クロップ

klopp4
リバプールが敵地でチェルシー撃破、クロップ監督は内容に「満足」

【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは16日、第5節の試合が行われ、リバプール(Liverpool FC)は敵地スタンフォード・ブリッジ(Stamford Bridge)でチェルシー(Chelsea)に2-1で勝利。チェルシーのアントニオ・コンテ(Antonio Conte)監督が就任から続けていた無敗記録に終止符が打たれた。

  リバプールは今季、すでにアーセナル(Arsenal)と昨季のリーグ覇者レスター・シティ(Leicester City)から勝利を収めているが、チームの指揮を執るユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督は、現時点で優勝候補に挙げられていることに否定的な見方を示している。

 試合後の会見でタイトルの見通しについての質問をされたクロップ監督は、「その話題にまったく興味がない」と答えると、「チェルシーに3-1で勝利した昨年10月にも、誰かが同じことを聞いたと思うが、当時の私は『正気か?』と答えたことを今でも覚えている」と語った。

「われわれは現在までに勝ち点10を獲得した。それは素晴らしいことだ。難しい組み合わせが続いていたから本当にうれしく思っている」

「チームはここまで良いサッカーができているし、内容にも納得している。われわれはこれを毎週、または数日おきにやる必要がある」

 リバプールは前半17分にデヤン・ロブレン(Dejan Lovren)のボレーで先制すると、同36分には主将のジョーダン・ヘンダーソン(Jordan Henderson)がカーブをかけたミドルシュートを決め、試合の主導権を握った。

 対するチェルシーは、後半にジエゴ・コスタ(Diego da Silva Costa)が今季5得点目となるゴールで1点を返したものの、最終的にはリバプールが逃げ切った。

 クロップ監督は英スカイ・スポーツ(Sky Sports)に対し、「われわれは地獄みたいなプレーを披露した。それは見ていて本当に楽しかった。後半は厳しい展開を強いられたが、失点後はうまく試合を運ぶことができた」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00000009-jij_afp-socc
【【海外の反応】チェルシー戦勝利後、クロップと選手達の見せたハグが美しい!】の続きを読む

37D8C39C00000578-3771607-image-a-87_1472851973634
クロップがビビった選手を明かす「彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とした……」

アルゼンチンの英雄に愕然?
イングランドプレミアリーグのリヴァプールを指揮するドイツ人ユルゲン・クロップが元アルゼンチン代表のレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏のトレーニングスタイルについて言及している。

英『Daily Mail』のインタビューに応じた49歳の名将は一部のズバ抜けた特殊能力を持つスタープレイヤーについて聞かれ、マンチェスター・ユナイテッドのポー ル・ポグバやかつてのナポリの英雄マラドーナ氏らを例に挙げながら、次のように話した。クロップは彼らの身体能力が驚異的なものだったと感じている。

「才能だけが全てではない。僕は自分の監督キャリアの中で、トレーニングでは絶対に手に入らないであろう特殊な身体的素質を有した選手をこの目で見てき た。ポール・ポグバもその1人さ。彼はこの夏の期間に様々なスポットに顔を出してはセルフィーを撮りまくっていた。そしてマンチェスター・ユナイテッドで は数回練習に参加しただけでサウサンプトン戦に90分出場している。なぜそんなことが可能なんだ。彼のようなタイプは特殊なのさ。ディエゴ・マラドーナも 異常だった。僕が21歳の頃にシュツットガルト対ナポリの試合があったんだけど、彼のウォーミングアップを見ただけで愕然とさせられたね。彼はまったく集 中せずにただジョギングしていただけなのに試合中はピッチを縦横無尽に走り回っていた。とても信じられないね」

ドルトムント在籍時代はゲーゲンプレスの提唱者として選手たちに多くの運動量を求めていたクロップだが、ポグバやマラドーナのフィジカルにはとても驚かさ れている。彼らのような一部の“特殊プレイヤー”にとって、身体を仕上げる準備期間はそれほど必要ではないのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160905-00010011-theworld-socc
【【海外の反応】「愛さずにいられない」英紙がクロップに行ったインタビューが素晴らしいと話題に!】の続きを読む

36F15BCB00000578-0-image-a-31_1470505895308
リーガ王者を大炎上させた火の玉プレス…リバプールが高速カウンター4発でバルサ粉砕

[8.6 IC杯 リバプール4-0バルセロナ]

 インターナショナル・チャンピオンズ杯の北米・欧州ラウンドが6日に行われ、ウェンブリー・スタジアムでリバプール(イングランド)とリーガ・エスパニョーラ2連覇中のバルセロナ(スペイン)が対戦。リバプールが鮮やかなカウンターで4ゴールを奪い、4-0で快勝した。

 開始早々に先制パンチを浴びせたのはリバプール。前半1分、FWサディオ・マネがMFアダム・ララナとのワンツーで右サイドを突破し、PA内右から中央へ折り返す。最後はこぼれ球を拾ったMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足で狙うが、枠をとらえ切れなかった。

 リバプールはその後もボールロストを恐れないアグレッシブな攻撃を展開。敵陣でパスが引っかかっても複数の選手が相手に襲いかかり、ボールを奪い返すと最短距離でゴール前になだれ込んだ。

 前半15分には自陣右サイドでララナが勢いよくプレッシャーをかけてボールを刈り取り、スピードに乗ったままPA付近までドリブルで駆け上がる。ララナ は右のFWロベルト・フィルミーノに一度はたいてPA内でリターンをもらい、相手DFの股を抜くパスをマネに通す。ゴールエリア手前で受けたマネは右足で 豪快にゴール右上へ叩き込み、先制ゴールを奪取。今夏サウサンプトンから加入したストライカーが試合を動かした。

 リバプールのハイテンポなサッカーについていけずにいたバルセロナだったが、徐々に適応し、ボールを持つ時間が増える。前半22分にFWリオネル・メッ シが一瞬の動き出しでマークを外し、ゴールエリア左角から左足でシュートを打つも、右ポストを直撃。同29分にはMFアルダ・トゥランがシュートを止めら れ、跳ね返りを自ら押し込もうとするが、カバーに戻ったMFジェームス・ミルナーに阻まれた。

 バルセロナの前半最大の決定機は同41分。左からのクロスをPA内やや右でFWルイス・スアレスが受け、胸トラップから右足のインステップでボールの芯 をとらえる。しかし、GKシモン・ミニョレに至近距離で防がれ、古巣への恩返し弾とはならず。前半はリバプールの1点リードで折り返した。

 後半も先に仕掛けたのはリバプール。後半2分、マネが右サイドでDFジェレミー・マテューからボールを奪い、後半開始から出場したFWディボック・オリ ジとのパス交換でPA内右へ進入。長い距離を攻め上がった途中出場のMFジョーダン・ヘンダーソンがマネの折り返しに合わせると、DFハビエル・マスチェ ラーノに当たったボールがゴールに転がり込み、後半開始早々に2-0とした。

 リバプールはリードを広げてもプレスを緩めず、相手に息つく間も与えない。直後の後半3分には再び高い位置でのボール奪取から、オリジが1本のパスで抜け出し、冷静にGKの股を抜いてゴールへ流し込む。リバプールが一気に3点差とし、この時点でほぼ勝負を決定づけた。

 バルセロナは3ゴール目の献上後、ベンチスタートとなっていたDFジェラール・ピケ、MFアンドレス・イニエスタ、MFイバン・ラキティッチら主力選手 を続々と投入したが、時すでに遅し。リバプールは後半アディショナルタイムにもカウンターから最後はMFマルコ・グルイッチが頭で押し込み、4-0でリー ガ王者を下した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160807-01630081-gekisaka-socc
【【海外の反応】「クロップは天才」リバプール、メッシ擁するバルセロナを4-0で粉砕】の続きを読む

Klopp-signings
香川のような「掘り出し物」を求めて…リヴァプールでも変わらぬクロップの補強戦略

ユルゲン・クロップ監督は、かつてボルシア・ドルトムントで日本代表MF香川真司を獲得したときのような「掘り出し物」をリヴァプールでも探しているのかもしれない。イギリス『リヴァプール・エコー』が同監督の補強戦略を論じている。

昨年夏まで7年間率いていたドルトムントを退任したクロップ監督は、解任されたブレンダン・ロジャース前監督の後任として昨年10月からリヴァプールを率 いることになった。1年目は劇的に成績を改善させたというほどではなかったが、シーズン途中からの指揮だったことは考慮に入れる必要があるだろう。

クロップ監督が本当の意味で自身のチームを築き上げていくのは、シーズン前の補強やプレシーズンのトレーニングに携わる2016-17シーズンからとなる。まずは、どういった新戦力を加えて自分の色を出していくのかが注目されるところだ。

来季に向け、すでにリヴァプールは数人の新戦力を確保している。1月にはレッドスターからU-21セルビア代表MFマルコ・グルイッチの獲得が決定。半年はレンタルでレッドスターに残っており、夏からリヴァプールに加わることになる。

続いて2月には、シャルケとの契約がこの夏に満了するDFジョエル・マティプが加入することが決定に至った。5月にはマインツの正GKを務めていたロリス・カリウスの獲得も決まっている。

マティプやカリウスはブンデスリーガでの実績があるとはいえ、オファーを出していると報じられるウディネーゼMFピオトル・ジエリンスキも含め、いずれも 世界的なスター選手というわけではない。『リヴァプール・エコー』も、「もしこの4人が昨夏加入すれば、ファンは疑問を抱いていただろう」と述べている。

だが、それこそがクロップ監督のやり方だ。ドルトムントでも比較的無名な選手を獲得し、トップスターに育て上げた例として、バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキや今夏バイエルンへ移籍したDFマッツ・フンメルスも挙げられている。

さらに、香川もクロップ監督が「発掘」した選手の一人だとして紹介。「クロップが2度獲得したほど優れた選手」「クロップがバーゲン価格で獲得した中でも おそらく最高」と称賛の言葉が述べられている。2010年にドルトムントに一度目に加入した当時、国内では活躍していたとはいえ国際的にはまだ知られてい なかった香川だが、1年目からブンデスリーガ連覇に貢献するなどドイツで大きな飛躍を成し遂げた。獲得に要したのは育成補償金35万ユーロ(約4000万 円)であり、ドルトムントにとってはまさに掘り出し物となった。

ほかにもFWルーカス・バリオスやDFフェリペ・サンターナ、MFケヴィン・グロスクロイツ、GKミチェル・ランゲラクも、クロップ監督が見出した成功例 だとされている。リヴァプール加入が決定した選手たちや、今後クロップ監督が新たに連れて来る選手たちも、これらの選手の例に続くことが期待されるところ だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000014-goal-socc
【【海外の反応】ドルトムントサポが選ぶMOTM最多選出は香川&BVBサポ「マタってどう?」】の続きを読む

top2
香川、先制ゴール起点も…ドルトムントまさかの逆転敗退

サッカーの欧州リーグ準々決勝第2戦は14日、各地で4試合が行われ、日本代表MF香川真司(27)が所属するドルトムント(ドイツ)は、アウェーでユル ゲン・クロップ前監督(48)が率いるリバプール(イングランド)と対戦し、3―4で逆転負け、2戦合計4―5で敗退した。

 1―1で引き分けたホームでの第1戦では出場機会のなかった香川だが、この日は先発出場。先制点の起点にもなった。前半5分、カウンターからセンター サークル付近でパスを受けた香川がドリブルで持ちあがり、右サイドのMFカストロへ。カストロはゴール前のFWオバメヤンにつなぎ、オバメヤンのシュート はGKに阻まれたものの、こぼれ球をMFムヒタルヤンが右足で決めて先制。ドルトムントはその4分後にもDFの裏に抜け出したオバメヤンが右足でゴール。 前半を2―0で折り返した。

 ところが、後半3分にリバプールに1点を返され、同12分にFWロイスのゴールで再び突き放したが、同21分、33分に立て続けに失点し、追いつかれてしまう。同点ならアウェーゴールの差で勝ち抜けだったが、終了間際の失点で逆転負け。4強入りは果たせなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160415-00000004-spnannex-socc
【【海外の反応】香川先制弾の起点になるもリバプールが乱打戦を制す! ドルトムントは逆転敗退..】の続きを読む

このページのトップヘ