武藤嘉紀

top
武藤嘉紀、EL初ゴール決めMOMに選出! マインツはガバラに逆転勝利

【ガバラ 2-3 マインツ EL GS 第2節】

 現地時間29日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツ(ドイツ)はガバラ(アゼルバイジャン)と対戦。EL初ゴールを決めた武藤の活躍もあり、逆転に成功したマインツが3-2で今季のEL初白星を飾っている。

 初戦のサンテティエンヌ戦にワントップで先発出場した武藤は、この試合にも左WGとして先発出場を果たした。

 お互いになかなか先制点を奪えない中で迎えた41分、ボールを受けた武藤がエリア内から落ち着いて左足を振りぬく。するとボールは相手GKの手を弾いてゴールに吸い込まれ、武藤のEL初ゴールによりマインツが先制に成功した。

 しかし、後半にガバラが反撃をみせる。57分にGKレッスルがガバラのオゾビッチを倒し、PKを献上。これをクルバノフに決められ同点に追いつかれた。さらに62分にはゼニオフがゴール右隅に流し込み、ガバラが逆転に成功する。

 すると68分、コーナーキックから味方が頭に当てたボールを詰めていたコルドバが足で押し込み、マインツが試合を振り出しに戻す。そして迎えた78分、エリア内にドリブルで侵入したエズトゥナリがカットインからシュートを決め、マインツが逆転に成功。

 そしてそのまま試合が終わり、マインツが3-2で今季のEL初勝利を収めた。先制ゴールを挙げた武藤は84分に交代したものの、UEFAによってこの試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれている。

【得点者】
41分 0-1 武藤嘉紀(マインツ)
57分 1-1 R・クルバノフ(ガバラ)
62分 2-1 S・ゼニオフ(ガバラ)
68分 2-2 J・コルドバ(マインツ)
78分 2-3 L・エズトゥナリ(マインツ)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00010001-footballc-socc
【【海外の反応】武藤嘉紀がガバラ戦で先制ゴール! マインツのEL初勝利に貢献! UEFAがマンオブザマッチに選出!】の続きを読む

muto3
武藤が今季7点目! 長谷部先発のフランクフルト相手に先制

ンデスリーガ第14節で、マインツFW武藤嘉紀が今季7点目を決めた。ハットトリックを達成した、第11節アウクスブルク戦以来の得点となる。

前線の中央で先発した武藤は、ホームで勢いに乗るチームの波に乗った。

開始5分、中央から右に展開されたボールが、MFデ・ブラシスから中央へ送られる。これを武藤が、右足でしっかり決めた。

武藤はこの試合までリーグ6点を挙げており、チーム最多得点者となっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000021-goal-socc
【「チャンピオン」武藤また決めた!今季7点目!マインツはフランクフルト相手に2-1で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

mutp
武藤が初のハット達成!!後半ATに劇的同点弾

ブンデスリーガは31日、第11節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツは敵地でアウクスブルクと対戦し、3-3で引き分けた。武藤は前半18分 に2戦連発となる先制点を決めると、同30分にも追加点。チームはその後3失点し、2-3と逆転を許したが、後半アディショナルタイムに武藤が劇的な同点 弾。自身初のハットトリックを達成し、土壇場でドローに持ち込んだ。

マインツは前半18分、MFパブロ・デ・ブラシスがドリブルで強引にPA内に切れ込み、左サイド深い位置からゴール前に折り返すと、武藤がスライディングしながら左足で押し込み、先制点を奪った。

 武藤は前節のブレーメン戦(1-3)に続く2試合連続のゴール。ブンデスリーガ初の2戦連発で今季通算4得点目を挙げると、前半30分にもMFユヌス・マリの突破からマリのパスをMFハイロ・サンペリオがワンタッチでつないで武藤が右足で蹴り込んだ。

 ブンデスリーガ初ゴールを含む2得点を決めた8月29日のハノーファー戦(3-0)以来、自身2度目のドッペルパック(1試合2ゴール)を達成した武藤。これで今季通算11試合出場で早くも5ゴールとなった。

 ところが、アウクスブルクは前半42分にDFポール・フェルハーフのPKで1点を返し、後半立ち上がりの5分にはMFク・ジャチョルが同点ゴール。あっ という間に2点ビハインドを追いついた。攻勢を強めるアウクスブルク。劣勢のマインツも粘り強く耐えていたが、後半36分、MFカイウビのスルーパスから MFラウール・ボバディジャが左足でゴールネットを揺らし、ついに3-2と逆転に成功した。

 前節終了時点で最下位に低迷していたアウクスブルク相手にまさかの逆転負けかと思われた後半アディショナルタイム、マインツは右クロスをDFシュテファ ン・ベルがつなぎ、武藤がPA内左でボールをキープ。冷静に右足を振り抜き、ゴールにねじ込んだ。今季通算6ゴール目となる劇的な同点弾で3-3のド ロー。武藤にとってはJリーグも含めたプロキャリアで初のハットトリックとなり、チームの連敗も2でストップした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-01286827-gekisaka-socc
【武藤大暴れ!初ハットトリック!残り1分でチームをドローに導く!{海外の反応}】の続きを読む

kagwa
ファンタスティック・フォー躍動! 香川先発のドルトムントが4試合ぶり白星

球際でのハードワークが光った武藤、あとはシュートを決めるのみ
ブンデスリーガ第9節が16日に行われ、FW武藤嘉紀が所属するマインツとMF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督にとって、マインツは2009年から5年間指揮を執った古巣クラブ。ドルトムントの監督としてかつての本拠地、コファス・アレーナを訪れることになった。香川、武藤ともにこの試合で先発を果たしている。

[4-2-3-1]のフォーメーションでスタートしたマインツは、前線からの積極的なプレスから相手のミスを誘い、ボールを奪えば素早いカウンターを展開 した。開始5分、左サイドでデ・ブラシス、ベングツォンと繋ぎ、ゴール前で武藤が決定機を迎えるも、これはドルトムントGKビュルキにブロックされた。

[4-1-4-1]のフォーメーションでスタートしたドルトムント。序盤はマインツとの中盤での戦いで押され、満足なチャンスを得られなかったものの、一 瞬の隙を突いて先制に成功する。17分、高い位置で相手のパスをカットしたムヒタリアンがオバメヤンに渡すと、オバメヤンはタメを作った後にフリーのロイ スにラストパス。これをロイスがしっかりと決めてドルトムントが先制した。

均衡した時間が続いたが、またもドルトムントが相手のミスから得点を挙げる。82分、マインツの右サイドバック、ブロジンスキのバックパスをカットしたオ バメヤンがムヒタリアンにラストパスを送ると、アルメニア代表MFが巧みなコントロールでGKカリウスをかわし、2点目を挙げた。

このプレイの後、ドルトムントは香川、オバメヤンを下げてアドリアン・ラモス、ゴンサロ・カストロを投入。そのまま試合終了の笛を迎え、5節レヴァークーゼン戦以来リーグ4試合ぶりの白星を得た。武藤は83分にニーダーレヒナーとの交代でピッチを退いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151017-00010001-theworld-socc
【「攻撃を動かしていた」「平凡」マインツ戦後のドルトムントサポ反応{海外の反応}】の続きを読む

mt
武藤がブンデス初アシストで勝利に貢献…マインツ、打ち合い制し連敗脱出

ブンデスリーガ第8節が2日に行われ、ダルムシュタットと日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツが対戦した。武藤は1トップの位置に入り、7試合連続のスタメンとなった。

試合が動いたのは15分だった。左サイドでFKを獲得したマインツは、ダニー・ラッツァからのボールに、ペナルティエリア内中央のシュテファン・ベルが頭 で合わせて、ゴール左隅に叩き込んだ。マインツは24分、早い段階で追加点を獲得する。武藤からの落としをエリア手前右で受けたユヌス・マッリが、キック フェイントから左足を振り抜き、シュートをゴール左隅に沈めた。武藤が今シーズン初アシストを記録。

マインツは、代表ウィーク後の16日に行われる次節でドルトムントとホームで対戦。ダルムシュタットは17日にアウクスブルクとのアウェーゲームに臨む。

ダルムシュタット 2-3 マインツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151003-00356043-soccerk-socc
【「止められない」サポ、大活躍のマリと武藤を称賛!マインツはダルムシュタッドとの激戦を制す!{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ