アメリカ代表

top
アメリカの8大会ぶりW杯予選敗退に地元メディア衝撃 「ハートブレイク」「想定外の事態」

最下位トリニダード・トバゴに1-2と不覚 パナマ、ホンジュラスにかわされる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)北中米カリブ海予選の最終節が現地時間10日に行われた。ラスト1試合の時点で3位につけていたアメリカは、最下位のトリニダード・トバゴに1-2とまさかの黒星を喫し、ともに勝利した4位パナマと5位ホンジュラスにごぼう抜きにされて5位転落、1986年大会以来の予選敗退という悲劇を味わった。米メディアも「想定外のことが起きた」「ハートブレイク」と、この衝撃をレポートしている。

 アメリカは前半17分にオウンゴールで失点。さらに同37分に相手DFアルビン・ジョーンズにも得点を許して、2点のリードを奪われた。後半開始早々の2分に、ドルトムントでプレーするMFクリスチャン・プリシッチが鮮やかなミドルシュートを決めて1点差に詰め寄ったが、そのまま1-2で敗れた。

 この結果、北中米カリブ海予選ではメキシコとコスタリカ、そしてW杯初出場となるパナマがロシア行きを確定。4位ホンジュラスはオーストラリアとの大陸間プレーオフに臨むことになった。

 アメリカのW杯予選敗退は1986年のメキシコ大会以来で、連続出場は7大会でストップ。欧州ではオランダ、南米ではチリやパラグアイといった強豪国が敗退となるなか、北中米カリブ海予選でも波乱が起きた。

隆盛のMLS、W杯常連国となっていたが…

 米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」のツイッターは、「想定外の事態が起きた。USMNT(アメリカ代表)は1986年以来、初めてW杯を逃した」とアメリカ敗退を速報。続けて「ハートブレイク」と、傷心するアメリカ国民の気持ちを代弁した。

 国内リーグのメジャーリーグサッカーもスター選手が多くプレーし、W杯でも決勝トーナメントの常連となるなど、今やサッカー大国の一つとなっていたアメリカ。プリシッチのような世界的スター選手も台頭しているが、来夏にロシアで開催される大舞台には手が届かなかった。

【【海外の反応】アメリカ、まさかのW杯予選敗退】の続きを読む

d6daa4bb-ccf1-445c-af17-8dd8b2f06b13
「トランプ後」の大一番は、メキシコがアメリカの“壁”を粉砕!

11日(日本時間12日)、アメリカ対メキシコの2018年ワールドカップ・北中米カリブ海最終予選の初戦が行われた。

 北米の覇権を争う大一番であると同時に、隣国メキシコに対する強気な発言を繰り返した共和党ドナルド・トランプ氏の大統領選勝利直後、それも選挙の結果を左右したオハイオ州で行われるとあって、世界的にも注目を集めた一戦。 

アメリカの守護神ティム・ハワードは「それは選挙。これはサッカーだ」と無関係を強調したが、主将を務めるブラッドリーは「影響は避けられない」と発言するなど、各々が様々な想いを抱いてこの試合に臨んだ。 

ゲームの前半を支配したのは、早めのボール奪取からアメリカ側のスペースを効果的に突いたメキシコだ。  20分、ブラッドリーからボールを奪い、最後はミゲル・ラユンが先制ゴールを決める。

メキシコが同予選のアメリカ・ホームでゴールを決めたのはなんと1997年以来なんだとか。

 一方、GKハワードが負傷交代を余儀なくされるなど前半ほとんどいいところがなかったアメリカ。ところが後半に入ると形勢が逆転する。

 前半とは動きが見違えるように良くなり、49分、ジョジー・アルティドールからのパスをボビー・ウッドが左足で流し込んで同点に追い付く。

日本人の母親を持つウッド。“日米同盟”の重要さをトランプ氏は学んだかもしれない。

その後もほぼアメリカのペースで試合は流れたがゴールは生まれず、そのまま同点で終わるかと思われた。 

しかし、終了間際、まさかの結末が待っていた!

37歳マルケス! 
先制ゴールを決めたラユンの左サイドからのコーナーキックにラファエル・マルケスがニアサイドへ飛び込み、軽く触れるように頭でコースを変えると、これが見事にゴールへ吸い込まれたのだ。

大ベテランによる技ありの一発が決勝点となり、メキシコが大事な最終予選の初戦を2-1で勝利した。

http://qoly.jp/2016/11/12/mexico-trumps-usa?part=2
【【海外の反応】メキシコが壁を粉砕、敵地でアメリカとの激戦を制す!【W杯予選】】の続きを読む


なでしこ 序盤4失点も大儀見反撃弾 33分に早くも澤投入、岩清水涙の交代

  序盤で重い4点のビハインドを背負ってしまった日本だが心は折れず、前半27分にエース大儀見のゴールで反撃ののろしを上げた。右サイドを突破した川澄 からのクロスをゴール前で受けると、相手DFをトラップしてかわして左足で狙いすましたシュート。ゴール左隅に決まって1―4とした。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000087-spnannex-socc


以下、海外の反応


大儀見ゴールの場面 の動画リンク

■ 素晴らしいゴールなんだけど


(アーセナルサポ)
■ セクシーなシュートだ


(チェルシーサポ)
■ ワールドクラスのコントロールだ


(サンダーランドサポ)
■ すばらしいゴール、一流のフィニッシュだ


(アーセナルサポ)
■ すっごいターンだったな、ファック!


(アメリカ)
■ アメリカ代表のひどいディフェンスだ。
しっかりしろ!


■ ファーストタッチとスピンがファンタスティック
技術レベルが高すぎる


■ 惚れ惚れするターンとシュートだ。
ここまでのこの試合、すげぇ!


(リバプールサポ)
■ 本当に本当に素晴らしいゴール。
あのファーストタッチはベルバトフスタイルだったな!


(アーセナルサポ)
■ この試合はまだ終わっていないな。
アメリカはまだ得点しないと安心できないぜ!


■ きっと記憶に埋もれてしまうゴールなんだろうけど、これはチームによる素晴らしいゴールだった。
個人的には決勝でのベストゴールだと思う。
女子日本代表の試合はトーナメントのどの試合を見ていても楽しかったよ。
彼女達は、ほとんどの試合で相手より体力的にも勝ってはいたけれど、ボール技術に物を言わせていた。
今大会で彼女達を越えるパスサッカーをするチームなんて存在しなかったよ。
(https://goo.gl/AJSbK0)


女子サッカーW杯カナダ大会(FIFA Women's World Cup 2015)は30日、準決勝が行われ、米国が2-0で世界ランク1位のドイツを破り、決勝に進出した。

 ともにW杯2度の優勝を誇る世界ランク上位2チームの対戦は、カーリー・ロイド(Carli Lloyd)が素晴らしい活躍をみせた米国に軍配が上がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000013-jij_afp-socc 

以下、海外の反応


■ まただ! アメリカ人がドイツ人を追いやってフランス人の仇討ちをした!日本は心待ちにしているだろう...


■ アメリカ代表のディフェンスを破る事は出来ない
ドイツにPKでさえミスさせた!


 一ヶ月の内に、アメリカ代表の男子、女子共に、FIFAランク一位のドイツ代表の男子、女子を打ち破っている。
こんな偶然ってあるのかな? 自分はそうは思わない。


■ レフェリーは2度の笛で試合を大きく変えてしまったな。
ただ、それでもアメリカ代表がより優れていたし、本当にうまく試合を運んだと思う。

(バイエルンサポ)
↑ まったくその通り、酷い判定だった。
ただ、それが無かったところでアメリカがうちを倒していたさ


(アメリカ)
■ シャワーを浴びて帰ってきたら、アルゼンチンが4点入れて、アメリカが2点入れてたんだけど..つまりみんな、分かってるな?

 浴びすぎ


(日本)
■ アメリカさん、もうちょっと待ってね

(アメリカ)
 もう、うちらと2011、2012と勝負しているよな...
一度くらい、他のチームにチャンスをやったらどうなんだ?

(日本)
 あまり良いアドバイスではないな
君たちも決勝で戦うチャンスを他のチームに与えてきていないじゃないか!


 「私たちは決勝で戦う為に来たのではない、タイトルを取る為にここへ来た」
ロイドかっこよすぎるわ


(アメリカ)
■ さぁ、日本に決勝へあがってもらいたいね。
リベンジの為にさ

 もうオリンピックでリベンジしたじゃん。

 ワールドカップ>オリンピック


(アメリカ)
■ やったああ! うちがドイツを倒したぞ!
レディットのサーバーも落ちた! さあ、決勝だ決勝!


■ アメリカVS日本のリマッチ...
もしくは、アメリカVSイングランドのどちらかの試合が、週末の独立記念日に.....
(https://goo.gl/kLoU7S)

このページのトップヘ