イブラヒモヴィッチ

_96404317_gettyimages-687921670
Zlatan Ibrahimovic: Manchester United striker not offered new contract
マンチェスター・U、イブラの放出を決断...膝のじん帯損傷が去就に影響

マンチェスター・ユナイテッドは、ズラタン・イブラヒモビッチと来シーズン以降の契約を結ばないことを発表した。

2016-17シーズン開幕前にパリ・サンジェルマンからフリーでマンチェスター・ユナイテッドに加入したイブラヒモビッチは、プレミアリーグ挑戦1年目ながら、46試合で28ゴールを記録。しかし、4月に行われたヨーロッパリーグ準々決勝のアンデルレヒト戦で膝十字靭帯を損傷した。5月に手術を受けたものの、同選手の復帰には数カ月を要することが見込まれており、クラブは契約を延長しないことを決定した。

マンチェスター・ユナイテッドには、イブラヒモビッチとさらに1年間契約を延長するオプションが残されていたものの、負傷によりシーズンのラスト10試合を欠場したことと、復帰が早くとも2018年1月前後になることが今回の決断に至った大きな理由とされている。

今シーズンのチーム得点王を失う形となったレッド・デビルズだが、今夏の移籍市場でレアル・マドリーで十分な出場機会を得られていないアルバロ・モラタの獲得を画策。チェルシーやACミランなども関心を示していると報じられているが、ユナイテッドは同選手へ7800万ポンド(約110億円)のオファーを提示したと報じられるなど、獲得に強い自信を見せている。

一方、イブラヒモビッチの今後に関しては、ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンがツイッターを通じて早くも獲得に興味を示している。しかし、1900万ポンド(約27億円)にも及ぶ同選手のサラリーがネックになっているようだ。また、代理人のミーノ・ライオラ氏は、イブラヒモビッチがプレミアリーグでプレーすることを望んでいると明らかにするなど、今後もその動向に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170610-00000011-goal-socc
【【海外の反応】マンUがイブラヒモヴィッチの放出を決定】の続きを読む

top
Manchester United 1-1 Bournemouth: Joshua King spot-kick earns Cherries hard-earned point at Old Trafford as tempers flare in feisty encounter that included red card, missed penalty, stamp and elbow
イブラ、踏まれた相手に肘打ち。「向こうが肘に飛び込んできた」と報復を否定

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチとボーンマスのDFタイロン・ミングスは、お互いが相手に食らわせた“ラフプレー“が意図的なものであったことを否定している。英メディア『BBC』などが試合後のコメントを伝えた。

 ユナイテッドとボーンマスは現地時間4日に行われたプレミアリーグ第27節の試合で対戦。44分には接触プレーの中でイブラヒモビッチとFWウェイン・ルーニーが転倒し、こぼれ球を追おうとしたミングスがルーニーに当たってバランスを崩した結果、イブラヒモビッチの側頭部を踏みつけるような形となる場面があった。

 その直後のコーナーキックの場面では、ミングスと競り合ったイブラヒモビッチが相手の顔面に激しい肘打ちを食らわせた。だがイブラヒモビッチは報復を否定し、「オレはピッチ上で誰かを攻撃するような人間じゃない。高くジャンプしたところで、向こうがオレの肘に飛び込んできたんだ」とコメントしている。

 一方のミングスも、イブラヒモビッチを踏みつけたのは意図的なものではなかったと主張している。「彼のことは見えてもいなかった。不運な状況だったよ。もちろんわざとじゃなかった」とクラブ公式サイトがコメントを伝えた。イブラヒモビッチの肘打ちが意図的であったかどうかについては「分からない」と述べた上で、「良いバトルだった。楽しむことができたよ」と続けている。

 両者ともにこれらのプレーで審判から罰せられることはなかった。試合は前半を1-1で折り返し、後半にはユナイテッドが勝ち越しゴールの絶好のチャンスを迎えたものの、イブラヒモビッチがPKを失敗。そのまま1-1のドローに終わっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170305-00010026-footballc-socc
【【海外の反応】踏みつけ..エルボー..投げ技..イブラとミングスのやり合いが話題に】の続きを読む

PAY-Manchester-United-v-Galatasaray-Pre-Season-Friendly
イブラがマンUデビュー弾! 190秒でボレーシュート決める

【7月31日 AFP】イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)は30日、スウェーデン・イエーテボリ(Gothenburg)で親善試合を行い、5-2でガラタサライ(Galatasaray)に勝利した。

   ユナイテッドに新加入したズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)は、新しいユニホームに袖を通してから約3分で、アクロバチックなボレーシュートを決めた。

   パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)から移籍したイブラヒモビッチは、ジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督から母国スウェーデンでのデビューを言い渡された。

   試合開始から約190秒、汗もほとんどかいていないイブラヒモビッチは、この日3度アシストを記録したルイス・アントニオ・バレンシア(Luis Antonio Valencia)のクロスから右足でシザースボレーを繰り出した。きれいなシュートではなかったが、ピッチに弾んだボールはゴールの左上隅に吸い込まれた。

   その後、ガラタサライに2点を奪われ迎えた前半終了後、イブラヒモビッチはマーカス・ラシュフォード(Marcus Rashford)との交代でピッチを退いている。

   後半、ユナイテッドはウェイン・ルーニー(Wayne Rooney)がPK1本を含む2得点を挙げると、マルアン・フェライニ(Marouane Fellaini)とフアン・マヌエル・マタ(Juan Manuel Mata)も追加点を挙げ、逆転勝利を飾っている。

   イブラヒモビッチは試合後、地元テレビ局に対し「何か大きなものが進行している。面白くなりそうだ」とコメントした。

   英メディアは、ユナイテッドがユベントス(Juventus)に所属するポール・ポグバ(Paul Pogba)を巨額の移籍金で獲得間近と報じているが、クラブ側は口を固く閉ざしている。

   そんな中イブラヒモビッチは、「ポグバもやってくるか待ってみようじゃないか。そうなればさらに面白くなるだろう」と付け加えている。

   来月14日にボーンマス(AFC Bournemouth)とのリーグ開幕戦を控える中、この日の勝利を重要視しなかったモウリーニョ監督は、ユナイテッドで早速結果を残したイブラヒモビッチについて特別に語ることもなかった。

   ユナイテッドの前戦には、ルーニーに加えてアントニー・マルシアル(Anthony Martial)、そしてイブラヒモビッチとともに新加入したヘンリク・ムヒタリアン(Henrikh Mkhitaryan)が先発起用された。

   指揮官は、「マーカス(ラシュフォード)とイブラは、実力の一端を垣間見せた。マルアン・フェライニ(Marouane Fellaini)やマルシャル、モルガン・シュナイデルラン(Morgan Schneiderlin)は2日しかトレーニングしていない。彼らには試合の激しさについていこうとするな、自分の心地よい強度でやっていけと伝えていた」とコメントした。

  「(シーズンを通じて)60試合を戦うのに11人では足りない。このチームの中にあって、チームはどの個人よりも、そして、クラブは何よりも重要であることを理解しなくてはならない」

  「チーム内の選手は、プレーすること、プレーしないこと、多くプレーすること、プレーが少ないこと、90分間プレーすること、1分間プレーすること、チームに選ばれないことに準備をしなくてはならない」

http://www.afpbb.com/articles/-/3095810?cx_part=txt_topics_sports
【【海外の反応】「忍者ゴールだ」イブラヒモヴィッチ、マンUデビュー190秒でジャンピングボレー弾を決める】の続きを読む

BeAoL6iCQAAmamm

【【海外の反応】ドルトムントがイブラヒモヴィッチ、コヴァチッチに関心か?!】の続きを読む

このページのトップヘ