サッカー

weigl
ドルトムントの”新入り”ユリアン・ヴァイグルが面白い

今夏のドルトムントの補強の印象を述べるとするならば、堅実という言葉がぴったりとハマる。フライブルクで昨季センセーショナルな活躍をしたスイス 代表GKロマン・ビュルキ、レヴァークーゼンで昨シーズンのリーグベストイレブンに選ばれたドイツ代表MFゴンサロ・カストロを加え、年齢による衰えが見 られた正守護神ロマン・ヴァイデンフェラーの後釜と故障者の絶えなかった中盤に即戦力を加えたフロントの仕事は堅実そのものだった。

だがしかし、2部の1860ミュンヘンから獲得した19歳の新鋭を抜きにして今夏の補強は語れない。U20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルだ。

186cmの長身にほっそりとした身体つきのヴァイグルは、トーマス・トゥヘル監督が今年の補強で真っ先に目をつけた選手だった。正式にドルトムン トの監督に就任する6月より前にフロントに要望し、5月末には1860ミュンヘンの合意を取り付けていたという行動の速さは、指揮官のこの若手MFに対す る並々ならぬ評価の高さを窺わせた。

現在ドルトムントに所属するスヴェン・ベンダー、モリッツ・ライトナーに代表されるように、セントラル・ミッドフィルダーの育成に長けた1860 ミュンヘンの下部組織からデビューしたヴァイグルは、まだプロとしてのキャリアを1シーズン半しか持たない。2014年1月にトップチームデビューを飾 り、今年の5月にニュージーランドで開催されたU20W杯にドイツ代表の一員として参加した経歴を持つが、ドルトムント加入時のネームバリューで言えば ビュルキやカストロとは比較にならないほぼ無名の若手だった。

http://www.theworldmagazine.jp/20150825/01world/germany/1717

【香川同僚ヴァイグル、過去にシュツットガルトから”能力不足”で門前払いを受けていた!?など{海外の反応}】の続きを読む

honkaga

岡崎慎司「真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める」/日本代表


日本代表は8日、2018年W杯アジア2次予選兼AFCアジアカップ2019予選でアフガニスタンと対戦し、6対0で勝利した。以下、試合後のFW岡崎慎司(レスター/イングランド)のコメント。

「チームが進化しているかどうかは判断しづらい。アジアの難しさがある。アジアは別物なのかなと率直に思っている」

「勝つことが大前提でシンガポール戦の反省を今のところは生かせているかなと思う。2点については決めていないとFWとしては焦るというのはある。入ると きは入るし、入らないときは入らない。蛍が良い形で折り返してくれた。良いコンビネーションだったと思う。真司が出して、蛍が抜けて、自分が決める。チー ムの形を出せた。こういう相手にはゴールを決めるのが一番大事だ。前の2試合は取れなかったので。1トップとしてのクオリティやアイデアを高めたい」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000012-ism-socc
【アフガン戦、圧勝後の香川、岡崎”Wシンジ”に対する反応{海外の反応}】の続きを読む

daihyo

ハリルジャパン幸先よく先制!香川が2試合連続ゴール


サッカー日本代表は8日、イラン・テヘランのアザディスタジアムでロシアW杯2次予選・第3戦となるアフガニスタン戦に臨み、前半10分にMF香川真司 (ドルトムント)の2試合連続ゴールで先制した。左FW原口元気(ヘルタ)からのパスを受けた香川は中央やや左、エリア外から右足を振り抜き、低空の軌道 でゴール左隅に決めた。

今回、2次予選で初めてとなる“アウェー”での試合となるが、アフガニスタンが政情不安のため、中立国のイランで開催されることになった。FIFAランク 58位の日本はここまで2戦1勝1分けの勝ち点4で、E組暫定順位は3位。同ランク130位のアフガニスタンは2戦1勝1敗の勝ち点3で暫定4位となって いる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00000071-dal-socc

【「桁外れ」「なんて美しさ」香川先制!ゴール祭り!ハリル日本はアフガン代表に6-0で勝利!{海外の反応}】の続きを読む

wc
(フランス)
 2018年W杯の優勝国はどこになるかな?
2022年、2026年の予想も書き込んで?

【フランス「2018年W杯の優勝国はどこ?」{海外の反応}】の続きを読む

mah3
バルセロナ、ウォルコットらと共に岡崎の同僚リヤド・マフレズにも興味か?

マフレズは現在プレミアリーグで4ゴールを奪っており、3位と好スタートを切ったチームを牽引する活躍を見せている。このマフレズの活躍に興味を示しているのがスペインの雄、バルセロナであるという。

『Daily Mail』が報じるところによれば、バルセロナはマフレズをチェルシーに放出したペドロ・ロドリゲスの後釜として考えており、マンチェスター・シティのヘ スス・ナバスやセルタのノリートなどと共に1月の補強候補になっているという。また、アーセナルのセオ・ウォルコットもターゲットの1人のようだが、1月 の移籍は難しいのではないかとのこと。

マフレズはフランスのサルセル生まれでル・アーヴルの下部組織で育成された選手。2011-12 シーズンにル・アーヴルのトップチームに昇格し、2012-13シーズンは開幕からレギュラーとして起用された。レスターには2013年の1月に加入。3 年半の契約を結んでいる。

アルジェリアの血を引いており、2014年のワールドカップに向けてアルジェリア代表を選択。本大会メンバーに選ばれ、全4試合に出場してベスト16進出の立役者の1人となった。アフリカ・ネイションズカップ2017の予選では好アシストを見せており、好調をキープしている。

そんなマフレズ、8月にレスターと契約を2019年の6月まで延長したばかりだが、バルセロナからの興味となれば何かが起きそうな予感もする。プレミアリーグを戦い抜くために欠かせない存在だけに、これからの状況を見守りたいところだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10563244/


【岡崎慎司の同僚、マフレズがバルセロナの目に留まる?{英国の反応}】の続きを読む

このページのトップヘ