コロンビア代表

merlin_139834722_0e9d925f-b5ef-4223-aa94-4b5fd4c74b87-master768
日本代表、歴史的白星。アジア勢がW杯で南米勢撃破は史上初【ロシアW杯】

【日本 2-1 コロンビア ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節】

 日本代表は19日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第1節の試合でコロンビア代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 日本代表がワールドカップ本大会で南米のチームに勝利を収めたのは初めて。過去のグループリーグでは1998年大会のアルゼンチン戦に0-1、2006年大会のブラジル戦に1-4、2014年大会のコロンビア戦に1-4でいずれも敗れていた。

 2010年大会の決勝トーナメント1回戦ではパラグアイと対戦し、0-0からPK戦で敗れた。記録上は引き分け扱いとなるため、これまで4試合で1分け3敗という結果だったが、5試合目で初の白星を挙げた。

 だが、日本代表だけには限らない。ワールドカップの歴史上、アジアの代表チームが南米の代表チームに勝利を収めたことも史上初という快挙だ。

 過去の大会では、アジア勢の対南米勢の通算成績は18試合で3分け15敗。前述の日本対パラグアイ戦以外では、1966年大会で北朝鮮がチリと、1994年大会で韓国がボリビアと引き分けたが、それ以外は全てアジア勢の敗戦に終わっていた。

【「素晴らしい報せ」コロンビアに歴史的勝利の日本代表をアジアのファンが祝福! 海外サポーターの反応【ロシアW杯】】の続きを読む

CpTi97RUMAMasc1
日本、ドローで決勝T進出に望みつなぐ…2点差から浅野&中島弾で同点に

リオデジャネイロ・オリンピックのグループステージ第2節が6日に行われ、日本とコロンビアが対戦した。

 日本は初戦のナイジェリア戦を4-5で落として黒星スタートとなったが、この試合で勝ち点3を積みあげられれば、決勝トーナメント進出の可能性を残すこ ととなる。手倉森誠監督はフォーメーションを「4-3-3」から「4-4-2」に変え、スタメンも4名を変更。GKは中村航輔、最終ラインは左から藤春廣 輝、植田直通、塩谷司、室屋成の4人。中盤には遠藤航、井手口陽介、矢島慎也、中島翔哉の4名が入り、前線は興梠慎三と浅野拓磨の2トップとなった。

 一方、スウェーデンとの初戦を2-2で引き分けたコロンビアはスタメン2名を変更。DFフェリペ・アギラルとMFケビン・バランタが新たに先発入りしたほか、DFウィリアン・テシージョやFWテオフィロ・グティエレスといった選手がスターティングメンバーに名を連ねた。

 最初に決定機を作りだしたのは日本。11分、右サイドの室屋がクロスを入れると、ファーサイドの興梠が体を張ってヘディングで落とす。エリア内でこれを 受けた矢島が右足でダイレクトボレーを狙ったが、ここはGKクリスティアン・ボニージャがなんとか弾いた。こぼれ球を浅野がつめたが、ここはオフサイドの 判定に終わった。

 その後は日本がボールをキープしてチャンスを作る展開が続いたが、コロンビアも決定機を迎える。19分、エリア内中央でボールを受けたミゲル・ボルハが 強烈な右足シュート。GK中村が横っ飛びで防ぐと、こぼれ球にテオフィロ・グティエレスが反応したが、ここは触れることができず、日本は失点を免れた。

 34分、再び日本に決定機が訪れる。左サイドでセカンドボールを拾った興梠が右足でクロスを供給。ファーサイドで藤春がフリーになっていたが、ヘディングシュートは枠の右に外れた。その後も日本が攻勢を仕掛けたが、スコアレスのままハーフタイムを迎えた。

 コロンビアは後半からフェリペ・アギラル、セバスティアン・ペレスに替わり、エリベルトン・パラシオスとアルレイ・ロドリゲスが交代で入った。

 後半も序盤から日本がペースを握る。47分、敵陣ペナルティエリア手前で浅野がバックパスをカット。左足ミドルシュートを放ったが、ここはGKボニー ジャがわずかに触り、クロスバーに阻まれた。直後の49分、井手口のスルーパスに抜け出した浅野が左足シュート。GKボニージャがなんとか跳ね返すと、セ カンドボールを拾った矢島がダイレクトシュートを狙ったが、ここは枠の右へ外れてしまい、得点とはならなかった。

 スコアが動いたのは59分。コロンビアが左サイドから攻め込むと、グティエレスがロドリゲスとのワンツーから右足シュートを放つ。植田が体に当てたが、ゴール左に決まってしまいコロンビアが先制した。

 先制された日本は、62分に矢島と井手口を下げ、南野拓実と大島僚太を投入した。しかし、ここで日本に痛恨の失点が生まれる。左サイドを突破され、ミゲ ル・ボルハに左足シュートを打たれる。これはGK中村がなんとか弾き返したが、こぼれ球を藤春がクリアしきれずに自陣ゴールを割ってしまい、オウンゴール で追加点を献上してしまった。

 2点を追いかける日本は直後の67分、大島の縦パスを受けた南野がエリア内の浅野へパス。これを浅野がゴール左に決め、1点を返した。さらに74分、エ リア手前でボールを持った中島が右足で強烈なミドルシュートを放つ。ボールはGKの頭上を越え、クロスバーに当たりながらゴール中央に決まった。日本が連 続ゴールで同点に追いついた。

 日本は80分に藤春を下げて亀川諒史を投入し、勝ち越しゴールを狙う。後半アディショナル3分には、相手最終ラインの裏に抜け出した浅野がGKと一対一 になる。ワントラップから右足シュートを狙ったが、GKボニージャが飛び出してセーブ。CKに逃れた。このまま日本は最後まで追加点を奪うことができず、 2-2のドローに終わった。これで日本は2試合を終え、1分け1敗の勝ち点1となった。グループBのもう1試合ではナイジェリアが1-0でスウェーデンを 下したため、日本の決勝トーナメント進出は第3戦のスウェーデン戦で勝つか引き分け、ナイジェリア対コロンビアの結果次第となる。

 日本は10日(日本時間11日)に行われるグループステージ第3戦でスウェーデンと、コロンビアはナイジェリアと対戦する。

【スコア】
日本 2-2 コロンビア

【得点者】
0-1 59分 テオフィロ・グティエレス(コロンビア)
0-2 65分 オウンゴール(藤春廣輝)(コロンビア)
1-2 67分 浅野拓磨(日本)
2-2 74分 中島翔哉(日本)

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160808-00477630-soccerk-socc
【【海外の反応】「日本は勝利に値した」浅野と中島のゴラッソも、U23日本代表はコロンビアとドロー【リオ五輪】】の続きを読む

jm

ミランとジャクソン・マルティネスの間に驚きの動きだ。直近になり、アトレティコ・マドリーが割って入り、選手の獲得に迫っているのである。ミランにとっては、ジェフリー・コンドグビアを逃したのに続く痛手だ。

ア トレティコのディエゴ・シメオネ監督は、マルティネスにマリオ・マンジュキッチのユニフォームを提示した。マンジュキッチはユヴェントスへ移籍する見込み だ。

アトレティコ移籍となれば、マルティネスはチャンピオンズリーグに出場できる。アトレティコのユニフォームを着ることへの魅力はますます強まってお り、マルティネスはオファーを受ける寸前だ。

これにより、ミランはすでにまとまったとみられていた取引を失敗する恐れがある。ミランのア ドリアーノ・ガッリアーニ代表取締役は、3500万ユーロ(約48億8000万円)の違約金を支払うことでポルトと合意し、選手の代理人たちとも合意に 至っていた。当然、アトレティコも3500万ユーロを払うことになる。

ミランのシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長がマルティネス獲得に 「とても近づいている」と話したのは、わずか1週間前のことだ。

さらに、ポルトのピント・ダ・コスタ会長も「マルティネスはミランでプレーする」と話して いた。今週、チリでメディカルチェックが行われ、契約書にサインする運びだった。だが、アトレティコの登場でシナリオがひっくり返されたのである。

http://news.livedoor.com/article/detail/10256084/ 


また、ジャクソン・マルティネスは、スペインでプレーするという自身の夢の為にミランへの移籍ではなく、アトレティコへの移籍を希望しているという情報もありました。

http://www.ojogo.pt/jornaldodia/interior.aspx?content_id=4636349



以下、海外の反応 

■ ミラン....笑


■ ミランには辛いな。
コンドグビアに続き今度はジャクソンマルティネスも取り逃がすなんて。


(ACミランサポ)
■ 笑 
うちらが今どれだけ落ちぶれているかが良く分かるわ。


■ 自分も彼はアトレティコの方がより馴染めると思うわ。


■ これが事実であると願うわ、実現して!

 ことFCポルトに関してOjogoの情報は頼りになる


■ おいおい...笑
彼は今シーズンの始めのころに「自分の夢はセリエAでプレーする事」
だ、って言ってたよな!?笑
 (http://goo.gl/duZeK7)



ブラジル代表VSコロンビア代表の試合終了間際に起きた問題で、ネイマールには4試合の出場停止処分が与えられることに。これで仮にブラジル代表が決勝に進出したとしても、彼はこのまま今回のコパ・アメリカ大会を去る事になります。


以下、海外の反応 

■ 残念だけど、ブラジルはネイマール抜きでは希望なし


■ 妥当な処分だ


■ 良いね


■ あのヘッドバッドの為に?だとしたら酷くないかね


■ MSN、コパに残されたのはMのみ


■ ネイマールがコロンビア嫌いになっちゃう


■ 正直言って、コロンビアはかなりダーティーにプレイしていたよ。


■ 自分の所見

  1) まず最初の裁定では1試合の出場停止処分だったはず

  2) 4試合は明らかにやりすぎ。

  3) ネイマールも成長しないといけない

  4) ブラジルはもう今大会は見送って良いと思う

  5) 自分はアルゼンチンへサポートを切り替える


■ この裁定は酷だよ

 何が酷だ?彼は大人に成らないといけないんだよ


■ ネイマールはこの処分を受けて当然、彼はそういう態度を取っていた
。ブラジルはネイマールによって終わったね。

(http://goo.gl/jmzzlS)

このページのトップヘ