クロップ

klopp mex

マルセイユ監督就任の打診を受けたクロップ氏、休養の意志は変わらず



マルセロ・ビエルサ前監督が突然の辞任でチームを去ったマルセイユは、新たな指揮官としてドルトムント前監督のユルゲン・クロップ氏を招へいすることを検討したようだ。だがクロップ氏の代理人はフランス行きの可能性を否定している。

ビエルサ監督は今季開幕戦でマルセイユがカーンに敗れたあと、会見で突然の辞任を発表。「ここでの仕事は終わった」としてクラブを去った。直前には契約延長が合意に達していると話しており、選手も指揮官の決断を知らなかったというまさに驚きの辞任発表だった。

当面は、ビエルサ監督のアシスタントを務めていたフランク・パッシ氏が暫定監督としてチームの指揮を執る予定。だがフランス『レキップ』は、マルセイユがすでにクロップ氏に就任打診の連絡を入れたと伝えた。

これに対し、クロップ氏の代理人マルク・コジッケ氏はマルセイユからの関心を認めながらも、現時点での現場復帰はないと主張した。ドイツ『ビルト』に次のように話している。

「そのとおりだ。マルセイユは強い関心を示した。だがユルゲンが仕事を再開するときはまだ来ていないよ」

ドルトムントでの7年間の激務を終えたクロップ監督は、しばらくは休養を取りたいという意志を以前にも表明していた。『ビルト』によれば、少なくとも冬までは休養することを考えているという。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?169452-169452-fl 
【メキシコサッカー連盟、代表監督にクロップ氏を狙う?{海外の反応}】の続きを読む

kagawa 

 プレミアリーグのエバートンがドルトムントの日本代表MF香川の獲得に動くと14日付の英紙デーリー・スターが報じた。

恩師であるクロップ前監督の退団を悲しんでいる香川に対し、今季プレミア11位に終わり「創造的なMF」が必要なエバートンが注目しているという。

 同クラブはアーセナルのドイツ代表FWポドルスキの獲得に乗り出しているが、ドルトムントのトゥヘル新監督の構想次第では香川も補強候補となりそうだ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150616-00000005-spnannex-socc 

以下、海外の反応

 (エヴァートンサポ)
■ タイムズに拠ると、エヴァートンがドルトムントのMF香川真司に狙いをつけているらしいのだけれど、彼はうちが必要とする選手なのかな?

(エヴァートンサポ)
 ユナイテッド時代はうまくいかなかったし、勢いは落ちてる。
それでも尚、一流のプレイヤーだと言える。

(エヴァートンサポ)
 10番としてプレイさせるor彼を無駄にするようなサインはしないのどちらかだと思う。
というより、彼はイングランドに戻るようには思えない。

(エヴァートンサポ)
 うちらにはストライカー、CB、RWそれとCF、あとGKが必要!



(エヴァートンサポ)
■ 香川は本物ではない



(エヴァートンサポ)
■ シンジカガワって、うちにとって完璧な10番じゃん...
(https://goo.gl/poansM)


kg

DFBポカール決勝が30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は先発出場している。

 今シーズンのブンデスリーガを7位で終えたドルトムント。4月に行われた準決勝では、PK戦の末にバイエルンを破り、ファイナルの切符を掴んだ。また、 この試合はユルゲン・クロップ監督と、現役引退を表明している前主将の元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールにとってラストマッチとなった。一方、ヴォ ルフスブルクは準決勝で3部リーグのアルミニア・ビーレフェルトを下して決勝進出を決めている。

 試合が動いたのは5分。ドルトムントは右サイドの香川が左足でクロスを上げると、ペナルティエリア内に飛び出したピエール・エメリク・オーバメヤンが右足ボレーシュート。これがゴールネットを揺らし、ドルトムントが先制に成功した。

 一方のヴォルフスブルクも22分、ダニエル・カリジュリがペナルティエリア手前左の位置で倒されてヴォルフスブルクがFKを獲得する。キッカーは長距離 のFKを得意とするナウド。ケヴィン・デ・ブライネとリカルド・ロドリゲスが壁をずらす形で落とすと、ナウドが強烈なミドルシュートを放つ。GKミチェ ル・ランゲラクが一度は弾いたが、こぼれ球をルイス・グスタヴォが押し込み、ヴォルフスブルクが同点に追いついた。

 勢いに乗ったヴォルフスブルク。33分、ペナルティエリア左手前でカリジュリがパスを落とすと、これを受けたデ・ブライネがミドルシュート。ボールはゴール左下に決まり、ヴォルフスブルクが逆転した。

 さらに38分、右サイドのイヴァン・ペリシッチがクロスを上げると、ファーサイドのバス・ドストが頭で合わせて3点目。ヴォルフスブルクがリードを2点に広げた。このまま3-1でヴォルフスブルクがリードして前半を折り返す。

 後半の立ち上がりにドルトムントが決定機を迎える。50分、左サイドからのグラウンダークロスをゴール前に滑り込んだ香川が右足で合わせたが、ボールは右ポストに当たりながら外れてしまった。

 65分、ヴォルフスブルクに決定機が訪れる。中盤でボールを奪うと、カウンターから右サイドのドストへボールが渡る。ドストが逆サイドのカリジュリへパ スを送ると、カリジュリが右足でシュート。ボールはランゲラクの脇を抜けたが、必死に戻ったエリック・ドゥルムがカバーに入り、追加点を許さなかった。

 追いつきたいドルトムントは68分にドゥルムとケールを下げ、ヤクブ・ブワシュチコフスキとウカシュ・ピシュチェクを投入。ケールは現役最後の試合を終えた。

 87分にはドルトムントがペナルティエリア正面でFKを獲得。キッカーのオーバメヤンが直接シュートを狙ったが、GKディエゴ・ベナーリオがファインセーブで、得点を許さない。

 結局ドルトムントは追いつくことが出来ず、3-1で勝利したヴォルフスブルクがDFBポカール初優勝を遂げた。なお、香川はフル出場を果たしている。

【スコア】
ドルトムント 1-3 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 5分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
1-1 22分 ルイス・グスタヴォ(ヴォルフスブルク)
1-2 33分 ケヴィン・デ・ブライネ(ヴォルフスブルク)
1-3 38分 バス・ドスト(ヴォルフスブルク)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150531-00317590-soccerk-socc

以下、海外の反応

 
■ 緊張するけど...とにかくやっちまおう!


■ カリーブルスト:おk、ビール:おk、テンション:マックス
勝つぞ!


■ シュメルツァーかわいい


■ オウバメヤンきたああああああああ


■ マジで決まった!!!!!!


■ オフサイドかと思ったけど、違ったんだな。
YEAAAAA


■ 香川!!! なんて美しいクロスだよ。


■ 完璧な立ち上がりだ


■ なんて放り込みだよカガワアア


■ 香川が止められない


■ 嘘みたいなアシストが香川から


■ なんてこった。 
香川の魔法のようなパス。


■ 香川はとにかく質が高い


■ ちょっと聞いてくれ、香川がすごいんだよ


■ 香川、ユナイテッド行きか?


(マンチェスターユナイテッドサポ)
■ クソッ、香川は相当良いな。
ユナイテッドが彼の様な選手を獲得してくれたら、、あっ。


■ 嘘でしょロイス


■ 頼むよロイス


■ クソッ、うちらはまたゴールを決める必要があるぞ。


■ Nooooooooo


■ ソクラティスが先発すべきだろう


■ モウリーニョとチェルシー大嫌い


■ スボティッチをパパに代えてくれ。
後は?

↑ ロイスをチーロに。


■ あああああ、香川それミスするか


■ ランゲラクの素晴らしいセーブ


■ ドルトムント「ディフェンスって何?」


■ えーと、これはうちのディフェンスが悲惨なのか、ヴォルフスブルクが本当に良いプレーをしているのか、どっちなの?

↑ 両方だと思う


■ シンジは本当に素晴らしいプレーをしている。
ムヒタリアンとロイスはいまいちだよ...

↑ ムヒタリアンは良くやっているよ。


■ カモン、BVB!


■ 今日のシンジはマジでキレてる
悪魔の様だ


■ 香川は一貫して良い仕事をしているんだけどな


■ チーロ2得点決めてゲームを続ける為に投入だ


■ このレフェリーは馬鹿げてる


■ ドルトムントが決めるべきチャンスを決めていれば香川がマン・オブ・ザマッチに選ばれていただろうな。


■ ヴォルフスブルクはこのレフェリーに幾ら払ったんだ


■ シュメルツァーへのカードは馬鹿げている。
(というより、ゲーム通して馬鹿げている)
(http://goo.gl/T2tQMz)

klopp

ポカール決勝前に香川の復調を喜ぶクロップ監督「私には止められない」


今季公式戦最後となるDFBポカール(決勝)を30日に控え、ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、公式記者会見に出席。決勝への意気込みを語っている。

 クロップ監督はまず決勝に進出できたことについて「プレシーズンの段階からの目標の一つだった。それが達成できたことは嬉しいね。どの試合も難しかった。簡単な試合は一つもなかったよ」と、今までの試合を振り返っている。

 リーグ戦では1分1敗と負け越しているヴォルフスブルクが相手となるが「両チームにチャンスはある」と、勝機はあると感じている。

 MFヌリ・シャヒン、ケビン・グロスクロイツなど多少のけが人は抱えているものの、4日に内転筋の筋束に裂傷の負傷を負い、戦列を離れていたMFヤクブ・ブワシュチコフスキが復帰。クロップ監督は「今日は通常メニューをこなした。必要ならば90分プレーできるだろう。我々はそうしても良いか見る必要があるけどね」と、フル出場が可能な状態であることを明かした。

 また、最終節で大活躍を見せたMF香川真司についても言及し「香川に才能があることは誰が見ても明らかだ。我々みんなが決勝前に本来の調子を取り戻したことを喜んでいる。私には彼を確実に止めることはできないだろう」と、香川の復調を喜んでいる。

 クロップ監督にとってドルトムント最後の試合であり、ドイツの公式戦もこれで幕を閉じる。決勝戦について「両チーム全てを出し切る必要がある。それが決勝と言うものだ」と、最後にふさわしい試合を望んでいる。

 そして「重要なのは1対1で負けないこと。選手たちはそれを示す必要がある。そして、彼らはそれを示してくれる」と、選手たちを信じタイトルを狙う。

http://www.footballchannel.jp/2015/05/30/post90336/ 


以下、ドルトムントサポの反応

■ マジで負けられない


■ ケール、デ・ブルイネのアンクルを狙っていくんだ。
もう罰も受けないのだからね(ハート)


■ 恐い相手だ。
けどバイエルンよりはマシってもんだね。


■ ナウドとロドリゲスが負傷した?
彼らにはかなりの痛手だな。

↑ 今日ナウドは最後のトレーニングを20分で切り上げざるを得なかったらしい。


■ 予想: シャヒンはベンチ入り そしてシャヒンが決勝弾を決める!


■ 今日うちらが負ける夢を見たよ..
相手はヴォルフスブルクでなくバイエルンだったけどね。


■ クロップの為に勝つぞおおお
(http://goo.gl/zbqs6g)

このページのトップヘ