クロップ

klsh
香川も獲得候補か…“恩師”がドルトムント勢を引き抜く可能性は?

リヴァプールは8日、前ドルトムント監督のユルゲン・クロップ氏が新指揮官に就任することを発表した。イギリスのブックメーカー『ウィリアム・ヒル』が「来年1月にクロップが連れてくる選手」のオッズを発表し、ドルトムントの日本代表MF香川真司の名前も掲載された。

  4日に行われたプレミアリーグ第8節で、リヴァプールはエヴァートンとの“マージーサイド・ダービー”を1-1のドローで終えていた。この結果、チームは リーグ戦8試合を終えて3勝3分け2敗の10位に沈み、クラブは同試合から約3時間後にブレンダン・ロジャーズ監督を解任していた。

 クロップ氏は昨シーズンまで7シーズンにわたってドルトムントを指揮。香川やドイツ代表MFマルコ・ロイス、同DFマッツ・フンメルスなどを指導した。

『ウィ リアム・ヒル』は、香川、ロイス、フンメルス、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの4選手が来年1月にリヴァプールへ移籍する可能性につい て、「Yes(来る)」か「No(来ない)」の8通りを提示。香川は「Yes」が11倍、「No」が1.03倍となり、ファンは香川が移籍する可能性が もっとも低いと考えているようだ。また、ロイスは「Yes」が10倍、「No」が1.04倍、オーバメヤンは「Yes」が9倍、「No」が1.05倍、フ ンメルスは「Yes」が6倍、「No」が1.11倍となった。

http://news.livedoor.com/article/detail/10689582/
【「本当なら喜び爆発」クロップが香川をリバプールへ連れてくる!?{海外の反応}】の続きを読む

cmkl
クロップ氏がリバプールの新監督に最適な理由

クロップ氏がドルトムントで高い評価を得たのは、選手たちに献身的なプレーを植え付けた手腕によるところが大きい。選手たちが常に気持ちのこもった激しい戦いを見せていたため、サポーターもチケット代に見合うものを得られて満足していた。

ドルトムントの南側ゴール裏と同様、アンフィールドのコップ・エンドのサポーターもクロップ氏にとっては心強い存在となるだろう。リバプールがピッチでの情熱、そしてチームとファンの絆をもう一度取り戻す必要があるとしたら、クロップ氏は完璧な着火剤となるに違いない。

経験豊富な選手の揃ったチームを指揮したいと思う監督もいるだろうが、クロップ氏にとっては、若手の多いリバプールを率いることがアドバンテージになるは ずだ。2008年にドルトムントの指揮官に就任したときも、まだあまり栄光を経験していない選手たちばかりのチームを引き継いだが、見事にトップ選手に育 て上げた。選手からハングリー精神を引き出すその手腕を考えても、クロップ氏は何年も貪欲さに欠けてきたクラブにとって理想的な人材と言えるだろう。

http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/news/newsid=2290791.html

【香川恩師クロップ氏、3年契約でリバプール監督に就任!{海外の反応 }】の続きを読む

kl
香川の恩師クロップが3年契約でリバプール監督就任へ 9日にも正式発表

ドルトムント前監督の名将ユルゲン・クロップ氏が、プレミアリーグ名門リバプールと3年契約を結び、9日にも正式発表となる可能性が高まっている。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が「今週末までリバプールがユルゲン・クロップを3年契約で任命へ」と報じた。

 公式戦10戦2勝と調子の上がらなかったリバプールの動きは速かった。4日のマージーサイドダービーと呼ばれるエバートン戦で1-1のドローに終わると、ブレンダン・ロジャース監督を解任。そして、名将の誉れ高きクロップ監督と3年契約締結に迫っているという。

 記事では「ドイツ人指揮官はアンフィールドへの移籍に対するオファーを受け入れることを示唆していた」とリポート。ここ2日でクロップ監督はリバプールに向かい、最終交渉を持つことになるという。契約期間は3年で、9日にも正式発表となる見込みだという。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151006-00010008-soccermzw-socc
【ドイツ「クロップの英語、ヒドいよ..?」{海外の反応}】の続きを読む

kagawa!
バイエルンvs香川 「デア・クラシカー」に臨むBVB背番号23

過去7戦5勝
 しかし香川とバイエルンの相性は決して悪くない。これまでドルトムントの一員として7試合を戦い、ブンデスリーガで3度、2012年ドイツサッカー連盟杯(DFB杯決勝)、そして昨シーズンの同杯準決勝と、計5勝を収めている。また、2011年11月19日の敵地で行われた同カードでは、当時ドルトムント所属だったMFマリオ・ゲッツェの決勝点をアシストし、さらに圧巻だったのはクラブ史上初の国内2冠を達成した2011/12シーズン、DFB杯決勝で開始3分にゴールを決め、その後も前半ロスタイムにFWロベルト・レバンドフスキのゴールをアシストするなど、ゴール前での働きも決して少なくないのだ。  マンチェスター・U(イングランド)所属時代も含めると、今回が節目となる10度目のバイエルン戦。開幕から7戦全勝をキープするビッグクラブを相手に、香川はどのような活躍を見せてくれるのだろうか。

http://www.bundesliga.com/jp/news/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9_383804.jsp
【ブンデス公式「ドルトムント対バイエルン、この10年のゴールを動画で振り返えろう!」{海外の反応}】の続きを読む

gurokuro

ドルト・グロスクロイツ、ガラタサライで再スタートか



 ドルトムントMFケヴィン・グロスクロイツ(27)は、トルコの強豪ガラタサライに加わるようだ。ドイツ『キッカー』によると、同選手は31日にメディカルチェックのためにイスタンブルに向かったという。

 ドルトムントの熱狂的なファンでもあるグロスクロイツが、ついに同クラブを去ることになりそうだ。ドルトムント生まれの同選手は2002年まで同クラブのユースに所属し、2009年には憧れのクラブのトップチームに加わり、その多様性からドイツ代表にも呼ばれていた。

  しかしワールドカップ後の昨シーズンはチームとともに不振に陥り、今年の春には長期離脱。トーマス・トゥヘル新監督の下でのプレシーズンを、ほぼ棒に振る ことになった。今季はまだトップチームの招集メンバーには呼ばれておらず、U-23チームの試合にしか出場できていない。

 苦境に立たされたグロスクロイツだが、友人のFWルーカス・ポドルスキが加入したガラタサライが声をかけた模様。『キッカー』によると、ガラタサライとの交渉はこれから最終段階を迎えるが、「トルコで再スタートを切る」ことはほぼ決定と見られている。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20150901/bun15090109140004-n1.html
【「悲しい」「クロップには下せない決断」香川のマブダチ、K・グロスクロイツ、ガラタサライへ移籍か{海外の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ