イニエスタ

イニエスタが神戸を選んだ理由は「信頼」…日本では「国民の一部になりたい」

ヴィッセル神戸への加入が決定したMFアンドレス・イニエスタは、日本の印象について語っている。

下部組織から育ったバルセロナを今季限りで去ったイニエスタ。去就に関し様々な報道がなされていたが、24日に東京都内で会見を行い、神戸への加入を正式発表。明治安田生命Jリーグでのプレーが決定した。

会見で、日本を新天地に選んだ理由について「信頼」を強調した。

「色んなオファーがありました。他に関心を示してくれたクラブにも感謝したいです。ヴィッセルに決めた理由は、非常に興味深いレベルであり、プレーヤーとして信頼してくれたからです。日本は素晴らしい、文化も素晴らしい。できるだけ早く慣れて、日本の生活を楽しみながらチームに馴染みたいです」

「(日本の文化は)全部好きです。日本人も好きです。一番大事なのは文化に溶け込むこと。国民の一部になりたいです。できるだけ、この文化の一員になれればと思っています」

イニエスタは、バルセロナで歴代2位となる通算443試合に出場。9度のリーガ制覇、チャンピオンズリーグ4度の優勝に加え、スペイン代表としてもユーロで2度頂点に立ち、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、決勝のオランダ戦で延長の末決勝点を挙げ、チームを初の世界王者に導いている。

今夏のロシア・ワールドカップへも出場するイニエスタ。未だ現役最高峰の選手のプレーを、日本で見られる日はもう間もなくだ。

【ヴィッセル神戸がイニエスタの加入を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

22年過ごした愛するバルサへ最後の別れ…イニエスタ「喜びであり誇りであった」

バルセロナを今季限りで退団するMFアンドレス・イニエスタが、お別れのスピーチを行った。

下部組織に12歳で加入し、2002年のトップチームデビュー、そして現在に至るまでバルセロナ一筋でプレーしてきたイニエスタ。しかし、今季限りでの退団を明言し、20日に愛するクラブでのラストマッチを迎えた。

偉大な主将のラストマッチでは、サポーターもコレオを作り主将へ感謝のメッセージを送り、80分にピッチを後にする際には、スタンディングオーベーションでその最後の姿を見送っている。そして交代後には、「アンドレス・イニエスタ! ロロロロローロ!」と最後までチャントを歌い続けている。

溢れる涙をこらえきれなかった34歳の主将は、すべてに感謝を述べた。

「このクラブを代表するのは、喜びであり誇りであった。僕にとって、世界最高のことだ」

「チームメイトに感謝したい。そして、1人ひとりすべての人にね。とても恋しく思うことになるだろう。すべての愛、そして子供の頃からリスペクトを感じさせてくれたファンのみんな、本当にありがとう。34歳の男になったよ」

「最後に、言葉は使い果たしてしまったよ。だけど、これだけは言える。ビスカ(万歳)バルサ、ビスカ・カタルーニャ、ビスカ・フエンテアルビージャ(生まれ故郷)」

【カンプノウに佇むイニエスタ 海外サポーターの反応】の続きを読む

top
China: ❌ Andres Iniesta is now reportedly set to sign with Japanese side, Vissel Kobe, according to @La_Ser 🇯🇵
イニエスタ、ヴィッセル神戸に加入? 広報担当者は「報道を見て驚いている」

サッカー界の超大物が、Jリーグでプレーする可能性が出てきた。スペイン代表でバルセロナに所属するMFアンドレス・イニエスタが、ヴィッセル神戸と契約する見込みだと、スペインのラジオ局「エル・ラグエロ」など複数のメディアが伝えた。
イニエスタは、今季限りでバルセロナを退団することを表明。移籍先は中国のクラブチームと噂されていたが、クラブ側が獲得を否定した。 

スペインのラジオ局「カデナ・セール」によると、ヴィッセル神戸との契約期間は3年で、年棒は中国のクラブが支払うと伝えられていた2500万ユーロ(約32億5000万)。イニエスタの農場で生産されるワインを神戸が購入することも、契約に含まれているという。 

この契約は、バルセロナのスポンサーを務める楽天の三木谷浩史社長が先導したという。  ヴィッセル神戸には既に、元ドイツ代表のルーカス・ボドルスキが加入している。イニエスタが加われば、ワールドカップ優勝を経験した2人の共演がJリーグで実現することになり、ファンが大興奮することは間違いないだろう。

 ヴィッセル神戸の広報担当者は5月8日、ハフポスト日本版の取材に対して「そのような情報は一切把握していない。報道を見てびっくりしている」と驚いた様子だった。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/07/iniesta-vissel-kobe_a_23429287/
【イニエスタが神戸に移籍? 複数のスペインメディアが報じる 海外サポーターの反応】の続きを読む

Xavi-e-Iniesta

【海外「お気に入りのミッドフィールダーを挙げるスレ」【海外の反応】】の続きを読む

top
宿敵の本拠地で喝采浴びたイニエスタ「拍手をくれた人たちに感謝」

バルセロナは21日に敵地で行われたリーガ・エスパニョーラ第12節、レアル・マドリードとの“クラシコ”で4-0の大勝を収めた。この試合に先発出場し、チーム3点目を挙げたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタのコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

 開始11分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスのゴールで先制したバルセロナは、39分にブラジル代表FWネイマールが加点。さらに53分、イニエス タがネイマールとのコンビネーションから強烈なシュートを叩き込み、試合を決定づける3点目を奪った。その後、スアレスがこの日2点目をマークし、4点差 をつけて伝統の一戦を制した。

 現所属選手の中で最多32回目となる“クラシコ”で素晴らしい活躍を披露したイニエスタは、77分に交代でベンチに下がる際、サンティアゴ・ベルナベウ の相手サポーターから拍手喝采を浴びた。「拍手をしてくれた人たちに感謝している」と素直にその喜びを語ると、「パス出しの部分で、完成度の高い試合がで きた。効率的な試合ができたね。できるだけ多くの点差をつけて勝ちたかった。差がつけられればその方がいいからね」と試合全体を通しても満足感を示してい る。

 この勝利で首位を守ったバルセロナはレアル・マドリードとの勝ち点差を6に広げた。しかしイニエスタは「勝ち点6は、決定的ではない。リーグ戦はまだまだ残っている」とタイトル争いが決したわけではないと話し、気を引き締めた。

 バルセロナは24日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節でローマと、28日にリーグ戦第13節でレアル・ソシエダとそれぞれホームで対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00372422-soccerk-socc
【アイルランド「史上最高のMFはイニエスタ」{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ