ネタ



【【海外の反応】海外「サッカーに夢中になるきっかけとなった選手は誰?」】の続きを読む


【【海外の反応】ドイツ「欧州リーグで最高のイレブンを有しているのはどこか?」】の続きを読む

top
『キャプテン翼』が世界のサッカー選手に与えた影響とは?外国のマニアたちがネット上で激アツ討論!

「『キャプテン翼』が世界のサッカー選手に与えた影響」に関して、海外のネット掲示板Radditで激アツの討論となっている。

『キャプテン翼』は各国によって名称が違うことでも知られており、アメリカでは「フラッシュ・キッカー」、イタリアでは「オーリ・エ・ベニ」、スペイン「オリベル・イ・ベンヒ」、フランス「オリーヴ・エ・トム」。アメリカ以外だと翼くんは「オリバーorオリビエ」といった名前にローカライズされていたようだ。

top2

ポルトガルの書き込みでは「朝の6時に起きて見ていた」「フィールドが大きくて丸い感じの絵が大好きだった」「(ポルトガルでは)『オリバー(翼)とベンジ(若林源三)』というタイトルだったね」「(フランスでは)『オリーブとトム』だった」「(ポーランドでは)『キャプテンホーク』だったよ。OP曲をいまだに着信音にしているよ」など各国のタイトルの話題から「キャプ翼大好き外国人」のトークがキックオフ!

「(パラグアイでは)『スーペルカンピオネス』(=スーパーチャンピオンズ)というタイトルだった。立花兄弟が最高だった。ただピッチが長すぎるんだよ。ある人がピッチの距離を計測したら20キロくらいある結論になった」など、あの長すぎるドリブルネタは、万国共通の「あるある」のようで、「そうそう15分間走って、シュートを打つ前に人生について考える(笑)。でも大好きだったよ」など。

意外にもサッカーの国イギリスでは放送されてなかったらしく、「残念ながらイギリスでこのアニメは放送されてなかったんだ」「俺も覚えてない。イギリス人はつまらないサッカーアニメ「The Rejects」をそのころ見せられていた」というコメントに「イギリスでも『キャプ翼』を放送していたらイタリア、スペイン、ドイツのように何か勝ち取れたのに」という皮肉もあるが、これは多かれ少なかれ現役選手や過去のW杯、チャンピオンズリーグ覇者の主要メンバーとなった選手たちが『キャプテン翼』からの影響を語っていることからあながち間違いではないとの認識のようだ。
【【海外の反応】アメリカ「至高のスポーツアニメと言えば?」】の続きを読む

Xavi-e-Iniesta

【海外「お気に入りのミッドフィールダーを挙げるスレ」【海外の反応】】の続きを読む

top
中村俊輔の芸術FKにスコットランド紙も特集「魔法は失われていない!」

 横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔が、5日に行われたJ1・1stステージ第2節のアビスパ福岡戦で決めた直接FKが、世界から称賛を集めている。

 この活躍に、スコットランド紙『デイリー・レコード』も「かつてのセルティックのスター、中村俊輔が素晴らしいFKを決めた」と題して特集している。

 中村は2005年から2009年に渡ってスコットランドの名門セルティックでプレーし、3度のリーグ優勝やリーグMVP受賞など数々の功績を残している。

 同紙は「彼は魔法のタッチが失われていないことをセットプレーから証明した」と、スコットランドで一世を風靡した中村を称賛している。

 福岡戦のゴールにより、中村は自身が持つ最多直接FK得点数を「21」に伸ばしている。37歳となった今でも、中村は世界屈指のFKの名手としてその名を轟かせている。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160308-00010008-footballc-socc
【海外「サポートするチームに生まれた最高のゴールは?」【海外の反応】】の続きを読む

このページのトップヘ