アーセナル

427D578600000578-0-image-a-62_1500476454710
中国遠征中のアーセナルが集団食中毒か、ジルーら主力が体調不良

【AFP=時事】中国で開催されているインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)に出場中のアーセナル(Arsenal)は、主力選手数人が食中毒の症状を訴え、19日のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦を欠場するなどの事態となった。チームを率いるアーセン・ベンゲル(Arsene Wenger)監督が明かした。

 上海(Shanghai)でバイエルンと対戦したアーセナルは、試合終了間際に1-1の同点に追いつき、PK戦を3-2で制した。しかしベンゲル監督は試合後、長時間のフライトや中国の厳しい暑さと相まって選手を苦しめた食中毒により、来シーズンへ向けたチームの調整は理想的とは到底言えないものとなってしまったと語った。

 アーセナルは食中毒でオリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)を欠いただけでなく、キャプテンを務めるペア・メルテザッカー(Per Mertesacker)もキックオフ直前に同様の問題で体調不良を訴え、試合を欠場した。

 また、新加入のセアド・コラシナツ(Sead Kolasinac)がハーフタイム前に交代を余儀なくされた一方、途中出場のアーロン・ラムジー(Aaron Ramsey)とセオ・ウォルコット(Theo Walcott)も体調が優れなかったという。

 アーセナルの選手はこの日、特に気温が36度を超えた前半に調子を落としており、ベンゲル監督は冬のオーストラリアから移動してきた直後での上海のコンディションは「衝撃」だったと話している。

 今季は欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)出場権獲得のプレッシャーがかかるベンゲル監督は「17日、18日とハードワークしていたので、今夜は大きな問題が待ち受けているのではないかと少し不安だったが、実際に前半はやや苦しんだ」と語った。

「ラムジーは(気分が)悪い状態で試合を終え、ウォルコットやコラシナツ、メルテザッカーも皆、食中毒気味だった」

 23日には北京(Beijing)でチェルシー(Chelsea)との一戦を控えるアーセナルだが、ベンゲル監督は食中毒を起こした原因は不明だとしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00000005-jij_afp-socc
【【海外の反応】中国遠征中のアーセナルが集団食中毒に襲われる ジルーなど複数の選手がダウン...】の続きを読む

3FA3268D00000578-4449314-image-a-16_1493241717446
【【海外の反応】岡崎同僚のフックス、イラッとしてサンチェスの顔をめがけてスローインする】の続きを読む

top
約4か月ぶりの“ジャガー”!!浅野が初のドッペルパックで首位奪回に貢献

[4.9 ブンデスリーガ2部第28節 シュツットガルト2-0カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は9日、第28節を行い、FW浅野拓磨の所属するシュツットガルトはホームでMF山田大記の所属するカールスルーエと対戦し、2-0で勝利した。浅野、山田ともにフル出場した一戦は浅野が約4か月ぶりとなるゴールを含む2得点を記録。暫定ながら首位奪回に大きく貢献した。

 ジャガーポーズが約4か月ぶりに飛び出した。シュツットガルトは前半26分、DFエミリアーノ・インスアとMFアレクサンドル・マキシムのパス交換で左サイドを崩し、マイナスに戻したボールをMFクリスティアン・ゲントナーが右足でゴール前にクロス。オフサイドラインぎりぎりからフリーで飛び出した浅野がヘディングで叩き付け、先制のゴールネットを揺らした。

 浅野の得点は昨年11月28日のニュルンベルク戦(3-1)以来、14試合ぶり今季3得点目。シュツットガルトがリードを奪ったが、カールスルーエの10番を背負う山田も見せ場をつくる。前半45分、敵陣中央をドリブルで運んでPA内へスルーパスを通すと、FWフロリアン・カンベリのシュートをGKが弾き、こぼれ球を山田が狙ったが、シュートはミートせず、DFにクリアされた。

 1点リードで前半を折り返したシュツットガルトは劣勢の時間を耐え、後半16分にカウンターから追加点を奪う。ドリブルでPA内まで持ち上がったマキシムのシュートはGKに弾かれたが、こぼれ球に詰めた浅野が右足で難なく押し込んだ。浅野は移籍後初のドッペルパック(1試合2得点)を達成。今季通算4ゴール目となり、勝利を大きく手繰り寄せた。

 そのまま2-0の完封勝利をおさめたシュツットガルトは6試合ぶりの白星で勝ち点を54に伸ばすと、首位ハノーファーが引き分けに終わったため、暫定首位に浮上。一方、最下位に沈むカールスルーエは5試合勝ちなし(1分4敗)となり、残り6試合で残留圏まで勝ち点10差と、3部降格が現実味を帯びてきている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170409-01638602-gekisaka-socc
【【海外の反応】浅野拓磨がダービーで2ゴールを決める シュツットガルトの首位浮上に貢献】の続きを読む

浅野琢磨、裸で「カンナムスタイル」を踊る!キレが半端ない

ローン先のシュトゥットガルトで出場機会を得ている浅野琢磨。 

先月14日、チームメイトであるMFバンジャマン・パヴァールがこんな映像をTwitterで紹介していた!


カメラに収められていたのは、なんとパンツ一丁で「カンナムスタイル」を踊る浅野の姿…! 

なぜ裸なのかは分からないが、ムキムキの肉体を披露し、キレを感じさせるダンスを見せてくれた。これは日本ではなかなか見なかった表情である…。 

パヴァールは1996年3月う生まれの20歳。22歳の浅野とは仲が良いようで、Twitterで「兄弟」と紹介している。
http://qoly.jp/2017/02/10/benjamin-pavard-twitter-20170114-kwm-1
【【海外の反応】浅野拓磨がパンツ一丁で江南スタイルを踊り話題に】の続きを読む

top
えっ!A・サンチェス、元ドルトムントのあの選手を知らないの?

今季、ドルトムントからマンチェスター・シティへ移籍したドイツ代表MFイルカイ・ギュンドーアン。 
プレミアでも存在感を放ちつつあったが、先日の試合で靭帯を損傷。数か月間の離脱を余儀なくされてしまった。

 不運に見舞われたギュンドーアンを鼓舞するため、シティは先日のアーセナル戦で彼のユニフォームを着てピッチに登場した。 

この直前の出来事が話題になっている。ピッチに向かう通路内で、シティGKクラウディオ・ブラボとアーセナルFWアレクシス・サンチェスが対面した場面だ。

『ovaciondigital』などによれば、このような会話が交わされていたそう。
    
 アレクシス「何かあったの?誰?」    
 
ブラボ「彼は膝をやってしまったんだ」  
  
アレクシス「そうなの?」     

ブラボ「別の日にね」     

アレクシス「誰、8番は誰?」   
 
ブラボ「ギュンドーアンだよ」  

アレクシスとギュンドーアンは2014年11月のCLで対戦したことがある。

http://qoly.jp/2016/12/26/alexis-sanchez-and-claudio-bravo-and-ilkay-gundogan-iks-1
【【海外の反応】A・サンチェス、ブラボとの会話でギュンドアンを知らないと判明】の続きを読む

このページのトップヘ