル・ゲレイロが左足を振り抜いたが、惜しくも右ポストを直撃。そのまま引き分けかと思われたが、試合終了間際の後半42分、MFゴンサロ・カストロの左FKにゲレイロが頭で合わせ、劇的な決勝点を奪った。

 リーグ戦は2連勝で3位に浮上したドルトムント。ベスト8敗退が決まった19日の欧州CL準々決勝第2戦・モナコ戦(1-3)の敗戦から中2日で持ち直し、中3日で迎える26日のDFBポカール準決勝・バイエルン戦へ弾みを付けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01639026-gekisaka-socc
【【海外の反応】香川温存のドルトムントがグラードバッハに3-2で大きな勝利をあげる!】の続きを読む

top
ロイスが負傷、4月初めまで離脱

週末のCL出場チーム対決を制したボルシア・ドルトムントだが、その喜びの裏でドイツ代表MFマルコ・ロイスが途中交代を余儀なくされた。 

試合後にトゥヘル監督は、CL準々決勝ベンフィカ第2戦での出場について「欠場することになる」と明言。 

さらに「残念な知らせだ。ここ数週間はとても安定したレベルの高いプレーを披露していたのだから。大きな損失だよ。今回の勝利に陰を落とすこととなってしまった」と言葉を続けている。 

そしてその後に受けた検査の結果、ロイスは右大腿筋裏に筋損傷を抱えていることが判明。これによりベンフィカ戦のみならず、3月にドルトムントで行われるドイツ代表戦、さらにはその4日後のW杯予選も欠場となり、離脱期間の予想は4月はじめまでとなった。 

今季は負傷により第12節からプレーしているロイスは、ここまで11試合に出場して2得点4アシストをマーク(kicker採点平均2.9)。CLでは3試合に出場して3得点2アシストをマークしているところだ。(kicker採点平均2.25)

http://kicker.town/dortmund/2017/03/47577.html
【【海外の反応】怪我をする前のロイスのキレっぷりを収めたプレー集が話題に】の続きを読む

このページのトップヘ