ゲッツェ

41AE65FE00000578-4633294-image-a-74_1498232389695
回復が順調に進むゲッツェは7月中にも復帰か…日本ツアーに参加の可能性も浮上

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェは復帰に近づいているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

2月末に代謝異常を抱えていることが明らかになったゲッツェは、それからずっとリハビリ生活を続けてきた。『ビルト』によると、回復は順調に進んでおり、7月中にもチーム練習に合流できるという。同紙では、現在アメリカに滞在するゲッツェの代謝異常の影響が見られない写真も添えられ、ボールを使った練習も行っているとも伝えられている。

またドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は同紙で「治療が効を奏し、我々はとても喜んでいる。彼のピッチに立つ姿がもうすぐ見られることを楽しみにしているよ」と復帰時期は具体的に明かさないも、近々にクラブのトレーニンググランドに姿を見せる可能性をほのめかしている。

なお『シュポルト・ビルト』はゲッツェが来月13日~19日に日本と中国に向かうチームと同行する可能性もあると指摘。同15日に浦和レッズとの対戦に臨むドルトムントだが、ゲッツェは日本でピッチに戻ることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000023-goal-socc
【【海外の反応】「調子が良さそうだ」ゲッツェが練習を再開、7月にもチームに合流か】の続きを読む

Cxpf_OmWIAARC9O
ドルトムントがバイエルンに初黒星をつける…ゲッツェが恩返しアシスト/ブンデスリーガ第11節

19日、ブンデスリーガ第11節でドルトムントとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はホームのドルトムントが1-0で勝利した。

ドイツでは“デア・クラシカー”と呼ばれるほど注目度の高い一戦。ドルトムントはこの一戦で多くの主力選手が戻ってきた。マルコ・ロイスこそ欠場となったが、ユリアン・ヴァイグルといった選手がスタメンに帰ってきて、昨シーズンまでバイエルンでプレーしていたマリオ・ゲッツェが先発メンバーに名を連ねた。一方のバイエルンはケガ人が少なくない。アルトゥーロ・ビダル、アリエン・ロッベン、ハビ・マルティネスの欠場が試合前に決まり、中盤にはヨシュア・キミヒが先発。フランク・リベリもスタメンに帰ってきた。なお、ドルトムントのMF香川真司はベンチスタートとなった。

試合は序盤、ビッグマッチらしい硬さが見られる。しかし、決定機を先につかんだのはホームのドルトムント。10分、この試合で気持ちが入っていることを感じさせたゲッツェが右サイドでDFマッツ・フンメルスの股間を抜くクロスを上げると好調のエース、ピエール=エメリク・オーバメヤンが滑り込みながら足先で合わし、マヌエル・ノイアーが守るゴールを破った。

アウェーとはいえ簡単に負けることは許されないバイエルンが反撃。リスクを冒しながら、前へとボールを運ぶ。ドルトムントの3バックの泣き所とも言えるサイドから口撃の糸口を見出そうとするが、なかなか流れの中から決定機は生まれず、逆にドルトムントが鋭いショートカウンターから枠内シュートを放つなど効率の良さを見せる。

それでもボールを支配するバイエルンが徐々に試合を支配し、優位に進め始める。ドルトムントの厳しいプレスをかいくぐり、アタッキングサードに仕掛け始められるようになって、前半が終了。

後半開始早々、裏に抜け出したオーバメヤンがいきなり決定機をつかむ。キーパーと1対1になりシュートを放つが、戻ってきたDFに当たり、追加点は生まれず。

一方のバイエルンは55分、FWトーマス・ミュラーのクロスにリベリがヒールで合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定でゴールは認められず。一進一退の攻防が続く。

なかなかゴールに迫れなくなったバイエルンは、キミヒに代えてドグラス・コスタを投入。さらに60分にはシャビ・アロンソの左足のシュートがクロスバーに直撃し、ドルトムントは肝を冷やす。

70分、アロンソのバックパスに抜け出したオーバメヤンがビッグチャンス。しかし、シュートは真っ正面に飛び、ノイアーが難なくセーブした。ドルトムントとしては痛いミスとなる。

その後、ラフィーニャ、レナト・サンチェスといったフレッシュな選手を入れ、活性化を試みるバイエルンだが、最後まで決定的なチャンスを作ることはできず。ドルトムントが前半に挙げたゴールを守りきり、“デア・クラシカー”を制している。

ドルトムントは宿敵バイエルンを下して、3位に浮上。一方、ブンデスリーガで初黒星となったバイエルンは首位陥落。昇格組のRBライプツィヒに1位を譲ることとなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000025-goal-socc
【【海外の反応】ゲッツェがアシスト、先制点を守り切ったドルトムントがバイエルンとの大一番を制す! 香川はベンチ入りも出場せず】の続きを読む

13903160_1479479108730731_1994356493233546051_n

【【海外の反応】「ヴァイグルは去る」ドルトムント版、他人の共感を得られない持論スレ】の続きを読む

ca742274-b1be-11e4-a4f7-f80f41fc63ce
ドルト復帰のゲッツェが再び10番…シュールレとゲレイロの背番号も決定

 ドルトムントの公式ツイッターが今夏加入のMFマリオ・ゲッツェとMFアンドレ・シュールレ、DFラファエル・ゲレイロの背番号を明かした。

   3年ぶりにドルトムントに復帰したゲッツェは、バイエルンに移籍する前の12-13シーズンにつけていた背番号10に決定。昨シーズンまでは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンがつけていた。また、ボルフスブルクから加入したシュールレは21番、ポルトガル代表としてEURO初制覇に貢献したゲレイロは13番をつける。

   EURO2016に出場したゲッツェらは1日にチームに合流。この日はシーズン前のメディカルチェックに参加している。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?195417-195417-fl
【【海外の反応】「こんなに太ってなかった」ゲッツェとシュールレがドルトムントに到着】の続きを読む

21
ゲッツェが3年ぶりにドルトムント復帰

マリオ・ゲッツェが3年ぶりにドルトムントへ復帰することとなった。ドルトムントが発表したところによれば、既に獲得にむけての問題はなく、獲得に際してはベースとして、移籍金2600万ユーロが支払われることになる。

     2013年に移籍金3700万ユーロでバイエルンへ加入した同選手は、ここまでドイツ代表56試合に出場して17得点をマーク、特に一昨年に行われたワールドカップ決勝では決勝ゴールを決めた。

     しかしリーグ優勝3回、ポカール制覇2回を果たしたバイエルンでは、ゲッツェは定位置確保には至らず、昨シーズンの終盤にはルメニゲCEOが移籍を示唆、今夏のユーロ前にはゲッツェから残留宣言も出たものの、最終的にはドルトムント復帰を決断している。

http://kicker.town/muenchen/2016/07/29408.html
【【海外の反応】ドルトムントサポ「2012年のゲッツェを見てみよう」】の続きを読む

このページのトップヘ