イニエスタ

top
スペイン紙、イニエスタの2試合連続弾に熱狂。バルサでの伝説的ゴールと比較も

明治安田生命J1リーグ第22節の試合が15日に行われ、ヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦。神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは2試合連続となるゴールを記録した。

 前節ジュビロ磐田戦でJリーグ初ゴールを記録していたイニエスタは、またしても世界レベルの実力を見せつけた。広島に先制点を奪われた直後の17分、ペナルティーエリア手前左側でボールを受けると、巧みなフェイントを入れながら中央に切り込んで右足一閃。強烈かつ正確なミドルシュートをゴール左に突き刺した。

 絶賛を集めた前節のゴールに続いて、今回のゴールも母国スペインのメディアで大きく報じられている。『ムンド・デポルティボ』紙は「5日間で2点目のゴラッソ」と連続ゴールを伝えた。

『アス』紙は「“イニエスタッソ”(イニエスタの凄いプレー)が日本に到来」と記し、「強烈な一撃で相手チームを破壊した」とゴールを称賛している。

『マルカ』紙は「イニエスタがスタンフォード・ブリッジでのゴールを日本で再現」と述べ、2008/09シーズンのチャンピオンズリーグでバルセロナの決勝進出を決定づけたチェルシー戦終了間際の一撃を彷彿とさせるゴールだと伝えている。

【「帰ってきて」イニエスタの2戦連続ゴラッソを海外のサッカーファンが絶賛】の続きを読む

DkUTH2GU0AIk9Y-
互いを認め合う初共演イニエスタ&ポドルスキ「みんながみんな出来るようなものではない」

[8.11 J1第21節 神戸2-1磐田 ノエスタ]

 異次元プレーの連続だった。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ。待望の初共演を果たした2人が、ヴィッセル神戸に3試合ぶりとなる勝利をもたらした。

 2人の連携からいきなりゴールが生まれた。前半15分、右サイドでボールを持ったポドルスキが縦に鋭いパスを入れると、エリア内でイニエスタが反転しながら受ける。吸い付くようなトラップでボールを収めると、GKカミンスキーをかわしてゴールネットを揺らした。

 その後もワールドクラス2人によるショーは続けられる。イニエスタはフェイントで磐田守備陣をまるで子ども扱い。ポドルスキのボールを蹴るパワーは、インパクト音が他の選手とは明らかに違った。

 互いに認め合っているからこそ、いきなりの好連携を生んだ。イニエスタが「ルーカスのようなレベルの選手と分かり合うのは、ある意味簡単なこと」と話せば、ポドルスキも「今日のゴールのようなシーンはみんながみんな出来るようなものではない。でも能力を持った選手だがらすぐ出来るんじゃないかと思う。僕は出すだけだった」と称えた。

 またポドルスキはイニエスタが加入したことによる影響を自身も受けていると認める。ただ「イニエスタ選手のような素晴らしい選手が日本に来てくれたことは素晴らしいことで、彼と一緒にプレーできるのは喜ばしいこと」と話すも、「僕たち2人だけでなく、ほかの選手が影響を受けて成長してもらって、もっとレベルの高いチームになることが理想だと思う」と更なる好影響を望んでいだ。

【「なんて美しいんだ」イニエスタのJリーグ初ゴールを観た海外のサッカーファン】の続きを読む

iniesta sokkurisan
イニエスタそっくりの「アイアム野田」、海外メディアでも報じられる

今夏、Jリーグにやってきたアンドレス・イニエスタ。 

だが、ヴィッセル神戸は先月末に「家族と再来日するために、スペインに一時帰国する」と発表した。8月上旬に再来日するとされているが、今週末のFC東京戦は欠場する見込み。 

イニエスタ効果もあって、味の素スタジアムでの一戦のチケットは3年ぶりに完売になっていたそうだが…。 

そんななか、スポーツ報知が「FC東京はお笑いトリオ『鬼ヶ島』のボケ担当であるアイアム野田を呼ぶ」と伝えた。 

同氏はイニエスタのそっくりネタで話題になったお笑い芸人なのだが、この話題はイギリスの『JOE.ie』でも報じられていた。

”『JOE.ie』 
「イニエスタ不在に伴い、FC東京は説得力のないそっくりさんを雇うことにした。  Jリーグクラブのフットボールの質に不服だとしても、芸の無さで攻めることはできない。  Mr.野田の功績を認めよう。彼の無精ひげはイニエスタに似せるために完璧に描かれており、サポーターたちはきっとその違いに気付かないだろうから。  きっとね!」”

この一戦は5日(日)の19時にキックオフされる。

【「双子だ」「悲劇だ」イニエスタのそっくりさんを見た海外のサッカーファン】の続きを読む

Iniesta-Vissel-Kobe
イニエスタ、待望のJデビュー。悔しい敗戦も「これから始まる素晴らしい物語の第一歩」

明治安田生命J1リーグ第17節が22日に行われ、ヴィッセル神戸は湘南ベルマーレに0-3で敗れた。だが、神戸にとって今季のホーム最多2万6146人の観客、普段の5倍にものぼる約150人のメディアが集結した一戦は大いに沸いた。

 神戸の2点ビハインドで迎えた59分、2人目の交代として元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがJリーグのピッチに立った。コンデションは決して万全ではなく、チームメイトとの連係も未成熟なのは明らかだったが、相手の急所を突くスルーパスなど随所に持ち味を発揮した。試合終盤にはコーナーキックに合わせる左足ダイレクトボレーでJリーグでの初シュートも放った。

 試合後、異例の記者会見という形で取材に応じたイニエスタは「僕個人としては今日デビューできたこと、観客に温かく迎え入れられたことに対し、すごく喜ばしい日でした」と語ったが、「チームとしては負けてしまったことが非常に残念で、僕は負けることが好きではないので」と悔しさも覗かせた。

 それでも「これがこれから始まる素晴らしい物語の第一歩であることを確信しています」とJリーグでの新たな挑戦に手ごたえも感じているようだ。「今日プレーしてみて、非常にフィジカルが強く、アビリティの高い選手が多くて、Jリーグのレベルは非常にいいものだと思いました」と日本のリーグのイメージも固まりつつある。

 チーム内では「今までずっとやってきた役割」を担うと考えており、「中盤から攻撃にかけての要になるようなプレーをしていきたい」とイニエスタは言う。

 湘南戦では「チームが負けている時に入るのは難しいですし、周りの選手達もすでに何十分もプレーしている中で、さらにまだ呼吸が合っていないチームに入るのは難しかったところはあった」が、「できるだけ前を見て、攻撃を組み立てること、そして縦へのパスだったり、そういったものを探すようなプレーを心がけて」プレーし、可能性を感じさせるチャンスも作った。
 
 コンディションやチームメイトたちとの連係の向上にも「これからの練習、そしてこれからの試合であらゆる面でより良くなっていく」と確信を持っている。

 次戦は28日、ホームでの柏レイソル戦。イニエスタは「仲間たちの練習だったり、自分のコンディションを上げていくことに時間をかけて、90分かはわかりませんが、できるだけ長い時間、そして今日よりもいいプレーをできることは確信しています」と力強く語った。スペイン代表やバルセロナの一員として数々の栄光を勝ち取ってきた名手は、日本でも変わらぬ輝きでファンを魅了するための準備を続けていく。

【イニエスタのJリーグデビュー戦を観た海外のサッカーファン】の続きを読む

イニエスタが神戸を選んだ理由は「信頼」…日本では「国民の一部になりたい」

ヴィッセル神戸への加入が決定したMFアンドレス・イニエスタは、日本の印象について語っている。

下部組織から育ったバルセロナを今季限りで去ったイニエスタ。去就に関し様々な報道がなされていたが、24日に東京都内で会見を行い、神戸への加入を正式発表。明治安田生命Jリーグでのプレーが決定した。

会見で、日本を新天地に選んだ理由について「信頼」を強調した。

「色んなオファーがありました。他に関心を示してくれたクラブにも感謝したいです。ヴィッセルに決めた理由は、非常に興味深いレベルであり、プレーヤーとして信頼してくれたからです。日本は素晴らしい、文化も素晴らしい。できるだけ早く慣れて、日本の生活を楽しみながらチームに馴染みたいです」

「(日本の文化は)全部好きです。日本人も好きです。一番大事なのは文化に溶け込むこと。国民の一部になりたいです。できるだけ、この文化の一員になれればと思っています」

イニエスタは、バルセロナで歴代2位となる通算443試合に出場。9度のリーガ制覇、チャンピオンズリーグ4度の優勝に加え、スペイン代表としてもユーロで2度頂点に立ち、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、決勝のオランダ戦で延長の末決勝点を挙げ、チームを初の世界王者に導いている。

今夏のロシア・ワールドカップへも出場するイニエスタ。未だ現役最高峰の選手のプレーを、日本で見られる日はもう間もなくだ。

【ヴィッセル神戸がイニエスタの加入を発表 海外サポーターの反応】の続きを読む

このページのトップヘ